白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2017/10/17(火)   CATEGORY: 未分類
アジャ・リンポチェ自伝出版 記念講演会
 15日はアジャ・リンポチェの自伝出版 記念講演会を聞きに、清風学園に行った。アジャリンポチェは亡命前は青海クンブム寺の座主をつとめていらしたため、そこの住人の言葉であるモンゴル語とチベット語と、漢語に堪能であらせられる。モンゴル語の仏教用語はチベット語からの直訳なので、モンゴル語で法話を話しても仏教を学んでいないモンゴル人だときちんと訳せないことが多いので(歴史の話なら普通の人でも通訳できる)、リンポチェは法話はチベット語でおこなわれる。今回そのチベット語からの通訳は清風学園校長 平岡宏一先生がおこなわれた。

以下、解説を加えつつ法話の全体象をご紹介する (法話の部分は青色にしてあります)。
アジャ本表紙

アジャ・リンポチェ

清風にくるのは十年ぶりです。十年前、タクツェル=リンポチェ (ダライラマの兄の尊称) が病に倒れ、タクツェルリンポチェが主催していた組織を私に引き継げというダライラマ14世の命令があり、タクツェル=リンポチェがお世話になった方々に挨拶に行けといわれてここに参りましたのが十年前です。このたびは私の自伝の出版ということでこのような機会をもたせさていただきありがとうございました。

 解説: ダライラマの兄上タクツェル=リンポチェは亡命前はアジャ・リンポチェと同じくクンブムの僧院長の座につかれていた。タクツェル・リンポチェは1950年、弟であるダライラマ14世よりも九年早くアメリカに亡命した。その後、アメリカでインディアナ大学で教授職につきつつ、チベット文化センターを主催されていた。その後、1989年にダライラマ法王事務所日本代表として日本に着任されたものの、前代表が解任内容に異を唱えて事務所の明け渡しに応じずタクツェル・リンポチェが困っていらした。その時、当時清風学園の校長先生であった平岡英信先生が新宿で不動産業を営んでいるHさんを紹介して、事務所を開くことができた。
 1990年、タクツェル・リンポチェと平岡英信校長(当時)はともにブリヤートで開催された開教300年祭に招かれ、ソ連の抑圧から解放されたブリヤートのチベット仏教界の熱狂を目撃している。この時のお話を英信先生にずいぶんお聞きしたのだが、「とにかくたくさん人がいてみなさん喜んでいた。北朝鮮の代表が同じ社会主義圏だから、良い待遇を受けられるだろうと思っていたら、〔実際は自由主義圏に復帰しての歓喜の宴だったため〕冷遇されてふくれていた」とのことであった。英信先生が発起人となって南インドのフンスールのギュメの本堂が再建されたのもこのタクツェル・リンポチェが日本代表をつとめていた際である。というわけで、タクツェル・リンポチェと平岡英信先生は昔なじみなのであった。

171015アジャ1
 アジャ・リンポチェ
 
まず、① 仏教の入門的な話をし、次に、②仏教の教えに従い、感情をコントロールするためにはどうしたらいいかのかについて話をし、最後に、③ 仏教徒として暮らしていく心がけについてお話しましょう。

①仏教の基本的なお話

仏の教えである経典や、経典に対する注釈書などの書籍群を大蔵経と総称します。この大蔵経には仏教が普及する三つのルートに従って生まれ、三種類の系統があります。
 まず、最初に成立したのは上座部仏教です。上座部仏教の大蔵経はパーリ語で記されており、お釈迦様が覚りを開かれた直後に説いた四つの聖なる真理(四聖諦)や、戒律などが含まれています。スリランカ、タイ、ミャンマーなどの仏教界ではこのパーリ語の大蔵経を奉じています。

 次は紀元前1世紀に中央アジアで始まり、シルクロード、中国、朝鮮半島、日本におよんだ大乗仏教です。このルートの中で生まれた漢語大蔵経は、顕教(哲学)と密教の経典群からなりたっています。顕教の経典には上座部の教えが含まれており、密教の教えには四タントラのうち所作タントラ、行タントラ(大日経はここに含まれる)、ヨーガタントラ(『金剛頂経』はここに含まれる)の経典が収められています。

 そして三番目に成立したのはチベット仏教です。大蔵経はチベット語で記され、その教えがチベットから13世紀にモンゴルに入り、17世紀には満洲人にも伝わり、それとともにモンゴル語や満洲語の翻訳大蔵経が生まれました。
 私が属しているのはこのチベット仏教です。

②仏教の教えに従い、感情をコントロールするためにはどうしたらいいかのか

 仏教徒は「正しいものの見方」 (lta ba) をもち、「正しく行動」 (spyod)することが大切です。
 正しいものの見方とは「物事は、ただ因果関係 (縁起) によって存在しており、永遠不滅の実体はない」という縁起の真理を理解することです。仏教は〔キリスト教のように〕造物主が人を造り、それに苦しみや愉しみを与えるなどという考え方はありません。この原因と結果の因果関係のみがあると説きます。 また「正しい行動」は非暴力(他者を傷つけないこと)であり、慈悲の心を持つ(他者の役に立つ)ことです。

 ●「正しいものの見方」
「物事は、ただ因果関係 (縁起) によって存在しており、永遠不滅の実体はない」ということは、自然界の中でも見ることができます。種が芽を出し葉を茂らせ、花をつけ、実を結ぶには、水、天候、肥料など様々な条件や原因があってはじめて可能となり、このどれか一つでもそれだけで存在しているものはありません。
 空間一つとってみても、西があるから東が設定されるのであり、中国の空はきたなく、日本の空はきれいだというように虚空を分けても、空間の側に境界があるわけでなく、我々があると思っている気持ちに応じて境界をひいているのです。
難しい言葉でいうと、ものごとには「存在の真実の姿」である「如実」( ji lta ba)と「言説(言葉や概念)によって仮に存在しているだけのもの」という「如量」( ji snyed pa)の二つの側面があります。
 たとえば、一万円札があります。この一万円は日本では十回外食ができるかもしれません。しかし、アフリカやインドの田舎に一万円札をもっていっても何も売ってもらえません。「これは価値のあるお金なんだ」といっても、「そうかお腹が空いているのかじゃあこれを一つあげよう」とか日本で手に入るものの10分の1くらいは恵んでもらえるかもしれませんが(笑)。「ありのまま」の一万円札は紙ですが、しかし、そこに人間の側で価値という概念を仮に設定しているので(仮説)、その価値は一万円れ自体に本質的に備わっているものではありません。

 ●「正しい行動」
次に「正しい行動」について話します。 愛情(brtse ba)と慈悲は(byams pa)は異なるものです。愛情は自分の子供など自分が好ましいと思うものに対して向けられる者で、限度があります。しかし、慈悲は無限です。敵をも慈しむ心です。愛情しか持たない人は敵が不幸な目にあうとざまあみろとか思いますが、慈悲を持つ者は敵すら慈しみます。
 慈悲を育むためにはまず、2段階踏むといいでしょう。まず、最初の段階では他人を傷つけないこと、人に迷惑をかけないように生きること。足るを知ることです。
 次の段階ではより積極的に「人の役にたちたい」という心を育むことです。
 人の心は好き、嫌い、無関心の三つに分かれます。「好き」という気持ちは一見良いものに聞こえますが、好きは執着に発展することがあり、こうなると良いものではないので、好きなものはなるべく自分から離して考えることです。
 「嫌い」という感情は怒りに発展しやすく、これもよくありません。忍耐の心をもち、相手に慈悲をもつように努力しましょう。無関心も困っている人の前を通り過ぎたりしてよいものではないので、関心を持つようにしましょう。好きも嫌いも無関心もすべて、真ん中の気持ち、「好きでも嫌いでもなく、しかし、関心を持つ」、平等な状態(btang snyoms)に置くようにして他人の役にたちたいと思うことが大切です。

 人間は体と言葉と心(身口意)によって外界にはたらきかけますが、意識は身体や言語を操るのでこののうち心が最も重要です。心の状態を保つためには戒律・瞑想・智慧 (三学) をもちいるといいでしょう。戒律は言葉や体を律して悪行をなさないための、これをしなさい、これをしてはならないというルールです。
 日本人は「立ち入り禁止」と紙に書いてはってあれば、みなそれを見て入らないけど、インドなんかだと、「書いてあるだけだ」と無視して入ったり、はては紙を破ったりします。ルールだけで心を統御するのはかくも難しいものです
 そこで三学の二番目の定、すなわち瞑想が必要となってきます。
 30分体を座せておくことはできますが、心はあちこちに飛んでしまいます。
こういう時には分析的瞑想(dpyad sgom)が有効です。何か一つのこと(歩く、マントラを唱える)に集中することによって、気を散らさないようにします。そして、次には外界の刺激をシャットダウンして「心を落ち着ける瞑想」 ('jog sgom)をおこなう。人は眼・耳・鼻・舌・身・意(五根)を通じて外界の刺激を受けて意識が散じてしまうので、この五根を閉じて集中する。寝ることではないですよ。

③ 仏教徒として暮らしていく心がけ

仏教には三つの門があります。普通三門というと、身口意ですが、これから話すのはそうではありません。
① 仏教徒になること 
② 大乗仏教徒になること
③ 密教の修行によって仏の境地を目指すこと
この三門です。

 ①仏教に帰依すること
この世界のありように恐怖し、仏・法・僧という三つの宝に帰依することです。仏教に帰依したら、十善(殺さない、盗まない、邪なセックスをしない、嘘を言わない、汚い言葉を使わない、言葉を飾らない、二枚舌を使わない、正しいものの見方をもつ、怒らない、執着しない)の行いを積まなければなりません。

 ②大乗仏教徒になること。
 次に、ただ人に迷惑をかけないだけでなく、一切の命あるもののために役に立とうという心をもつのが次の段階です。大乗仏教徒は他の人を救う力をもつために仏になろうとします。このような他者の救済のために覚りの境地を目指すことを菩提心とよびます。

 ③密教を学ぶこと。
 顕教(哲学)で覚りを得ようとすると、長大な時間はかかりますが、密教の修行は遠くにある仏の境地を自分の側にひきよせる修行を行なうことによって実際に仏になろうとするものです。
 まず、灌頂を受けねばなりません。灌頂はチベット語ではワンといいますが、これは「権利」という意味で、つまり灌頂は密教を修行するための権利を得る儀式です。
 顕教では仏の国(浄土)は人間の世界の遠くにあり、来世そこに生まれることを目標として修行しますが、密教では自分を仏様の姿に観想し、自分のいる場所も仏様の世界に入っているという観想(シミュレーション) 修行をします。

171015アジャ2

質疑応答: 日本においては鎌倉時代に戒律を否定して以後、僧侶は無戒律、無修行になっています。それをどう思われますか。

このいかにも、日本仏教に対する批判を誘導するような質問に対して、アジャ・リンポチェの受け答えは非常にスマートだった。

アジャ・リンポチェ: モンゴルにおいても僧侶が妻帯することがあります。すると、信者の方はお寺にお布施してもそれがお寺のために使われるのならまだしも、妻や子供のために使われると、信仰が揺らぐようになります。結果、社会奉仕活動など人の役に立つことをするキリスト教などが勢力をもってきています。
 日本においても物質主義が盛んで、仏教が衰頽し、お寺を維持するために僧侶が妻帯していると伺っております。また、キリスト教のようなメソッドを用いる新興宗教が、伝統宗教の信者を奪っているとも。チベットでも、先代の僧院長の生まれ変わりというだけでまったく仏教を修行しない人でも高い地位につくことがあり、結果人々の信仰が揺らぐということがあるようです。私が死んでも私の生まれ変わりが探索されるのでしょうが、生まれ変わりの子がうまく育って勉強も修行もできるのならそれでいいですが、そうでなかった場合はやはり人々の信仰は揺らぐでしょう。転生相続も正しい形で(生まれた子をきちんと教育して初代の質を維持する)行なわれればいいですが、資格のないものをただ高い地位につけるのはよくないでしょう。


 つまり、モンゴルやチベットでもそういう問題はある、と仏教界が抱える普遍的な問題として相対化し、転生僧であれ、先代住職の子であれ、きちんと修行や勉強をする子を後継者にしないと仏教が衰頽するとソフトに提言されたのである。

 このあとの自伝出版記念の講演は、平岡先生とSamaya projectのYさんと熊本ボランティア講演(笑)の打ち合わせがあったので、残念ながら聞けませんでした。護国寺にもお見えになるとのことなので、予定があえばこちらで伺いたいと思います。まずは自伝を読まないと。

追記: 平岡先生がアジャ・リンポチェから聞いた話。アジャ・リンポチェの前世の初代はゲルク派の宗祖ツォンカパの父親であると信じられており、お父さんを意味するアキャa rgyaと呼ばれていた。しかし、これが漢語でうつすと阿家になってよくないと中国皇帝に云われて、a kya(阿嘉)と綴るようになったとのことである。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2017/10/09(月)   CATEGORY: 未分類
東北大学弾丸ツアー
最初にお知らせです。知り合いの先生から。チベット人留学生プ ファチャの学費支援のお知らせがまわってきました。今、プ ファチャさんはアニメーションの専門学校に入るために日本語を勉強中だそうです。詳しくは主催者の紹介をごらんください。
22309008_10208804808191685_4580611565927112382_n.jpg

●プ ファチャ 「チベットの風景画展」

 プファチャさんはチベットアムド地方出身の青年で、チべット高級学校でチベット仏教の仏画タンカを、西安の美術学校で絵画を学びました。 2016年に来日し、現在日本語を勉強中です。以前よりアニメーション表現に興味があったこともあり、日本で過ごすうち、アニメーションのないチべットの子どもたちにその楽しさを届けたいという願いを強く持つようになりました。ブさん技術を身につけるために専門学校への進学を希望しています。
しかし、現状学費が不足しております。ひとりでも多くの方が知って下さり、支援の輪に加わって頂けたらこれほど嬉しいことはありません。もちろん作品を見て頂くだけでも励みになります。
 プファチャさんの描くチべットの絵は、草原と風と祈りを感じさせてくれます。ご多忙のことと存じますが、お立ち寄り頂ければ幸いです。  乾栄里子 (主宰者サイトはこちらへ)

【会期】10月20日(金) 21日(土) 22日(日)
【時間】 11:00~18:00
【場所】 ヴァリエテ本六 (文京区本郷6丁目25-14 本郷弥生交差点すぐ)
電話:03-3811-7466(会期中) 080-3519-4242(乾携帯)
*  作家在廊 ⇒ 21日 22日 11:00~17:00
* お茶の時間  21日 22日 14:00~16:00 ~チャイをお出しします。~
東北大学に籍をおいている研究者Iさんを訪問した。実はこの日の前日はとある論文の締切であった。 九月の末はオックスフォードいってて、そのあと9/30日締切の原稿をあげたので、実質この論文は七日で書き上げることとなり、知り合いが編集委員をやっているのなら泣きをいれて締め切りをのばすところが、知らないとこだし、九月末にはギブして楽になろうかという気持ちが脳内80%をしめてた。
 しかし、もう関係資料は打ち込んであるし、メモもできているし、構成もできているし、文章書くとこまでいっているのにもったいないと思いとにかくひたすら書き、出発の日の朝、労働時間開始直前に仕上げ?て送った。
 まさにギリ。ギーリギリ。
 真っ白になりながら、東京駅についたら三連休の初日とかで阿鼻叫喚のちまた。世間の動きを忘れてたよ。だって、自分は特別研究期間毎日が連休だから(笑)。行きの新幹線ではこれから会うIさんの論文を読み、打ち合わせる内容をさらうので全く休めず、目の下クマクマで東北大学に到着。
 別の日にしろよという方もいるかもしれないが、訪問相手がもうすぐ海外いっちゃってもうこの日しか開いてなかったのである。ゲロゲロ。
 川内キャンパスの感想。空気きれい。ここで暮らせば喘息もちの私の余命が伸びそう。東京都内の私立大学の過密なキャンパスになれた身には国立大学のこの広大なオープンエアーはこう何というか、遭難するような不安を感じる。
 打ち合わせを終えて、東北大学につとめている先輩との待ち合わせ時間まであと二時間あったので、仙台のフリチベさんに

私「二時間で仙台を愉しむとするとどこがいいですか」といきなり直電をかけると、やさしいチベ仙さんは

チベ仙「いきなりお宅訪問なりますが、松音寺さんに行ってはどうでしょう。アジャリンポチェが震災法要をされて、リンポチェの念持仏のターラー尊があるのが見られますよ。仙台駅からタクシーで1000円かからない近さです」

 実は私が今朝まで書いていた論文はダライラマ13世と同世代の先々代のアジャリンポチェ(1871-1909)を扱っていたので(しかし両者の対立。しかもえぐい笑)、しかも、緑ターラー尊といえばわたくしの念持仏でもあるので、ご縁を感じて即断即決。
松音寺地図jpg
 チベ仙さんはご住職に連絡をとってくださって(チベ仙さん、ありがとうございます)、私はタクシーに乗り込んだ。松音寺につくころは秋の日もとっぷりと暮れていた。松音寺は連坊という仙台の寺町にあり、仙台の寺町は中心部からはずれたところにあったので戦災を逃れたとかで、地震と空襲と区画整理でどつきまわされてちんまりとした東京の寺町よりはるかに壮観である。松音寺さんも素人目にも立派な曹洞宗の寺院であった。伊達家のお墓も二つあるとか。で、ターラー尊の前につれていっていただく(写真)。

 このターラー尊は何とアジャ・リンポチェが亡命前に僧院長を勤めていた青海のクンブム大僧院(塔爾寺)からもってきたもので、つらい時なんどもお祈りをしたもので、東日本大震災の犠牲者を慰めるため、「お預けする」とおっしゃってここに置いて下さったそう。
緑ターラー松音2

ご住職「あげるとはいわれませんでした」(笑)

去年ダライラマ法王がこのチッタマニ・ターラー尊の灌頂を授けたので今日本ではこの仏様の行をやっている人が爆発的に増えたんですよといったお話を私はする。
 ご住職によると二日前、アジャ・リンポチェを松音寺にお招きすることが急遽決まったとかなので、お近くのかたどうぞ。
 ご住職はそのあとお出かけというので早々に暇乞いをして、仙台駅に戻り、先輩とIさんと晩ご飯をたべる。半年ぶりにあう先輩が「やせたね」という。
 愛鳥がなくなつたとか、精進で菜食になっているとか、でも愛鳥が再びもどってきたんだよ、とか説明したいのだが、昔からこの先輩は唯物史観なので、愛鳥が転生したんだよ、ヒナ可愛いんだよ、とかいう話をする気力がわかず、とりあえず「論文今朝まで書いてて寝てない」といい納得してもらう。私も彼の話す組織防衛の話とかまったく共感がもてないので、お互い様である。

先輩と私の関係は先輩いはく「共感なき共生」なのだそうな(爆笑)。

 仙台駅でハヤブサをまつていると(はい、もちろん日帰りです)、女性旅行客が仙台駅の表示の前でインスタに投稿するための写真をとりまくっている。駅、食事、風景などをインスタに投稿して三割増し幸せな自分を演出するんだろう。いろいろ否定的な人もいるが、人生の最後に自分の若い頃の写真をみて幸せそうな明るい写真ばかりが残っていたら、まあ悪くない人生だったと思えるだろうからいいんでないか。
 ちなみに私がとった写真はターラー尊と歴史建築物の案内表示板と地図。たんなる歴史家の記録癖である。

ちなみに返ってから提出した論文を改めて見直したら、日露戦争を日清戦争とミスタイプしていた。初稿がきついな。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2017/09/28(木)   CATEGORY: 未分類
ハリポタの町で会議参加してきた
イギリスのオックスフォードで開催された、19世紀末から20世紀初頭の国家形成期のチベットに関する国際会議にいってきた。(The effect on Inner- and East Asian relations of the advent of modern international law and the end of the Qing empire in the late 19th and early 20th centuries; perspectives of contemporary sources)
 欧米は時差がきついので本来はパスなのだが、若い二人の研究者とともに来年だす本のブロモーションがあるので、仕方無くいく。

 ぎりぎりまで別の論文書いていたので参加者とかろくにみていなかったけど、ついたら
Joseph Esherick /Mark Elliot /Fabienne Jagou / Hon Shiang Lau /Makoto Tachibana /Scott Relyea /Heather Stoddard / Yumiko Ishihama / Ryosuke Kobayashi/ Amanda Cheney / Ross Anthony / Uradyn Bulag /Dibyesh Anand (詳細はぐぐって見て)
というまあ、国籍、人種、活動内容も様々なあらゆる意味で濃いメンバーが集まってて笑った。ゲラゲラ。

 12時間飛行機のって入国審査にいくと長蛇の列。一時間半かかった。三ヶ月前にロンドンにきた人ですらこれは長いとおっしゃっていた。最近ロンドンテロつづきなので入りを厳しくしているのだろうか。長時間のフライトのあとでこれをやられるとほんまに辛い。

 空港から直バスでオックスフォードにいく。オクスフォードにつくと日曜なせいか観光客(主に中国人)で一杯。銀座か京都のよう。ハリーポッターのロケ地訪問とか、わかわからんツアーが至るところで行われている。

 ホテルがまたすごかった。昨日ロンドンについた橘さんは、アシアナ航空が遅延したため、このホテルのチェックイン時間をすぎているとかいわれ、ヒースローで一泊し、朝一でオックスフォードについてチェックインしようとしたところ「一杯です」とことわられたので、「昨日泊まるはずだったんだから部屋開いているだろ」といっても、結局他のお客さんがでていくまでまたされたと憔悴している。アジア勢は会議始まる前からライフが低下している。

 このホテルは17世紀の建物をそのままつかっていて年代物で、構造が謎。チェックインすると鍵束を渡され、一つがたてもののかぎ、一つは受付に入るかぎ、一つは部屋の鍵としてあと二つがなんの鍵だか最後までわからなかった。いみふ。

 橘さんの部屋は階段あがってまたおりて、またあがったところにあり、小林さんの部屋は庭にたつ小屋でポーチがついていて、よくわからん。私の部屋にいたっては道に面した1階で路地おくのバーでのんだ客がおそくまでしゃべりながら外を歩くので眠るためにはヘッドホンが必須であった。向かいのRossも同じ感想を述べていた。ちなみに彼は南アフリカでヨウムのヒナを二羽の子育て中で、現在ごろう様の転生とその兄弟というオカメインコのヒナを育てている私とはママ友のような会話ができて楽しかった。二人は熱くオーストラリアのインコについて語り合った(アフリカにはインコの種類が少ないそうな 爆笑)。
 部屋で一時間休んだ後、ウェルカムパーティにいき、24時間以上一睡もしていないことに気づきめまいとともに家路につく。大量の睡眠導入剤を投入して眠る。

 でもって、次の日から二日間休みなしでペーパー、ディスカッションの繰り返しで、これまた憔悴。会場から夕ご飯の会場に向かう途中Rhodes House の前を通ると、
pitsriverjpg.jpg
 Heather「2015年にダライラマ法王がここで講演されたのよ。建物の上についているあの塔、五鈷杵みたいでしょ? 当日はみんなここにたってダライ・ラマ、ダライ・ラマと叫んでいたのよ」

「ダライラマにご長寿をとかですよね」というと
 Heather 「それは道の向こう側で、こっち側はシュクデンの人たちよ、ほほほ」

2015magdalensdALIALAMA.jpg

ネットで検索してみると、確かにこの建物の前でのダライ・ラマ法王の写真がある。ダライラマ13世は2015年9月14日から22日まで、オックスフォード、ケンブリッジ、ロンドンツアーをされていた。イギリスの名門大学はダライラマをこうして招聘し、チャールズ皇太子をはじめとするイギリス皇室はダライラマの行動と思想に共鳴しているものの最近イギリスは中国の経済力に屈して、習近平を国賓待遇で迎えるなどし、それとともにダライ・ラマ法王への冷遇が始まるのではないかと懸念されている。本当にそれでいいのかと声を大にして問いたい。
2012チャールズとダライラマ

 ある意味世界をリードしてきたイギリスとアメリカの理想主義は最近brexitやトランプ政権の誕生やらでゆらぎつつある。しかし、本当にそれでいいのか、みなが自己の利益だけを考えて動けばそれは結局全体を破滅にむかわせるのではないかと小一時間人類を問い詰めたい。
 
 セミナー二日目、自分の発表が終わったので、昼の短い時間をつかって近くにあったPitts River Museum (自然史博物館)をのぞく。自然史博物館といえば恐竜の骨格とか石なので、私はもちろん始祖鳥の化石とか、不思議の国のアリスで有名な今は絶滅したドードー鳥の骨格の前で記念撮影する。写真はインコのはく製前。
pitsriver2.jpg

 最後の夜はオックスフォード最古のパブKing's armでイギリスの伝統食を楽しむ。私は他人に注文をまかせると表に飛び出し、ハートフォド橋、ボードリアン図書館、;歴史科学博物館を 五分間で観光する。常々思うのだが、建物に人間の頭をつける西洋人の美意識はどうも理解できん。ハリポタよりはロードオブザリング派なのでいまいち感動が薄い。

 翌日早朝に空港に向かい、ロンドンにかすりもせずに弾丸のように帰国である。だってヒナがまっているもん。

 ブリティッシュ・エアウエイズの羽田便は007便(ダブルオーセブン)便であることにほのかにイギリス臭を感じつつふたたび大量の睡眠導入剤をのんで寝る。

 帰国してケータイの電源いれたら民進党がなくなっていた(笑)。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2017/09/21(木)   CATEGORY: 未分類
2017年秋のチベット・イベント
アジャ・リンポチェの出版来日講演についてまとめました。リンポチェはダライラマの一番上のお兄さんタクツェル・リンポチェが座主を勤めていたクンブム大僧院の僧院長をつとめられていた方で亡命された後はやはりタクツェル・リンポチェが開いた「チベット・モンゴル仏教文化センター」を継承されてモンゴル人チベット仏教徒の信仰を集めている方です。

●アジャ・リンポチェ 自伝出版記念講演会
アジャ・リンポチェ( Arjia Rinpoche / 阿嘉胡圖克圖)は 1950年、チベット東北部(現青海省)の遊牧民の家に生まれ、2歳でツォンカパ(ダライラマの宗派の創始者)の父の転生者アジャ・リンポチェに認定される。文化大革命で還俗を強要されるも、中国宗教委員会副委員長として地域の文化の保全に尽力し、モンゴル人・チベット人の信仰を集めた。しかし、パンチェンラマの認定を中国政府から強要されたため、1998年、米国に亡命した。このたびは彼の亡命に至るまでの中国での生活を描いた『アシャ・リンポチェ回想録』(版元ドットコム)(Surviving the Dragonにアジャリンポチェがかなり手を入れた中国語訳が原書)からの和訳が出版されることを記念しての来日講演です。著書の売り上げは、アジャ・リンポチェがウランバートルに開設した小児ガンの病院に寄付されるとのことです。

【日時】10月15日(日)
10:00 法話会 (通訳は平岡宏一 清風学園校長です)
12:00 休憩(併設する食堂でお弁当)
13:00 出版記念講演
【会場】清風学園 (大阪市天王寺区石ヶ辻町12-16) 中央館1階「ラカンホール」
・ 近鉄 阪神「大阪上本町駅」下車⑫⑬⑭出口(徒歩約3分)
【参加費】お一人様2,000円 (午前午後共通・昼食弁当付き)
【参加お申込み】osaka@arpc8.net
 ※ お問い合わせ 講演会実行委員会・事務局 TEL:050-5215-6040


 ※ダライラマ法王来日ツアーは法王の主治医からドクターストップがかかったため、中止となりました。
詳しくは以下の法王事務所のサイトをご覧ください。
)

 九月にはヨーロッパツァーにでかけて、イギリス、ドイツ、イタリアと回っていたので、半分安心し、半分お疲れではないかと心配していたが、結果としてこうなった。去年もヨーロッパ、日本、モンゴルと立て続けに動かれていたが、去年はモンゴルに行かねばならない事情があったから結果として日本がキャンセルにならなかったので、ある意味危なかった。準備をされていた関係各位の落胆を思うと本当に言葉も見つからないが、法王様は確かにお休みになった方がいいとも思います。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2017/09/19(火)   CATEGORY: 未分類
ただの亀ではなかった(鴨里シリーズ6)
  会長の家で目を覚ますと、外は小雨である。台風18号は九州に上陸しているようで、本日の目的地のうち最初の天明志士の碑のみが露天なので、会長先生は参加者がぬれないように、急遽碑文下の大宮寺の位牌堂をあけてもらう交渉をされている。
 会長先生曰く、「自分が、自分が、という人がおらず、皆が自然に動いて協力してくれて本当に助かります。」。

 今回バス旅行は訪問先の三カ所でも近在の方にスポット参加していただける構成になっており、事務局の高田さんは、「町内会でチラシを配布しましたが、農繁期でもあるし、何人集まるのか本当に読めない」と心配しておられる。
わたしは会長先生のお車にのせていただいたので、最初のスポットである天明志士の碑に直接いく。今回「益習の集い」の役員の方たちは、そろいのハッピをあつらえており、何か本格的になってきている。 

最初の訪問ポイントは「縄騒動」と呼ばれる1782(天明二年)におきた淡路最大の百姓一揆の蜂起のあった場所。四国大学の太田剛先生によると、当時悪徳役人が税として収めさせていた縄の品質管理をいやがらせに細かくしたため、百姓たちが蜂起したのだが、役人の方が悪かったので、一揆を呼びかけた百姓(才蔵、清左衛門)たちは罪を問われないと決まった。にもかかわらず、徳島藩からの連絡が遅れたため、二人は処刑されてしまった。人々は自分たちのために命をおとした才蔵たちを忘れないため、人形浄瑠璃で語り継いでいたが、さすがに幕末にはみな忘れかけていたところ、明治の世になり自由民権運動が勃興すると、地域の百姓一揆は民主主義精神の萌芽として再評価されるようになり、ここ淡路の縄騒動の才蔵たちを顕彰する碑文が、板垣退助ならびに蜂須賀最期の殿様茂韶公によって建設されるとなったという。
天明志士子孫

 何と才蔵の直系の子孫鯉森さんがお見えになられていた。人々のために命をなげうった方のご子孫だけあって穏やかで性格のよさそうな方であった。写真は碑文の前の太田先生と鯉森さん。

 次の目的地である延命寺においては、再び太田先生から沼田存庵(1825-99)の書「死人口上」についての解説を伺う。存庵は鴨里の実兄砂川藍谷の弟子で、華岡青洲に西洋医術も学び、彼の四男ならびに門下生11人は新政府の私費留学生となって明治維新に貢献した。
死人口上

 存庵の弟、苔堂はイギリスの外交官アーネスト・サトウ(1843-1929)の日本語教師で、アーネスト・サトウの記した『一外交官の見た明治維新』にも登場する人。その関係でサトウは徳島藩主にも謁見している。沼田存庵のパパ丈庵は漢方医であったが、ご先祖、鴨里が伝を書いている。

 で三番目のポイントがいよいよご先祖の眠る栄福寺である。まず、鴨里、真、文平の岡田家三代のお墓のある山にあがる。三年前はじめて太田先生とこのお墓をおとずれた時は、墓は竹林の中にうもれていて、文平の墓石は真っ二つにおれて地面に落ちていた。しかし、ご住職はその後、このお墓を整備してくださったため、今回は見違えるように美しく生まれ変わっていた。ふもとのため池と掃部の地が見渡せるように、周辺の竹も刈られていた。
鴨里真文平墓

 ここで鴨里の孫、真の墓誌を見ていた太田先生が「よくみたら真の墓誌は存庵の書です」とおっしゃる。存庵の書をみたあとでここにきたので結びついたのであろう。云われてみれば筆跡が同じだ。

 続いて本堂で賴山陽と岡田鴨里の歴史的意義と、ご先祖お導きネタについて私が話す。高田さんの懸念にも関わらず、本堂は人で一杯。台風で農作業できないもんな。
 
 ご先祖パワーネタについてのみ要約すると、曾祖父終焉の地は東京浅草の海禅寺である。このお寺は振袖火事で焼けたあと、徳島藩主の蜂須賀公が再建資金をだしたことから、阿波様寺と呼ばれていた。しかし、関東大震災で焼け、東京大空襲でさらに焼けもう何も残ってないだろうと放置していたのだが、今年に入ってふと訪問しようという気になった。五月、アポイントも何もとらずふらっとお寺にはいると、丁度ご住職が禅堂に風をいれていたので、突撃取材をした。すると、江戸時代の過去帳は燃えたものの写しがあるので調べてみますと暖かいお言葉を頂戴し、この経緯は前のエントリーで話した。これからあとは書いてなかったが、数日後に、本当に曾祖父真の過去帳の記録をその部分だけコピーして送って下さったのである。
そこには、明治九年

覺心院尚古顒斎(ぎょうさい)居士 十一月一日死
岡田真殿事元阿州旧臣
朱引内ニ付智光院エ埋葬佛×
之義者当山ニ而可致事


と書いてあったため、智光院(昔は海禅寺の境内にあったが、現在は高円寺の方へ移転)にうかがつた所、こちらは戦災に遭わなかったため、当時の過去帳がそのまま残っていた。
 智光院のご住職によると「院号がついているということは高い格式で葬られた」とのことなので、真は若干30才でなくなったにもかかわらず、大学者鴨里の孫ということで、大事に送られであろうことが分かった。

 そして、6月11日、益習の集いの会長先生が所用で上京された。上野の林光院に蜂須賀家の江戸屋敷からうつしした唐門があるので、それをご覧になりたいというので、「笹乃雪」で昼ご飯した後、海禅寺も上野から歩いて15分なので、蜂須賀ゆかりのお寺だから参拝してみませんか?とお誘いしてみた。
 ご住職によると海禅寺の境内は江戸の頃よりもはるかに狭小になっており、墓地もみな整理して蜂須賀家のお墓は昔は大きな納骨堂があったが今は老朽化したのでそれも取り壊したとのこと。
 前のエントリーでも書いたように、このお寺には梅田雲濵のお墓と、亀にのった享和二年(1802)の碑文があったので「会長、会長、この亀古いんですよ」とご案内する。

亀の碑文はかなり損傷が激しく、戦災や震災に何度も焼かれた感じであり、後ろの方は剥落がはじまっている。会長は「村井道明さんが亀趺のついた碑文を研究されているので、喜ぶわ」と写真をとりまくっていた。すると翌日、会長から
「村井さんによるとその亀碑文は10代目徳島藩主重喜の奥立花氏の墓ですよ。屋代弘賢(1758-1847)の著した『白金荘記』(蜂須賀家家の白銀台の屋敷の様子について記した書)という稀覯本に、この碑文がで出てくるそうです」とのメールがきた。村井先生は「かつては蜂須賀家の屋敷内にあったその碑文は、今どこにあるのか探していた」とのことで、そんな亀であったとは。相変わらずご先祖様が絶好調である。

 私の次は奈良の仏師の松永忠興さんの講演。栄福寺様が所有のお釈迦様をこの方の工房に修理にだされたところ、顔と胴体は平安仏であることが分かった。そこで、平安仏の部分は白木のままにして、朽ちた手足の部分は補いきれいに彩色し、光背、台座ももちろんきれいに色つきで新調し、古い姿を残すと同時に信仰の対象としても痛々しくない姿に復元した、というありがたいお話。

 さらに面白いのは、その過程で本尊様の脇士となつていた十二神将もすす払いをしてみたら鎌倉時代のものであることが判明したという。栄福寺の歴史よりも古い仏像があるということは、過去の栄福寺のご住職が近所で廃寺になったお寺の仏様をひきとって、その時代時代の修理をほどこして代々お祀りしていたとしか解釈しようがない。それは竹藪にうもれていた鴨里三代のお墓を整備してくださった当代のご住職の精神にも通いあう。

 何度もやけた海禅寺とは異なり、戦災のなかった(1995年の震災はあったけど)淡路島には、まだまだ古いものが埋もれている可能性がある。ご住職は修復なったお釈迦様のご真影と、境内にあったヤマモモの木からつくった念珠を参加者に下賜してくださった。
念珠平安仏

 このあと、洲本でうちあげがあったのだが、時間があったので海をみにいったら、サーファーが五人ほど波をまっていた。瀬戸内海だし防波堤内なのでまともな波はきていなかったが、翌日NHKつけたら洲本港で台風中継をやっていた。本当に一日ずれたらこの企画は悲惨なことになっていた。会長先生が「何かに護られている」というのも宜なるかなである。

 うちあげ後、太田先生に徳島空港まで送っていただき、一時間前に空港についたものの、台風で徳島にくる飛行機が羽田にも戻っていないというふざけたアナウンスがある。「ちょっと待て、これ最終便だよ。これが神戸空港なら新幹線で帰ることもできるけど、徳島空港だよ、どうするんだよ、ご先祖様、何とかしてください」とお願いしたら、とりあえず一時間半以上おくれて飛んでくれて、零時ちょっと過ぎに家にたどりついた。

 ご先祖様ありがとうございました。そして、関係者のみなさまお疲れ様でした。
 
 
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ