白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/11/26(火)   CATEGORY: 未分類
ダライラマ講演「宗教者は良い人間の手本になりなさい」
 法王の来日日程の最終日にあたる26日は、国技館講演であった。
 前日深夜、いきなり法王事務所の代表より、「花束贈呈お願いできれば」って、前日じゃ服買いに行く暇も、着物きつける予約もできないので、なくなくただのスーツを着ていくこととする。もっと早くいってくれれば正装できたのに・・・。

 しかし、国技館の実際のダンドリはさらにすごいことになっていた。楽屋裏においてあった進行表を見ると、法王のお話は30分ほどでおわり、あとは来場者の質問をうけつけることになっていたのに、実際の法王のお話は一時間半以上に及んだ(しかも、準備されたソファにつかず、司会席でヘッドマイクつけたまま固定マイクに話すという・・・笑)。なので、法王が

ナーランダ大僧院の伝統で、チベット仏教はディベートを重んじる。私は批判を聞きたい。どんどん質問してくれ」とおっしゃっているものの、その時は時間はほとんどなくなっていたのであった(笑)。

 法王様が気持ちよくお話をしている場合、それを遮ることのできる人はこの世に存在しない。法王に限らずチベットの高僧の法話会に参加する際は、始まりが後れようが、終わりが果てしなくのびようが、それは受け入れなければいけない現実なのである。これはおそらく今年私が口にした中でもっともためになる話であろう(笑)。

 今回の講演テーマは法王が一人の人間として倫理レベルの話をされたため、英語であった。以下メモに基づいて再構成する。

 私は一人の人間である。〔地球人口〕70億人の一人である。人類は一つの家族であるのに、現実には、肌の色が違う、豊か貧しいか、教育を受けているか受けていないか、宗教が違うなど相違にこだわり、他人を騙したり、搾取したり、果ては殺したりする。
 しかし、最も基本的なレベルではみな同じ人間である。
 私は1970年代から様々な出自の人と出会い交流する中で、人は自分だけでなく、世界全体に対して責任感持つべきであると確信するにいたった。
 世界が幸せなら、個人も幸せになる。世界がトラブルに満ちているなら、個人も苦しむ。
 みなが「私」「私」と自己中心的に考えれば、世界はトラブルにみち、個人も苦しむことになる。問題は〔基層にある同じ人間であるという感覚ではなく、それぞれの差違である〕第二レベルにこだわる「我」が作っているのである。

 自己中心主義を実践するなら、賢い自己中心主義を実践なさい。
 自分さえよければいいと他人をおしのけるのは愚かな自己中心主義。
 他の人を思いやることが、ひいては自分のためになると考えるのが賢い自己中心主義。
 
 「私」が幸せになりたいように、同じように他人も幸せになりたいと思っている。自分だけのことを考えるのではなく、全体を見て他の人を思いやることによって、世界は平和になり、ひいては個人が幸せになっていく。
 これこそが本当の幸せの源なのだ。

 精神レベルでも、ある人を遠くに感じると、不信感、怒り、憎しみ、恐れが湧いてくる。
 しかし、ある人を身近に感じると、友情、寛容、許す心、などが生まれてくる。

 ウィスコンシン大、スタンフォード大、エモリー大などの科学者たちによると、恐れや怒りを懐き続けることは人体の免疫システムに悪い影響を与えるとぃう。
 健康は医療やスポーツだけでは維持できない。心が平安であることによって自信や勇気が生まれ、健康となる。

 私は78才の老人である。検診のために病院に入ることがあるが、修行の結果心が平安であり、怒りや不安がうまれてもすぐに消えてしまうので、健康だ。

 心の平和を維持できるように心を律することが重要である。
 愛を瞑想したグループは瞑想後、より健康な数値がでる。
 二人の子供のうち、一人に不安を与える写真をみせ、一人には平和な写真をみせるという実験をすると、前者はストレスにより血圧があがり、後者は血圧が下がる。
 妊婦が平穏な心を懐いていると、胎児によい影響がでて、妊婦が不安な状態にあると胎児にも悪い影響がでる。
 このような事実(憎しみが健康を損ない、愛が健康を増進する)は愛は人間の基本的な性質であり、人の本質は善であることを示している。宗教のドグマによらずとも、生物学的に愛は人の本質であることが分かる。

 母親に抱かれた子供は脳が健全に発達する。しかし、母親から分離を強いられた赤子は発達が後れる。これはサル親子でも同じ結果がでる。

 肉体の健康は心の状態に左右される。私たちは社会的な動物であり、一人では生きて行けない。
 大富豪の家族がいて、豪邸にすみ、立派な家具に囲まれて、立派な車にのっていても、互いに嫉妬と競争心と不信感を懐いていれば、表面的にいくら幸せな家族を演じていても、その家族は不幸である。
 一方で、貧しくとも思いやり合っている家族は、幸せである。
 お金や権力は心の平和をもたらさない。

 信仰のあるなしとは関係なく、既存の教育システムを通じて、他人を思いやること、許すことなどを教えることはできる。
 先述したように科学によっても、許すこと、他人思いやることの有用性は証明されている。常識によっても、また、我々の体験によっても、世俗的な倫理感のレベルで憎しみや怒りは悪い影響しかもたらさないことは分かるはずだ。

 インドは多宗教の国だ。様々な宗教が存在するため特定の宗教を通じて愛を説くことはできず、憲法は世俗主義にのっとり、あらゆる宗教を尊重すること、無神論者ですら尊重すべきことを説いている。

 無神論とはたとえば古代インド哲学の中にある虚無主義、実在主義などを指す。
 地球上の人間のうち、10億人は無神論者であるという。この人たちは宗教によらずして、世俗の倫理感によって人の善性を追求しているので、彼らにも敬意をはらわねばならない。

 残る60億人は何らかの宗教を信じているが、宗教を信じていても悪いことをする人はいる。チベット人でも宗教を搾取やだましの手段にする人がいる。

 口でいくら美しいことを説いていても、行いがその反対であれば、偽善者の見本になるだけで、かえって悪い影響しか与えない。従って、宗教者は自らの宗教のとく教えをまじめに実践し、人々の模範とならなければならない。

 宗教者は自らの宗教のエッセンスを人々に伝えねばならない。
 人類は四大文明からはじまり、文明を発展させてきた。古代エジプトの教授と話す機会があったが、古代エジプトにも宗教があったという。

 世界の宗教は造物主を認める宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教)と、造物主を設定しない宗教(仏教、サーンキャの一派、ジャイナ教)がある。
 造物主の設定があろうがなかろうが、これら宗教の実践は忍耐、寛容、許し、愛をいずれも説いている。欲望が増大すると愛が消えていくことを説いている。

 イスラーム教にもキリスト教にもヒンドゥー教にも愛の瞑想を行い、シンプルな生活をする修業者がいる。彼らの哲学は仏教と同じように自己を律することを説く。
 世界には様々な興味・感心をもつ人々がいるため、忍耐、寛容、許し、愛を達成するためのアプローチも様々なものとなる。

 ある者は、神は愛であり、神が人を作ったので、人は神の子である、と説くことにより、愛を効果的に育むことができる。様々な宗教は方法は違えども、忍耐、寛容、許し、愛という同じ目的に向かっている。

 イスラームの宗教者が「イスラーム教徒は敵に出会っても、その敵も神の被造物であると考えることによって愛を育まねばならない」、と説いていた。
 従って、宗教を実践されている方は、言葉によって愛を語るよりも、まじめに実践を行い、良い人間になる手本を示しなさい。

 仏教は造物主を設定せず、人の幸不幸は自らの創り出したものと考える。この世は縁起(すべてのものは依存しあっている。名前によって「ある」ように見えているだけ)を真理とする。西洋は東洋を必要とし、東洋は西洋を必要とし、互いに依存し合っている。南半球は北半球を必要としており、北半球は南半球を必要としている。
 この相互依存の世界の中で自分のことだけを考えるのは非現実的だ。

 エコロジーや地球温暖化を話あうサミットが開催されているが、参加国は地球の利益よりも自国の利益を重視している。全体を考慮することなく、みなが近視眼的に自分のことばかり主張していては、この世界は早晩破滅する。
 他人を思いやることはあなた自身のためになることなのだ。
 宇宙論、物理学、心理学、これらはみな仏教の主張と近い関係にある。
 目先に属するものだけではなく、広い視野でものごとをとらえなさい。


 さてここから質問コーナー。前述したように法王のお話が長かったため、司会の方が時間短縮のためか、うっかり「アリーナ席の人の質問をうけます」といったら、2階席か3階席から怒声がとんできた。よく聞き取れなかったが、2階席3階席を差別するなみたいな怒声であった。

 「怒りは悪い、愛と思いやりで自己を律しなさい」というダライラマの話を聞いた後で、発言の機会を求めてわめく声を聞くのは、悲しいものがある。しかし修行によって心の平和を確立している法王さまは、にこにこしながら「カムカム」(じゃあ降りてこい)と。

 私は楽屋裏にいたためよく聞き取れなかったが怒声の主はあらかたこんな質問をした。

 「私は夢は必ず叶うと思っています。私は日本の妖怪になりたいという夢を持っています。法王様は夢は必ず叶うと思いますか」

 法王「夢は夢だ」(dream is dream 場内爆笑)

 夢を見ているだけでは仕方ない。現実的なアプローチを行うことが大切である。正しい目的をもち、友達のアドバイスを聞き、強い決意をもって、懸命に努力することが大切だ。チベットでは九回失敗しても、十回努力しろということわざがある。チベットの場合、目的は覚りを開く(完全な人間になる)ことだ。
 目的は自分のために設定されるのではなく、他人のためになるものでなければならないまた、その目的を達成する手段は透明なものでなければならない。方法が人に言えないものであったり、隠さねばならないものであったりすれば、そのような状態ではよい結果はでない。
 透明な方法をもって真実を求めれば、その夢は99%叶うと断言できる。後の1%については私は分からない。


質問(韓国語で) ナントカという科学者の話を聞いたら、百年後には人類は宇宙に住んでいるとのことであった。未来の仏教徒はどういう生活をしているでしょうか。

法王「未来のことを予言することはとても難しい。遠い未来を思うよりも、今が大切である。この21世紀は平和な世紀にはなければならない。遠い未来のことを考えるなら、今この世紀を平和にすることに努力しなさい

 どんな人にもどんな質問にもすばらしい対応をされる、ここがじつは法王講演の最大の見所なのであった。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2013/11/17(日)   CATEGORY: 未分類
『これからの日本、経済より大切なこと』
ikegami13.jpg
11月15日にダライラマ法王が成田に到着された。同じ日、ダライラマ法王本『これからの日本、経済より大切なこと』(飛鳥新社 1300円)を大学に恵送いただいたことに気づいた。

 見ると本書は、七册の既存のダライラマ本の中から、法王の言葉をピックアップして、それに対する池上氏の解説を加えたものである。

 何年か前にも述べたが、法王が一般向けに行う法話には2種類ある。一つは仏典などを仏教用語を用いて解説する伝統的な法話と、もう一つは「慈悲」「許すこと」「エゴの克服」などの普遍的な心の美質を誰にでも分かる言葉を用いて説く法話である。本書はもちろん後者にあたる。

 このような法王法話の中から、池上氏は、悩める現代日本人にとってとくに福音となるものを選んでおり、その選び方は、あらゆるジャンルの話をわかりやすく解説することで名をあげた池上氏だけはあって結構的確である(それとも編集協力が長田さんだから?)。

 法王がまだお若いころ、初めてアメリカにわたった時のことである。とあるお金持ちのご自宅に泊めてもらったところ、その豪邸の洗面所の棚には様々な種類の精神安定剤が並んでいた。これを見た法王は「物質的に豊かであることが、精神の安定につながっていない」ことを身近に感じられた。

 そして、これまた本書のネタモトの『幸福論』にでてくる話であるが、法王はチベット難民第一世代のたくましさが仏教が生きている社会に身を置いたことに起因することを述べてこういう。
「チベット難民の第一世代は、身内を無くしたり、はぐれたりなどの過酷な体験をした上に、着の身着のままでインドに逃げてきて、貧しい暮らしをしている。しかし、いわゆるPTSDやウツの症状を示す者はとても少ない。先進国の人間は食べるものにも着る者にも困っていないのに、みな不幸そうな顔をしている」。池上氏はこの手の法王のエピソードを引用し(実際はもっと純化したのを使っている)、先進国の人間が経済的な豊かさだけでは幸せになれなかったことを示す。

 そして、法王の言葉の引用のあとに、池上本の特徴である現代社会解説がはじまる。たとえば「経済がすべてを解決しない。」と言うにしても、池上氏はどうしても「経済」について解説しだしちゃう。マルクス経済やケインズの近代経済や新自由主義が、どこがどうしてうまくいかなかったのか(社会主義はみなやる気がなくなり、資本主義は政治家が人気取りに国税を無駄遣いし、新自由主義は格差が広がる)を解説し、そのうまくいかなかった背景には心の問題があったことを示す。

そして「心の安定はエゴの克服から」と言いたい場合にも、「日本人は過去を懐かしがって文句ばかりいうのでなく、足るを知りなさい、そして人の役に立ちなさい」ということを自分の体験に基づいて語る。

 「昔はよかった」という日本人の決まり文句、その内容は
 「治安がよかった」
 「社会に道徳はあって、親は子供を愛し、子供は親を尊敬した」
 「地域社会や大家族がセーフティネットになって働かない人を養えていた」
 「学力もあった」を思い込みとして具体的な反証を挙げていく。

 「昔はケンカの末の殺人なんてありきたりすぎて、普通の殺人事件は報道されなかった。今は殺人自体が珍しいからニュースになる」

 「昔の新聞紙面は陰惨。面倒みきれない親や子を殺す話は山ほどあって、だから尊属殺人を重罪にする法律ができた。昔は子殺し親殺しがなかったなんてウソ」

 「大家族を美化するのはどうかと思う。嫁と姑が一緒にすむ息苦しさ、隣近所に家の中のすべてをしられる地域社会が息苦しさを嫌って、日本は核家族に移行してきたのではないか」

 「東京オリンピックの開会式の前日はスモッグで東京の空は曇っていた」などいいつのり

 「実は日本は昔よりよくなってきている。だから、もう足るを知れ」。と結論づける。

 「足るを知れ」という言葉については、「お金をためること、名をあげることを自己目的化してはならない。金も能力も社会に還元してナンボ」とおっしゃる(実際はもう少しお上品)。確かに法王もそうおっしゃってきた。

 池上氏は、「日本は突出したお金持ちがいないため、寄付文化が存在せず、公共の福祉は国家がやるべきという考え方がある。私も昔はボランティアやチャリティは偽善と思っていたこともある」、と前置きした上で、「しかし」と池上氏は続ける

「私は2011年3月にはテレビの仕事をやめて本を書く仕事に集中しようとしていた。しかし、震災がおきて、ジャーナリストとしてこれを伝えなければいけないと、いくつかのテレビ番組にでた。しかし、震災関連でお金をもらうことはできないので、出演料や印税は被災地支援に回した」

 まあ一言でいうと、池上さんは、働かずに楽してお金をえることばかり考えていて、寄付をしたり、ボランティアをしたりする人を偽善とかいって足をひっぱる人たちに、

「あなたたちそんなことしていて幸せですか。お金も才能も地域や社会で生かしてはじめて、自分の幸せにつながるんだよ、」と説いているのである。

 最後に雑感。
 ダライラマの「ことば」シリーズ (『抱くことば』『許すことば』)は、法王の言葉が短すぎて物足りない、でも本格的な法王本を読むのは長すぎてつらいという人には、本書は説明に過不足い長さでかつ、お値段もお手頃。まあおすすめです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2013/11/11(月)   CATEGORY: 未分類
悲しみから希望を紡ぐ(法王特別編)
「グリーフ・ケア」(悲嘆をケアする)という言葉を知っているだろうか。
 たとえば、親を亡くした子供、子供を亡くした親など身近な人をなくして悲嘆にくれている人が、喪失を受け入れ悲しみを克服していく過程を支えること。

 東日本大震災において、突然愛する人を失った人たちが、そのショックから口にすることも反応することもできず、ただひきこもって凍り付いているという話しが、震災一年目くらいから語られていたことほ思い出してほしい。グリーフケアはこのような人たちによりそっていく活動なのである。

 で、このようなグリーフケアに取り組む団体の一つにリヴオン(生きる) という団体がある(https://www.facebook.com/live.on.me)。六月に回向院のご開帳を扱ったエントリーでもちらっと紹介したが、お寺を通じて活動しており、尾角光美さんという方を中心に動いている。 

まあ、FBをご覧いただくと分かるが(https://www.facebook.com/o.terumin)、この尾角さん、まだ二十代の妙齢の女性なのにお母様を自殺でなくされ、お兄様をアルコール依存症でなくすというきっつい体験をされている。本人も悲嘆の中にいるが故に、その発言内容(苦しんでいる人を否定せずよりそう)にも説得力がある。

 そもそも、歴史的に大きな愛を体現し、まわりに愛を広めた人は、片親家庭や孤独な人が多い。キリストはお母さんが処女懐胎だからお父さんがいないし(父なる神はいても人の父がいない)、仏陀も生まれて一週間でお母さんがなくなって、おばさんに育てられているし、ムハンマドも父親がいなくてオジサンに育てられているし、孔子も母子家庭である。

 ポーランド出身のローマ教皇、ヨハネパウロ二世(東西冷戦の終結に力あったかた)も幼くして母がなくなり、続いて父、最後に尊敬する兄がなくなり、二十代でひとりぼっちになって神の道に進んだのであった。

 これらの事例は、愛する者の「喪失」「欠損」を乗り越えられれば、大きな愛へとつながることを暗示している。

 なのでリヴオンの活動は非常に期待しているのだが、ぶっちゃけ尾角さんチベット支援もしており、チベット問題に理解のあるお寺さんともよく交流されているので、応援したいのである。

 で、このようなお寺ネットワークを活用して、11月19日に増上寺において「悲しみから希望を紡ぐ」というタイトルのイベントが行われるのだが、この午前の部にダライラマ法王が降臨される。

 この集まりは若手のお坊さんを対象にしているが、尾角さんによると一般の方でも参加できるそうなので、尾角さんから許可をいただいて以下に詳細をご紹介したいと思う。興味ある方、是非ご参加ください。

■[プログラム]
 9時00分~9時20分   増上寺による法要 導師 八木 季生 法主台下
 
 9時30分~11時30分  ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話
        登壇者:キャサリン・ライリー(カトリック・メリノール修道女)
            根本 紹徹(臨済宗妙心寺派 大禅寺住職)
            飯島 俊哲(真言宗智山派 海禅寺 副住職・芙蓉保育園 副園)
 13時00分~16時30分 若手宗教者100人が出会い、語り、希望を紡ぐ対話型ワークショップ

■[場所]増上寺(東京都港区芝公園4-7-35)
 午前 大殿
  午後 三縁ホール

 問い合わせ先は
一般社団法人リヴオンTel.(090-6116-5680) E-mail info@live-on.meまで。

フライヤーの画像はくりっくすると大きくなります。
1421367_565818023499616_998559803_n.jpg
1456830_565818020166283_217474811_n.jpg
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ