白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2018/02/12(月)   CATEGORY: 未分類
三十帖策子がすごいらしい
 二月のある日平岡宏一先生から電話を戴いた。

宏一先生「現在東博で行われている「仁和寺の秘宝」展は素晴らしいですよ。弘法大師さまが唐からもちかえった三十帖策子が展示されているんです。橘の逸勢とか写経生とかの字も混じっていますが、直筆ですよ。」

私「さ、三十チョウサクシ、なんですかそれ。」

宏一先生「唐からもちかえった経典とか法具の目録や奥義のメモです。」

私「国宝の御請来目録のことですか」

宏一先生「それとは違います。おなじく国宝ですが。高野山にいた空海の甥が東寺にいる空海の弟を通じて、東寺の長者(トップ)以外目にできないこの策子をかり出してそのまま返さなかったんですね。」

私「弟とか、甥とかってなんか生々しいですね。空海って同族経営で真言宗を経営していたんですか。なんかイメージとしては実力主義で血統とかに頼らなさそうだけど。しかも、借りたままかえさんとか、早稲田にも昔、某A教授が図書館から本を借りだしたまま死んで、そのままどっかいっちゃったなんて話がありました。同じですねえ」
life_056_img-07-thumb-185x169-796.jpg

宏一先生 「その後、孫弟子の時代に東寺に戻るのですが、源平合戦の折に何か大事があってはいけないと、仁和寺を創建した守覺法親王が1186年にかり出してそのまま返さないで今に至るんまで仁和寺にあるのです。」

国共内戦の折、清朝の秘宝が戦火を避けてあちこち疎開したあげくに戦艦で台湾に送られて今にいたるようなものか。ちなみに、このお話を宏一先生がされた時にはあまりにも早口で説明がたりなかったため、エンサイクロメディア空海の力をかりてここまで復元した。密教の奥義について記したこの策子のありかが、真言宗の根本寺院ということで、この策子の帰属はたんなる本の貸し借り以上の意味があったとのことである。

 そこで9日の金曜日の夜の開館時間をねらって午後八時から観覧をはじめた。大物は14日以後にくるので、たぶんこの日が一番人が少ないだろうと踏んでのことである。案の定、まったくお客さんがいなくて、気持ちよかった。
27657285_10209511305693681_6968665426012647661_n.jpg

 実際にみた三十帖策子はメモ帳サイズで、和綴じのA4 サイズを想像していた私にはとても小さく見えた(画像もエンサイクロメディアから)。それと、チベットネタとしては、95と96の金剛鈴は元か明の時代に大陸でつくられたチベット仏教の法具であるという。95は鈴のぐるりにオンマニペメフンが刻まれている。

 この他にも国宝の秘仏がたくさん陳列されており、その中の国宝、孔雀明王像はどっかでみたことあると思ったら、うちの冷蔵庫の壁面にマグネットではられていたものである。じつは仁和寺展は30年前(1988)にも東博で行われており、その際購入したものをある時期にはったものと思われる。もちろんほこりだらけ。

 もう一つチベットネタとしてはダライラマ法王が金剛界・胎蔵界の灌頂を行われた宮島の大聖院さまの不動明王像がおいでになっております。

 このように素晴らしい仏像がたくさんあるものの、昔は仏様の前におかれていたお賽銭が今回は一つもみあたらなかった。今や人々にとってここにある仏像はたんなる美術品なのであろうか。
27655375_10209511305133667_4462247660029291782_n.jpg

 展示する前に、お寺で性根をぬいてあるので、理念的にもただの木像であると言われればそれまでだが、たとえ性根がぬいてあっても仏様の姿を前にすると自然と合掌したくなりませんか、そんなの私だけ? このような形で仏様が展示されているのを痛々しく感じるのは私だけ?

 そして仁和寺の観音堂内を再現したスペースでは写真撮影すらオッケーとなっている(仏像がすべて江戸時代と新しいものであるからと思われる)。インスタ映えするので、観覧者にSNSで拡散・宣伝をさせようという当局の魂胆がすっけすけである。なのでお言葉に甘えて、写真あげときます(オイ)。

 じつは仁和寺は火事で焼けたあと、長いこと放置され荒れるに任されていた。しかし、徳川家光の時代に再建されて今の姿になった。去年の六月、東京チベット散歩をした時に、訪問先の、護国寺の観音堂と九品仏の三仏堂を調べてみたら、数年違いで徳川綱吉の時代に建てられていたことに驚いた。思えば比叡山も、かつてはこの上野の国立博物館にあった比叡山をまるまる原寸大コピーした寛永寺も、日光山輪王寺も、大伽藍はみな徳川家によって造立されたものである。

 もっとみんな徳川家を評価しようよ、徳川時代って明治維新以後にはクソミソに言う人もいるけど、それほどひどい時代じゃなかったよ。そう思いつつ、閉館のアナウンスにどやされて、館外にはきだされたのであった。
27657306_10209511305853685_6811964925705101127_n.jpg
[ TB*0 | CO*3 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ