白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/18(月)   CATEGORY: 未分類
青い鳥はウチの外ではなく中にいる
 帰国以来、なんとな~く体調がすぐれない。

 しかして動くにはあまり支障がないので、大学いって書類をだしたり、院生の論文みたりもしているのだけど、いまひとつ、こう馬力とかがでてこない。

これは、旅行疲れとかとはちょっと違うような気がする。

あえて表現すれば、「絶対的に安心できる空間」たとえていえば母親の子宮のように落ち着ける我が家という空間に回帰したため、すべてが充足して、何もやる気がでない状態というか。

今日日曜美術館の再放送を見ていたら、90歳を越えた老日本画家(高山辰雄)が、

 「わかりませんねえ。十六七の頃はこの年になったら自然が何かが分かるかと思っていましたが、この年になっても何もわかりませんねえ。ひょっととしたらこのまま死んでしまうのかも知れません。分からないまま。それが人生かもしれません」というのを聞くと、

 「私にはこの人のように、人生を賭して求め続ける何かなんてないなあ」と改めて自分の求道精神のなさ、無気力さに思いいたる。

 私に言わせれば、日本は平和だし、愛鳥ごろうもビミョーな飼い猫餓鬼道も可愛いし、ダンナも私も今のところ健康だしで、これ以上求めるものは何もなく、これ以上何かを求めること自体、強欲すぎる気がする。

 よく、「ここでないどこか」に幸せを探しにいき、家族から離れ、会社をかえ、国をでてなど、様々に遍歴する人がいる。しかし、自分は全くそういうタイプではない。私にとって、幸せは「ウチ」にしかありえない。

 ま、私はおうちが好きなんですね。

 たぶん、天才とかすごい仕事を残す人々は、(さ)迷える人々の中からでてくるのであり、私のような目先に満足するタイプは凡庸に人生を終わるのだろう。でも、いいや。ドラマチックな人生よりも、平穏な人生の方が。ラクだもん。

ちなみに旅行中Lets'noteに三つくらいの急ぎの仕事をいれておいて、それを旅行中にすます気でいたものの、 結果としては、どれもちょっとだけ手をつけただけで終わらず。すべての山に三合目までのぼってどれも折り返して帰ってきたような状態なので、客観的にはこのようにまったりとしている場合ではない。

私個人からはぎらぎらした勤労精神はまったく生じようがないのだが、あまりぐーたらしていると、チベットの護法尊から「働け」とかいって罰とかがあたりそうなので、そろそろ本格的に再起動することとする。

 がんばれ、怠け者のじぶん。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 日本があまりに寒いので
ジュナ | URL | 2006/09/18(月) 21:09 [EDIT]
私は帰って3日はパワフルでしたが、昨日花粉症様の猛烈なクシャミ、鼻水、悪寒に襲われました。でも今は大丈夫です。
あのようなヘビーなトイレ事情の地域から戻ると、拙宅の全自動トイレが神々しい王座に見えます。ゴロウもシンジも元気です。ほんとうにありがたいことです。
ボウボウキープの本国版「ナンダモ」を、親類の結婚式で里帰りする師匠に頼みました。日本で売られているものとの差異を検証してみます。
● 某宗教なら…
先生の忠実なる下僕 | URL | 2006/09/18(月) 22:57 [EDIT]
私のがもっと怠け者ですので安心してください(←何をや)

そういえば、今話題の教皇を戴く宗教でわ働くことは罪悪だそうですから、改宗を迫ってくるかもしれませんね。
● そうそう
イシハマ | URL | 2006/09/19(火) 09:13 [EDIT]
>ジュナさん
わたしも、日本のオトイレはどこにいってもおうざに見えます。とにかく、田舎はすごかったですよね。

>しもべくん
勤労精神を否定するという点ではカソリックに共鳴。ただし、改宗はちょっとかんべん。
あの説教臭さと自信まんまんなところがどうも好きになれん。
● そういうのは怠け者とはいいませんよ
モモ@柏原 | URL | 2006/09/19(火) 12:09 [EDIT]
心の壁を取り払ってる状態といいますか
オタク用語で言えばLCLがひとつになってるというか(笑)
そういう状態だと思います。
夏場お忙しかったんですからここはひとつのんびりなさってください。
● エヴァンゲリオンどすか
イシハマ | URL | 2006/09/20(水) 11:23 [EDIT]
やっぱ怠け者だと思いますよ。
もー、なにもかも放擲してぼんやりしています。気がつくと。
でも、徐々に体をあっためていかないと、大変なことになるので社会復帰リハビリ中でーす。


TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。