白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/10/03(火)   CATEGORY: 未分類
神は誘惑しない、でも魔は・・・
ちょうど一年ほど前、北海道の小学校で女の子がいじめを苦にして自殺した。
教室で首をつって、教卓の上には七通の遺書が載っていたという。

その遺書の存在を教育委員会が隠していたことが一年たった今になって発覚して、ニュースになった。

世の評論家たちは、遺書をふせて「いじめが確認できない」と言いはる教育委員会を「人の血が通っていない」「お役所対応」としきりに批判する。で、私は別の視点で気になることがあった。

よくキリスト教では自殺は御法度だけど、仏教は自殺に寛容みたいな論がある。

キリスト教が自殺を否定する理由は、命は神様から授かったものだから、人間の都合でどうこうしてはならない、神様は耐えられない程の試練を子羊に与えたりしない、というわけだ。

一方仏教では、たとえばお釈迦様は前世にサッタ太子として生を受けた際に、飢えた虎を救うために、自分の身を投げ出して食べさせた、などという有名なエピソードがあることからも分かるように、人のために自らの命を投げ出すことは否定していない。

 東北によくあるミイラ仏も、一切の命あるものの幸せを祈って食を断ってなくなった人々である(食べ物がなくなって仕方なく死んだわけじゃないのよ)。

 ただし、ここで述べている自殺はあくまでも「他者のために」行っているものであり、「つらいから」「ラクになりたい」などというある意味「自分のため」の自殺でないことに注目したい。

そう、仏教だって「自殺はいかん」というとるとです(なにゆえいきなり九州弁に)。

その北海道の女の子の遺書を教育委員会が隠した理由の一つに、その内容があったのではないかと思う。ニュースでその遺書がパネルに拡大してあったのをちらっとみただけなのではっきりはしないのだが、その女の子遺書の中で「呪ってやる」みたいなことを書いている。

この件で遺書を知ったかつてのクラスメートたちはどんな暗い気持ちになっただろうか。彼らもまた小学生(今は中学生か?)なのである。

「人を呪いながら死ぬ」、悲しい死に方である。

いじめによる自殺というのは、死ぬ側、死なれる側もどちらにとっても救いのない話。だから、今どんなにつらかろうと、死んじゃあかんと世間は言うのである。

どうせ死ななきゃならないなら、
人を呪いながら死ぬよりも、人に感謝して死にたい。
人をふるえあがらせるよりも、惜しまれて死にたい。

ま、とにかくいじめはなくさんとな。
[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

宰相 | URL | 2006/10/04(水) 06:30 [EDIT]
私事ですが、うちの特殊な親戚の一人が最近○なくなりまして、4日かけて葬式をするというので大騒ぎです。
うちの今療養中の祖母はその親戚に対して「あの糞婆が7くなるまでは四ねん」というふうに「呪ってやる」と言って死ぬのと逆パターンで生きていますが、それも悲しいことです。
● 特殊な親戚って(笑)
イシハマ | URL | 2006/10/04(水) 14:10 [EDIT]
とにかく、いきよーが、しのーが、「人を呪う」という行為が美しくないのですな。
憎しみにかられた当人はたぶんその「呪う」という行為に積極的なものすら見いだしているのだろうけど・・・。
これはやはり本人気がついていないけど、呪っている当人を不幸にするだけなんだよね。
現に孫にひかれてるし。私もひいたし。
● もっとも…
宰相 | URL | 2006/10/04(水) 16:13 [EDIT]
「呪う」というよりは「意地」に近いかもしれませんが。うちの祖母の場合(笑)

不思議なもので、「もうアカン」と言って祖母が生きる元気をなくしていたとき、某孫が昔のゴタゴタのことをわざと聞いて思いださせて「あの婆には絶対負けん」と言って元気を取り戻させたものです。(←すな)

それにしても、91歳が同じ年齢の女性を捕まえて「あのババァ」と罵るのはすさまじいものがあります。
● 対応のまずさ
福田 | URL | 2006/10/04(水) 21:53 [EDIT]
「遺書はあったが、内容は教育的配慮のもと、公開できない」とでも言っておけば、よかった、と教育委員会の対応のまずさについては、ひとこと言っておきたいと思います。

人を呪ってしまうのは、仏教的にはやはり本人に罪があるわけで、仏教的な救いは、そういう呪う気持ちをどうしたら緩和してあげられるか、ということにあるのでしょうが、それが一番難しい問題ですね。どうしたらいいんでしょう。

ブラック宮沢 | URL | 2006/10/05(木) 09:46 [EDIT]
「呪ってやる」という発言が遺書のなかにあるとしたら、この自殺した女の子の復讐はある程度成功していると思います。

この数十人のクラスメートはこれから先数十年は生きるわけですが、何か嫌なことや不幸があるたびに彼女のことを連想するわけですから…。

あと、自殺も最近はそんなに悪いことじゃないような気がしてきたんですよね。要は攻撃性が自分に向かうか他人に向かうかの違いで、それこそ連続通り魔や全米でも流行しているらしい学校襲撃(もちろん鉄砲で)よりはるかにましなんじゃないかなぁ…と。

ちょっと前に同志社大学の塾講師が悪口を言われたことが自分の将来を傷つけると妄想を膨らませて小学生の女の子を殺す事件がありましたが、この場合、この大学生が自殺していたほうがまだましなような気がするんですよね。
● 人により意見は様々かとは思いますが
イシハマ | URL | 2006/10/05(木) 16:16 [EDIT]
私としては、
「神は誘惑しないけど、悪魔は誘惑する」
という言葉を繰り返したいと思います。
「他殺より自殺がまし」という比較に意味があるのか(どっちもまずいだろ)
「呪いに成功」したからといって、その自殺した女の子が救われるのか、という点に注意を喚起しておきたいと思います。
● 死んだらゾンビ
モモ@柏原 | URL | 2006/10/05(木) 18:39 [EDIT]
いわゆるキリスト教では死んだらゾンビになっちゃうわけで…・・・
宗教でも輪廻転生と、死んだら魂は最後の審判の順待ちでは
全然違うんだよと小さい頃っ父親が言ってました。
当時はへぇ~と聞いてただけですが、
最近なるほどなと思うようになりました。
名作漫画「はみだしっ子シリーズ」で、
子供に角膜をあげるために自殺した人が
天国へ行けないと聞いて
子供がショックを受ける場面がありますが、
残された子供はたまらなくショックを受けます。
小学生とは結構残忍なものです。
アリの巣を壊し、昆虫の手足をもぎり、果ては
電車のレールの上に蛙を乗せて干物を作ったりする。
多分、その子を自殺に追い込んだ児童は
何の罪の意識も感じないでしょうな…・・・
● 呪いながらの死は
みりん | URL | 2006/10/06(金) 15:54 [EDIT]
呪いながらの死は、いじめられた「被害者」なのに「加害者」になってる。こういう行為に出るほどいじめられたことは「悔しく」「悲しい」ことだったのだと訴えたかったんだよね。私、以前人をいじめたことがあるので、本とに反省してます。そのこにはちゃんと謝ったけどね。
● 罪悪感を持つかどうかは
イシハマ | URL | 2006/10/07(土) 10:57 [EDIT]
>モモさん
「子供は残酷だからいじめで人を殺しても罪悪感を持たない」とはいいきれないでしょう。
子供は残酷だけど、やはりこれまでそこにいた人がいなくなる、二度ともどってこない、ということが実感されたらそれなりのショックは受けると思いますよ。まったく罪を反省しないように見える人でも、じつは自分のおかした罪の重さを認めることができずに、逆にたいしたことがない、といいはって人格をゆがめている場合もあり、その場合もホンネとしては自分の罪を認めているわけで。

>みりんさん
幼い、若い頃は、後から考えるといろいろマズイことをやっているもんですよね。でも、それを大人になって後悔することは、ムダではないと思います。今現在進行中の子供いじめを、大人だったらとめることができますから。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ