白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/11/03(金)   CATEGORY: 未分類
ダライラマ法王、広島に降臨!
というわけで、広島に行く。前の晩解散会で飲み倒したら、お酒に強くないので寝付けず、ほとんど寝ないまま五時起きして羽田にむかう。
朝早い飛行機の乗客は疲れていて、みな貞子のように頭をふらふらさせて寝ている。そのうちに広島につく。
20061103125008.jpg


 
亀井静香がむりむりに自分の選挙区にひいた評判の悪い市内から遠い環境破壊空港は、山の中にあるので紅葉が美しい。

モーローとしながらリムジンバスに乗ったらまた爆眠して気がついたら広島駅。タクシーで平和祈念公園そばのアステールプラザに向かう。

1日はダライラマ法王(チベットの自治を非暴力をもって訴えるチベット仏教の最高聖者)、午後はベティウィリアムズ(アイルランドの和平に奔走したおばちゃん)が講演して、で2日は午前中はツツ大主教(アパルトヘイトを非暴力で終わらせた神父)と全体会議で平和都市宣言を採択。

ノーベル平和賞受賞者が三人も集まるとやはり壮観。。

いずれもみな地獄を見てきた人々であり、その地獄の中にあっても真善美を見失わなかった方達である。暴力や権力の前にびびらず、小細工を遣わず正道を歩んできた彼らの強さと明るさと野放図さは、やはりそこいらの人にはない存在感がありまくり。

また、三人ともかなり高いユーモアのセンスがある。

私の知る限り智慧のある人はなべて明るく、ユーモアの感覚がある。

一方、智慧が並か並未満の人は、国があって、学校に行けて、ゴハンが食べられて、命の危険がないにもかかわらず、いつも何かにぐずぐず文句ばっかりいっていて、ユーモアの感覚がないのはムロンのこと、揃いもそろって被害妄想・過剰防衛・自己中心である(そこまでいうか)。

なので会合には非常になごむ。

ただし最期に三人で平和都市宣言を採択したあと、原田真二がでてきて「広島からはじめよう」とかいう歌うたって、後ろに揃いのTシャツをきた子供を並べて手をはたかせるのは、イタイのでやめてくれ。

24時間テレビかっつの。

 最近、北の将軍様が史上最小の核実験を行ったところ、わが日本ではにわかに核武装を論じる輩が澎湃とわきだしてきた。しかしこういう平和ボケを糾弾するような輩こそ、私に言わせればまさに平和ボケの異種バージョンである。ゲロゲロの戦場を体験した人は安易な報復や抑止などという論には意外にくみしない。そのような小手先の威嚇が解決にならないことを知っているからである。

 ベティウィリアムズがこういっていた。テロで我が子を失った母親にマスコミが心境を聞いた。その母親は「私は殺された側の母親であったことをうれしく思います。殺した人間の母親でなかったことを大変うれしく思います」といったという。

 おい、ジョージ聞いているか? この母親は最愛の我が子を失っても報復とか憎しみとかを口にしないんだ。あんたはいったい何を失ってテロリスト達に報復するんだい? メンツかい? それとも何か別の理由があるのかな。

 9・11の時だって、多くの遺族がグラウンドゼロに集まってこの悲劇がさらなる悲劇を生まないように祈った。
 しかし、ジョージはこのような理性的な声には耳を貸さず、アフガニスタン、イラクへと兵を進めた。(あ、マイケル・ムーアが降りてきている)

 いつの時代も世の中を腐った方向にまわしていくのは、被害者とはまったく関係ないところにいて、その被害者を利用して自分の利益(国益じゃないのよ)のために世論をミスリードしようとする政治勢力なのである。

 そしてそのような政治勢力のあおりに簡単にのせられるのが、これまた地獄をみたこともない、また、歴史研究のイロハもしらんくせにやたら歴史認識を語りたがる●クちゃんたちである。この●クちゃんたちは「脅威」があるだけで「武装」をとくことからもわかるように自分に自信のない超ビビリな人たちである。

 ダライラマ、ベティ、ツツはこんな●クちゃんたちと対極の存在だ。彼らは、他国の侵攻、人種の分断、異なる宗教のぶつかりあいなど様々な理由から自国が廃墟と化すのを目の当たりにしてきた。その三人が三人とも、紛争の解決において、報復や威嚇などの軍事的な行動には意味がないこと、真の解決には許しと寛容しかないことを口をそろえていうのである。

 傾聴すべきであろう。

 いっとくがわたしはヒステリックで教条主義的な平和主義にはくみさない。

 しかし、再軍備への国費の投入には断固反対
する。
 理由はただ一つ、そんなことに金つかうのがMottainaiからだ(おお、こんどはマータイが降りてきた)。
 
 日本が再武装するのなんて、借金だらけの家が見栄でセコムつけるようなもんだ。
 セコムつけた方が泥棒の目を引くっつの。
 うーん、すばらしいユーモアだ(どこが)。
[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

宰相 | URL | 2006/11/03(金) 13:42 [EDIT]
写真はカラオケかと思いました。
● まーカラオケみたいなもんよ
イシハマ | URL | 2006/11/03(金) 13:59 [EDIT]
三人とも言ってることは同じだからね。
● 同感です!!!!
ハル | URL | 2006/11/03(金) 16:57 [EDIT]
 maaさんに教えてもらって、読ませて頂きました。同感です!最後のユーモアに拍手喝采!! 

 私も、10日に両国に行きます。今、自伝を読んでます。10年前にチベットに行った時は、仏像、その他に感激して、余り政治的なことは考えませんでした。でも、ラサの猥雑な雰囲気には、悲しい気分になりました。

 チベットに関するわかりやすい本などを教えて頂けると、嬉しいです。
 
 ●クちゃんて、誰でしょうか!? 超ビビリ人間とは、我が国のトップにおられるA氏にも、言えることだと思っております。もちろん、ジョージさんもそうですが・・・。

 今朝の朝日新聞に石田純一のA氏に対するコメントが出ていて、「石田純一ってひとも、こんな事考えていたんだ!」と嬉しい気持ちになりました。我が選挙区の、先日の補選の投票率の低さを嘆かわしく思っていた矢先でしたので。

 他の記事も面白そうですね。パソコン文字苦手ですが、また、読ませて頂きます!

 
● ハルさん
イシハマ | URL | 2006/11/04(土) 10:05 [EDIT]
『チベットを知るための50章』とかどうですか。
●ちゃんとは、流されやすい人すべてです。
石田順一の文章私も見てみましたが、あの世代はみなああで、石田氏がああでも不思議でありません。アベさんが育ちからいって特殊なんですよ。
ちなみに、私は上の世代のあの左に傾きすぎた生き方も品格とバランスに欠けていると思うのではあまり共鳴できません。

ハル | URL | 2006/11/04(土) 17:47 [EDIT]
ありがとうございました。早速、本を注文しました。イシハマさんが書いてらっしゃる本なのですね~。図説、歴史紀行も、思わず注文してしまいました!

 石田純一は、私にとっては、単なる「長谷川理恵にフラれた人」でしかなかったので、驚きだったのです。そういえば、俳優でもありましたね。

 ダライラマは自伝しか読んでなくて、正直言って、まだ、よく
わからないのです。講演に行くことにしたのも、護国寺に飾られていたダライラマの写真の笑顔がとても素敵だったから、・・・というなんとも単純な理由なのです。

 なにはともあれ、本の到着と10日の講演が楽しみです!

 

セン@小坊主 | URL | 2006/11/04(土) 21:20 [EDIT]
私は今回、広島の方にも行けませんでしたし、東京での講演会にも行けるかどうか分かりませんのですこぶる残念です。
しかし今回の法王の広島訪問の一部始終は映像に記録されて後日DVD化して販売すると公式サイトに書いてあったと記憶します。せめてそのDVDでも購入したいものです。
● 秩父の山猿
苦沙弥@i | URL | 2006/11/05(日) 23:11 [EDIT]
すみません。新聞読んでみましたが…自分は石田純一さんの感じに近いです。
自分がどうしようもない腰抜けなのも認めます。

「ビビり」って言い方は、中学時代に吃りゆえに虐められた記憶が甦ってツラいですが。

イシハマ | URL | 2006/11/05(日) 23:41 [EDIT]
>センくん
平和会議のDVDはでないのかな。ダライラマ法王はむろんのこと、ツツさんもベティさんもなかなか味があってよかったですよ。

>苦沙弥さん
「いじめ」という言葉があまりに世の中に出回っているので過敏になっているんですよ。今は、誰もあなたをいじめてませんよ。

社会人学生 | URL | 2006/11/06(月) 14:45 [EDIT]
11/5(日)広島に千葉からはるばる行って来ました。
どうしても生の法王にお会いしたかったからです。
色々な意味で驚きの連続でした!
以下、不謹慎・お気楽な感想です。
・法王はとてもお茶目で子供のように純粋な瞳をしてました。
・日本のお坊さんはほとんど見かけず茶髪のお姉さんがたくさんい ました。
・最後に質問した中国人(台湾?)のお姉さんが法王にお会いし
 とても嬉しそうに感情を前面にだしていた。
・法王の長いお話を通訳するのはとても大変そうだ。(でも、ちょっ と判りにくかった。。。)
・最後に法王をお見送りする時、芸能人のおっかけファンのような ノリの人が多かったです(私も含む)。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ