白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/11/11(土)   CATEGORY: 未分類
ゆるさの極致仏青例会の実況
木曜日、イチゴアイスをなめながら仏青の会議に参加。
本日は特別にその会議の様子を実況しよう。

私が部室に到着した時には、来年度の新歓について話し合っていた。

机の上には広島名物もみぢまんじゅうが。
なんでも部長のねもっちはダライラマ猊下の広島大聖院での灌頂に参加してきたとのことである。
ねもっちはこの夏休みはチベットいったし、早稲田祭の休みはダライラマ猊下に会いに行くし、急速にチベット化が進んでいる。

誰の影響なんだろう(オノレじゃ)。

部室のテレビがきりかわってニュースがはじまる。時間を確認しようと思って、テレビの上の時計を見ると、三つもあるのにどれもきっちりした時間を表していない。おかしい。

私「三つも時計あるのに一つもあってないんじゃないの」

ほとけどじょうくん「いやこれは現代美術としておいてあるので」

私「せめて真ん中の一個くらいは時間あわせておいたら。ところでこの地図はなに」

ほとけどじょうくん「これ江戸時代の早稲田の地図なんです。この昔と今の地図が重なっているやつと比べるとよくわかります」

私「早稲田大学がたっているのはこの地図のどこ」

破顔くん「道筋は昔のままですから、ここが穴八幡て゛このあたりです。本部キャンパスは水稲荷神社をつぶしてたってますね」

私「文学部は正覚寺の境内ぢゃないか。」

ねもっち「センセが前に学校はもと刑場とか墓場とかの上にたっている、安くて広い土地があるからとおっしゃってましたが、やはり墓場の上でした」

私「罰当たりな大学だな。寺をつぶしてたっている大学だから仏青がいまいちブレイクしないのかな」

Hくん「あの新歓を・・・・」

会議の流れを思いっきりかきまわす、しょうもない顧問であった。

しばらくすると七時のニュースは竜巻で犠牲になった人たちの合同法要現場をうつしだす。祭壇の前で僧侶が読経している姿が後ろからとった画像が一瞬流れる

破顔くん「あ、曹洞宗の僧侶だ」

一同「え、あんな一瞬の後ろ姿でどうしてそこまでわかるの?」

破顔くん「真言宗天台宗はもっと僧衣がはでで、首の後ろが三角にたってます。臨済宗なら背中にも輪っかがあるのでわかります」

私「質素というのなら真宗もありじゃないの」

破顔くん「真宗はまず有髪ですから」

一瞬のうちに僧侶の僧籍をあてるとは、まるでシャーロックホームズのようである。
一同感心。
テレビまたきりかわり、竜巻の廃墟をうつしだす。
あ、お寺の屋根がみえる。被害をうけてない。

破顔くん「お寺の屋根はしっかりしているから」

ほとけどじょうくん「仏様がまもってくれたのでは」

わたし「仏様がまもってくれて寺から竜巻がはずれた結果、隣の家が壊れたってのもな」

Hくん「あの新歓について・・・・」

こういう家庭的な雰囲気でやってます。
たぶん来年もこんなカンジです。
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 欲しがりません勝つまでは
宰相 | URL | 2006/11/13(月) 02:16 [EDIT]
最近の部室は豪華になりましたね。テレビまであるんですか。

それにしても
>わたし「仏様がまもってくれて寺から竜巻がはずれた結果、隣の家が壊れたってのもな」

いや、これはむしろ仏のご加護ではないでしょうか。家を失った人は大変お気の毒ですが、寺は待避所として災害後多くの人に提供できますが、一般家屋はそうはいきませんからね。お隣同士ほど怖いものはありませんから…(実感)
● 守られて
もんがらかわはぎ | URL | 2006/11/13(月) 10:49 [EDIT]
私は阪神淡路大震災を、神戸で経験しました。
2ヵ月後位に淡路島は北淡町に出現した活断層を見に行きました。現在の震災記念館があるところです。
当時は何もかもボロボロで、ただ活断層だけが存在を誇示しているようでした。
その活断層から数メートル脇に道祖神かお地蔵様の瓦葺屋根の小さな祠がありました。地元の方の話では「あの揺れの中、瓦一枚割れなかった」との事。
自然災害は、いつ、どこで起こるか解りませんが私はこの時「神がかり」ってあるんだな~思いました。
今回のお寺にしても何となく「仏様が・・・」と思ってしまいます。

● マルチレス
イシハマ | URL | 2006/11/13(月) 12:27 [EDIT]
>宰相くん
たしかに公益的な建物が残るのはいいことかもしれませんね。八百屋お七のように避難処の寺でイケメンにであったのをきっかけに、また火をつけるような娘さんがでないことが前提ですが。

>もんがらかわらはぎさん
阪神大震災の折、教会の庭にあるキリスト像の前で火災がとまり、手を広げたキリスト像があたかも火事を防ぐかのように見えたという話もありました。
不思議ですね。
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2006/11/13(月) 12:42 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ