白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/02/10(金)   CATEGORY: 未分類
バーミヤンの大仏をぶっとばされて・・・
デンマークの新聞がムハンマドの風刺画のせたことを契機に、イスラーム世界で争乱がおきている。

フジテレビがその風刺画をスタジオでモザイクをかけてみせていたが、モザイクかけるくらいなら、最初からださなきゃいいだろう(笑)。

彼らの怒りはとどまることを知らない。最初はその風刺画をのせた新聞社に向けられ、やがてはその新聞社のおかれたデンマーク国に及び、今はその風刺画を転載したヨーロッパ諸国にまで拡大し、これらの国の大使館はおそわれ、国旗はふみにじられ、それらの国の商品の不買運動まで始まっている。
彼らは口々に、「イスラームを侮辱した」という。それはそうだろう。しかし、だからといって、それが暴力や暴言を正当化することにはならない。 

彼らのやっていることは、デンマーク国民に対する侮辱である。

客観的にいえば、イスラーム文明は真にすばらしいものである。数々の哲学、思想、芸術をうみだし、西洋のルネサンスを導き出したことでも知られる。それに対して疑いをはさむものは誰もいない。

しかし、今、イスラーム世界でおきている争乱を見て、「イスラームってすばらしい」って思う人はいないだろう?

「アイツがオレを悪くいったんだ。だからオレはアイツをぶっとばしてやったんだ」っていう延髄反射に支配された人を尊敬する人はいないだろう。

イスラームが本来の正当な評価を受けようと思うのなら、芸術、学問、政治、個々人のレベルですばらしいものをみせてくればいいのである。そうすれば世界はイスラーム文明を礼賛し、その存在を心の底より喜ぶことだろう。
暴動をおこすより、はるかにムハンマド師も喜ばれるはずである。

 大乗仏教(北伝仏教)が栄えたガンダーラの地(現在のパキスタン)で、仏教遺跡を発掘すると、その顔がみな削り取られている。イスラーム教徒がこの地に侵入して来たのち、仏教の偶像崇拝を忌み嫌ってこのように破壊したのである。1999年にアフガニスタンの仏教遺跡バーミヤンの大仏(世界遺産)が、タリバンによってダイナマイトでぶっとばされたのも、同じ理由からである。

 彼ら風に言えば仏教徒は「侮辱された」わけである。しかし、タイや日本で僧侶たちが暴徒化したという話はついぞきかない。

八世紀のインドの僧シャーンティデーヴァは『覚りへの道』「忍耐」の章の中でこんなことを言っている(全邦訳が『怒りを癒す』にあります。)。

仏像、仏塔、正しい法(仏法のこと)を誹謗し、破壊する人々に対して私たちが怒りを抱くのは不当である。仏などはすこしも害を受けていないのだから。

ひらたくいうと、

仏法のシンボルである仏塔が壊されようとも、仏像が破壊されようとも、仏法が誹謗されようとも、仏様の境地に達した人は、そんなことでは動じないし、怒らない。だから、あんたが怒るということはアンタが仏様から遠ざかることであり、仏教のためにもなってないよ、

と言っているのである。

すばらしい。この言葉には、イスラームの聖者たちもおそらくは「うんうん」とうなずくのではないか(責任もてないけど)。
事実、仏教のこの「超えてる」平和主義は19世紀後半のオリエンタリズムの時代から現代にいたるまで、世界のさまざまな地域の人々の心をつかんできた。ショーペンハウアーしかり、ワグナーしかり。

「自分の信じるものを侮辱されて怒らないのは、腰抜けだからだ」と反論する人がいる。

そういう人は、自分の怒りっぽい精神を鑑みて、「侮辱されても報復しない」ことには、どれほどの自制心が必要か、あるいは、「怒らない人」がどれほど精神の陶冶をしたのか、そのような人を本当に腰抜けといえるのかを、考えてみることだ。

そして「自分の信じるもの」のために真の意味で役に立つにはどうしたらいいのか、それをもう一度考えてみることだ。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ブラック宮沢 | URL | 2006/02/10(金) 20:55 [EDIT]
現在のイスラーム諸国の最大の問題点は「過激派抜きに国が成立しない国が存在する」こと…より具体的には「過激派が建国した国がイスラーム圏内で大きな影響力を持っている」ことだと考察します。
● どちらが偉いかは
福田洋一 | URL | 2006/02/11(土) 00:15 [EDIT]
誰でも、すぐ分かるでしょう。たぶん、イスラム教徒も冷静になれば、この考えに頷くはず。

 でも問題は、かっとなって、その勧請の制御ができなくなってしまうのをどうしたらいいか、だと思います。どうしたらいいんでしょうね。自分でも、分かってはいるはずなのに、「その時」になると、見境いがつかなくなってしまうことが多々あります。
● めったにないじゃん
石濱裕美子 | URL | 2006/02/11(土) 08:50 [EDIT]
>ブラック宮沢
アフリカの場合もそうですど、やはりその国の「貧しさ」に問題があるんですよね。宗教はあまり関係ない。

>福田洋一さん
カッとすることなんてめったにないじゃない。
十数年に一回?

アメシィー | URL | 2006/02/11(土) 17:00 [EDIT]
 貧しさは人間を素晴らしいものにせず、逆に人の心がすさみます。かといって棄教は簡単にできないし。人類の永遠の課題ですね。
● 貧しいから原理主義になるのかも
石濱裕美子 | URL | 2006/02/12(日) 13:48 [EDIT]
>アメシィーさん
貧しいがゆえに原理主義になり
原理主義になるがゆえに、孤立して貧しくなり、
卵が先か鶏がさきか。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ