白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/24(水)   CATEGORY: 未分類
「昨日今日とは思わざりしを」
 同僚(英文)の先生が亡くなられた。色白の綺麗な方でまだ45才。

 風邪かと思ったら髄膜炎で、緊急入院したものの回復することなくそのまま逝ってしまわれた(医療ミスが根強くささやかれている)。

 ダンナは最後の日々献身的に介護を続け「●×子のいない人生は考えられない。二十年間本当に幸せだった」と悲嘆にくれていたそうだ。
 夫妻ともにクリスチャンなのでお葬式はICUの教会で行われた。二人が結婚式をあげた思い出の場所らしい。

 ダンナたまらんな。

 いつも笑顔の方で、皆が口をそろえて「笑顔しか思い浮かばない」という穏やかな性格。

「いい人ほど神ははやくみもとにお召しになる」
という言葉が妙に現実味をおびてくる。

 というわけで、ドン暗い気持ちになっている今日このごろ、みなさんはいかがお過ごしですか。

 こういう夭折の報に接して思うのは、

 遅かれ早かれ、人はいずれ死ぬ

 これにつきる。

 退職後はこうしたい、~才までにはああしたい、とか思っていても、所詮、机上の空論。

 突然の事故や病気で明日なんてないかもしれないのだ。
 
 昔の人もこうよんだ

 「つひに行く道とはかねて聞きしかど 昨日今日とは思はざりしを」(死ぬとは思っていたが、昨日今日とは思ってなかったよ)

 だから、ぐだぐだ文句いったり、怠けたり、悪口いったりする暇があったら、やらなければならないことをやった方がいいのだ。
 「やりたいことがわからない」とかいう世迷い言をいってる暇すらないくらい人生は短いのだ。

 「人生は何もしないと長いけど、何かしようとすると短い」これ誰か忘れたけど、名言だと思う。

 母がなくなった時、わたしは、今日と同じ一日が明日もあさってもずっと続くと思っていた自分がとてもバカに感じられたものだ。

 人生の有限をはじめてヴィヴィッドに感じた当時のわたしは、無職でひまだったこともあって、こもりきりで研究して博士論文を仕上げた。

 当時は今のように博士号ボンボンだすような時代ではなく、仕上げたところで博士号がでるか否かは未知数だった。にもかかわらず、机の前で寝起きしてただ書き倒した。

 怠け者のわたし史上まれにみる時期であった。何かが憑いていたとしかおもえん。
 
 惜しまれる死は多くのレッスンを生者に与えてくれる。
 

[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

モモ@大東 | URL | 2007/01/26(金) 14:33 [EDIT]
惜しまれない死というのはあるのでしょうか?
私は祖母と母親から虐待を受けて育ったので、
二人が死んだ時泣けるかどうか不安です。
逆に死んでくれないかな、と願ってみることもあります。
二十年前亡くなった同好会の先輩の死はまだ思い出しても
涙が出てくるのに。
私の感情はどこか欠落しているのでしょうね。

イシハマ | URL | 2007/01/27(土) 10:29 [EDIT]
>惜しまれない死
残念ながらそういうのはありますね。
たとえばアル症の人とかは攻撃的な言動をくりかえすので、回りから人がさっていき、最後は孤独死するなんて例がけっこうありますよね。
 キリストのとく神とか仏教のとく菩薩とかはどんなダメ人間でも無限の愛でつつんでくれるもんだけど、普通の人は寛容じゃないですから。
 

| URL | 2007/01/31(水) 01:18 [EDIT]
「惜しまれない死」はないと思います。
なの暴虐の限りを尽くし、死んだときに体をギタギタに切り刻まれた董卓でさえ、泣いてくれる人はいました。
僕は惜しまれない死などありえないと思いますし、思ってます
● そうかなー
イシハマ | URL | 2007/01/31(水) 09:40 [EDIT]
ヒットラーだって回りのごく少数の人にはやさしかったらしいから、泣いた人いるでしょ。
でも、ヒットラー死んで「ばんざーい」って人の数は・・・・。
あと、己のコンプレックスから罪のない女児を殺戮した宅間死刑囚も、複雑な思いでその死を見送った人がほとんどで、「惜しむ」ところまではいってなかったと思うよ。
こういう、愛されない人のために、神様・菩薩様という絶対愛が存在するのだと思う。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。