白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/02/20(火)   CATEGORY: 未分類
宝泉寺に残る将軍家の石灯籠
月曜日、早稲田南門横にある宝泉寺にお参りにいった。

 宝泉寺は早稲田にとって因縁の寺。

 早稲田大学本部キャンパスの地はむかし、まるごと水稲荷神社の境内であった。そしてこの稲荷を管理していたのが、宝泉寺である(江戸名所図会にものってます)。つまりこのお寺、早稲田大学本部キャンパスのもと地主様なのである。

 大隈銅像のたっていた場所にはかつては高田富士といわれる富士さんをもした築山があったが、この山もかつては宝泉寺の境内だった。

 例によって明治維新で寺域の大半を失って、今は早稲田がのっかっている、とそういうわけ。

 で、話をもどすと、心配事があったので、かなりまじめに祈願して、さあ行くかとふと振りむくと、石灯籠が目に入った。

 よくみると灯籠の傘の上に葵の御紋がついてる!

 しかも、形からいってこの灯籠、徳川家の墓所からもってきたものだ!

 20070220233728.jpg
この石灯籠今まで何度か眺めてきたが、葵紋に気がついたのはこれがはじめて。前回訪れた時には、わたくしの頭の中には石灯籠に関する知識はゼロ。単なる石。

 しかし、十日ほどまえ増上寺を訪れて、増上寺の将軍家の墓所には石灯籠が1000基はあったこと、それは西武に土地が売られたあと、置き場がなくなったので散逸したということを学んだばかりであった。そして、灯籠の行方を捜している方のサイトによってこの灯籠の形をみていたので、将軍家の墓にあるものだと気づいたのである。

 知識のあるなしでかくもモノを見る目は変わるのか。
 感動。

 期待に胸を弾ませつつ、灯籠に刻まれた文字を読むと損傷が烈しいが、
 「最樹院」と「文政」の文字が読み取れる。チベット史しか知らないわたしは、google イッパーツ検索!

 なんと、11代将軍となる徳川家斉の父にして、暴れん坊将軍吉宗の四男の子徳川 治済(1751-1827)の戒名であった。将軍様まではいかなくとも、将軍様の父である。孫である。そして一橋家の二代目である。そしてもう一つ読み取れる文字はなんと東叡山。東の叡山とくりゃあ、関東天台宗の本山、寛永寺である。

 てことは、この灯籠、もとは寛永寺の徳川家墓所にあったのか。てことはてことは、石灯籠、寛永寺からも流出しとるんかい。

 白雪姫はさっそく宝泉寺の庫裡の戸をたたく。仏青の取材で去年の暮れ二度ほどうかがつているので、ご住職、私を覚えているはず。

 わたし「ご無沙汰してます。あの葵の御紋の石灯籠、寛永寺のものですよね。寛永寺からここにどういう経緯できたのですか」

 ご住職「戦後すぐに寛永寺が徳川家の墓域の大半をつぶして一般向けの墓地に造成したとき、置き場のなくなった石灯籠を希望者に下げ渡したの。だから、ちょっとした天台宗の寺だったらどこにでもあるよ。あの灯籠は私の娘が当時の寛永寺の座主に嫁いでいた関係でここにきたのね。」

 わたし「増上寺のみならず、寛永寺の灯籠も全国にちらばつちゃってるんですかあ」

 ご住職「狭山不動尊にずいぶんあるよ。」

 わたし「狭山不動尊て、西武が増上寺の墓をつぶした際、そこにあったものをうつすためにつくった寺ですよね。」

 ご住職「あれは増上寺のためにつくったものじゃないよ。だって宗派天台宗だよ。戦後すぐの寛永寺座主が西武の堤康次郎氏と仲が良くてね」

 なんと、西武は、増上寺ばかりか、もう一つの将軍家の墓所寛永寺の文物も接収してたのである。言われてみれば狭山不動尊は増上寺の宗派の浄土宗でない。寛永寺の宗派、天台宗だ。

 恐るべし西武。

 わたし「ところで、暮れにいただいたご住職の手作りの甘酒、とても美味しかったです。おかげさまでいいお正月になりました」

 ご住職「あ、まだ冷凍で一つ残っているよ。持って行きなさい」

 わたし「ありがとうございまーす。作り方教えていただけますか」

 心配事があるといってお寺の門をくぐり、将軍家の墓所の石灯籠をみつけてヨロコビ、つぎに歴史的文化財の散逸をうれい、甘酒の作り方をきいて終わるあたり、白雪姫の気分の変化はダウンバーストがおこりそうなくらい激しいのであった。


[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

天鹿 | URL | 2007/02/21(水) 01:51 [EDIT]
 う~ん それははげしい!! で、ダウンバーストってなんざんしょ?
● 隣のトトロの舞台も西武の開発区域でしたね
隣のドロドロ | URL | 2007/02/21(水) 01:56 [EDIT]
堤康二郎といえば、息子が何人いるかわからない「艶福家」の浮名と同時に、企業や土地買収のえげつないやり口から、「ピストル堤」と呼ばれたそうですね。寺にまでピストルをつきつけるなんてそりゃ罰あたりますな。

おやき | URL | 2007/02/21(水) 10:44 [EDIT]
ますます持って西武嫌いになりました。
でも先日母に西武商品券千円1枚もらってしまいました。
みすみす使わずに取って置くのもくやしくもありますので
買う物を十分に選んで密かに反撃したいと思います。
さて、何がいいんでしょ?

「知識のあるなしでかくもモノを見る目は変わる。」
じーんと身にしみます。

イシハマ | URL | 2007/02/21(水) 17:00 [EDIT]
>天鹿さん
ダウンバーストとは、暖かい空気が下・冷たい空気が上というように大気が不安定になるとおきる破壊的な突風のことです。

>隣のドロドロさん
でも堤康次郎は早稲田出身。堤義明も早稲田出身。西武と早稲田はなーかよし♪
ピストルは彼がつきつけたのではなく、つきつけられても動じなかったことからくる。

>おやきさん
それが意外にも寛永寺の方はそんなに怨んでないみたいですよ。当時の寛永寺の貫首は堤さんの後援で政界に進出する気にまでなっていたそうですから。あと、西武が狭山不動尊を創ったということも、「文化財を保護した」と評価する人もいる。世の中いろいろですね。
● 知識のあるなしでかくもみえるモノが変わる
モモ@大東 | URL | 2007/02/21(水) 17:36 [EDIT]
なるほど・・・
以前カンボジアのアンコールワット遺跡巡りをしたおり、
旅行があまりに突然決まってしまったため、ほとんど
知識のないまま観光してしまいました。
アンコールワットは無知の私にも圧倒的に迫力のある物でしたが
事前に知識を得ていればもっと充実したものになったのに!
事前知識は、旅行直前にタイの某女優が
「アンコールワットはタイのもの」と発言してカンボジア人の
大顰蹙をかったということだけでした。ガク。
もう一度勉強し直して再トライするつもりです。
● アンコールワットは
イシハマ | URL | 2007/02/23(金) 12:55 [EDIT]
ヒンドゥー教の部分と大乗仏教の部分があり、
とくにインドの世界観を知っていると面白いですよ。

楠妻 | URL | 2007/02/24(土) 02:19 [EDIT]
 先日は弁天様の件で、お世話になりました!ところで、石灯籠が散逸したお話、港区資料館の学芸員さんが調査しているのを聞いたことがあります。どこかで見かけたら、連絡をくれ!と熱っぽく語ってました♪それで、今回のお話、とても興味深かったです。

イシハマ | URL | 2007/02/24(土) 11:35 [EDIT]
港区史料館では検索ででてこないので、港区郷土資料館ですか? コンタクトとってみます。情報ありがとうございます。
● 軽井沢に寛永寺別院?
岡本一心(上川神社、旭川市観光大使) | URL | 2009/01/19(月) 03:35 [EDIT]
西武の鬼押し園内、浅間山観音は寛永寺別院です。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ