白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/03/19(月)   CATEGORY: 未分類
日吉東照宮と天海廟
 両親のお墓参りに日帰りで京都にいく。

 小さなオカメインコを抱える身としては国内旅行も強行スケジュール。

 白雪姫の宗派は真言宗高野山派であるが、両親のお墓は永代供養のできる比叡山大霊園につくった。この霊園はキリスト教徒でもオッケーの無宗派霊園。

 霊園は琵琶湖をみおろす比叡山の東麓に位置する。

 お墓参りを終えた後、隣の叡山坂本駅でおりて、将軍様の師天海大僧正の廟と将軍様をまつる日吉東照宮を表敬訪問する。

 叡山坂本は比叡山の表玄関で、昔から今にいたるまで天台宗のトップ天台座主の御座と、比叡山を動かす諸事務機関の所在地である。
 
 織田信長に焼き討ちされて荒廃した比叡山は、天海大僧正が家康のバックアップをうけて再興したので、叡山坂本の一番高い箇所には家康をまつる日吉東照宮があり、そのすぐ下に控えるように天海ならびにwith 歴代天台座主の墓がある。
 
 比叡山大霊園のお墓もそうだが、天海の墓も東照宮もみな琵琶湖を向いてたっているので、東面である。

 日吉東照宮の急な石段を登る。

 週末だというのに、人がいない。去年のモミジも乾燥してつもったままで、荒れ果てた雰囲気。無精な白雪姫の家の前だってもう少しまめに掃かれている(自慢になってない)。

 石段をのぼりきると、キンキラキンの東照宮が現れる。200円払って社殿の中に入ると、どーんと床がさがっている。これは将軍様に対して頭が高くないようにするためのシステムである。

 後ろでダンナがくすくす笑うのも気にせず、葵紋マニアの白雪姫は葵紋の写真をとりまくる。
 
 管理人の方によると、六月一日にはこの正面の三つの扉を開けるというが、その中にまた厨子があるので中身がなにかは知らないという。東照宮は昔は神仏混淆していて、家康様の神像以外にも、天台宗の仏がまつられていた。しかし、明治に入ってそれらを排除したので、何がこの厨子の中にはいっているのかは永遠の謎である。

 わたし「六月一日に開扉というのは、家康の命日だからでしょうか」

 管理人の方「家康様は四月になくなっていたはずです。なんで六月一日に開くのかはわかりません」(旧暦で四月十七日は新暦の六月一日だよ。やっぱ命日に開けてんだよ)

 管理人の方「神前の階段が七段あったでしょう。また、狛犬のしっぽが七本あったでしょう。これは北斗七星をかたどっているんですよ」

 わたし「家康様は帝王の★、北極星だから、北斗七星を従えてるんですよね」

 管理人の方「おお、よく知ってますね。前にこられた方の話によると、この東照宮は東を向いていますが、真東ではなく五度ずれているんだそうです。それて゜久能山と日光山に向いているそうです。不思議ですね」

 わたし「そうですねー」(ちなみに私は聞いたまま書いていて確認してません)

 管理人の方「そんなに東照宮が好きなら、これは参考になりませんか」と管理人の方がくださったのが、全国東照宮連合会の会報特別記念号。

 これはすごい。

 連合会の歴史から、会報のバックナンバー情報、はては徳川宗家の講演録まであり、葵オタクにはたまらないラインナップ。

 ありがたく頂戴する。

 日光東照宮くらいになると自前で稼げるので、神社本庁とは別組織でかなり自由にやっているらしいが、日吉東照宮は日吉大社の末寺で、とってもビンボーなので

「神社本庁にすがりつくしかない」そうである。

 同じ東照宮にも格差問題。少しは経営の足しにと1000円はらって、葵の御紋入りお守りを買う(笑)。↓

inrou.jpg

[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● あー、それ私ももってますー
破顔@不捨室主 | URL | 2007/03/21(水) 00:37 [EDIT]
大阪城で入手。お香入れに使っております。

ところで、私もこの29日から比叡山に行くことにしました。
道連れが欲しいと、昨日陶芸部のMLで流したところ、意外にも宿坊とかに泊まって修行したいという人が1男3女現れ、いつもの一人旅が「なまぐさボウズと行く比叡山京都修行ツアー」に。
学年が若くないのでYBAには誘えないんですが、プチ修行したい人って結構いるんですね。いま張り切って計画書かいてます。
● 気をつけて
イシハマ | URL | 2007/03/21(水) 08:18 [EDIT]
比叡山寒いですから、あったかくしていって風邪をひかないようにね。比叡山にある南光坊跡、もしあつたらデジカメ撮影、おねがしまーす。数々のディープな情報、おまちしてくおりますです。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ