白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/31(土)   CATEGORY: 未分類
春の鎌倉で江戸を捜す
 去年チベット旅行に参加してくださった方がかまくらで書展(かまくら画廊 繭の会)を開くというので、春の鎌倉にいく。

 横浜駅でえんえん横須賀線をまつ。

わたし「だから乗り換え案内で乗り換え時間調べておけばよかったのに。これだけ時間あるならコーヒーが買えたよ」


 その上電車がはいってきて自分たちはグリーン車の前でまっていたことに気づく。今から並び直しても座れまい。

 わたし「鎌倉まで三十分もたつの? だから調べておいてっていったのに。」

 ダンナ「グリーン車なんて事前にどう調べるのよ」

 やけくそになったわたしは「もういいグリーン料金払って座る。」

 横須賀線のグリーン車は二階建て。バカと煙はなんとやらで迷わず二階へ。お姉さんが現れて、「どこでも好きな席にお座りください。」とその場でグリーン券をうってくれる。我々が座ると席の頭上には翠のランプがともる。

 なんか、行楽気分がもりあがってきて、白雪姫の機嫌はとたんに治る。

 鎌倉駅におりたつと、昨日から満開になった桜をみに人出がどっと繰り出したりしているので、小町通りは押しくらまんじゅう。

 主催者の方の書は「すべてのものに皆仏となる性質がある」(一切衆生悉有仏性)など仏の言葉が多く、鎌倉の雰囲気によくマッチしている。小さな焼き物も置いていて、前回は招き猫をテーマにし、今回はおひな様がテーマだそう。

 わたし「何処で焼くんですか」

 会の主催者「これはうちにある電気ガマでたくんです」

 わたし「・・・・」

 ダンナ「あなた今炊飯器を想像しなかった? 電機で焼き物やく機械って意味だからね」
 
 あまり自分の考えが人に読まれるというのは思考が単純であることの現れであり、いいことではない。

 この画廊を辞去したあと、たまたま並びにあった美術館で徳川家伝来の御所人形展をやっていたのをみつけフラフラと入る(吉兆庵美術館)。

 おお、葵の御紋が人形の着物に・・。葵中毒となっているわたくしに神が用意してくださったかのような展覧会である。

 そのあと、普通の観光客なら鶴岡八幡宮とか建長寺とか行くのであろうが、徳川オタクはそんなありきたりの所にはいかない。

 迷わず、水戸徳川家の姫君が代々尼となってまもった英勝寺にいく。受付には「山門復興のため拝観料をくれ」とあるものの、洋犬が一匹受付に座っているだけで誰もおらん。お金を払わないとこの犬かほえて中から人がくるシステムだろうか。

 突然ダンナ「あなた、大変よ、ここあと三十分で閉まる」

 わたし「やる気ないなー、まだ三時じゃん」

 ダンナ「それどころか、そもそもこの寺五のつく日とゼロのつく日しか開けてないんだ。あなたこそよくガイドブックみてよ。」

 わたし「まあいじゃない。開いてたんだから。これぞ仏様のおめぐみ。なーむー」

 境内に入ると、葵の御紋の瓦をおいた江戸初期の仏堂がある。このお寺が所蔵する阿弥陀三尊はとっても小さいのだが、仏像とそれを入れる厨子が、一つの木材で彫られた「檀龕仏」。つい最近重文指定されたことで話題になっている。

 これは破顔君がすきだといっていたタイプの仏ではないだろうか。(気がついたら記事トラバしてくれい。)

 例によって寺は明治期に一時期廃絶し、山門の一つは金持ちの家に売り飛ばされたそうだが、最近買い戻してバラバラ状態でプレハブ小屋におさまっている。今年から復活事業が始まるそうである。

 がんばってくれい。

そのあと、徒歩十分くらい歩いてこれまた徳川家ゆかりの薬王寺(日蓮宗)へ。ここは三代将軍家光の弟の菩提を弔う寺である。ご存じ家光には弟がいたのだが、両親は帝王教育をうけるため早くから親元から離れた家光よりも、手元にいる弟ばかりかわいがり、三代将軍をこの弟につがせようとした。

 そこで登場するのが家光の乳母の春日局。大御所家康に直訴して、家康の裁可で家光の将軍継承は決定する。

 まあ、そういうわけで将軍になりそこねた弟は粗暴な振る舞いを続け酔っては人を斬り殺すの繰り返しで荒れ狂い、最後は横死する。そんな男でも乳母や妻はやっぱりかわいそうと思ったのか菩提を弔うんだけど、乳母は後楽園にある昌清寺に尼となって蟄居し、妻はここ薬王寺に彼の供養碑をたてる。

 両寺ともに葵のごもーん、をシンボルにいただいている。

 いつも思うのだけど、家光の家族って問題の多い今の上流家庭そのまま。家光38までお世継ぎ生まれなかったんでホモだのなんだのいろいろ言われてたけど、あれ明らかにウツだよ。弟もかわいそうかもしれないけど、家光も憐れである。

 やっぱ、庶民が一番である。
  
 そのあとしまりかかつた東慶寺に飛び込んで、日本を代表する哲学者、西田幾多郎の墓前に額づく。

 ついでにあたりを見回すと岩波の社長やら、和辻哲郎やら、鈴木大拙やら有名人の墓だらけ。

鎌倉の文化人はここに眠るのがステいたすなのだな。

パリのモンマルトルの墓地みたいなもんか。常々思うのだがみなが一個ずつこんな墓もっていたら今に日本列島は墓だらけになって生者が住むスペースがなくなるんじゃないか。

まあ火葬にするだけ西洋人の土葬よりゃコンパクトだが。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

じぇろにも | URL | 2007/03/31(土) 17:13 [EDIT]
おおっ、石濱先生も鎌倉ですか!奇遇です。
自分達も今日桜色の鎌倉に行って来ました。
しかも、横須賀線のグリーン車で・・・・ただ、こちらは
東京駅から淡々と乗っておりました。

小町通りはすごい人でしたねぇ。なんだかミーハーな
店が多くて残念ですが、焼きたておせんべいかじっている
私には言う権利ありませんね(>_<)

春の極楽寺!静かで人もあまりいませんでしたが、
静寂がかえって品の良いこの寺にマッチしていました。
なんだか好印象です。江ノ電の駅舎も可愛くて
ラブリーでした。鶴岡八幡宮には白い鳩がたくさんいて、
なんだか嬉しかったです。(鳥好きにはたまらない?)

おやき | URL | 2007/03/31(土) 22:49 [EDIT]
お天気がよいという予報なので明日鎌倉へ行こうと思っていましたが
そんなに人出が多いのでしたら日を改めようかと・・・
我が家の目的はお礼参りなので観光客コースで「八幡宮」と「枝柄天神」など行く感じとなります。
たまには違うところへ行きたいと思っていの出白雪さまのお話は参考になりました。

東急カルチャーの「あれ」申し込みしました!
とても楽しみです。うかれていていいお話なんでしょうかー?


イシハマ | URL | 2007/03/31(土) 23:38 [EDIT]
>じぇろにもさん
確かに奇遇ですね。グリーン車、昨日はがらがらでしたが、今日は土曜日なのでたくさん人がいたのではないでしょうか。
春の鎌倉はいいですよねえ。

>Susumu 先生
鎌倉にいるとSusumu 先生の残像が到るところに見えました(笑)。とくに東慶寺にいるとき。梅は終わっていましたが、芽生えたばかりの新緑と桜が美しかったです。

>おやきさん
わたしはオタクなので、へんなツボで感動するので、あまり参考しない方がいいかも。カルチャーの件、お気遣いすみません。このぶろぐ冒頭の書の先生も参加して下さるとのことなので、今のところぶろぐのOFF会のようなカンジです(笑)。
● 指定はつい先月なんですね。
破顔@不捨室主 | URL | 2007/04/01(日) 21:47 [EDIT]
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiimar342/に檀龕仏の写真出てました。これですこれです。私の大好きなちいさいなかにみっしりという図。こういうの見るとほんとに何時間でも見ていたくなりますね。だから雛人形も好きなのです。
今回の京都でも国立博物館で雛人形の特別展をしていたのですが、同行者が「人形はコワいからやだ」というので泣く泣くあきらめました。でも東寺の宝物館は密教法具展だったのでまあいいとします。密教法具も雛道具もちいさくてとてもかわいいです。ちかくにいて欲しいです。
そうそう、大師請来のお袈裟の江戸時代の複製品出てましたよ。なんか仏教オタクなんだか工芸品オタクなんだかわかんなくなりますね。
● お疲れ様
イシハマ | URL | 2007/04/01(日) 23:40 [EDIT]
ウケてよかった~。この仏様7.5センチ。なのにすごい細工ですよね。バブルの頃に全国にできた巨大仏の対極(笑)。
日本の職人はとにかく工芸品造らせたら世界一。
御所人形もこの重文の話も事前にまったく知らなくて、尋ねてみて初めて知ったのです。
旅先でこういう細かい出会いがあると嬉しいですよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。