白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/02/24(金)   CATEGORY: 未分類
もうすぐ、は~るですねえ~♪
 春である

 我が家の愛鳥ごろうはいまものすごく可愛い。目があうたびに、きらきらした瞳で首を45°に傾けて、翼をあげて"ごきげんのポーズ"で静止する。なんか正視できないくらい、愛くるしい。

 そして、表にでると、冬眠明けで巣からでてきたガマガエルが車にひかれて、あちこちの路上で異臭を放っている。
生きているうちに気がつけば、道の真ん中から移動させているが、すべてのカエルの動向を見張っているわけにもいかないので、こぼれおちたカエルはこのように轢死体となる。

 そして、我が家の愛猫餓鬼道である。サカリがついて喧嘩をしたらしく、現在は耳をわずらって療養中である。

 春である。

 この季節、肉体であれ、精神であれ持病を持っている人は要注意。病状が悪化するのである。四月から五月にかけて亡くなる人はだいたいこの時期に病状が悪化した結果である。十三年前になくなった母も、やはりこの時期に病状が進み、四月二十九日に命を終えた。季節の変わり目は健康な人でも体調がつらい。まして病人においておや、である。

 そして、忘れてはならないのは、精神に危機を抱えている方々である。厳冬期には学校にでてこれた学生も、この時期には不安定になって不登校になる。アル中の人やたばこ中の人で、禁酒・禁煙をがんばってきた人も、この時期にもとのもくあみに戻る人は多い。

 また気がつくと、仏教のお祭りの大半は春もたけなわに集中している。というのも、チベット仏教では、お釈迦様が、お生まれになられた月、覚りを開かれた月、なくなられた月、という三大記念日がまったく同じサカダワ月(新暦ではだいたい四月~五月)の十五日とするからだ(日本仏教では二月十五日をお亡くなりになった日、四月八日がお生まれの日と考える)。お釈迦様も春に精神的・肉体的にドラマチックな変化を起したのである。

 以上のことを鑑みるに、春において、自然界で芽吹きがおき、みるみるうちに育っていくという一大変化がおきるのと同様に、人間も肉体的・精神的にいろいろな意味で何かが急激に、ドラマチックに、良きにつけ、悪しきにつけ変化する季節らしいことがわかる。

 良くなるための努力も始めておらず、さりとて〔今のところ〕肉体も精神にも病気ももっていない私は、今年の春もよくも悪くもたいした変化は起きそうにない。ので、とりあえず、この春はお釈迦様をしのび、さらにごろうちゃんを拝むこととする。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ブラック宮沢 | URL | 2006/02/24(金) 20:09 [EDIT]
精神療法の一種で立体パズルを使う…というものがあるそうです。
ふと、その話を聞いた私は試しに数字クロスワードパズルを買いました。

…面白い、とにかく面白い。それしか言えません。

次はルービックキューブにチャレンジしようと思います。

面白いものって意外と身近にあるんですね。
● 春一番。
13 | URL | 2006/02/25(土) 02:25 [EDIT]
春ですが、今日は寒かったですね。


それにしても、アントニオ猪木のモノマネをしていないとき、
春一番さん(お笑い芸人です)は何をしているんですかね。

まあ、そんなことはどうでもいいんですけど、
トリノでやりましたね、荒川選手。

以前のブログ「鳥のオリンピック」を思い出してしまいました。
● 静香ちゃんおめでとう!
石濱裕美子 | URL | 2006/02/25(土) 08:35 [EDIT]
>ブラック宮沢くん
うんうん、何かに興味を持つのはいいよ~。
も少し元気がでたら外に遊びにいくのもいいよ~。

>13
うん、昨日彼女の演技みてたら途中から何か降りてきていて、すごい感動した。
彼女は勉強もちゃんとやっていたし、努力をしまくったんだろーなー。
人事をつくして天命がくだったんだな~と思ったよ。

そこ意地悪いおっさん | URL | 2006/02/26(日) 22:26 [EDIT]
ご入滅は14日ではなく、15日とされております。
念のため。おっさんだっていろいろと大変なのです。
家に帰ったら帰ったで・・ね。あたたかく見守ってあげて下さい。
● ありがとうございます
石濱裕美子 | URL | 2006/02/26(日) 22:37 [EDIT]
書き直し時ますね

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ