白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/07/29(日)   CATEGORY: 未分類
赤い靴履いてた女の子~
参院選投票日の直前、高校時代の同級生から電話がかかってきた。

 この同級生、某政党の支持者で、普段はまったく音沙汰ないのに、選挙の前になると電話がかかってくる。

 別にこの人好きでも嫌いでもないが、自分の都合のいい時だけ電話してくる人に対して共感がわくはずもなく、こんな選挙運動はかえって逆効果だと思いつつ

 私「まー、あれだけ強行採決連発すれば、支持者もへるんじゃない」というと

 同級生「そう、だから今回厳しいの。●×という候補者に投票お願いします」

 私「あなたも大変ねー」(棒読み)

 同級生「この間偶然あなたのホームページ見つけたの。小鳥かわいいね」

 私「え、ごろうちゃんの写真みたの? そうでしょう。かわいいでしょう。彼は私の自慢の息子でねー、世界一のオカメインコなの・・・・」(以下永遠に続く・・)

 
 そして本日、投票日。風のように直観に従って投票を行う。

 こう書くと白雪姫はいい加減だ、と思う方もいるだろうが、それは間違い。

 自慢でないがワタシは有権者になってから一度も棄権したことはない。どこぞの自民党候補みたいに、

「ニューヨークから帰ってきて住民票うつしてなかったので投票できませんでした。」

 なんて間抜けなことは言わないのだ。

 チベットにいようがインフルエンザにかかろうが、はってでも投票所にいく。

 でも、政治が好きなわけでも、政治を信じているわけでもない。
 
 政治家や政党が世の中を劇的によくしないくらいのことは百も承知だ。

 だけど、民主主義の世の中である以上、投票は義務であるから行くのだ。

 有権者に告ぐ!

 腹がたつなら、いやがらせ票だろうが、死票だろうが、白票だろうが、投じてこい(今までのワタシの投票行動がバレる発言!)。

 投票しないヤツは、世の中どうなってもかまわない、という意思表示をしたことになるのだから、世の中についてグチグチ文句いう資格は一切なし!


 とはいってみるものの、毎度のことながら全国的に候補者がいまいちですなあ。

 マルカワ珠代よりもまじめに世の中考えている人は一杯いるのに、彼女が自民党の東京の顔になるあたり、ヤンキー先生よりはるかにましな教育者はいくらでもいるのに、彼が候補者になっているあたりに、さらにいえば、アメリカであのブッシュが大統領やっているあたりで、現代における政治の地位というものがよくみえてくる。
 
 プラトンは哲学者が政治を司る哲人政治を理想とといたが、逆にいえば政治家に哲人がでたことがないということなんだろーねー。

 今の時点では、東京選挙区はビリの一議席を自民党の二人の候補者がとりあうと報じられている。

 その候補者の一人がアベ首相がジキジキに口説き落とした元テレ朝キャスターの丸川タマヨさん。

 その人の選挙戦をいろいろなチャンネルでまとめて流していたけど、あまりにもいたくてチョクしできなかった・・・。

 そもそも彼女、政治とか考えたこともなかった人なのだろう。

 知られている限り三年間投票していなかったことがそれを如実に物語っている。

 だからあれこれヘマをして武蔵小山駅前の銀だこの前でお詫びと称して泣き濡れることになるんだよ。
 
 キャスターになって一年目に、レポーターとしてたこやきを一気食いして、口中を火傷して入院した、というエピソードが披露されてたけど、この人の原点を見るようだったよ。

 たこやきがどんなにあついかも確かめずに、口にいれる。
 政治家という職業が、政治という世界がどういうものかも知らずにとびこむ。

 栴檀は双葉より芳しいですなあ。

 東大でても、きっと焼きたてのたこ焼きがいかに熱くねばっこいかも、政治の世界がどれほどドロドロかも知らなかったんだろーね。

 彼女が赤い靴を好んで履くことにちなみ、アンデルセンの赤い靴の童話にひっかけて、赤い靴に踊らされてとまらなくなったあわれな女の子に喩えられていた。

 古巣のテレ朝の選挙特番で。

 他のチャンネルはそこまで嫌みな編集はしていなかったので、いろんな意味で寒かった。

 政治はとにかく汚れ仕事。

 ローマ教皇が世界中に何億人の信徒をもとうとも、決して特定の政治局面に容喙せず(仲介はする)、信徒に対しても、現実をかえるツールに神様を利用するなと固く禁じているのもよく解る。

 不完全な人の考える、不完全な目的のために、最も気高く美しいものは利用してはならないのだ。

 神や道徳や善が、社会や政治を導くべきであり、社会や政治が、道徳や善や神を道具にしてはならないのだ。

 わかりやすくいうと、政治は汚いってこと。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 政界は一寸先は闇
宰相 | URL | 2007/07/30(月) 00:05 [EDIT]
>わかりやすくいうと、政治は汚いってこと。

今回、そういう永田町の論理に対する国民の違和感が、モロに投票に出たのだと思います。同時に、最近選挙は「党首の顔」で選ぶミーハーな国民的傾向があると巷間でよく聞きましたが、今回の結果を見る限り、少なくとも「党首の顔」で選んでいないということが明らかになったのではないでしょうか
● 小沢も阿部も
イシハマ | URL | 2007/08/01(水) 23:28 [EDIT]
党首の顔は両方ともたいしたことないじゃん。
角福戦争がいまだ尾を引いているとは、本当だとしたら、政治家は執念深いねえ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ