白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/09/22(土)   CATEGORY: 未分類
『絶望から立ち直る方法を教えてください』
すごいタイトル(笑)。

この本の内容は、去年の2006年広島国際平和会議(市民向け平和サミット)の時に招聘された、ノーベル平和賞受賞者のお三方の言葉をフィーチャリングしたものである(同書にはこの会議の最後に採択された平和宣言も収録されている。)。

zetubo.jpg


 このブログでもあつかったので覚えていらっしゃる方もいると思う。

  そのお三方とはダライラマ14世猊下(チベット仏教の最高指導者)・ツツ大主教(アパルトヘイトを廃止に追い込んだ聖職者)・ベティウィリアムス(アイルランド和平の功労者)である。

 この本はイメージをちょっと説明すると、たとえば右のページに

なぜ自分ばかり
つらい目に
会うのでしょうか


と三行だけ書いてあると。するとその見開き左のページには

ベティのイラストが描いてあって

「何か問題があれば、まずは鏡の前に行って、その中の自分を見つめてください。問題のほとんどは、じつは自分自身にあるのです」

てなカンジ(笑)。

 ダライラマ14世は中国軍に国を奪われてインドに亡命し、亡命後は世界のセレブを相手に法を説いているお方。

 ツツ大主教は黒人主教としてアパルトヘイト政策に苦しむ黒人を率いて白人政権と戦った過去のある方。

 ベティはイギリス軍とアイルランド共和軍の殺し合いを何とかやめさせようと努力してきた人だ。

 その過酷な体験をへて、彼らが選んだ道は「やられたからやりかえす」という報復の道ではなく、「やりかえさないことによって、相手に自分のやっていることがどんなに恥ずかしいことかを自覚させる」という道。

 これは、相手が恥知らずだとなかなか状況が動かなくてタイヘンだが、自分の側でも人間やめなくていい(キリスト教的にいえば地獄に堕ちなくていい)ので素晴らしい教え。

 過酷な経験をへても底抜けに明るい彼ら三人の姿に、爆弾がふってくるわけでも、飢えているわけでもないのに、不平や不満にあふれてウツになりがちな日本人は、何かを気づかねばいけないと思う。

 ダライラマ猊下は広島でこの平和会議に参加する前、日本三景の一つ安芸の宮島で、法話と灌頂儀礼を行った。この時のダライラマ猊下の記録が、DVDとしてリリース中(このうち2・3・4巻が既刊)。

DVD.jpg


Episode 1 変化はあなたの心からはじまる(広島国際平和会議2006)
Episode 2 ふたつの伝統の重み 
Episode 3 仏教とは何か~ダライ・ラマ法王が語る四聖諦の教え
Episode 4 すべては縁起し空である~ジェ・ツォンカパ『道の三要訣』講伝
Episode 5 大悲胎蔵曼荼羅の世界~大日経の灌頂を中心に
Episode 6 金剛界曼荼羅の世界~金剛界の灌頂を中心に

 字幕をつけているのは、早稲田の文学部の東洋哲学学科をでたN村君なので、仏教思想の飜訳も安心です。

 というか、こりまくりすぎて、一時停止をしないと字幕を全部読み切れません(笑)。

 お釈迦様がお生まれになった時、お釈迦様のお父様はインドの仙人なんたらという男を呼んでお釈迦様の将来を占わせた。その時、その仙人ははらはらと落涙したので、
父君「えらいこっちゃあ」と思ったのだが、よく聞いてみると、その仙人

「この子は長じて後、人を救う仏陀となる。私はもう年寄りで、この子が成長をして法を説く時まで生きていられないので、その不幸を嘆くのだ」と行ったというが、

 ダライラマ猊下と同時代に生まれ、その言葉を聞くことができるわれわれは本当に幸せだと思う。

 そして、私事で恐縮ですが、十月から東急カルチャーでダライラマの仏教思想の新講座やります。扱うのはダライラマの属する宗派の聖典、『ラムリム』(修道カリキュラム)です。この『ラムリム』の教えは、チベットでは学校教育にもとりこまれている、普遍性のある思想です。

 この『ラムリム』の文章のハイライトを摘出して読んでいこうと思っています。

 ベティの言葉ではないが、

仏教の教えとは「あなたのその苦しみの原因は自分自身のうちに原因がある」「他者を思うことこそが幸福の始まり」と説く、まあ実に、心和む世界です。

 興味のある方どうぞ。十月からです(→詳しくはここクリック)。
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 嫉妬とか怠惰とか
モモ@大東 | URL | 2007/09/23(日) 12:48 [EDIT]
確かに私を現在悩ませているのは
自分の内なるものです。お言葉は真実ですね。
大阪からなので参加できませんが、
修道カリキュラムにできるものならお伺いしたいです。
お疲れ様です。精力的なご活動応援させていただきます。
● ぶはぁっ!
| URL | 2007/09/24(月) 01:40 [EDIT]
冒頭から大爆笑です。
すんごいなまた。なんでも叶いそう(?)ですね。

本屋で見かけたら、びっくりして間違いなく手にとります!
すごい戦略だ。

いや、実は笑いを狙ってるのかもしれない。。。
んなわけないか。

イシハマ | URL | 2007/09/24(月) 20:56 [EDIT]
>モモさん
ありがとうございます。問題を外に求めると、どんどんエスカレートしますが、自分の内側にもとめると、世の中がよく見えるようになり、かえって自分の問題も解決することってありますよね。

>★さん
わたしも大爆笑しました。この題名。しかも、いわゆる癒しとかを求めると裏切られるんですよね。慰めてほしい、何かしてほしい、って人が手にとると、落ち込むかも(笑)。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ