白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/11/21(水)   CATEGORY: 未分類
「いくつかある選択肢の一つ」
ここ数年、学生の口からよく聞く言葉がある。

それは、「いくつかある選択肢の一つ」

具体的な用例をいえば、

「僕にとって△△はいくつか興味があることのうちの一つ。今は××に興味がうつったので、もう△△はやらない。」

てなカンジ。

 就職先とか、勉強内容とか、資格試験とかに何を選ぶかというシチュエーションにおいてじつによく用いられる。

 彼らの言う「選択肢」とやらは、相互にまったく脈絡がなく、何をめざしているのかさっぱりわからない。さらに、この選択肢はじつに簡単に増減する。

 浅く広くいろいろなことに興味を持っているといえば、聞こえはいいが、何かをやりとげるための根気がないともいえる。


 そもそも、学生は人生経験浅いから、対象をみきる能力も、ものごとをやりとげる根気もいまだ備わってはいない。

 興味をもつ対象がやまのようにあるわりに、どこにも着地できないのは、対象に問題があるからではなく、当の本人に問題があるのである。

彼らは、ただひたすら、ネットなどから得られるきれぎれの情報やイメージをもとに、これも違う、あれも違う、といろいろなものを手にとっては、ごうまんにうち捨て、「自分にぴったりあったもの」探しをする。

 「自分」なんて、どこにもないのに。

 育てなければ、自分なんて永遠に何もないままなのに。

 ネットでひろうバッタ情報のつまった脳みそで、ありもしない自分にあったものを追い求めているのをみると、彼らの行く末が不安になる。

 バッタ情報の海におぼれ、転職をくりかえし、離婚・再婚をくかりえしはしないかと。

 人や仕事を天秤にかけるまえにやるべきことがあるだろう。
 まず、自分がどれほどのものなのかを見定めるべきなのだ。

 やり方は簡単。

 もし彼女がほしいんだったら、自分が理想の伴侶に求める条件を言う前に、自分がそのような女性に愛されるような条件があるかを考えることである。

 もしどこか素晴らしい就職先を考えているなら、あれこれ就職先にケチをつけるまえに、自分がその会社の社長だったとして、自分を取りたいとおもうかどうかを考えてみることである。

 こうしているうちに、自分は「いまだ何者でもないこと」に気づくだろう。そして、自分ができないことをできる人を、尊重することができるようになる。(いっとくけど、私を尊重しろとかぃう話ではないですからね)。
 
 私は自分が子育てをしたことがないから、子育てをした女性を尊敬するし、自分が不器用だから、細かいせんさいな仕事ができる職人を尊敬する。文系だから理系は無条件に尊敬するし、怒りっぽいから、温厚な人を尊敬する。
 そして、ささいなことで無意味に落ち込むから、いつでも明るいオカメインコを神だとおもう。

 世の中には自分のできないことをできる人がいる。自分の知らないことを知っている人がたくさんいる。

 これはまさに福音なのである。

 自分とはまさに他者との関わりの中で、他者に必要とされ、他者を必要とする中で育っていくものなのだ。

 どんな人からでも、物からでも、人は学ぶことができる。どれ一つとして、興味がなくなったから、といって否定したり、捨て去ったりできるものはない。

 あれこれいろんなものに手を出しては捨てを繰り返し、不毛な自分探しをするよりも、今目の前にいる縁を大切にして、他者を尊重し、その中で自分を丁寧に育てていくことがよほど幸せな人生が送れるはず。

 人生はメニューのリストを選んでつくるコース料理ではない。

 人や物や情報を商品のように傲慢に扱うものは、永遠にその対象から祝福を受けることはない。
[ TB*0 | CO*8 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 全くどうしてだろうね
福田洋一 | URL | 2007/11/21(水) 21:26 [EDIT]
うんうん、その通りだ。僕の学生だって、4、5年前まではこちらの要求にじっくりと向き合って取り組む学生がいたのに、今はネットで手軽に検索してささっと仕上げてしまって、それをさらに練り上げる根気のある学生はいません。
天下の○大の学生だって、じっくりと時間をかけてチベット語を学ぶ学生は、ここ数年見かけない。これも必要と言って出てくるけれど、出てくるだけでそれ以上の取り組みはしないから、結局ものにならない。
自分で調べ、自分の頭で死ぬほど考え、分からなかったら分かるまで繰り返し読み直す、そうしなければできるようにならないのに、一通り辞書を調べるだけ、自分の訳が違ったらメモはとるけど、それを頭に入れることはしない。
自分の訳が間違っていたら、どうして間違っていたかを考えて納得する必要があるのであって、メモをとったらそれっきりでは身につかない。
分野もレベルも関係なく、みんな上滑りになっているね。
● 父の言葉
モモ@大東 | URL | 2007/11/21(水) 23:33 [EDIT]
>どんな人からでも、物からでも、人は学ぶことができる。どれ一つとして、興味がなくなったから、といって否定したり、捨て去ったりできるものはない。
私が父から言われたことのひとつです!「私は将来理系に進みたいのに英語なんかいらない」といえば、「将来理系で論文を書くときそれが英語だったらどうする?」「歴史なんてすでに起きてしまったことを書いてあるだけ」「山だって1合目から登る。登ってる途中の景色と天辺の景色は違う」と。反抗期の私には納得できないものでしたが、今になって教訓として蘇ります。あの時少しでも素直に勉強しておけばなー、と今となっては目の粗いざるとなってしまって勉強の仕方を忘れてしまいました。
● 身に染みます。
じゃしらも | URL | 2007/11/22(木) 21:10 [EDIT]
先生がおっしゃっているのは、まさに数年前の私です。読んでいて、胸が痛くなりました。
私は現在おこがましくも教師なんぞやらせていただいておりますが、わからないことだらけです。いつもいつも授業の前は何時間もの準備が必要です。そうして行っても、やっぱり納得が行く授業なんてできません。「教師は向いていないんじゃないか」と思うこともよくありますが、転職転職を繰り返し、たどり着いた教師の職。「辞めて他の仕事をしても同じことの繰り返しだろうな…」という思いもあり、今はだめ教師でも少しでもまともな授業ができるように精進するのみだと思うようになりました。それでも、今日も授業中にほかの事をしている学生が2人いて、つい怒ってしまいました。いい授業をしていない自分にも問題があるのに…と家に帰って落ち込むばかりです。
「これも違う、あれも違う、といろいろなものを手にとっては、ごうまんにうち捨て、『自分にぴったりあったもの』探しを」してきたなれの果てがこれです。今はしっかり腰をすえて、自分を見つめ直し、少しずつでもまともな授業ができるようになりたいです。がんばります。
● ジーンの心に響きました
ろばのみみ | URL | 2007/11/23(金) 15:49 [EDIT]
今日のお話は特に心に響いてきて、思わずほろりときました。
私の身近な人に、いつも文句ばかり言う人がいるんです。ただ聞いて欲しいだけかもしれませんけど、じゃあ自分は何様なんだよ? って、言い返したくなるんですよね。でも言えなくて、最近もんもんとしていたものですから…。
なかなか気付いてもらえなくて、歯痒いです。
● 深いですね
野村正次郎 | URL | 2007/11/24(土) 11:16 [EDIT]
ひさびさにうなるような深い記事ですね。

確かにいまそういう人が増えていることは確かですね。努力するとか頑張るという価値観は過去のものなのでしょう。世の中にはユーザサイドに立脚したものが氾濫していますしね。努力するのは最近の日本では、はやらないんでしょうかね。ダライ・ラマ法王もはやっていないですしね。

ぼくにとってはいつも選択肢は非常に少なかったし、どれも必然的にそれを選ばざるを得ない状況でしたが、それはスマートに生きれないからなのかも知れないと思います。若者が選択しないで暮らせるのは余裕があるからでしょう。

ごろうの母 | URL | 2007/11/25(日) 23:44 [EDIT]
>福田さん
しかし、結局はわれわれの言い分は「今時の若いもんは」てなもんで、たぶんわれわれも若いころ、その前の世代にいろいろ言われていたと思う。

>モモさん
オトナになって昔の自分を省みることのできる人は幸せです。オトナになるのもそんなに悪いことじゃないですよね。

>じゃしらもさん
教師はホント大変な職業ですよ。人間が相手だからマニュアル化はできないし。だから、悩んで当然だと思います。悩みの先にベテラン教師の道が続いているのだと思いたいです。

>ろばのみみさん
やっぱ何でもかんでも人のせいにしているのって美しくないですよね。自分もグチが多いので、反省しきりです。

>野村君
「ひさびさに深い」とは、いつもは「浅い」のかと思いました 。ダライラマ猊下は決して「うけてない」ことはないと思いますよ。猊下が亡命したての五十年前に比べればなんぼか知名度があがっています。

みき | URL | 2007/12/01(土) 12:29 [EDIT]
こちらには初めて書き込ませて頂きます。

知り合いの生物教師は「幼い頃から何でも『選ばせている』から若者がおかしくなっている」と言います。
私には子供がいませんが、当たっているような気がします。

イシハマ | URL | 2007/12/02(日) 10:41 [EDIT]
>みきさん
大学の先生があつまると、学生の学力のすさまじい低下ぶりと、やる気の欠如と、目標のなさに慨歎してます。困ったもんですわ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ