白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/11/25(日)   CATEGORY: 未分類
徳川な連休パート2
今日はゼミ生つれて川越で秋の遠足。
 
 川越駅前で集合するが、わたしが15分遅刻、ゼミ長Aジくんは30分ちこく、Y子は三時間遅刻、Mちゃんは六時間遅刻、ドタキャン二人以上というゲーム性の高い出だしである。

 六時間遅刻のMが日記に「ぐだくだなゼミ」と書いていたが、彼にそれをいう資格はない。

 去年は比叡山、今年の夏は日光、そして昨日は寛永寺、今日は川越喜多院、そう、わたしは天海のたてた寺をたどっているのである。全行程つきあっているのはゼミ長のAジくんだけだけど。

 江戸城の大奥の庭をもしたという喜多院の庭園は折しも紅葉の季節。
 とても美しい。
 現在の喜多院の建物は江戸城の建物を三棟うつしたもので、それもただの建物ではなく三代将軍家光誕生の間、春日局化粧の間などである。

 乾隆帝の生まれた屋敷は、乾隆帝の即位とともに雍和宮というチベット寺にコンバートされた。

 聖王の生まれた家は、聖なる場所だから、普通の人の住みかになってしまってはいけないのだ。

 例によって寛永寺(東叡山)灯籠が庭や玄関にごろごろしている。
 そりゃそうだ。現在の寛永寺のお堂はここ喜多院の本地堂を移築しもたのだから、両寺の関係は当然ふかい。ごろごろしてても当然か。

 喜多院内部には、家光所用の食器や、葵の御紋(徳川家の紋)と菊の御紋(皇室の紋)がくみであしらわれている公武合体長持などが、展示されている。

 Yくん「先生 "長持"って何に使うんですか」
 私「ジャパネット高田で宣伝しているプラケースと同じだよ。衣服や小物の整理につかうの」
 Yくん「わかりやすい説明、ありがとうございました」

 しかし、Yくんたちはまだついてくるだけいい。S木くんと、K子ちゃんと、Y子ちゃんは「拝観料がもったいないと」外でまっている。飲み代とかケータイ代には比較的出費をおしまない学生も、拝観料、入館料、など知的な投資にはしぶい顔。

 そのあと、家康の遺骸が四日間とどまった場所にたてられた、仙波東照宮にいく。階段は50段。石段の前には早稲田の二代目総長高田早苗の碑文がある。この東照宮が史跡指定された時の文部大臣だったかららしい。

 私「ほら、昔の早稲田の総長だよ~」
 K子ちゃん「早苗って、総長は女性だったんですね
 私「違うわ!」
toki.jpg


 それから、バスにのって時の鐘のところでおり、蔵作り資料館にいく。100円の入館料に学割を聞くのも驚いた。ホントーに教養への出資はおしいんだな。
 ところが、この話をしたらとある先生より、

 「イシハマ先生、飲み代でない、入館料とかは、領収書とってきたらゼミ費でおとせますよ」とおそわる。

 ごめん、みんな。

 定食やで昼ご飯をたべる。着席したところで、決して向学心にあふれているとはいえない学生のために用意していた(ウソ、たまたま手元にあった)、教育まんが「天海さま」をよませる。
tenkaisama.jpg
 「天海って空海じゃなかったんですね」(オイオイ)
 「何か、これひらがなと漢字の割合がおかしいよ」と妙なもりあがりをみせる。

 さすが教育まんが。わたくしの百万大言よりも効果絶大。

 食後、蔵作りの町並みをあるく。試食コーナーがあるたびに群がるため、他人のふりをするのが大変である。川越銘菓「いも恋」をかうが、「今日中が賞味期限です」といわれる。
 たぶん賞味期限うんぬんを気にしだしたのは、ここ数ヶ月だろう。

 それから、関東十八檀林蓮馨寺にいく。ここでは天海が34才の時、存応上人とディベートした地だ。寺紋は葵のごもん。ふすまにも葵づくし。

neko.jpg

昨日から今日、葵のごもんを1000はみてる。
 さあ、それから二駅もどって、上福岡駅でおりて、

 スーパー銭湯は小江戸はつかりにいき、温泉ざんまい。

 ざっばーんの湯、つぼゆ、漢方サウナ、ガンバン浴などをめぐる。

 そのあと、「つかれたから早く帰ろう」「年寄りを大切にしろ」「狭い部屋でタバコすうな」と訴える大先生の言葉をみなでそろって無視して、Eジくんがあさ渋滞でバイクをすてた地、朝霞台で途中下車して宴会(言うまでもなくAジ君は下戸)。

 気がつけば、私の意見よりも、ゼミ長の意見が尊重されている。
 
 何かおかしい、このゼミ。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● あはははは
モモ@大東 | URL | 2007/11/26(月) 09:31 [EDIT]
やっぱりキャンパスライフって楽しそう!
いいなぁ、もう一度若い頃にかえって
先生の下で学びたいな!
先生に影響されてちょびちょびチベットに関する書籍を買っては
流し読みしてるんですけど頭に入らないのですよ。
血液検査で肝機能がアップしてる(良くなってる)ほど
酒を断ってるのに、書物はダメだ。
ミステリやSFは読めるのにどうしてだ。
やっぱり私、頭悪くなってます。
アルコール脳症かしら・・・
● おススメ
ケロリンとおの | URL | 2007/11/26(月) 17:34 [EDIT]
この時期にナンですが、小江戸ビールがおススメです。
小江戸ブルワリーはおつまみもおいしいですが、なんといっても駅から遠すぎる・・・v-275
● いいですね~
茂一 | URL | 2007/11/29(木) 11:54 [EDIT]
こんにちは。
わたしも先生にくっついて、ゼミ旅行に同行したいです。v-48
西日本でツアーがありましたらば、参加させて下さい~。
と、かってに妄想しております。すみません。
● あ!
モモ@大東 | URL | 2007/11/30(金) 09:32 [EDIT]
チベット歴史紀行かいました。アマゾンで。
こちらは若干読みやすいので、まだ三分の一しか読んでませんが
日々の楽しみにしてます。

イシハマ | URL | 2007/11/30(金) 09:34 [EDIT]
>モモさん
読書はなれですよ。読んでいるうちに、構造的に読めるようになって、ベタ読みしなくてもその内容が把握できるようになります。数をこなしていろいろ読書述をためしてみてください。

>けろりんさん
この前の銭湯もそうですが、みな駅から遠いですね~。免許もっていないんで、なかなかきびしっす。

>茂一さん
学生と一所にあるくと恥ずかしいですよ~。オトナの集団と旅する方がはるかにラクです。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ