白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/02/09(土)   CATEGORY: 未分類
死に際しての拠り所
労働基準局と大学から怒られたので、七年ぶりに健康診断にでかける。
 わたしは健康診断が、いや病院が大嫌い。
 
 酒もたまにしか飲まずたばこは一度もすったことナシ、適度に運動もする健康生活をしているが、健康にはまったく自信がない。

 両親ガン死の超短命家系に生まれたからね。

 自分にとって、病院は「死の館」。「あそこにいくと死ぬ」(笑)というシンプルな条件付けができていることから、健康診断を毎年ぶっちぎってきたのだ。

 でも、他の先生方に聞いても、「ボクも面倒だからここ数年受けてないよ」という人はいる。ただ、今年はメールや郵便で「はよ受けろ」攻勢があまりにも激しかったので仕方なくいやいや重い腰を上げたのである。

 大学が契約しているいくつかの診療機関のうち、家から比較的近いことから新宿駅前のビル内にあるホニャララ・クリニックにいく。

 金曜日、集合時間の八時半に十分ほど遅刻していくと、いろいろなところから集まってきた三十人くらいの人たちがロビーに無表情に座って受付をまっている。

 受付ではブルーのジャージの上下を渡されて、検査内容の説明をうける。あーだるい。
 検査をまつ場所はガラス張りのラウンジ形式の部屋で、豪華な雰囲気をだそうと、ホテルのロビーのようなふかふかの椅子やソファが置いてあり、備え付けの雑誌も『プレジデント』とか、『ソトコト』とか、『ドマーニ』とか、広告ばっか目立つおハイソ雑誌ばかり。

 間違っても 『女性セブン』『週刊文春』とかはない。
 
 しかし、いくら高級ぶってても、ここが収容所であることには変わりない。みな前の晩から食事も水も禁止されているので、げっそりしている上、検査の合間の待ち時間の長さにうんざりして無表情になってきている。

 この雰囲気、どっかで見たような。
 そう、外国線の飛行機の中でだ!

 フライト・アテンダントのお姉様方がいくら高級ぶったサービスをしてくれようと、いくら機内誌が高級感あふれるリゾートを宣伝していようと、せっまいスペースで何時間もじっとしていなければならない、という奴隷船状況は変わらない。結果、みなげっそり疲れ切り、無表情になってくる。

 ここはうろうろ歩けるだけ機内よりはましだが、ジャージをきせられているので、サロンからはでられない。新宿のサザンテラスをジャージの上下で歩ける人はおらんだろう(あ、でも意外とできるような気もしてきた)。

 格差社会のアメリカでは、お金次第によって受けられる医療サービスの差がはげしい。ちなみに、刑務所でもお金のある人はホテルの個室のような刑務所に入ることができる。日本でも山王病院のようなVIP患者様御用達の病院ができているので、遠からずアメリカのような格差ができてくるのかもしれない。

 しかし、一番いいのはやはり健康でいること。ホテルのような豪華な病室で、シェフのつくった料理をたべ、きれいな(あるいはイケメンな)看護師さんに介護されるとしても、病気になるよりゃ、健康な方がいい。そもそも、病気になったらどんなおいしいものだってお腹に入らなくなる。

 うちの父がなくなる前には各所から桐の箱に入ったメロンがお見舞いに届いていたそうである。しかし、末期ガンだとメロンすら口にすることはできない。そう、人間重病になると、食事の味の善し悪しとか、看護しさんの美醜とかある意味どうでもよくなるのだ。

 財産も、妻も子も、地位も名誉も、死病におかされている時には何の助けにもならないのだ。

 というわけで、チベット仏教では死に際してたよりになるものは、三宝しかないと説く。三宝とは仏とその教え(法)とその教えを奉じる集団(僧)である。
わかりやすく言えば、安らかな死とは「自分が良い行いをした。いい人生を送った」という満足感によってのみもたらされる、ということ。
 
 仏法は深いのう。
[ TB*0 | CO*7 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 人生百年っ!!
ケロリンとおの | URL | 2008/02/09(土) 15:07 [EDIT]
ダンナの両親ともガンで亡くなったので、やはり気をつけています。

先生~っ、健康に気をつけてダンナ様ともども長生きしてください。現役百歳チベット学者夫婦を目指して…v-535

あるく | URL | 2008/02/10(日) 05:39 [EDIT]
道元禅師さまも「いよいよ臨終が近くなったら、つとめて三宝の名前を唱えなさい」と仰っていますね。

死ぬときに背負っていくのは自分の業だけだといいますから、一生懸命善業を積むことに精進しましょう(もちろん自戒の念です)。

余り病院には行かないほうが良いようです。死ぬときには死ぬのだし、たかが数年長生きしても医療費が嵩むだけです。

先生には、是非ともお元気で長生きしてほしい。

イシハマ | URL | 2008/02/10(日) 17:49 [EDIT]
>ケロリンさま
去年はご夫婦ともども本当に大変でしたね。人はいつかは死ぬとはいえ、長寿があたりまえになっている社会で、親にはやばやと死なれるのはやはりかなりこたえますよね。ご主人によろしくお伝えください。

>susumu先生
わたしももう少しがんばってさぼってみます。飛行機はとくにアメリカとかヨーロッパ線は本当にきついですよね。私はアメリカとイギリスいくとき、通路側の座席がとれず、本当にくるしかったです。通路側に座ったら座ったで、今度は通行人に頭どつかれて・・・。でも、飛行機ヤダからといって、シベリア鉄道も時間かかるし・・・(笑)。


>あるくさん
さすが、道元禅師。いいことおっしゃってますね。私も死病にかかったらじたばたしないつもりです。ぼろぼろの体で数ヶ月か数年余命がのびたって研究ができるわけでもなし、そのうえ国に一億とも言われる負担をかけるのも申し訳ないし、疼痛コントロールだけして基本ほっとこうと思っています。一番大きな原因はイタイのが長引くのがいやだからなんだけど(笑)。
● お体大切に
モモ@大東 | URL | 2008/02/10(日) 18:54 [EDIT]
健康診断はやっぱり必要ですよ。
女性は女性にしか罹らない病気にはなるし、
風邪であれ癌であれ、早期発見に勝るものはなし。
ごろうちゃんのお母さんという、重責があるのですから、
どうぞお体を日頃から労わってあげてください。

イシハマ | URL | 2008/02/10(日) 23:36 [EDIT]
わたしの母は久しぶりにした健康診断の際に胆石がみつかって、その手術をしたら肝炎になって、癒着して、癌になって死にました。あとできくと胆嚢をとったけっか、胆汁酸が直接腸にながれだして、癌ができた可能性が高いとのこと。この場合は健康診断が悪いというよりは、治療の手段が悪かったのでしょうが、わたしはあの健康診断が契機なって母の死の時間のカウントダウンがはじまったような気がしてなりません。たとえば進行の早い癌だと見つかるのが早くても死ぬときは死にます。この場合、知らずに放置していれば苦しむのは一ヶ月くらいですみます。しかし、なまじ健康診断とかではやめに癌をみつけてしまうと、きってとじ、きってとじの地獄を味わうハメに。もちろん健康診断で命広いする人もいるでしょうが、私がかかる癌はたぶん大小にかかわらず致命的なような気がします。あくまで予断ですが。

マーハー | URL | 2008/02/14(木) 00:54 [EDIT]
はじめまして。
ミクシイからこちらにお邪魔しました。

わたしは仏教を始めとする宗教のことは無知に近いですが、
いまの仕事が福祉ですので興味があります。

特に終末期を迎えられたご利用者のお世話をする際、
宗教、とくに仏教を抜きにはできないところ、ありますね。

ちなみに仕事で「~なのでドクターに診てもらった方が良いと思います」などと言い、
「薬を飲んでください」などと言いながらも、
わたしも病院は嫌いです。
薬を飲むのもすぐ止めてしまいます…。

イシハマ | URL | 2008/02/14(木) 21:46 [EDIT]
>マーハーさん
人の臨終に立ち会うのはさぞや大変なお仕事と思われます。
今の文明は、生きることは教えても、死に方老いかたは教えないので、その結果、介護の現場はなかなかタイヘンになっていることと思います。でも、もう少ししたら、自分たちの親の世代の死に際をみて反省した若い世代から死に方上手な人々が現れる、かも?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ