白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/03/08(水)   CATEGORY: 未分類
一夫多妻タコオヤジにみる世の中の不安感
つ、つ、つかれたあああああ~。

昨日は例によって、相も変わらず、なが~く、そして内容も●×な会議どした。
こういっちゃなんだけど、何かどーでもいーことに長大な議論がつづき、不毛に消耗した。

数時間をダイジェストでお伝えすると、

「たんたんと自分の立場を説明し、みなの同意をもとめる人」がいるとする。
それに対して、「こうあるべきだという人」(以下、あるべきだ星人)が反論。
最初の人が同じように「たんたんと御願いします」と繰り返すと、
「あるべきだ星人」の長広舌にスイッチが入る。

彼らによると、今の状況は非常に危機的であり、自分の言うとおりにしないと大変なことになる、という。

とうぜん、構文は「~しなければ、~が割れてしまいます」「異常です」「許してはなりません」などの激烈なもの。

これら「あるべきだ星人」は、自分の言葉に自分で興奮していき、時間をおうにつれ激高し(むろん、本人は真っ当なつもり)、まわりに不快感・不安感を与えることを特徴とする。

人の意見を動かそうとして、不安感をあおる、危機感をあおる、というやり方をする人をわたしは好きではない。

あるべきだ星人には、自分がそれほど危機感を感じていないものの、人を操るために意図的に危機感を演出している人と、被害妄想の気があるため、本当に危機的状況だと思ってまわりに危機感をあおるタイプの二種類がある。

何にせよまわりに迷惑をかけるという点では両者の害は変わりない。

前者としては、少し前ニュースをにぎわした一夫多妻男などがあげられる。一夫多妻男(以下タコオヤジ)がどうやって女性をだましていたか、という手口をみたが、タコオヤジは求人情報でやってきた女性に「宇宙人が攻めてくる」とか不安感をあおって、「自分と同居すれば大丈夫だ」と安心させて女性たちを共同生活にひきこんでいたという。

わたしにいわせれば、あのタコオヤジと同居するくらいなら、宇宙人が攻めてくる方がなんぼかマシである。

何にせよ、あのタコオヤジは女性を働かせて、自分が樂に生活するという目的のために、危機感、不安感をあおり、女性たちを操っていたのである。

世の中、世界が終わるようなことはそうそう起きようもない。かりに起きたとしても、その時はその時で、じたばたしてもしょうがない。どーせ死ぬんだから。

所詮は短い人生である。生きている間くらい、お互い仲良くゆずりあった方が品格のある人生が送れるというもの。

なので、みなさん「あるべきだ星人」にならないように、日々精進しましょう。

「~ちゃん、勉強しないと将来大変なことになるわよ」なんて言い方で子供に勉強をやらせちゃいけない。子供が勉強を嫌いになるだけ。

「~ができないと、僕はもう死ぬしかない」とかいって、自分で自分に対してあるべきだ攻撃をしちゃいけない。自分が自分を嫌いになるだけ。

「あいつを倒さないと、オレたちがやられる」

「満洲は日本の生命線である。これをとられたら日本は終わりだ。」とかいって世の中を戦争にむかわせちゃいけない。てか、これで、日本は一度終わったやんけ。

不安感・危機感とは、何もうみださない不毛な感情である。
しかもこれは、疑いなく、オノレの心のひ弱さが、不必要に世界を強大あるいは醜悪にみせている結果、おきているものだ。

たとえ体が健康でも若くても、不安感にさいなまれて、まわりに迷惑をかける人はいるし、かりに死の床にある人でも、不安感も危機感もなしに平穏な心で日々をおくる人もいる。
[ TB*0 | CO*7 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ●×な会議、お疲れ様です。
13 | URL | 2006/03/09(木) 01:33 [EDIT]
あのタコオヤジと同居するくらいなら、宇宙人が攻めてくる方がなんぼかマシである。>
夜中に大爆笑してしまいました。
ただマシなのではなく、なんぼかだけマシなのがまたよかったです。

でも、きっと攻めてくる宇宙人もタコみたいなやつらかもしれませんね。
って、宇宙人観がちょいと古いですかね。
● 世界の終わり=存在の不安感・危機感
石濱裕美子 | URL | 2006/03/09(木) 09:13 [EDIT]
>13くん
タコオヤジのいう宇宙人は人間に化けて人間社会にまぎれこんでいる、というヤツらしいです。
「プレスリーは宇宙人だ」とかいうあのタイプの宇宙人。
何にせよ、世界の終わりをこわがったり、不安感・危機感をむやみに感じる方は、心の強化が必要と思われます。
じゃないと、宇宙人をかたる地球人にダマされます。
● いやいや、13
ひぃちゃん | URL | 2006/03/09(木) 09:23 [EDIT]
宇宙人には種類が色々ありすよ。
タコに始まり、バルタン星人みたいなセミから、デスラー総統率いる人型のガミラス星人まで。

中には人型でヨン氏みたいのもいらっしゃるでしょう。
そうしたら先生はむしろ歓迎されるのでは…

これが本当の異性人。…お後がよろしいようで。

ところで、「タコオヤジ」と「教授会」から、とんでもないことを連想してしまいました。こんなこと想像するだけで卒業単位取り消されそうです。
● そういえば
石濱裕美子 | URL | 2006/03/09(木) 22:00 [EDIT]
高校生の頃、心理学研究会の部長をやっていて、
UFOを見たとかいう蕎麦やのオヤジを取材しにいったなあ。
なにやってたんだか。
● そば
13 | URL | 2006/03/09(木) 23:06 [EDIT]
UFOって、
インスタントのやきそばじゃないですよね。
蕎麦やのおやじだけに。

そのインタビューの内容、気になりますね(笑)


それにしても、やはり
心の強化ってのは
本当に大切な事だと思います。

僕の好きな言葉は「プラス思考」と
「笑う門には福来たる」なんですが、
何を言われても、笑い飛ばせるくらいの強さが必要だと思います。

そして、どんな状況におかれても、
そこから自分にとってプラスになる事を探し出すことができる、
もしくは
プラスの方向に自分を向かせることができるような、
そんな考え方(僕が考えるプラス思考です)が人生においては必要不可欠なのではないかと思います。

心を自分でコントロール出来ることが、
まさに心の強化だと思うんです。

長々とすみません。
● 爆笑!
苦沙弥@モバイル | URL | 2006/03/10(金) 00:29 [EDIT]
13さんの「インスタントやきそばUFO」に座布団1枚!声をあげて大笑いしました、今(^^;。

―いや~、実は、さっきちらっと覗いて、しばらく時間を置いてから書きに来たんですが…。「あるべきだ星人」、自分には耳が痛い話ではあります。意図的に煽るじゃなくて、ついつい自分を責めてしまい、結果、周りの人達を引かせちゃうタイプなので。「こうしないと死んでしまう」というよりは、「こんなこともできないんじゃ生きている資格が無い」と思い詰めてしまうんです…やめようと思ってはいるのに、いつの間にか。
そして、先日の続きになってしまって恐縮ですが、会社では結局、パートとしても受け入れてくれる部署が無く(皆無ではなかったのですが色々こちらにも事情があって)、辞めることになりました。皮肉なことかも知れませんが、そうなってやっと「生きていても、良いんだな。」と思えるようになったこの頃です。
● インタヴューの中身は・・・
石濱裕美子 | URL | 2006/03/10(金) 09:15 [EDIT]
>13さま
そのオヤジの体験談をひたすら拝聴しました。
そのオヤジの部屋には東京の地図がはっており
自衛隊の基地に記しがついており、
自分の目撃したUFOがいた角度から
「UFOは日本の基地を監視しているのだ」と主張されておりました・・・・。
今思うと大変にアメリカ的な日本人だったのれすね。

>くしゃみさま
事情がわかんないのでめったなことはいえませんが、
やめなければ精神がもたないような時には
ムリしてがんばって傷つくよりも、さっぱりやめちゃうのも一つの選択肢だとは思います。
むろん、ある程度次のお仕事への可能性をみさだめてからの決断が望ましいとは思いますが。
と同時に、いうまでもなく、自責的な性格はできるだけ楽天的に改造するのがよろしいのではないかと思います。難しいとは思いますが。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ