白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/03(土)   CATEGORY: 未分類
世界で最も影響力のある指導者
 四月三十日、Timeで恒例「2008年、世界で最も影響力のある100人」が発表された。

「指導者」上位百名のうち、どーどーの一位はダライラマ14世。 この企画ではダライラマは毎年上位にランクインしているが、今年は問題なしの一位。参考までに、日本人は科学者部門にiPs細胞つくった京大の山中教授などが16位に。

 アメリカ人は、「もっとも影響力のある指導者」として自国の大統領も、ましてやお隣の“大国”の某指導者も選ばず、国も軍事力も経済力ももたないダライラマを選んだ。

 タイムからダライラマの解説を引用・飜訳する。

何百万人もの人々がダライラマの言動に啓示をうけてきたが、当のダライラマは誰から啓示を受けているのだろうか。ダライラマとチベットの民は絶望とともに死にものぐるいの生を送ってきた。中国の抑圧とそこからの亡命という悲劇が日常茶飯事であった。
しかし、今年72才になるダライラマはこのような残酷な運命にあっても心の平和を保ち続けている。ダライラマは人類をどうみているのだろうか? 
ダライラマはこのことについてかつて私にこう言った。「われわれはこの地球上でもっとも優勢な種ですが、一番大きなトラブルメーカーです」

 中国の指導者たちはインドを支配した大英帝国の官僚たちとは違っている。ダライラマのガンディー・スタイルの非暴力闘争は、良心の呵責を少しも中国人の心に生み出すことはなかった。彼らの良心の呵責によって、チベットに自由は実現するのに。それどころかオリンピック開催年にあたり、北京はチベットの願いを前よりもいっそう激しく抑圧している。しかし、ダライラマは自分を中傷し、チベット人を抑圧する者たちに対しても、かわらぬ慈悲を示している。とげとげしい態度を示すことを好まない。彼はこういう「わたしは中国人自体を嫌いではないですよ。ただその振る舞いが嫌いなだけです」

 ダライラマの最奥の神秘とは、彼が普通すぎるくらい普通なことである。ダライラマはいつもハッピーだ。カオスと混乱のただ中にあってもハッピーなのだ。ダライラマが語ってくれたことの中で最も印象的なのはこの言葉である。
 「信仰をこねくりまわさず、より高い“気づき”に向かいなさい。宗教に依存するのではなく、良識、日常的な体験、科学的な思考法を重視しなさい。」・・・
 始めに戻ってダライラマは何から啓示を受けているのだろうか? それは人ではなく、私やあなたを越えたところにある、自己と非自己を越えたところにある時空をこえた“場”からであろう。驚くべきは、そのような“場”がある、ということではなく、一人の男がその場からやすやすと啓示を受けているということである(スピリチュアリスト、Deepak Chopra)。
 

 騒乱の中にあってもゆるぎない穏やかな言動。民族や宗教によって人々が分離することを望まない、その人類全体をみすかした愛が、アメリカ人を魅了しているのである。

 日本の報道はこれまで隣国に気を遣うあまり、ダライラマにまつわる情報や報道を最小限しか露出してこなかった。しかし、今回の件によりさしもの日本マスコミもダライラマについて報ぜざるを得なくなり、結果多くの日本人がやっとダライラマを知ることとなった。

 荒んだニュースの続く国際情勢の中にあっても、もっとも陰惨な現代史を生きてきたダライラマ。あれほどの目にあいながら、中国人を憎まず、ハッピーに生きている、そのすごさを理解できる人はみな感銘をうける。そして、なにがしかの“気づき”が始まる。

 昨日コピー屋さんで自分の対談ののった雑誌記事をコピーしていたら、そこのオバハンが「チベット大変ですね」と普通に言われた。そいで授業が終わって事務所にいったら、残業していた事務の方が「先生、日刊ゲンダイ読みましたよ。チベット大丈夫ですか」と声を掛けられた。

 ダライラマの生き様を知る前と、知った後では世界がかわるのだ。ダライラマを知るものは幸いである。彼らは自分自身を救うことになるからである。
[ TB*0 | CO*13 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ダライラマ猊下
モモ@大東 | URL | 2008/05/04(日) 04:38 [EDIT]
何にも動かされず、心乱されず、かつ平和の象徴である。
非暴力というのはとても難しいことだと思います。
でも、「仕方がない」では終わらせることは出来ないのです。
机上の空論であっても、単なる理想論であっても、
誰かが信じていないと出来ないのです。
それを実行しようとなさっている。頭が下がります。
どうやったらあんな人物の足元にでも
お近づきになれるんだろうと思います。
あんな方がいらっしゃるということは、
世の中捨てたもんじゃないと思わせてくださいますね。
● ダライラマを知るものは幸いである。
遊牧民 | URL | 2008/05/04(日) 11:25 [EDIT]
けだし名言であります。そういうものが、私の周りにもここ最近ホントに確実に増えております。昨日2週間ほどの韓国寺めぐりの旅より戻ってまいりました。イシハマ殿お勧めのあのチベット美術館にも行って参りました(パチパチ)。外の喧騒との格差に眠ってしまいそうでしたが。心穏やかなるひとときでした。リレーが行われたソウルの様子を地方の旅館のTVで見ましたが、圧倒的多数を占め、何かの怒りを露にしながらガンガン暴力を振るっているのが、韓国に「住まわせてもらっている」中国人で、血だらけになって壁に押し付けられているのが、その国の主人たる韓国の人たちであるというのが、なんとも不思議な、悲しい情景でした。いったい彼らは何に腹を立てて、他国であそこまでヒステリックに暴力をふるうのか・・・。そんな、膨張する中国、増長する人々に、飲み込まれるか否かの、まさに瀬戸際でもあります。

mimaco | URL | 2008/05/04(日) 12:03 [EDIT]
3月まで東急BEでの講義を受講していた者です。
その節はとても内容のある講義をありがとうございました。
近頃、身近な人からチベット問題やダライラマ法王について質問をされることがあります。「何故ダライラマはあれほど欧米諸国で尊敬されているの?」「どうして中国は彼を祖国分裂を企てていると言うの?」等等。
先生のおっしゃるように、日本のマスコミでは最小限の露出と報道しかしてこなかったため、「チベットの人々が抑圧されている」「彼は非暴力主義である」という大まかな事実は知っていても、それは具体的にどういうことか、どんな事情があるのか、今回の一連の騒乱に接しもっと知りたいと感じている人が沢山いるのではないでしょうか(だから私のような拙い、表面だけの知識しかないような者ですら質問を受けるのだと思います)。
そうして、「ダライラマの生き様を知る前と、知った後では世界がかわるのだ。ダライラマを知るものは幸いである。彼らは自分自身を救うことになるからである。」この波がじんわり世の中に広がっていくのではないかと期待しています。

カルマ | URL | 2008/05/04(日) 13:29 [EDIT]
このさいだから、もっと、チベットのことを知ってもらおうと思い、
おもいきって家にためこんだ、げい下のご本を近所のブック・オフにもっていきました。
かさばって、場所取る様になってきたのもあるし、全部で、35冊ありました。
こずかいがほしかったのも、ありますが、げい下のDVDは、のこしました。
これで、あたらしい、チベット関連本をかうもよし、チベット・カフェに御布施するもてかもとおもってます。
(さて、どうしましょう。まだ、思案中です。)
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2008/05/05(月) 08:27 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

じゃしらも | URL | 2008/05/05(月) 23:55 [EDIT]
私も今げい下の本を読んでいます。

>ダライラマを知るものは幸いである。彼らは自分自身を救うことになるからである。

本当に、本当に。

シラユキ | URL | 2008/05/07(水) 11:46 [EDIT]
>モモさん
そうなんですよねー。非暴力は即効性はないけど、体質改善の効果がありますよねー。

>遊牧民さん
韓国での中国人の暴徒化ミクしでみました。なんですかね、あの人たち。他人の国にいるという遠慮がまったくない。

>minacoさん
そうやってみんなが少しずつ変わってきたから、奴隷制とか植民地とかが少しずつなくなっていったんですよね。

>かるまさん
ブックオフいいかもしれませんね。日本のお坊さんにもっと読んでもらいたいので、坊さんの会議場とかでフリマしたら。

>プー猫さん
私はすごい過保護なので、学生が怪我しないか心配です。

>じゃしらもさん
『幸福論』とか読みやすくていいですよー。

カルマ | URL | 2008/05/07(水) 17:11 [EDIT]
やぁ、ほんまやわ。
ふりまなら、まぁちぃと、マシな値段になったかも。
チベット仏教のお経の入った、CDもつけたのに、6千円くらいにしかならなくて、家族で、ラーメン食べて、夕食買ったら、なくなっちゃった。
(まぁ、気分だよね。ここ2・3んねんギャワ・リンポチェにお布施だししぶってたから。まだ思案中です。)
● 『幸福論』
じゃしらも | URL | 2008/05/08(木) 00:20 [EDIT]
ちょうど今読んでます!
でも、今渦中にいるので、げい下の本は手に入らなくて…。
『幸福論』も日本から来た旅人にもらいました。
もうすぐ読み終わるんですが、もう一度読み直そうと思います。
● ダライラマを知るものは幸いである。
建築や | URL | 2008/05/08(木) 01:01 [EDIT]
私が非常勤をしている大学に中国からの留学生が数名います。彼らは最初、「ダライラマ」ということばすら知らなかったのが、最近はチベット問題について理解するようになり、一方で彼らの立場で何が出来るか悩んでいます。暴動は悲しいことですが、彼らが冷静に別の視点から物事を捉えられるようになったのはせめての救いです。
一方で、中国にはご存知のようにチベット族以外の多くの民族・また同じ漢民族といわれる中にも差別的な待遇を受けている地域住民がいます。彼らが更に不幸なのはチベットと違い、ダライラマのような精神的な支えがないことです。心の支えもなく、虐げられて・・・。
この一連のことはチベット発かもしれないのですが、チベットだけの話ではなく、中国中が人間がその地の文化と風土に基づき人間らしい尊厳を有して生きることができる国になることを祈ってなりません。
中国にはすばらしい建築物が多数あります。これらの多くはその土地土地の風土に根ざしています。
しかし、最近はどこも同じような建物を強引に建てています。
昔(40年前)日本住○○団が作った団地など今や殆ど建替えの対象になるなど突貫工事のつけがきています。
チベットの建築物もチベットの人々がチベットの風土により再興されていくことを願っています。
そして、チベットだけではなく、中国の多様な文化の再興がされることを願っています。
● ご迷惑、おかけいたします。
カルマ | URL | 2008/05/09(金) 11:41 [EDIT]
>建築やさんへ

どうか、冷静に、暖かくかれらを見てあげてください。
下手な事をすると、彼らが今度は、王千源さんのように、弾圧されるからです。
パソの普及は、怖いものがありますね。
彼女の実家に汚物ばらまいてなにが楽しいのでしょうか。
ぼくは、かなしいです。
もう少し、冷静に、話を聞いてくれると、ありがたいのですが。
外国のチベット人人権団体も、彼らを、ひなんするばかりで、話し合いにもならないようだし、中国人留学生の愛国心信者どもは、政府のプロパガンダしか、口にしない。
毒入りぎょうざも、中国政府は、日本政府のせいにして、おわるつもりみたいです。
そんなんじゃ、外交だって、上手く行くわけがない。
中国本土では、ブログの話だと、日本批判のや外国批判のブログや2ちゃんは、放置状態で、愛国心をあおるどころか、日本人や外国人や、ぼくらの悪口の書き込みでうまってるといいます。
だから、そのあおりで、本土から、見に来た人が、その感覚を持ち込んだまま、書き込むから、荒れてるのだと思います。
ぼくは、日本生まれの日本人で、残念ながら、中卒どまりで余り難しいことは、わかりません。乱文でご迷惑、お掛けいたします。
ごめんなさい。すみません。
          かしこ
● ごめんなさい。
カルマ | URL | 2008/05/09(金) 12:12 [EDIT]
チベット人って、自分のこと、ギャンミィ、ギャンマァ、ギャワって言うから、(前世カムパァです。)日本に転生してるのに、すご、この癖が出てしまう。
反省。反省。

シラユキ | URL | 2008/05/10(土) 16:46 [EDIT]
>建築やさん
すみずみまで気を配られた建物がつくられるときって、本当の意味で文化が成熟している時代ですよね。世の中があれると、粗製濫造の建築物がふえます、たしかに。

>かるまさん
こういう状況ですから仕方ありません。とにかくみな穏やかに対処しましょう、ということですよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。