白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/15(水)   CATEGORY: 未分類
その感動プライスレス
昨日、弊研究室におきまして、担当者との話し合いが行われた結果、拙著『チベット仏教世界の歴史的研究』の復刊が正式にきまりました。

復刊ドットコムの投票などによって応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。この場をかりてあつくあつく、御礼申し上げます。

本書はわたくしの博士論文を多少加筆して出版したもので、モンゴル・チベット・満洲(元朝・清朝)の社会や文化がいかにチベット仏教の大きな影響のもとに動いていたのかを明らかにしたものです。

自分でいうのもなんですが、けっこう画期的かつ刺激的な研究です。

内容は当然、チベット語、モンゴル語、満洲語がとびかうファンタスティックな世界。つまり、ひらたくいえば本書は思いっきり学術文献なのだ。

学術書を出版するための垣根は高い。

売れないので、こちらがすべてお金を準備しなければ出版社が協力してくれないのである。そこで、研究者は学術出版補助してくれみたいな申請書を国に提出する。

国は申請者の研究者としてのキャリアとかを見定めて、費用を助成するか否かを決めるのだが、その際にはだいたい申請額を半額くらいに減額してくる。すると、学術出版を扱いなれている出版社は、この減額分をみこして予め二倍の見積もりをだして、減額されても自分のところがふところをいたまないようにしたりする。

わたしはこういうやり方が好きではないので、知り合いの先生の紹介をたどり、そのような意味であまりすれていない東方書店さんを紹介していただいた。

なので、私のこの本は半額は国費を頂戴しましたが、半額は私の自腹が入っております。文字通り私の自腹から生まれた子供なのです。表紙のデザインも趣味で転法輪にして、とってもステキな仕上がり。

本当に嬉しかったので、アエラにコメンタリー書いたりして自著を宣伝しまくって(笑)、数ヶ月でソールドアウトとあいなった(学術出版なので部数も少ないしね)。

ところが、それからが大変。

内外の研究者から「あなたの本を買いたいのにかえません」という問い合わせが相次ぎ、出版社に再版をかけあったものの、学術出版の再版はリスクがたかいので、難しいの一点ばり。

歴史の論文は実証的、文献学的なものになると、17世紀のものだってちゃんと現在でも問題なく研究に使用されている。経済書や時事問題を扱う書籍や理系の学術論文などはその時々のはやり廃りですぐに淘汰されるが(わたくしが生まれる前にしんだ父の一番上の兄、石濱知之は九大の経済学者であったそうだが、彼が無数にだした経済書はいまどこにいったんでしょうね)、良質の歴史研究書というものは息が長いのである。

なのに、わたしの学術書はこれから数百年後の人々にまで利益をもたらすかもしれず(大げさ)、かつ、人類の知的遺産の一角を(チョー最底辺で)形成するという理念的な意義もあるにもかかわらず、再版は利益がでないので難しいということ。


そう、学問は利益とはもっと遠いところにあるもの。

わたしがこの学術書をかきあげるためには、多大の時間をかけて、チベット語、モンゴル語、満洲語、清朝漢文にしたしみ、その読解力をみにつけ、かつ、現地の文書館にかよい手書きで宮廷文書をうつし、本を背負ってかえり、それを読みといた末にできあがったものである。


青春をパソコンと史料の前で過ごしたのである。この本にわたくしが投下した資本はプライスレス。だいたい、お金なんて考えていたら研究者なんかにはなれない。

よく、「ぼく(わたし) は勉強がすきだから研究者になりたい」という人がいるが、そんな簡単なもんじゃない。いつ、就職できるかなんてわからない(ていうか、かなりの確率で研究者としての就職はできない)、将来に保証はなにもない(研究者を諦めた時は普通の就職も年がいってて難しい)、でも、おもしろいから研究はやめられない。そのような人でなければ、所詮はつづかない。研究は受け身の勉強とは違う。自分の頭でオリジナルをきりひらいていく能力がなければ、研究者にはなれないのだ。

昨日の出版社との会見の趣旨は私の印税放棄の言質をとることだったよう(トホホ)。

一週間で書いたような(そしてすぐに消えてしまう)一般読者向けの原稿は、原稿料がでるのに、私の青春をついやし(そして千万載まで後世に残る?)た学術文献は一銭の価値もうみださないのである。
どころか、出版の際にはわたくしのふところと国民のふところを傷つけ、今は復刊ドットコムさんにまで迷惑をかけねばならないのである。

世の中どっかおかしいよな。

しかし、やはり再版は嬉しい。これはお金には換えがたい喜びである。(金にはならなくとも) やっていること自体に意義があると思えるような仕事ができたこと、そんな(金にならない)ものに対して協力してくださったみなさまの心意気が嬉しいのである。

関係各位、本当にありがとうございました。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 復刊おめでとうございます
破顔微笑 | URL | 2006/03/16(木) 13:36 [EDIT]
復刊のことを以前から聞いていたので嬉しいです。
学術書でなくてもなかなか復刊ってしてくれないんですよね。
国民のふところもこういうのに割いてくれるなら納得です。
といっても消費税くらいしか納めてませんが。
● おめでとうございます。
アメシィー | URL | 2006/03/16(木) 16:31 [EDIT]
 復刊って時間とお金がかかるのですね。
 やはり、院入試の勉強段階から(もちろん入ってからも)知的
好奇心がなくては持続力がなえてしまうのだな、と思います。
● ありがとうございます
石濱裕美子 | URL | 2006/03/16(木) 17:55 [EDIT]
>破顔くん
>アメシィーさん

一般書の二版とかはすごく簡単に決まるのに、
学術書だとすごく大変で、時間もかかり、
わたしもびっくりでした。
よほど売れないんですね(笑)。
著者的には世界中の図書館に一冊そろえて欲しいのですが(笑)。
● 復刊おめでとうございます
amba_omo | URL | 2006/03/21(火) 14:32 [EDIT]
自分の講義で、レポート課題の必読文献に指定したら、
さっそく読もうとした学生さんたちから、図書館のはいつも
誰かが借りててみれない、本屋には絶版といわれた、と
と相談があり、こまっていたところでした。

索引はつきますか?
● じつは・・・・
石濱裕美子 | URL | 2006/03/21(火) 14:38 [EDIT]
コストの問題で、すでにとってあるフィルムを使うので、
変更は許されない、それも条件の一つでした。
索引は、英訳版を誰かがつくってくれたらつけるかも(笑)。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。