白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/07/22(火)   CATEGORY: 未分類
時を超えるゼミ長
19日

 今年四月に卒業した四年生が集まるので、先生も来てというので行く。神のゼミ長Aジ君の世代とはいえ、卒業してまだ三ヶ月、なつかしくなるような時期でもないし、そもそもAジくん卒業してかからも何度もゼミに顔だしているので、彼が卒業したような実感もわかないし、気分は現役の飲み会にいくようなノリ。

 この話をダンナにしたら、「あなたが頼りないから、Aジくんがゼミの品質保持のために見張りにきてるんだよ」と言われた・・・。まさかあ。

そのまさかが、本当だった

 待ち合わせの学部前ロータリーにいくと、なぜか三年ゼミ生、四年ゼミ生、Aジ君いがいの世代のOBゼミ生もあつまっている。

 聞けば今日はワタシの昇任祝いのサプライズパーティだという・・・。

  国立と違い、私立の昇任はそんな大したもんでない(給料も完璧な年功序列)。そもそもワタシは昇任なんてどーでもよかったので、いまだに昇任前の名刺配っているくらいである。

 Aジくん「先生、本当のこといったら絶対来ないでしょ」

 ワタシ「まあ、そうかも。で世代を超えたゼミ生にどーやって連絡つけたの?」

 Aジくん「各世代に留年組がいますよね、その人たちがまとめ役になって連絡つけました。卒業後二年くらいまでをメドに連絡をつけました」

 なんとAジくんは卒業した後もゼミ長であった・・・。ユーミンの時をかける少女のテーマにのって「時を超えるゼミ長」という言葉がひらめく。

 Aジくんは集まった全員を大学近くのカフェにむりやり押し込む。

 乾杯の音頭はもちろんフリー・チベット!この春から農家に入って農業修行中のT君から「オレが種から育てたもんです」とキュウリとズッキーニとキャベツを戴く。全員からはブルーを基調とした花カゴを頂戴する。

 それを手にして記念撮影をするが、野菜と花のとりあわせだと、どこかの県知事が県の農作物をPRしているよう。

 わたしは世にいう理想的な教師とはほど遠い。テンション低いし、学生に対する姿勢は基本放牧だし、「まあ、みんな大人だからいずれ自分で分かるでしょ」をモットーによほどのことがない限り説教もしない(そう、そこの説教されたアナタ、アナタは余程なのよ)。

 なのに、これだけ多くの人が集まってくれるのは、やはりワタシの人徳、のはずもなく、Aジくんの人徳だよ・・・・(笑)。

 そういうわけで、ワタシが退散したあとも、OB現役ともにオールでもりあがったのであったった。

 20日

 テレビつけたら、たまたまNHKの探検ロマン世界遺産で「頤和園」をやっていた(12日の再放送らしい)。どーせ、北京オリンピックにあわせた翼賛企画だろーが、とヤサグレた気持ちでひっくり返ってテレビをみはじめたが、やがて正座になった。

 うろ覚えだが、以下のような内容。

 頤和園は乾隆帝によって築かれた御苑で、乾隆帝は熱心なチベット仏教徒であった。チベットの高僧と同じ高さの席について、チベット語で話した。頤和園の中にある四大部州はチベットの寺の模倣である(さすがにサムエ寺のコピーと固有名詞まではわかんなかったよう)。扁額は満洲・モンゴル・チベット・漢字で記されており、その四つの字体が同じ大きさであるように乾隆帝はすべての民族の文化を尊重していた、ときて、三月のチベット蜂起の映像をだして、今の中国政府がチベット文化を抑圧しているがゆえに、こんな問題がおきている、と示し、最後に中国は今年オリンピックを開催して自信を深めようとしています。その中国の未来にどうすべきかは、過去の歴史が示しているでしょう、と暗に「中国政府、乾隆帝のように民族の文化を尊重せい」といって結んでいた。

 これちょっと昔だったら、中国のいいなりの翼賛観光地宣伝になつて「この広大な庭園は昔は皇帝一人のものだったが、今は人民の楽しむ公園である」(BY 若き日の李纓監督)とかから始まって、あとは日本の文化人との関係(北京秋天とか)とかを紹介しておわるチンプな構成だったはずだ(最初の方みてないからやってたかもしれないけど)。

 なのに、あのNHKが日本ネタもつかわないどころか、中国政府に意見する番組をつくっている! 

 ものすごいパラダイムの転換! 

 三月のチベット蜂起を以後、『チベットを知るための50章』とかよんで勉強してくれたんだね。

 正直、岩波と朝日新聞とnhkは何があってもあのままだろうなと諦めていたが、ひょっとしたら少しは変化を期待できるかも。

 YES YOU CAN CHANGE!(by オバマ)

 21日

 明治大学でJVJAの報告会。二時から五時の長丁場である。

フリージャーナリストの野田雅也さんはチベット解禁のあと成都から東チベットにはいって帰ってきたばかり。ラサは体面上外国人に開放したけど、東チベットの各道路はまだ土嚢の上に機銃をおいた検問所でいたるところ封鎖されていて、とても写真がとれる状態ではなかったとのこと。道行く人々が隠しカメラに顔をとられるのがイヤなのかマスクをして歩いているのが印象的だった。あと四川大地震の被害はやはりチベット側は限定的だったようである。チベット人からいろいろ聞き取りをしてきたようで、その内容は陰惨でしかし伝聞で証拠がないため公式に発表できないのが辛いという。

 写真家の野町さんは毛沢東の長征ルートをたどって写真をとっているうちにチベットに魅せられたこと、そして、解放軍の破壊を西チベットのツァパランの破壊された仏像を中国軍が来る前と後の写真と並べて示したりした。大家だけあって、どの写真もチベットの魅力をうまくきりとって美しく伝えていた。

 石濱は、観音菩薩の慈悲によってチベットの歴史がはじまり、それがダライラマ14世にまで続いているとの歴史話。

 作家の渡辺一枝さんはチベット人の農民とのおつきあいから知ったことをいろいろ話す。中国人資本がはいってきたため、チベット人が交易をやめ、現金収入を得ようとして、中国人の好きなスイカをつくりだしたこと、遊牧民が90万円もらえるとの甘言につられて集合住宅にうつって定住したら、その90万円は貸し付けで、その土地では仕事もなく、無気力に暮らしながら先住のチベット人と陰惨な争いをしているなどを報告。目先のお金につられ、働かないチベット人にも問題があると指摘。

 以上。
[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ほのぼの | URL | 2008/07/22(火) 23:36 [EDIT]
21日は隅の方に座っておりました。
(筆記用具を忘れたのでアンケートは出さずに帰りました)

ポタラ宮前広場のしょうも無い塔やチャクポリの丘に立つしょうも無いテレビ塔を見たあの夏を思い出しました。

それにしてもゴーグル付けただけで原水爆実験を見学していた人民解放軍の皆さんがどうなったのか、心配です。

マーハー | URL | 2008/07/23(水) 00:22 [EDIT]
JVJAの報告会の最中、ダライラマQ&Aで綴られていた、
「…わたしは自分の幸せや個人的な未来には関心がありません。ダライラマ制の未来なんかについてはさらに関心ありません。今ここで真に危険にさらされているのはチベット民族とその文化です。ダライラマ制は民族と文化に仕えるものにすぎません。もしこの二つがなくなってしまったなら、ダライラマやダライラマ制に何の意味があるでしょうか?ダライラマ制だって消滅しますよ。ですから、もし、大多数のチベット人がダライラマ制が無用であると感じたなら、そのときは自然消滅です。…」という猊下のお言葉が断続的に脳裏を掠めました。
拝聴して良かったと思っています。
● JVJAの報告会、拝聴させていただきました
ゼンジー東京 | URL | 2008/07/23(水) 17:49 [EDIT]
JVJAの報告会、拝聴させていただきました。
「「自分のものである国を自分のものであると証明する」努力をしていれば、いまほど悲惨な形で国を奪われていなかった、というお話は、竹島等にも通じると思いました。
石濱先生の講演を聴かせていただくのは二回目ですが、私の頭にも少しずつチベットの歴史の一端がモヤモヤっと入ってきました。ありがとうございました。
● 新聞のはなしですみません。
カルマ♪♪ | URL | 2008/07/24(木) 16:53 [EDIT]
渡辺一枝氏のお話と同じことが、今日の中日新聞の記事に在りました。
残念ながら、ホムペのほうは、記事を見つけられなかったです。
タイトルは、確か、
「特報 五輪中国3っの病」
サブタイトルが、
「貧困・成長の影陳情排除」
「汚職・わいろ社会の一部」
「民族・弾圧「文革戻った」でした。
働きたくとも、二束一門にもならない金でしか雇ってもらえないと、私は、お聞きしました。
1ヶ月どんなに頑張っても、200円以上もらえないと、いってました。
働きたくても、雇ってもらえないと、いわれました。
本当ですか。せんせい。

りんか | URL | 2008/07/26(土) 15:40 [EDIT]
はじめまして。
JVJAチベット報告会へ参加して、お話を聞かせていただきました。

観音菩薩の慈悲がチベットの歴史の最初にあって、その誓いの言葉が今も生きているということには不思議な感じがします。
神話と史実は別物ではあるけれど、お話にあったような歴史観が何百年も人を動かしてきた重みは大変なものだと思いました。

また、お話とは直接関係ありませんが、見せていただいた絵画の表現様式(人物の力関係が図像の大きさに表される、など)には興味をひかれました。

チベット問題(特に人権)に関心を持つようになって数年になるのですが、仏教には馴染みがなくて、ずっと敬遠していたのですが……今回お話を聞いて、自分なりに勉強の入り口を見つけたような気がしました。

ありがとうございました。

しらゆき | URL | 2008/07/27(日) 17:48 [EDIT]
>ほのぼのさん
人民解放軍は無敵だから、きっと放射能より強いんですよ!

>マーハーさん
お会いできて本当にうれしかったです。今度機会がありましたら、わたくしの淡路島レポートを差し上げます。今のところ見つかりません(笑)。

>ゼンジー東京さん
チベット人が多く住む地域はランドサットでみると、きっちり高地の上です。人工的に引かれた現在の自治区とそれ以外の地域がいかに現実に根ざしていないかがわかります。

>カルマさん
二束一門て、二束三文のことですよね。200円の根拠をわたしは知りません。本当かどうかは本土のチベットの方あるいはチベット人とおつきあいのある方に直接聞いてみてください。

>りんかさん
あのダライラマを生み出したのですから、チベット仏教はすごいですよ。チベット仏教がすばらしいから、チベット応援するっていう方がたくさんいます。
● 再会を楽しみにしています
マーハー | URL | 2008/07/29(火) 01:03 [EDIT]
こちらこそありがとうございます。

淡路島レポート、楽しみにしています。
祖父の延雄からは辿るのに時間がかかりそうですが
やってみます。

ゆず | URL | 2008/07/29(火) 01:15 [EDIT]
今日、あるテレビの特集でチベット問題について取り上げてました。しかし取材や撮影は監視員付きで、ある農家の取材では、ダライ・ラマの代わりに壁には毛沢東の肖像画があり、表向きは共産党にはとても感謝しているとの事です。またラサの町からは僧侶が消え、人々の笑顔が少なくなり、経済格差が広がりつつあると。昆明ではバス爆破が起こり、ウイグル独立派が犯行声明を出しました。オリンピックを前に、共産党が清朝の統治体制に見習うべき所は多いと思います。

しらゆき | URL | 2008/07/30(水) 22:33 [EDIT]
>ゆずさん
NHKも同じことをゆってました(笑)。
しかし、端から見てあそこまで病んでいてもそのままつきすすむのは、独楽といっしょでとまったら倒れるからでしょうね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ