白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/10/23(木)   CATEGORY: 未分類
イェティ捜索隊2008
 チベットに関して久しぶりに、なんじゃこりゃあなニュースが流れた。

ヒマラヤに雪男? 捜索隊が足跡撮影、隊長は「確信」
(2008年10月21日22時22分asahi.comより転載)
 ネパール・ヒマラヤのダウラギリ山群でイエティ(雪男)と呼ばれる謎の動物を追い求めていた「イエティ捜索隊」(高橋好輝隊長、朝日新聞社後援)が、正体不明の足跡を見つけた。足跡を撮影したカメラマンの折笠貴隊員(46)が21日帰国し、朝日新聞社に写真を提供した。
 高橋隊長はイエティの正体を類人猿の一種と考えており、「足跡はイエティのものと確信している」と話したと言う。折笠隊員は9月21日朝、稜線の鞍部(4465メートル)で岩に積もった雪の上に細長い形の足跡を発見。見つけたのは1個だけで長さ18センチ、幅8センチあり、指の形がはっきり残っていた。その後も2度、別の場所で同じ足跡が見付かった。
 捜索隊は03年にも現地入りし、足跡を見つけた。足跡は付近に生息するクマやユキヒョウなどと異なる。監視活動を約40日間続けたが、自動撮影カメラによるイエティの撮影は成功しなかった。


ネタかと思いきや、どうも大まじめにやっているみたい。協賛 サントリー、そして、

後援 朝日新聞

イェティといえばいにしえから低酸素がみせる幻だの、ネアンデルタール人の生き残りだの、着ぶくれた現地の人だのいろいろ説があるが、何にせよ、21世紀にいまさらイェティ探す意味、それも民放の特番ならいざしらず、大新聞社様の後援でやるのは微妙なところである。

でホームページで隊員名みて二度びっくり。某A君の名前が見える(イニシャル違うからね)。

このAくん、かつて早大の探検部に所属していた。彼は03年に突然、
「今八宿にいます。明日から、ヤル・ツァンポ渓谷に入ります。ペマコ(屈曲部分の内側地域)についての情報をください」みたいな趣旨のメールを送ってきた。

ツァンポ河はチベット高原を西から東にむけて流れる大河である。この河は東チベットでその方向を360度クキッと曲げて、東から西に流れてやがてブラフマプトラ河になる。このクキッと曲がった部分は人跡未踏の峻険な地形であるため、長い間、ツァンポ河とブラフマプトラ河は別の河ではないかと思われており、地理上の謎であった。

 しかし、19世紀の終わり、パンディット探検家たちが丸太流したことなどによってやっとこの二つの河が一本であることが証明された。

 しかるに、このクキッと曲がった屈曲部が秘境であることには変わりなく、そのため、チベット人にはここにはチャクラサンヴァラ・タントラの聖地があるとか、仏教が危殆に瀕した時、仏教徒を匿ってくれる異空間があるとか、様々に噂されてきた。1959年にダライラマの後をおって大量の難民がヒマラヤを超えた時も、とりあえずこの地域に逃げ込む人はたくさんいたが、結局みなブータンに抜けた(笑)。

西洋の探検隊もずいぶんアプローチを重ねており、ある時期からここには段差の大きな美しい「虹の滝」があるという噂がたち、Aくんをはじめとする探検家たちはこの地にあこがれてきたのであった。

しばらくして、彼は帰国し、「無事ホクドルンまでトレースしました。僕はここがパドマサンバヴァが封印したペマコではないかと思います。先生のお話を伺いたいです」とやってきた。

そんなこと言われても、そこが聖地ペマコであるか何かなどは、ニンマの行者ならぬ身。何を応えることができようか。「修行してみてはかどったらたぶん、そこ」としか言いようがない。

というわけで、彼はあのとき某新聞社に内定がでていたが、今はイェティを探しか。

それもまた人~生~。
あ~あ~、ツァンポ河の流れのよーにー♪
(美空ひばりの「川の流れのように」の節で)


このぶろぐでも紹介したお笑いミャンマー紀行『ミャンマーの柳生一族』の著者高野秀行さんは、たしか探検部だから、彼の先輩にあたる。高野さんの処女作が
『幻獣ムベンベを追え』
だったから、きっと幻獣さがしは、早大探検部の伝統なんだろう(笑)。

20世紀初頭まで、探検家は英雄であった。帝国主義の時代、列強の勢力の及んでいない未開の地の地理的・人文的情報を得ることは、いずれそこを自国領にするための準備段階とみなされたため、国益にかなう探検隊には朝野を挙げての後援がなされていたのだ。
しかし、帝国主義の時代が終わった今、その上人間が増えすぎて世界が小さくなってしまった今、探検家はもはや英雄の職業ではなくなり、自分探しの旅人なみに怪しい存在。

そもそも、未知の領域なんてもう宇宙と地下と無意識と異次元くらいにしか残っていない。
幻獣はまさにこの四つのうち最後の二つの領域に属するもの。
たぶん実体としては永遠に捕捉はできないだろう。


謎は謎のままの方がいい。
[ TB*0 | CO*10 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ペマコ
やまだ | URL | 2008/10/23(木) 14:42 [EDIT]
大変面白い内容でした。
ちょっと興味を持ってしまいまして、調べてみましたら
ヤル・ツァンポ渓谷をカヌーするというサイトを見つけました。
http://www.canoevillageworld.org/01%20the%20river.htm

さらに下記の「グレート ベンド(大屈曲部)」をクリックすると写真が出てきました。
http://www.canoevillageworld.org/01%20the%20river_09.htm

思わず見つけてしまったので・・・


ゆず | URL | 2008/10/23(木) 21:53 [EDIT]
人間って不思議な生き物ですね。ネッシーも雪男もいないって皆思ってるのに、いるって信じてしまう(笑)。あまり深く調査しない方がいいと思います。ネス湖を徹底的に調査してもなにも見つからない、ビッグフットも結局着ぐるみでしょ。謎は謎のままが一番いいんですよ♪。

宰相 | URL | 2008/10/23(木) 21:56 [EDIT]
朝日新聞といえば、あの川口浩(藤岡弘)探検隊シリーズのテレ朝を牛耳る会社ですね。次の隊長の行先はヒマラヤかしら。

マーハー | URL | 2008/10/24(金) 00:36 [EDIT]
>謎は謎のままの方がいい。

最後のこのことば、素敵です。
天才的な数学者の中には、神秘を感じる数学的問題を解かないで
その神秘を保ち続けたいとするひともいると本で読んだことがあります。
無明から離れた人ほど、謎のもつ神秘を敬うのかもしれませんね。
● 謎があるから探究心が続く
モモ@大東 | URL | 2008/10/24(金) 19:57 [EDIT]
イェティ騒ぎはなんとなく笑けてしまいますけど
謎があるからそれを解こうというロマンが生まれる。
物理学しかり化学しかり、宇宙海洋、世界は広い。

yaspp | URL | 2008/10/25(土) 12:59 [EDIT]
ダライラマ法王の来日講演が両国国技館で11月6日に行われるそうです。
チケットまだあまっているそうですよ!

http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0844067
● あ!!
FUNA | URL | 2008/10/25(土) 19:55 [EDIT]
その方々、うちの後輩が
今日取材してましたよ。。。。
某A君とやら
朝日新聞おやめになって
探してらっしゃるみたいですね。

後輩?になるんですかね????

しらゆき | URL | 2008/10/27(月) 15:19 [EDIT]
>やまださん
よく情報がまとまっているサイトですね。面白い。ちなみに、これによると日本人カヌーでツァンポくだりそこなって死んでますね。

>ゆずさん
きぐるみというか、ローカルな人が毛皮着て歩いているだけだったりして。

>宰相くん
あの、「人類がはじめてふみこんだ~」というアオリをいいながら、探検隊を正面からうつす、ネタのような川口探検隊は朝日だったんですか。それはまたいがかわしい。

>マーハーさん
謎があるうちは人間は謙虚でいられますよね。「俺何もかもわかってる」なんていう人に限って大体ロクな人はいない(除仏様)。

>モモさん
たしかに「海底」も謎の一つですね。たしとかないと。

>yaspp |さん
東京講演は宣伝期間が短かったから、たしかにみんな知らないのかも。

>FUnaさん
狭いですなあ、世間は。ふなさんもご存じでしたか。Aくん。早稲田の先輩とか後輩とかいいだしたら、毎学年ウン万人ですからねえ。
● 元朝日記者A君その後
チョモ | URL | 2008/11/07(金) 09:51 [EDIT]
A君は帰国する雪男探検隊をカトマンズで見送り、
再度、単独でダウラギリ山に戻っていったそうです。
一人で雪男を探すつもりなのでしょう。


しらゆき | URL | 2008/11/07(金) 10:26 [EDIT]
>チョモさん
続報ありがとうございます。
Aくんの前途に幸おおからんことを祈ります。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ