白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/10/27(月)   CATEGORY: 未分類
失われた平和
ダライラマ法王東京講演
*期日 2008年11月6日14::00 いよいよ来週
*場所 国技館
*お問い合せ先 ここクリック!


会期末は混むと思ったので、土曜日にミッシングピース(失われた平和)展を見に行く。

 この展覧会はアメリカのダライラマ・ファンデーション(Dalai Lama Foundation)とチベット百人委員会(Tibet 100 committee)が、60人(アメリカでは80人の)アーティストに呼びかけてチベットや平和をテーマに作品をつくってもらったもの。

 ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコときて、今年東京にきた。

 この企画がはじまった時、もちろんダライラマ法王に報告があがった。

 すると、「なぜ私なのか。ガンディーやマザー・テレサにしたらどうか」とのご下問があったそうで、それに対して主催者は「今を生きている平和運動家とアーティストがともに歩む意味がある」
 と説得したのだそう。

 すると猊下、「自分ではなく、自分のとく『平和』をテーマにしなさい」とさすがな応答。

 どこぞの国の独裁者が国中のロータリーに自分の銅像をどかどかたてて自画自賛してるのとはおおちがい。

 だから、この展覧会はいわば政治的なプロパガンダとも個人崇拝とも無縁である。

 「ダライラマの名の下に本当に才能ある現代芸術家があつまって平和を表現する場」とでもいうべきか。

 わたしは博物館にはよく行くのだけど、美術館ってちょっと苦手で、敷居をたかく感じていたが、この展覧会は面白かった。


 第一会場にはリチャード・ギアのとった東チベットの行者の写真とか、チベットの非暴力の闘争をチベットの画家テンジン・リクドゥルが書いた、ゲルニカみたいな絵とかが置いてある。どれもオタクにはたまりません。
 で、最後の部屋の真ん中には、坂本龍一がダライラマ法王にあった時の感動を音で形にしたものが置いてある。音で形をつくるって、どうゆう意味かというと、そこにおかれている細かい砂が音の振動で動いて常時違うかたちを描き出しているのだ。 人為を排したワンダホーな作品である。
 
 第二会場なんて、16個のiPodが円形に並んで、120人のスピーカーが「無常」を語るのを放送していたりする。 一人一人の声はよくきこえず、全体としては喧噪だが、無常について語る音声も無常なことを表現しているのだろう。

 第三会場では120人のチベットのお坊さんの顔がびっしりならんで、全部一人一人が別の映像で一人一人別のことばをしゃべっていたりする。いろんな人がいっぺんしゃべる言葉は滝のような音と映像。
 
 とにかくクールなのである。!

  ちなみに、会場が三つに分かれているのは、開催にあたって公共の美術館がびびってどこもひきうけてくれなくて民間のホールを借りたからだという。

 最後にわたくしのイチオシの作品。なんといっても私の心をとらえたのはダライラマ猊下の靴にオーラをあしらったシルヴィ・フルーリの作品であった。

 むろん、作者は「ダライラマ法王の人格の輝き」をはきものの後光という形で表そうとしたのだが、それに対するダライラマのコメントが神。

 「この靴は何度も底を張り替えたので、そこにあるオーラは靴職人のものでしょう

 どはははは。

 このミッシングピースの帰りに、フィールチベットの会場にたちよる。チベット書籍・物品を扱うカワチェンのケルサン氏がプロデュースしている展示会。

 今週金曜日、チベット学会で上京する小野田先生を捕まえて、ダムニェンとゆかさんの歌のコラボが行われるそうです。まだ場所が決まっていないそうなので、ギリギリになったらこのページを確認しよう(笑)!
[ TB*1 | CO*7 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

マーハー | URL | 2008/10/27(月) 21:12 [EDIT]
>この靴は何度も底を張り替えたので、そこにあるオーラは靴職人のものでしょう

おっしゃるとおり!おもわず笑ってしまいました。
猊下は、まこと虚栄がなく清々しいお方です(笑)

mimaco | URL | 2008/10/28(火) 08:37 [EDIT]
靴オーラとそれに対する猊下のコメント、傑作でした。と言うより、そうした返答を、すっとなされることこそ、まさに"クール"!
坂本龍一氏の作品の横に「猊下に会うためにラダックへ行った」という一文がありましたが、私が訪れたとき現地の人に「横柄で嫌な感じだった」と言われました。全く別の旅行先でも同じような話をされたことがあったので、ちょっとマイナスイメージを持ってしまっていたのですが…。
ミッシングピース展で観た氏の作品は、全ての作品の中で一番感銘を受けたものでした。改めて、自分が勝手に抱くイメージ、レッテル貼りは意味がなく、そこに真実の姿はないことを考えました。
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2008/10/29(水) 17:42 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

モモ@大東 | URL | 2008/10/31(金) 13:19 [EDIT]
そういった本当の意味での文化的開催を催すべきなのに
今大阪の教育現場は私学助成金カットに精一杯。
橋下知事、そういうところが甘いです。

ゆず | URL | 2008/10/31(金) 22:17 [EDIT]
さっきYahooニュースを見ていたらダライ・ラマが成田空港に到着されたらしいです。それにしても、日本のメディアはほとんど取り上げようとしませんね。何故でしょうか。そういえば、今対馬の土地がどんどん韓国の不動産に買い上げられ、ハングルの文字が溢れ、韓国人観光客が増えても地元にはほとんど利益がないそうです。これは中国がチベット自治区に行なってる漢化政策と似てませんか。このままだと冗談抜きで対馬が危ないです。北方領土と竹島占領されてるのにこの国の国民も政府もほとんど無視。チベットの事は決して対岸の火事ではないです。改めて思います。

しらゆき | URL | 2008/11/01(土) 18:39 [EDIT]
>マーハーさん
そうなんですよねー。飾らないお人柄だから、かえってファンが増えるんですよねー。


>minacoさん
たぶん両方とも彼の一面なのかも。でもある人のいい面を見つけて見直せるのっていいですよね。

>ぽぽんたくん
ありがとう。早稲田祭でクンドゥンをおいとくので、パソコンでよければ見られるよ。

>モモさん
文教予算はきっちゃあかんですよね。道路とか橋とかハコモノからきればいいのに。


>ゆずさん
猊下来日されましたねー。何かニホンの空気が少しよくなったような気がします。韓国の方は銀座の土地とかも買いたがっているそうですよ。わたしはよほど日本が好きなんだなあ、と思うことにしています。

チベット人解放運動家 | URL | 2008/11/05(水) 21:18 [EDIT]
いよいよ明日ダライ・ラマ様が講演する。各種報道によるとシナとの対話にはもう期待しないという。俺はこの発言が来るのを今か今かと待っていた。そうだ、チベット人が本当に幸せになるには、これまでみたいに平和的に交渉してもなんにもならないということをついに認めたのだ。日本の皆さんもこのことをしっかり自覚し、非戦などという無抵抗主義は今すぐやめて、クソ日教組解体と憲法改正の戦いに励んでいただきたい。

TRACK BACK
TB*URL
● 白雪姫と七人の小坊主達 失われた平和
時事~仏教2.0的ニュースコラム 2008/10/30(木) 23:23
 早稲田大学の石濱裕美子先生がブログで先日ご紹介した「ミッシング・ピース東京展」...  [続きを読む]
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ