白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/01/30(金)   CATEGORY: 未分類
ガワン先生遷化(哀悼)
 出先のダンナから陰気な声で電話がかかってきた。「今授業中だから話せないけど、ボクのメールを確認して」という。

 何だか分からないままメールを確認すると、大阪の平岡先生より30日未明、ガンワン先生が遷化したとの旨を伝えるメールが届いていた。
ngawang.jpg

 このブログで何度も伝えているようにガワン先生はここ数年末期ガンで、余命幾ばくもない状態であった。来るべき者が来たといえばそれまでだが、大学僧の死はやはり重い。

 去年十一月、大阪の平岡先生(インドに再建されたギュメ僧院の大施主)は、このままでは二~三ヶ月の命だが、ガワン先生の免疫治療に対する反応がいいため、万が一の可能性にかけて日本においてさらに治療を続行するようにと懇願した。しかし、ガワン先生はインドに留まる意志を示され、結果、治療をどこで行うかの判断をダライラマ法王に仰いだ。


 すると、法王のご判断は「インドに留まりなさい」であった。
 
 それでガワン先生は最後の時をインドの再建ガンデン寺で過ごすこととなった。
 ガワン先生のお弟子さんのリンポチェが何度も電話をかけて、施主の平岡先生に状況を伝え、また、日本の主治医の判断を仰いていたのだが、昨夜、先生は吐き気を催され、主治医の判断で吐き気を抑える点滴をしたところ、ここのところあまり食事をきこしめしていらっしゃらなかったのに、トゥクパ(チベットうどん)を結構召し上がって、周りが喜んだところ、お手洗いに行きたい、とのことで、お弟子さんたちが両脇を抱えてお手洗いにおつれしたところ、帰ってきた時にはもう口がきけなくなり、眠るようにお亡くなりになられたとのこと。
 
 主治医の所見では吐き気が始まった時点で、これから死の苦しみが始まるだろう、とのことだったが、そういうわけでほとんど苦しむことがなかったとのこと。


 平岡先生は「最後にね、ご飯を食べていかはってくださったことが嬉しいんですわ」。
 先生、ここのところガワン先生の末期にむけて気を張っていらしたので、突然の訃報にかなりショックをうけていらして、ハラハラする。
 私も母がなくなった時、それ今まで24時間心配していたものが、母がなくなって急に心配する必要がなくなると、何をしていいか分からなかったっけ。

 今、ガワン先生は「死の瞑想」(トゥクダム)の状態に入っておられるとのことで、これが何日続くかはまだ分からないとのこと。ガンデンのお坊さんたちは、これからどのような形で葬儀をするのか徹夜で話し合われたそうで、きっと伝統にのっとって厳かにパルド(中有)の法要を行い、日を選んで荼毘に付されるのだろう。

 チベットのゲルク派の僧院では幼児期に出家し、読み書きを覚えるとすぐに論理学を始め、すぐにディベートの達人となる。そのあと般若、唯識、中観と哲学をきわめ、多くのテクストを暗記し、その解釈を身につけ、最強の哲学者となる。

 その中でも頂点をきわめたガワン先生であるから、彼と共にどれほどの知的遺産が空中に蒸発してしまったかとおもうと、ウォール街に消えたアブク銭なんかより、もっともっともったいない話である。チベット人の人生は上から下まで激動だが、ガワン先生のような静かに学僧の人生を送った方といえどもそれは変わりない。

 亡命をしたことにより、多くの人と接することができて、より多くの人に仏の教えを伝えられたという意味では良い点もあったであろうが、彼らが受けてきた教育システムは、他のどの国で再現しようとしても難しい。

 外国人がチベット仏教の哲学をフルセットで理解するのはやはり限界があるのである。人類の知的遺産として残すべきチベットの精神文明が、国を失って徐々に廃れていくことは、先生のもっとも懸念されていたことであった。

 彼らが仏教を他者に伝えようとするのは、自分のためではない。仏の教えが人類を幸福にできるテクニックを持っているからである。ダライラマが過酷な体験をしても、朗らかに笑っているのは仏の教えを体得しているからである。
 この教えが廃れる時は人類がみな總ウツ状態になる時。

 人類をウツから救うのなら、外人のできることは、チベットの僧院を支援することだろう。
 そこは、未来のガワン先生たちが学んでいる場なのだから。

 
[ TB*0 | CO*8 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

PENBA YAKDU | URL | 2009/01/31(土) 00:23 [EDIT]
ガンワン先生が余命いくばくもないお体であることは、
峯寺さんから聞いていました。
私はついにお会いすることができないまま、ガンワン先生は中有へ向かわれたのですね。
ガンワン先生と平岡先生が解説されるヤンチェンガロ『チベット死者の書』を少しづつまた読み始めたところでした。
この本の中ではパンチェンラマ1世の解釈の引用が何度かありました。2日前の28日はパンチェンラマ10世の命日とのことで、丁度読んでいるところでしたので印象に残りました。
それで今度はガンワン先生の遷化の報を聞くことになりました。
私はお会いすることはできず、私がまだまだその段階にはとても至ってなかったのでしょうが、大きな転機をいただいたのではないかと思います。
ガンワン先生が輪廻で再生なされたら、今度は教えをいただくチャンスがあるかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。合掌。



mimaco | URL | 2009/01/31(土) 01:47 [EDIT]
謹んで合掌致します。
大学僧であれば、必ずやまた転生し仏の道を歩まれることでしょうけれど、輝く宝石のように尊い存在が目の前から消えてしまわれ、周囲の方々の悲しみと落胆、お察し申し上げます。
この記事に掲げられているお写真を拝し、その柔和な笑顔にとても心打たれました。以前の仕事で、がんを患いその恐怖と苦痛、孤独さから精神を病んでしまった方を幾人か見ました。仏の教えを体得すると、こんなにも穏やかで慈愛に満ちた笑顔が自然に、そして軽やかにこぼれるものなのですね…。
日本は勿論のこと世界中に、真の仏の教えが広がることを願ってやみません。

コンク | URL | 2009/02/01(日) 01:22 [EDIT]
お悔やみを申し上げます。

猫と一緒にするなと怒られるかもしれませんが、
我が家の先代猫も、自力で動けなくなる直前に
歩けなかったのに、むっくと立ち上がりご飯をモリモリと食べ、
その後最後を迎えました。
もしかしたら死との戦いに備えて最後の栄養を取ったのかな
などと思ったのを思い出します。

仏教では死は苦しいものでは無く、次に繋がる出来事なのでしょうか?
だとしたらご本人にはお会いできなかったけれど
いつか巡り巡ってすれ違えるかもしれません。

亡くなったことはとても悲しいですが、最後の苦しい時が短かったことをありがたいと思うことにします。
● お礼
KOICHI | URL | 2009/02/01(日) 16:02 [EDIT]
石濱先生、何度も激励のメールやお電話を頂戴し、大変勇気付けられました。心より深謝いたします。
ガンワン先生は今朝9時半に瞑想を解いて出発されたとお弟子さんより連絡がありました。少し早いなと感じましたが、せっかちなガンワン先生らしい旅立ちだとも思います。
石濱先生、福田先生を初め、灌頂を受けて頂いた方々や、医療面で御支援を頂戴した方々、生前は大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。本当に有難うございました。
残された弟子の私たちが先生の志を継いで行かなくてはと思っています。
私は4日より法要に参加させて頂くためガンデンに参る予定です。

しらゆき | URL | 2009/02/01(日) 17:50 [EDIT]
>penba yakduさん
志のあるところ縁は必ずつながっていきます。いつかいやというほどお顔を会わせる日が来ますよ(笑)。

>minacoさん
そうなんですよ。三年くらい前に、「もうあと五ヶ月」と告知された時も、ひょうひょうとしていらして、さすがであると思いました。死に対する覚悟が普段からできている文化というのは本当にすごいです。

>コンクさん
いえいえ大事にされていた猫ちゃんでしょうから、なくなる直前まで精一杯のお世話をされたことと思います。我が家も長年一緒にくらした茶トラの猫を数年前失くしましたが、臨終間際たちあがって人間に助けを求めて、とても苦しそうだったので、コンクさんの猫ちゃんはとても幸せだったのだと思います。

>koichi先生
道中ご無事でいらしてください。

カルマ♪♪ | URL | 2009/02/03(火) 11:03 [EDIT]
良運も悪運も、カルマ次第。だね。
(ぼくの、リンポチェ師匠の口癖だったので、果たして未来までは、どうかなぁ。僕の生き方次第でしょうねぇ。)

風が、誰かを、チベットへ運んだと、告げてきたから、このことだったんだなぁと、今頃、いまさらながらに、思う。
吉兆の兆しも、印も空にあったから、ガワン先生は、故郷のチベットの何処かに居られるはずですよ。
チェンレシーのご加護が、有りますように、心よりお祈り申し上げます。
● 安らかに行かれた事を救いに思います。
モモ@大東 | URL | 2009/02/03(火) 18:40 [EDIT]
素晴らしい方だったので、残された者としては
非常に惜しく、また悲しく思われますが、
静かに死を迎え入れられたことと思われます。
謹んで合掌いたします。

シラユキ | URL | 2009/02/06(金) 01:16 [EDIT]
>カルマさん
本当に、チェンレシーの加護があることを祈ります。

>モモさん
ありがとうございます。本当に静かな苦しまない最後だったようです。チベットの密教者ってだいたい突然お亡くなりになるんですよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ