白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/06/09(火)   CATEGORY: 未分類
還俗の悲哀
みなさん、誕生日メールありがとうございました。

 みなさまの清い心により私のドス黒い心もいささかなりと浄化されたような気がします(え? 気のせい?)。じつはチベットの暦で今月はサカダワ月といい、仏さまがお生まれになり、覚りを開き、なくなられた月。一年で一番チベット人の巡礼熱がもりあがる月で、とくに満月の日にした善業はすごくキクそうなので、その日は心穏やかに、まじめに勉強しました。

 ところで、六月三日の人民網に気になるニュースが流れました。あの『チベット 奇跡の転生』(ヴィッキー・マッケンジー)の主人公であるウーセル君(スペイン人)がチベット僧の転生者としての生活を捨てる、とフランスのル・モンド紙に語ったとのこと。

 このウーセル君は大乗仏教保護財団の設立者であるチベット僧トゥプテン・イェシェー師の生まれ変わりとして育てられてきた。難民キャンプに暮らしていたトゥプテン師のテントに、ロマノフ王朝の末裔であるジーナ・ラチェフスキーが訪れて教えをこうたことからはじまる、チベット仏教の西洋伝播の歴史はあまりにも有名である。
 
 トゥプテン・イェーシェー師がなくなった後、西洋人の弟子たちは師の再臨をのぞみ、弟子のスペイン人夫婦の間に生まれた男児が、その転生者と認めらた。

 この男児はウーセルというチベット名がつけられ、インドのチベットの僧院で生活していた。しかし、ここ数年大乗仏教保護財団のホームページには「ウーセル君の近況は本人の希望よりのせられません」みたいな内容が記されていたので、たぶんウーセル君、チベット僧の転生者としていきるのが辛くなってきたんだろうーなー、と思っていたら、案の定これである。

 大会社の跡取りの座を嫌って出奔した御曹司状態やな。

 なぜ中国が喜んでこのニュースを流すのかというと、中国政府は子供の出家とか、子供を転生僧の生まれ変わりとして認定することは、子供の人権を踏みにじることだ、と主張しているため、その主張を裏付けるものとしてこの件を利用するため(さもしい、つか中国が人権を語るのって 笑)。

 わたしはその社会の構成員が必要と思って生み出した制度は、命にかかわるような、あるいは人の良心をまげるような非人道的なものでない限り、その社会の外にいる人間が批判するべきではないと思う。

 そもそも我々の社会にだって、大会社の社長の長男に生まれてその跡を継がねばならない人とか、職人の家に生まれて小さい頃から、親に学歴なんかいらんからわたしの後をつげと言われ続ける子やら、同じジレンマを抱えている人はいる。

 周りが期待するような者になる努力をするか、それをふりきって保証のない未来に突き進むか、どの社会にもこういう立場の人はいるもので人権問題とまではいえまい。

 今の世の中は、何でも選べますから、ウーセル君もこれから自分の好きなように人生を歩んでいくことでしょう。それが幸せなものになるかどうかは本人の能力と意思と選択次第ですが。そいえば前世のトゥプテン・イェーシェー師も初期のお坊さん難民としてはめずらしく、外の世界に対する好奇心が旺盛で、さまざまな形式を無視していった人だった。だから、ウーセル君がこういう顛末になってもまああの前世ならありうるか、と前世からつきあいのある人は思っているのではないか。

 ウーセル君はスペイン人だからまあありうる話だけど、チベット人のお坊さんでも成年に達して好きな女性ができると、結婚するために還俗するなんてことはままある。しかし、チベット仏教では一度還俗した人はもう一度僧院に戻ろうとしても戻ることはできない。残りの人生はずっと俗人として過ごすこととなる。

 貧しいとはいえ三度のごはんが保証され、社会的にも安定した身分である僧院生活とは異なり、外の世界は厳しい。食べていくためには何でもやらなければならない。時には「ああ、あのままお坊さんをやっていたら今はどうだっただろう」「静かに瞑想したり勉強したりしたい」みたいな考えもアタマをよぎるかもしれない(とくに老後)。

 そう、自由は必ずしも人を幸せにしない。欲望を充足させること、怒りを野に放つことは一時の感覚的な幸せを運んできても、永続する幸せを保証しない。俗世の幸せの耐久時間は本当に一瞬。
 
 何にせよ、仏教は古来チベットの基幹産業なのだから、そこそこ優秀なアタマをもっているなら、還俗しない方がやりがいのある人生を過ごすことができよう。若い頃は勉強して修業して、中年になって名前があがったら、弟子を育て、世界中の施主に法を説く。ダライ・ラマ法王も十五で即位し、二十四で国を失いド修羅場の中で見事に成長していった。

 転生のあるなしは置いといて、これも人格者を作り上げる一つの文化と言えよう。

 若いうちには遠い覚りの境地よりも、手のとどく幸せが輝いて見えるかも知れない。しかし、そこで簡単に後者を選ぶと、前者は手に入らない。含蓄がありますな。

 ウーセル君が自由の代価につぶされないことを祈る。
[ TB*0 | CO*12 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 遅くなりましたが
ジャム | URL | 2009/06/10(水) 00:48 [EDIT]
お誕生日おめでとうございました。

こちらのブログで『チベット 奇跡の転生』を知って拝読し、その後の情報がほとんどなかったので気になってました。

ウーセル君の気持ちはわからないでもないですが、俗人としては、惜しい、とも思ってしまいます。
まわりから放っておいてもらえるのかしら…。

ゆず | URL | 2009/06/10(水) 02:15 [EDIT]
私もその記事見ました。 活仏と認定され、幼い時から僧院で生活しているから、不幸だとは思えません。チベット人にとっては当たり前の事で、日本人が考える僧侶のイメージとはかなり差があると思います。 チベットは男性に比べ女性が少ないので、一妻多夫制度も珍しくない。耕作面積も少ないので、長男以外はみな出家する。活仏制度も、僧侶の世襲を禁止する為との意味もあると聞いた事があります。 チベットの風土、文化に適した制度だからこそ何百年も続いてきたと思います。活仏制度があるからといって中国人には、害は無い。 そもそも、封建的な制度を否定している共産党が、パンチェン・ラマを勝手に選んでいるのはおかしい話です。 こんな些細な事に目をつけて、大喜びで批判する。あらゆる手段を使って、チベット統治を正当化する事に必死ですね。

manuel | URL | 2009/06/10(水) 10:16 [EDIT]
俗人に戻ったとしても僧の時と変わらないもの。それは人生は修行の場であるということ。開放的な反面、煩悩との戦いが待ってます。
ウーセル君がそれを乗り越え周囲から多いに愛される良い大人になってくれるといいですね(なんか余計なお世話かも・笑)
ともかくウーセル君に幸あれ。 合掌
● お誕生日おめでとうございました。
小雪 | URL | 2009/06/10(水) 11:45 [EDIT]
パソコンを修理に出している間に、イシハマさんののお誕生日がすぎていたのですね。
遅れましたが、あらためて、お誕生日おめでとうございます。(^▽^)/

くろぼん | URL | 2009/06/10(水) 13:40 [EDIT]
昨今は、「人権」が政治利用されますので、困ったものですね。
人権の大安売りです。

「命にかかわるような、あるいは人の良心をまげるような非人道的なものでない限り」というのは、まさしくその通りですね。
その基準であれば、混乱しないで済みますし、そのぶん、有益だと思います。

僧侶の会でも、例の質問者は「子供の人権」云々と発言していましたね。
中国政府の同様の発言は問題のすり替えで、確信犯でしょうが、日本人でも、それを鵜呑みにする人がいるとしたら驚きです。
人間は事実ではなくて自分が信じたいものを信じると、有名な哲学者が言ったそうですけど、そういうこともあるのですね。

僧侶の会、夫同伴でしたので、ご挨拶がままならぬ失礼しました。絶妙なトークで、普段は宗教に批判的な夫も、面白かったと大喜びでした。

お誕生日、おめでとうございます。
おからだを大事に、益々のご活躍を!
(小柄で、細見で、お美しくて、びっくりしました。)

りんか | URL | 2009/06/10(水) 21:42 [EDIT]
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございました。
先生にとって新たな良い一年となりますように。

ウーセル君(といってもいい年ですが)のこの記事には複雑な気持ちにもなりました。
でも、普通の人ですら「三つ子の魂…」と言うわけですから、いいものが根付いていることは間違いないですよね。

還俗したら、もう転生はされないのですよね(すみません、知らなくて)

>子供の人権

彼は拉致されたわけでもないし、
行方不明でもないし、
もと居た場所に帰れないわけでもないし。

……と、別の子供の人権のことを考えてしまいますね。

コンク | URL | 2009/06/11(木) 00:49 [EDIT]
遅ればせながら
お誕生日おめでとうございます。

自由の代価・・・重い響きです。

なんの苦労もなく自由を手にしていると
申し訳ない気持ちになりますが
その自由を大切にしないと駄目ですね・・・。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2009/06/11(木) 12:18 [EDIT]
この少年は、だからこそ、悩んじゃったのではないでしょうか。
自分の人生の一部が、転生者として、固定されてしまい、普通の生活とのギャップや、心無い一部の方々からの指摘。
(お前なんか、○○○じゃない)とか、陰で言うものはいくらでもいますし、何よりも、修行の厳しさから、止めたいと言い出すのは、当然ですよ。
(ぼくの、記憶違いでなければ。)
歴代、ドルジェ・パグモ女史の何人かは、15歳にならないうちに、挫折しておられます。
20までに2千とも8千とも言われる経典に精通してないと、正式認定者には、なれませんから。
(現実は、甘くない。)
しかし、それみたことかと、人権問題に摩り替えてのパッシングは、尚、よろしくない。
ただの、嫌がらせだ。

(遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。)

モモ@八尾 | URL | 2009/06/12(金) 13:35 [EDIT]
>自由は必ずしも人を幸せにしない。欲望を充足させること、怒りを野に放つことは一時の感覚的な幸せを運んできても、永続する幸せを保証しない。俗世の幸せの耐久時間は本当に一瞬。
すごくよくわかります。目先の自由な遊び時間を使っても
結局身につかないことが多いですよね。
先生の御本もう一度読み返してみたいと思います。

イシハマ | URL | 2009/06/13(土) 23:33 [EDIT]
>ジャムさん
ありがとうございます。ここ数年フェードアウトをねらってか情報をだしてなかったので、黙っていれば分からないのではないでしょうか。

>ゆずさん
ちなみに、「活仏」とは中国のメディアがつくった言葉で、チベットごにはありません。仏は転生しないから、矛盾する表現になるのです。転生僧、化身僧、あるいはトゥルクというのがベター。

>かるまさん
いや、レコチャイがこの一報を流しているのをみたときには、本当にイヤガラセをうれしそうにやるなー、とあきれました。

>manuelさん
そうですね。みんなにすかれるいい大人になってほしいです。

>小雪さん
ありがとうございます。オカメちゃんたちによろしくお伝えください。

>くろぼんさん
ありがとうございます。自国民から思考や言論の自由を奪っておきながら、中国が人権を語るのって、何かものすごく片腹痛いですよね。

>りんかさん
ありがとうございます。チベット仏教の考え方では、転生は覚りを開かない限り続きます。たとえばウーセル君が今度転生しても、その生まれ変わりを探さなくなるということです。ただ、ダライラマクラスになると、ほっといてくれず、ダライラマ六世も還俗してますが、七世がさがされています。

>コンクさん
ありがとうございます。「何者でもない」状態から何かになっていくというのは、自由である同時にしんどいことでもありますよね。

>モモさん
ダライラマ法王は、普通のイミでの幸せをよく「気晴らし」といってます。『ダライ・ラマ 幸福論』なんかよくまとまってますよ。
● FPMTのおふれ
tacotome | URL | 2009/06/16(火) 01:05 [EDIT]
FPMT東京センターです。

オセル君(もう、ラマ・オセルと呼ばないで、とのこと)のニュースが中国のネットにも配信されていたのですね。
この件に関しては、FPMT本部からもセンター向けにおふれが出ていて、センセーショナルなマスコミ報道に惑わされないように、オセル本人のコメントがFPMTのサイトにあるからそれを参考にするように、とここと。

As his comments have been taken out of context, Osel has issued a letter in response to the press. This can be viewed on the Osel page of the FPMT website at http://www.fpmt.org/teachers/osel/.

彼は2003年からスペインの寄宿学校に入学していたようです。
先代のラマ・イェシェも西洋好きでしたから、さもありなん、というところでしょうか。

ハマーン | URL | 2009/06/18(木) 23:46 [EDIT]
遅ればせながらお誕生おめでとうございます!

>そう、自由は必ずしも人を幸せにしない。欲望を充足させること、怒りを野に放つことは一時の感覚的な幸せを運んできても、永続する幸せを保証しない。俗世の幸せの耐久時間は本当に一瞬。

選択肢がありすぎると、かえって苦になるかもしれませんね。
そういう意味ではいまの学生は大変かなと思います。
たしかに日常の幸せはすぐに去り、
あっという間に苦になりますね(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ