白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/06/22(月)   CATEGORY: 未分類
DVふたたび
日曜午前零時頃、ネットのニュースに「テヘランのデモ隊が武力制圧され少なくとも十一人が射殺された」という一報が流れた。

 昨日からイラン政府は外国マスコミの取材を禁じ、なにかヤラカシそうな感じ満載だったが、ついに、市民に発砲したのである。

 坊さんのデモに発砲したビルマもチベット人に発砲した中国も、今回のイランも、非武装のデモ隊に発砲した時点で、何と言い訳しようとも彼らは人類共通の敵。

 それにしてもテレ朝のサンデープロジェクトはテキトーなことをいっていた。

 曰く「石油の富を貧困層にばらまいたアフマディネジャドが選挙に勝ったのは当然である」(これは暗に選挙結果を受け入れない勢力を非難しているね)。
「ムサビも首相までつとめた体制派なので、最高指導者のデモ禁止令をやぶってまで行うデモには引くだろう」
 「アメリカ大統領のオバマさんは対話路線を打ち出しているから、アフマドを非難するなど強いことはいえまい。それに、強硬派におさえのきくアフマディネジャド氏と話し合った方が実質的な対話ができる」みたいな、解説をしてた。

でも、今流れているニュースによると、ムサビさんは殉教覚悟でデモを支持するといっているし、オバマ氏もイラン政府を非難した。サンプロの予測、一日もたたないうちに全部外れてるやんけ。

 サンプロが予測を思い切りはずした背景には「アフマディネジャドはすくなくとも貧困層に支持されてるんだし、いいじゃん」みたいな予断があったからと思われる。

 しかし、これこそまさに日本人の識者の多くが囚われている宿痾である。

 それは、食い詰まった貧民の暴力には「造反有理」と暖かい視線を送るが、都市民や知識人の自由を求める非暴力闘争には「欧米カブレ」と冷たい反応をとるという宿痾が。

 両者ともに命を捨てて政府に対して蜂起したという事情にはかわりないのに、後者にのみ冷たい態度をとるのはまったく非論理的。ましてや後者の場合については政府は非暴力デモに発砲しているわけだから、より弾圧側の責任が問われるというのに。

 日本では麻生太郎をアホ呼ばわりしようが、自民党を批判しようが、だれも逮捕されることはない。デモに参加しても終われば家にかえってあったかいゴハンが食べられる。

 でも、言論の自由のない国家では、デモにでることは、監獄にぶちこまれること、サイアクの場合死ぬことを意味する。ましてや宗教国家イランにおいて、その最高指導者が「デモをやめろ」といった中でおきた事件である。この状況下で街頭にでた人たちは、悲しいことだがある種の覚悟を決めており、彼らは自分の命とひきかえにしても自由を叫びたかったのである。

 彼らはバラマキ金ほしさにアフマディネジャドに投票した人たちとはまったく異なるレベルの人たちなのである。

 文化や伝統を尊重しながら、国際社会と対話するような穏健な政府がイランにもし生まれることがあるとするなら、それはバラマキ金をあてにするような人々の中からではなく、今テヘランの路上で血を流している人々、その報に接して胸を痛めている人々の中からこそ生まれてくるものであろう。

 非武装の市民や知識人に発砲する政府には、もはや何の正当性もない。フランス、アメリカ、イギリスはみな政府に自重を求めた。日本もいい加減、人権とか欧米とかアホなレッテルはって判断停止するのはやめて、現イラン政府をきちんと批判したれ。

 で、余談ですが、

 6月22日の朝日朝刊の「ひと」コーナーにこの前長野でチベット・スピリチュアル・フェスティバルを主催し、かつチベット仏教の研究者である、長野西方寺の金子英一住職がとりあげられました。

 ほめてのばそう『朝日新聞』
[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ゆず | URL | 2009/06/22(月) 18:21 [EDIT]
確かにイランはヨーロッパから見れば、封建的で遅れている国かも知れません。イスラム体制も時代に応じて変わらないといけない。 でも、そもそも革命が起きる前の、イランは欧米のいいなりだった。パーレビ王朝の時は都合良く利用していたのに、体制が変わると今度はフセインを使って、戦争まで起こした。 イランの周りの国はみな親米です。アフガンやイラクはアメリカの傀儡同然だし、パキスタンは核兵器を持っています。 アフマディネジャド氏が支持されるのは、良くも悪くも欧米に毅然とした態度をとってるというのも、大きいと思います。 確かに暴力的なデモ鎮圧は非難されるべきです。でもイランも徐々に変わっている。北朝鮮やミャンマーとは違います。ムサビ氏が大統領になっても、欧米が期待しているようにはならないでしょう。 欧米諸国はイランの核問題や人権問題は批判するのに、イスラエルの核兵器については何も言わない。イスラエルで、毎日のように起きているパレスチナ人に対する非人道的な行為と、今回のデモ鎮圧にどれほどの違いがあるのでしょうか。
● ゆずさん
シラユキ | URL | 2009/06/22(月) 19:11 [EDIT]
オバマになってからアメリカのいうことはずいぶんまともになってますよ。不信感からは何も生まれません。「アメリカに対して毅然とした態度をとる」ってブッシュの時代ならまだしも、今それ評価できないでしょうが。
● まるでイランの田中角栄
宰相 | URL | 2009/06/22(月) 20:41 [EDIT]
民主化理論をかじったモノとして一言。秘密選挙といった民主主義の根本的な原則が守られていない国に限って、「我々型民主主義」と言う傾向がありますが、その段階で、自ら「我々はマトモな民主主義ではありません」と告白しているものと見なされます。どこがそうだとは申しませんが。
どうでもいいですが、再選されたところで、アフマディネジャドの金権政治は90ドル/バレルくらいにいならないと維持できないそうです。だいたい、あの国ガソリンの輸入国だし。
● 宰相くん
シラユキ | URL | 2009/06/22(月) 20:47 [EDIT]
>どこがそうだとは申しませんが。
え、みゃんまでしょ?

manuel | URL | 2009/06/23(火) 16:30 [EDIT]
つい最近かの光州事件を取り上げたドラマを見たんですがチベットやミャンマーやイランを思い出さずにはいられませんでした。
何ていうか政府が国民に銃を向けるようになったらもうその政府はもうお終いですよね、ある意味。その上そういう政府が世界のあちこちにまだ残っていることも嘆かわしいことです。
● 先生の御宅は・・・
モモ@八尾 | URL | 2009/06/23(火) 22:25 [EDIT]
朝日なのですね・・・ウチの夫の家業は毎日新聞の販売所なのです(;_;)
受験に強い朝日、権力の読売に対して
売りどころの少ない毎日新聞・・・
一応「報道の毎日」と言われているんですがね。
お時間とお金に余裕があれば毎日の購読もお願いします(笑)
読み比べると、確かに違うんですよね。
最近の若い人は新聞読まないからなぁ。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2009/06/24(水) 08:57 [EDIT]
確かに、新聞読みませんね。
短大生と高三になるうちの子も、うしろのTV欄見ておしまいです。介護に関する記事くらい読めとは言いますが、・・・・・。
仕方がないので、興味を引きそうな記事や介護士に関する記事だけ、毎朝の着替えの時間に、わざと、音読してます。

我が家は、ダンナがドラゴンズファンなので、中日新聞ですが、最近は、チベットや天安門に関する記事は、東京新聞と同じみたいです。
(同系列の新聞社だから。)
● 余談の余談
miyuki(lazeywangmo) | URL | 2009/06/26(金) 07:02 [EDIT]
しらゆきさま

 4月25日に長野でお会いした者です。
朝日新聞で取り上げられた金子住職さまが建立されている
チベット仏像の製作過程が下記で見られます。

http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/301852100dcdb41689e5a9a2942ffab118c63f430/711820119140315421

シラユキ | URL | 2009/06/27(土) 10:18 [EDIT]
>政府が国民に銃を向けるようになったらもうその政府はもうお終い

激しく同意します。そして、そういう政府と素手で戦おうとしている人たちに涙します。

>モモさん
ごめんなさい。朝日はネタでとっているのです。毎日はすばらしい新聞です。でも父方の祖父は大阪毎日新聞の社員でした。父は四男でわたしは父の55の時の子ですから、もちろん時代がまったく違いますが(笑)


>カルマさん
アメリカでは歴史ある新聞が広告料の激減でつぶれてますし、朝日も虚報や誤報でつぶれる以前に経営難で苦しいみたいですよ。インターネット時代、メディアはこれから正念場ですねえ。わたしも最近海外ニュースしか見ないし。


>miyukiさん
このサイト知りませんでした。長野でチベット系新名所が増えていくのはとてもいいですね。誰かの作為でなく、流れの中でなんとなく「長野=チベットの聖地」とかいうイメージが形成されてくのっていいですね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ