白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/07/01(水)   CATEGORY: 未分類
丑三つ時の怪奇現象
★傷ついたハトが社会復帰?するまでの物語をアップしました。ごろう様のとさか写真もあります。
http://ishihama.tibetan-studies.net/okamenomori/gorochan/pigeon.html

 明け方、チャイムの鳴る音で目が覚めた。何度も何度もしつこく鳴る。時間をみたら午前三時。雨戸をあけて「なんですかー」と怒鳴るが、門の前には誰もいない。門扉は二十センチほどあいていた。

 しばらくするとまたチャイムが鳴り始めた。

 業を煮やすが、午前三時、雨がシトシトふっており、とても外にでて確認する気にはなれない。

 だって、この場合考えられることは、

1.チャイムが梅雨の湿気で異常接触状態になってなりつづけている。
2.誰かがが死にかけてて幽体で私に会いに来た。
3.誰かが死角に隠れて棒か、手だけのばしてチャイムを押している。

 
 しかしうるさいのでほっておくわけにもいかず、今度は一階におりて、玄関正面の窓をあけてチャイムのある位置を確認してみる。するとさっきは二十センチほどあいていた門扉が閉まっている!

 これで3.の可能性がぐっと高くなった。だって、1.の場合、なぜ午前三時にチャイムが突然毀れるのか、また、どうして間歇的に連続してなったり、とまったりするのか説明がつかない。また、2.の場合にしても、ユーレイにしては上田秋成的な謙虚さとか、小泉八雲的なはかなさがまったく感じられない。

 とにかくこんな夜中にウルサイんだよ。

で、3.の場合。体をかくしてチャイムだけをつついてならしているような人と午前三時に対面したくもない。結局三時二十九分にチャイムのコンセントをみつけて抜いて静かになった。

 しかし、問題が根本的に解決したわけでないので、夜が明けるまで寝ずに警戒。

 ケーサツに電話をして不審者を捜してもらおうかとも思ったが、不審者の姿を確認したわけでもないし、万一うちのチャイムの内部がシロアリにでもくわれていて、毀れて鳴っている場合、恥をかくだけなので見送った。

 今晩はチャイムの電源をきって、戸締まりきちんとして重武装して寝ることとする。

後日談、その二日後、チャイムがなった晩と同じように雨がふった。そしたらやはり雨がふりだして数時間後、チャイムが突然連続してなりだしました。
結論としては、古くなったチャイムが湿気で異常をおこしたもののようです。
 おさわがせして、すいませーん。

ダン・ブラウン原作で『ダヴィンチ・コード』の続編『天使と悪魔』を例によって川崎のシネコンに見に行く。

 ダン・ブラウンの作品てなにげに、記号学者ウンベルト・エーコのミステリーの大衆版。
ウンベルト・エーコは学者さんらしく、犯罪現場は中世の修道院、謎解きは修道士、ラテン語やら象徴やら記号やらを小説の随所に効果的にだしまくって、スコラ哲学までえんえんとやりまくり「理解できないやつはついてこなくていーぞー」の重い濃い、そしておもしろい作品であるが、 ダン・ブラウンの作品はひたすらアメリカンに軽く、ポップで、舞台は誰でも知っている名所旧跡、謎解きの主人公はハーバート教授のロバート・ラングドン(トム・ハンクスがやってます。ロバートが象徴学者で大学教授ってあたりで、ウンベルト・エーコがモデルかあ?)。テーマもいつもとってもわかりやすい。


 そのテーマとは狂信と背信の間にあるホンマの信仰、科学と宗教はじつは対立していなくて、同じ世界を別の言葉でかたっているのだ、みたいな中道のものの見方である。

 だから、登場するキャラは善玉と悪玉などというわかりやすい区別はなく、以下、ネタバレになりますが、後半カメルレンゴに扮したユアン・マクレガーが、反物質の大爆破からバチカンをまもるため、一人爆発物もってヘリで上昇していくシーンにはその犠牲的精神(SACRIFICE)に涙しますがが、あの時流した自分の涙にものすごくハラがたちますよ。あとで。


 日本人は欧米の映画作品をみると「単純な善悪の二項対立」とか、「宗教は争いのもと」みたいなイメージをもちがちだが、たとえばこの「天使と悪魔」にしても、作品をよく見てみると、そういうアホな両極におちいったサブキャラを描きつつも、主人公、この場合はラングドン教授は非常に理性的でありつつも信仰のある人物として描かれ、そのことから作者もこの中道をめざしていることが分かる。

 「欧米流」を批判的に語る人々は、「欧米とは善悪の二項対立のもとにすべてを二分し、世の中にローラーをかけてのしていくメイワクな存在」と規定し、「アジアはもっと曖昧なの。自分たちの好きなようにやらせて」、みたいな考え方をよくするが、じつはこの考え方こそまったくもって自分では気がつかないうちに西洋と東洋をそれぞれにレッテルはってきめつける二分法におちている。

 欧米だって、じつはつねに二項対立をこえた中道をめざしているんだけど、往々にしてうまくいかないだけ。ことの善悪の判断をまったくせず、銭勘定だけを考えて動き、自己をまったく省みないアジア的な我々がほめられたもんでも、中道でもないことは言うまでもない。

 科学も宗教も同じものを別の言葉で語っているのであり、対立するものではない、これはダライ・ラマのよくおっしゃっていること。

 ハリウッド映画にしろ、オバマ大統領の発言にしろ、アメリカというだけで、批判しまくる人たちはまず、彼らがいわんとほっしていることをきちんと理解してうけとめてから、その批判に値するかを考えてもらいたいと思う。

 ホンモノとはじつは情熱、激情、とは離れた、静かでクールで知的なものなのである。
[ TB*0 | CO*10 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

たろー | URL | 2009/07/01(水) 15:12 [EDIT]
鳩の放鳥顛末記のリンクが切れてますよ。
http://tibet.que.ne.jp/okamenomori/pigeon.html
ですね。

重武装して寝ることにするって、バットでも抱いて寝るんでしょうか?

シラユキ | URL | 2009/07/01(水) 18:27 [EDIT]
>たろーさん
ありがとうございます。はりなおしました。重武装の内容は秘密ですが、ご想像のばっとよりもエグいかも。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2009/07/02(木) 12:56 [EDIT]
確かに、怪奇現象しらべてみたら、○○○だっ立って話よく聞きますね。
名古屋空港周辺も、UFO騒ぎがよく起こりますが、その殆どが、遠くを飛んでいる、旅客機の見間違えらしく、いまだ一度も、お目にかかれません。
でも、日本人って、不思議なものが、御神体な事があるようで、浜名湖や富士山、(○○富士)などは、典型的な、景色そのものが御神体。
名古屋空港の北側には、小牧山と尾張富士がよく晴れた日にはよく見えて、尾張富士には、狐の神様が住んでおられるようなので、彼らが遊んでいる様子が、案外、UFO騒ぎの正体かも知れません。
(小牧山は、織田信長が、岐阜に移るまでの間、お城を建てた場所でも有名です。)

mimaco | URL | 2009/07/02(木) 23:23 [EDIT]
"重武装して寝る"・・・つい中世の騎士の鎧が頭に浮かび、がちょんがちょん鳴らして寝る姿を想像してしまいました。
我が家もよく雨風の強い日はチャイムが同じ問題を引き起こします。元より平均年齢の高い家族構成ではあまり家を訪ねる人もなく(来るのは勧誘ばかり)、ちょっと内田百気取り(?)で修理もせずにコードを外したまま放置してました。
ところがある日、たまたま家に一人となった晩のやはり丑三つ時に、玄関のドアをがたがた鳴らす音が!これは家人が留守なのを確認している泥棒かと冷や汗ダrダラで息を殺していましたが、一向に止む気配がなく、意を決して家中の電気をつけ人が沢山いる演出をしてから玄関の電気をつけると、なんと近所の猫が何故かうちのドアで爪とぎしてました…。
判明してみれば何てことないことも、その渦中ではやっぱり悪い想像が頭を巡ってしまいますね。
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/07/03(金) 05:27 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 落ち鳩と飼いオカメ
ごやん | URL | 2009/07/03(金) 14:30 [EDIT]
しばらーく前、に逃げたオカメが戻ってきた話をさせていただいたものです。(^^ゞ
こんにちは。
2週間前から、落ち鳩(雛)に、通勤途中にお給仕していました。
私以外の餌や水も雛の周りにあり、顔を合わせたことは
ありませんが、思いは一緒と心が温かくなりました。
この鳩も、見事な黒鳩でしたが、近づくと「ぴゅゅ~、ぴゅゅ~」
なので給仕のみでしたが、見捨てることはできないし、交通量も
多い道端の側溝の上ということもあり、毎日、鳩坊の運命に
どきどきでした。
そして、今朝、見事にいなくなりました。
いや、巣立ちました。(笑
見届けたわけではないですが、怪我もなし、体も大きかったので
そう思うことにします。(^。^)y-.。o○
人の用意した餌だけでは、あれだけ成長しないと思います。
親がいたんですね、きっと。(笑

7センチ!
うちの大冒険オカメは、メスということもあり、5センチです。
ノーマルなので、ちょっと鳩似です。(笑

コンク | URL | 2009/07/04(土) 00:44 [EDIT]
ウチなんかも漏電でブレーカー落ちまくりでしたが
漏電火災にならずになんとか修理できました^^;
仕事終わって帰ったら家が燃えてたとかなくて良かった・・・

スコラまで持ち出されると・・・意地でもついていきたいと思いますが
難解なものって追いかける時点で負けてる気がしますw
思うつぼ・・・でも追いかけますよ!

ゆず | URL | 2009/07/05(日) 09:33 [EDIT]
鳥か動物の仕業じゃないですか。私の家も昼間に壁を叩く音がしてるのを見ると、キツツキだった事がありますし。

ハマーン | URL | 2009/07/05(日) 18:25 [EDIT]
>チャイムが突然連続してなりだしました。
>古くなったチャイムが湿気で異常をおこしたもののようです。

風が強いと、そういう現象が起こるお宅もありますね。
そこのお宅は、私が訪問する時間帯は玄関のドアの鍵を開けておいてくださるのですが、
風が吹くとピンポンダッシュのごとく賑やかになり、
かとおもえば、インターフォンも鳴らさず玄関のドアを勝手に開けて入ってくる人もいるから困ったと言っていました。

>戸締まりきちんとして重武装して寝ることとする。

物騒なご時世ですから、用心には越したことはないですよ、ね!?

シラユキ | URL | 2009/07/06(月) 00:20 [EDIT]
>カルマさん
今回の件で、ユーレイとかそうそういないことを実感しました。ははは。

>mimacoさん
猫のツメトギ! 我が家にまさるとも劣らないオチですね。三日三晩思い出し笑いしちゃいました。

>モモさん
自分の財布(もちろん強欲でなくそこそこ)も世界の貢献も同時にできるのが、ホンモノ。

>ごやんさん
小鳩ちゃん無事に巣立ってよかったあ。体はほぼ大人で大きいのにハトのヒナ声ってものすごくかわいかったです。オカメはやっぱり男の子の方がとさかは長いのかしら。

>コンクさん
エーコの『薔薇の名前』面白いですよー。映画にもなってますよー。見るとはまりますよー。

>ゆずさん
きつつきがいらっしゃるとはうらやましい環境!

>ハマーンさん
今だから言いますが、刃物をマクラの下に入れてました。過剰防衛ですね(笑)。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ