白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/07/17(金)   CATEGORY: 未分類
東京と地方の格差
 おかげ様で月刊誌の原稿、やっと月曜日にだしました。再校も送ったので、もうすぐでることと思います。あとは本二冊分の原稿と論文二本だけです・・・
はーはっはっはは、はあ~っ。
 
 日曜日のウイグルデモはライブでみてたら盛況であったようで、重畳。ブルーの東トルキスタン旗が林立してとてもキレイ。

 時々アクセントのようにチベット旗がはためいてて美しい。

 ライブ映像で流れる「フリー・ウイグル、フリー・チベット」コールに思わず和す。

 わたしは結構言霊を信じている。
 フリー・チベット、
 こう口にすれば、それはもう約束された未来。
 
 私は奇跡とは、いわゆる超能力のたぐいではなく、マトモな人が日々こつこつと積み重ねていくものが、ある日ふとたちどまって振り向いてみたら、すごいところまで到達していた、みたいなものだと思う。

 半世紀前、チベットが失われてチベット人がディアスポラしたあの時、難民たちの大半は現実を認めることを拒否り、すぐにチベットに戻れると思っていた。
 しかしダライ・ラマ法王だけが現実をみていた。

 その翌年には親を失った子供たちの学校、今のTCVの前身をつくり、難民となった僧侶たちが勉強をつづける場としてインドに僧院を建立しはじめた。

 みな「縁起悪い、まるでここに永遠に住むことになるみたい」と眉をひそめたが、猊下は正しかった。中国政府が全チベットで僧院を破壊しつくしたからだ。チベット人はそれからまじめにやりだした。後がないからである。もちろん還俗するような坊さんもいるけど、全体としてはまじめにやっていた。

 で、半世紀たった今、ゲルク派の本山級の僧院はだいたいインドに再建され、チベット語によってチベット文化によってチベット人の子供を育てる学校は、そろそろ大学までできる勢い。

 で、とっくになくなっていたはずの「チベット」という国は、いまもなお我々の中に「あるべきもの」としてとてもリアルに存在している、日本人である、アメリカ人である、韓国人である、世界中のフリチベさんたちの中においてチベットは他のどんな国よりもあるべきものとして存在する。

 これこそまさに現代の奇跡。


 で、本題。 ラジオドラマ「失われた地平線」を聞こうと思ったらMDラジカセの電源コードがどこ探してもない。

 そしたら京都にいたダンナがチューナーを買ってきてパソコンで放送内容を落としてくれるという。

 ダンナは上京区にある部屋で買ってきたチューナーをパソコンにさした。設定画面がでてきて、スキャンをしはじめた。しかし、受信可能な周波数が一つもでない。NHKは左京区にあるはず。

 おかしいと思ったダンナはパソコンをかかえて外にでてみた。すると雑音は多いがなんとか聞こえる。そのまま歩いたら小さな公園にでたので、ベンチにすわってアタマの上にアンテナをのせて蚊に刺されながら、15分の放送時間を雑音ばりばりの音で録音し抜いたという(笑)。

 私「なんでアンテナを頭の上にのせるわけ。鬼太郎か!! 恥ずかしいよ」

 ダンナ「少しはアンテナの位置が高くなるじゃない。それにアンテナってただ置くよりも人が触れた方が電波ひろうんだよ」

 私「ホントかあ??」

で、ダンナ東京に帰ってきて、その日も放送時間がきた。

 ダンナ「家の中だと電波が拾いにくいから、いざとなったらそこの三階建ての屋上にいくか」

 私「うざっ」

しばらくして

 ダンナ「ええええええ」

 私「どしたの」

 ダンナ「ためしにチューナー入れた見たら、部屋の中なのに、アンテナただ置いただけなのに、自動でスキャンしたら七局も周波数が拾えた。で、雑音も入ってない。」

 私「これが東京と地方の格差?」

というわけで、東京以外の方はご苦労様です。

[ TB*0 | CO*7 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

けい@FreeTibet | URL | 2009/07/17(金) 00:42 [EDIT]
我が家は都心じゃないですけど、普通に電波入りますよ?
きっと京都タワーで妨害工作があったんですねー(笑)

鬼太郎風のご主人様、想像すると微笑ましいです。
お二人の仲がよろしくて、うらやましいですv-238

シラユキ | URL | 2009/07/17(金) 08:32 [EDIT]
>けいさん
妨害工作~(笑)。京都タワーになんかはいってるんですかね(笑)。

>ゆずさん
もちろんそうよ、フリチベさんの力。まあしかし、ゆずさんがどういう方かぞんじませんけど、つねに悲観的・批判的にものごとをみてらっしゃるようで、おつらいでしょう。

たろー | URL | 2009/07/17(金) 11:28 [EDIT]
人が触れた方が電波を良く拾うというのはホントみたいですよ。
微弱に帯電しているからだそう。

ちなみに我が家(千葉)は電波の入り悪い…。
頭の上にアンテナのっけようかな(笑)
● 入らなかった・・・
モモ@八尾 | URL | 2009/07/17(金) 18:00 [EDIT]
残念ながら聞きそびれてしまいました、もったいない!
>マトモな人が日々こつこつと積み重ねていくものが、ある日ふとたちどまって振り向いてみたら、すごいところまで到達していた
その通りだと思います。かのエジソンも発明は99%の~と
言っていましたが、それと同じことだと思います。
諦めずに一歩一歩努力を惜しまないことが何事も
解決の糸口になるのではないでしょうか。
言霊、私も信じています。闘病中ですが、
「がんばれ、いつか治る」が口癖です。

cuki | URL | 2009/07/17(金) 22:40 [EDIT]
チベットと不思議な出会い方をしたせいもありますが、
白雪様のお言葉、そのまますんなり入ってきました。
私の中にもチベットが存在しているんですね~。

シラユキ | URL | 2009/07/21(火) 00:21 [EDIT]
>たろーさん
のっけてみてください。少しは楽しい気持ちになるかも(え? ならない?)。FMって以外と届く距離短いみたいですね。

>モモさん
健康でもぼーっと生きてて、何やってんだかみたいな人がいることを考えると、病になってそれを乗り越えよう、あるいはそういう病に負けずに~しようと思う強い精神力が身につきますよ。わたしも十七年前に母がなくなって一人になった時はかなりキましたが、今となっては、甘えとか依存性とかがふっきれてふてぶてしくなる契機でもありました。なにごともとらえよう。


>cukiさん
天空の~のアクションご紹介していただきありがとうございます。わたしも次のエントリーでいきます。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2009/07/24(金) 10:24 [EDIT]
私も、ラジオの電波の常態が悪いとアンテナを指で持ってました。(瀬戸は、山の中なので。)
それでもダメな時は、銅線の代わりに、子供のために買い込んだモールを集められるだけ集めて、つなぎ、部屋を何周もグルグルにして壁にはり、アンテナにつけたことがある。
(子供の頃に泊まった民宿で、室内用のアンテナでそれをやっていて思い出してやってみた。)
最近は、ケータイ電話やケーサツ無線の盗聴用の電波も出ているらしいので、一概に京都タワーのせいじゃないと思いますよ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ