白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/09/17(木)   CATEGORY: 未分類
上野美術展ふたたび
前のエントリーも見落とさないでね!

先のエントリーで某教授の情報に基づき、
今回の美術展は「中国政府はカンケーなくて、日本の先生が選んだ」みたいなことと書いたら、さる筋から新たなる情報が入りました。

 それはこのようなもの。

 中国の美術品を管理する部局である国家文物局は、この美術展のために、お寺から美術品をいつ返すとも言わずにごっそりもちだし、拒否できるようなフンイキではなかったとのこと。

 僧院では仏像は日夜お坊さんや巡礼に供養されている。今なお生きた信仰の対象なのだ。それをいきなりごっそり持って行かれて、見せ物にするのだから、いいわけない。しかも拒否権もないときたら、フェアとはいえない。
 
 というわけで、「仏様のかり出しは紳士的に行われていない」とのさる筋からの情報に基づき、前回のエントリーの「中国政府カンケーない」という点改め、より深いレヴェルでは「カンケーしています。」

 そこで白雪姫の豆知識。

 もし今後チベットの美術を日本に紹介したいという奇特な方がいらっしゃるなら、ニューヨークのルービン美術館、ソウルのハジョン美術館、パリのギメ美術館はチベット美術の名品がそろってます。ここからお借りすれば、チベットの僧院でいま崇められているものに手をつけなくてすみます。もちろん選定の際にはチベットの研究者にお願いする。それから、カタログの執筆者にはもちろんチベットの美術をご専門にされている先生方や、チベット人に執筆していただくと、こうすればチベット文化が理想的な形で日本に紹介できますね。

 一般論ですが、ほとんどの研究者は、こういう企画ものにはほとんど意見聞かれることありません。せいぜいが仕上がってからチェックお願いします、です。みなさんお忙しいので、自分たちで絵を描いて、形つくって、何か言われないように最後だけ専門家にたのんでチェック、ということなのだと思いますが、それではやはり理想的な作品はしあがらないと。

 それで思い出したけど、すごいむかーし、大丸で「大チベット展」(主催: 毎日新聞社・毎日コミュニケーションズ, 後援: 外務省・文化庁,協力:国立民族学博物館・東北大学文学部)というのを中沢新一氏がプロデュースしたが、これはすごかった。会場にはチベットの仏壇が再現されていて、チベットのお坊さんが定時に法要を行うのだ。

 展示はうろ覚えだけど東北大学から借りうけた河口慧海の将来品その他であった。ナマのチベット僧の迫力ある読経をきいて、チベットの入り口に入るか入らないかの学生だった自分はずいぶん衝撃を受けたことを覚えている。これはいまはなき北村甫先生からの又聞きだから正確な情報でないかもしれないけど、この展覧会で中沢新一氏は先生であるケツンサンポ氏にずいぶんなお布施をさしあげられたとのこと。

 すんばらしい。チベット人のためになり、かつ生きたチベットが伝わってこその「チベット展」。

  そういうわけで、いよいよ上野の森でチベット美術展が始まります。

 美術館初日に、ダライ・ラマ法王事務所の代表も参加してのピースウォークがあるとのこと。詳細はっときますわ。

  
開催日:2009年9月19日(土)
スケジュール:
 集合 11:30(簡単な主催者挨拶、諸注意、ゲストご挨拶)
 出発 12:00
 到着・解散 12:30
 集合場所:台東区竹町(たけちょう)公園 東京都台東区台東4-21-1
    最寄り駅:JR御徒町駅、東京メトロ日比谷線仲御徒町駅
コース:竹町公園→春日通→多慶屋前→御徒町駅前→上野広小路(上野松坂屋前)→
    天神下交差点右折→池之端1丁目→上野恩賜公園
到着地:上野恩賜公園(到着後流れ解散となります)
ゲスト:ラクパ・ツォコ(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表)
主催:「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝」展に抗議する国際連盟
 
[ TB*0 | CO*10 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

hiron | URL | 2009/09/16(水) 22:21 [EDIT]
mixiコミュで「期間中、法王様が東京に来られますよね」と書いてありました。法王ご一行が、このチベット展を観覧されたら…と妄想!素敵だなぁ。実現しないでしょうか?
九州展の時は、広島のチベットのお坊さんたちが行かれるという話があり、友人が「会場は混んでるから五体投地はでけへんで」と呟いてたんですが、残念ながら行けなくなったそうです。
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/09/19(土) 04:26 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● やっぱり大阪は知識の乏しい町
モモ@八尾 | URL | 2009/09/20(日) 13:56 [EDIT]
こういう運動をどんどん行わないから
東京に差をつけられるんだと思います。
橋下知事も、小学校のグラウンドを芝生に換える、なんて
妄想描いてないで早いところチベットのことを考えて
アクションを起こすべきなんです。
これが大阪人の浅はかさ。
清風学園は奇跡の様に柔軟な考えをお持ちの場所。
それなのに橋下知事は私立高校の助成金をカットするそうで。
グローバルな意識を持たないと遅れてると思われるぞ!(怒)
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/09/21(月) 15:53 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/09/21(月) 16:28 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

manuel | URL | 2009/09/21(月) 16:55 [EDIT]
うはあ…展示品は当局が収奪したも同然だったんですか。
やはり法王様の事に触れられていないという時点で当局が絡んでいると考えてよかったんですね…

hiron | URL | 2009/09/22(火) 17:16 [EDIT]
モモ@八尾さん、大阪歴史博物館(2010年1月23日~3月29日)でこの「チベット展」あるそうです。その時は、大阪でもなんかしなくちゃいけませんね。
いま、亡命チベット人音楽家 テチュン氏が来阪中です。京都、佛教大学の小野田先生も参加され、9/25(金)17時から道頓堀で「ENJOY TIBET!!ENJOY LIFE!!」と銘打つライブがあります。関西のチベサポがボランティアしてます。よかったら、おいでになりませんか。テチュンさんの祖国チベットの平和、世界の平和を願う歌を聴くことができます。http://www.ray-light.net/eventnews/enjoytibet2.html

シラユキ | URL | 2009/09/22(火) 20:41 [EDIT]
>hironさん
あらゆる意味でチベット文化を体現している法王が会場にこられたら本当に意味があるのに、それができないのが問題なのですよね。

>ぴょぴょちさん
ギンちゃんくちばしまっかですねえ。フィギュアのよう! これからも親バカ映像よろしくおねがいします。
そうですね、大英博物館も盗品博物館ですね。現地に老いてたらのこっていないもんも半分くらいはあるでしょうが。

>manuelさん
全部のお寺がそうかはしりませんが、まあ普通に考えて毎日対立している中国政府から「貸せ」いわれて喜んで貸す坊さんはおらんわな。

>hironさん
テチュンさんの東京コンサートは宇多田ヒカルさんがいって男前ぶりに感動したとブログに書いたそうですね。恥ずかしながらまだ一度もコンサートいったことなかったので、いっときゃよかったと思いましたとさ。
● hiron様情報ありがとうございました
モモ@八尾 | URL | 2009/09/24(木) 04:27 [EDIT]
早速借金してチケットゲットしました。
会場ではフリーチベットを大いに応援したいと思っております。
橋下知事には再三、チベットを研究するコミュニティを
立ち上げて欲しい旨メールしているのですが、
いっこうにその気配はありません。
ワタシの小学校時代は土のグラウンドで十分でした。
血税を上げて作るような代物ではないと思います。

シラユキ | URL | 2009/09/24(木) 11:20 [EDIT]
>モモさん
テチュンのコンサート行くんですね。いいなあ。
橋下さんたぶんあかんと思います。大阪経済沈みまくってるんで、中国にすりよりまくっているから。去年胡錦涛きた時、関空からかえるまぎわの胡錦涛にすりよりまくってましたから。

まず大阪は経済たてなおさなきゃ、言いたいこともいえません。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ