白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/04/01(土)   CATEGORY: 未分類
咲かぬなら、咲かせてやろう仏青を(ムリ)
四月一日といえば、エープリルフール。

ちがう。入学式である。新歓活動の本格始動である。

早稲田の入学式はとにかくすごい。たった一日の間にすべての学部の入学式を文学部キャンパス内にある記念講堂で行うのだが、その際の人では芋の子洗うどころではなく、芋の子がむけてしまうくらいである。

今日は新入生に父兄がはりついているので、なかなか勧誘も難しかろう。

それでも、ほとけどじょう氏とOBのセン君は、部室にはりこんでいる。感心感心。

Q熱リケッチャ氏は法衣をきて、キャンパスをめぐり、新入生にサブリミナル効果をうえつけている。

で、破顔微笑氏は・・・・。実家に帰省中。

セン君によると「やんごとない事情」からというが、おそらく「よんどころない事情」と表現したかったと思われる。

日本語は正しく使おう。

われわれの心つもりとしては、これから二ヶ月、さまざまなイベントで新入生をあつめ、さりげにメルアドを蒐集し、その折々に窮状をうったえ、入会を訴え続けるという作戦である。

まずは、四月八日の御花祭りの日のお寺めぐりイベントをとにかく一人でもおおくの新入生に周知させねば。

もし誰もこなくても、四人でいこうね。
いい季節だから傷心をいやすのにはいいだろう。

と、最近は腰の引けた未来予想が頭を去来する。

午後、ダンナがメガネを作るというので、メガネストアーにつきあう。フレームはやっすいやつから、バーバリーの金縁めがねまでいろいろ、レンズにもいろいろな等級がある。ダンナは全部真ん中をえらぶ。

私は家系的に目がいいので、メガネをかける時には老眼鏡ということで、その被害は深刻である。ダンナはもともとメガネなので、老眼になろうがなるまいがまわりは気づかないが、私の場合はモロバレである。

そこで、将来を考えて、いろんなフレームを試してみるが、これがどれも似合わないんだ。

なぜだろう。

つけていることがわかんない透明なフレームをNASAかなんかで開発してくれたら、バーパリーの金縁の十倍しても払う。

そのあと、いつものように御嶽山神社に向かう。この神社には桜の巨木がある。

傾くことがおおい桜にしてはめずらしく、この桜は天をつくようにまっすぐ上にのびているため、広大な花のドームを形成している。

なかなか見られない逸品である。あと、これまた方角が変わるが、浅間神社の参道下の桜はうすい翠色がかかっている桜として有名で、これまた美しい。

そして、きわめつけは、福山雅治の「桜坂」のモデルとなった、「桜坂」も近所である。福山雅治はドラマ『一つ屋根の下』で、医者をやつていたか゜、あのときロケに使われた病院がまあ近くにあるので、おそらくはその行き来に桜坂を使っているうちに、あの曲思いついたのだろう。

ちなみに、その病院の前では12チャンネルの二時間ドラマを撮影していたこともあった。本業は大丈夫か。

[ TB*0 | CO*8 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ミーちゃんハーちゃん
13 | URL | 2006/04/02(日) 02:23 [EDIT]
僕、ミーハーなんで、撮影だとか芸能人だとかの話には弱いんです。
ちなみに、僕の家の近くに「ヨモギダ」君(ご存知ですか?)の実家があります。

それと、映画『ゼブラーマン』に小学生の頃の恩師が出演しています。エキストラですけど。

ミーハー万歳!!
● 芸能人がご近所というのも
石濱裕美子 | URL | 2006/04/02(日) 11:32 [EDIT]
また、こゆいですね。
でも、近所に住んでいるからといってそうそう出くわすもんでもないですよね。
うちの近所に石原慎太郎の家がありますが、道でばったりあうのなんて、数年につきいつぺん(官舎にすんでるからだよ)。
それに、テレビの前にいない有名人って、オーラでてないから意外とわかんないもんだよね。

セン@小坊主 | URL | 2006/04/03(月) 04:53 [EDIT]
先日は、お電話で日本語を間違えてすみません。先生のご指摘の通りです。

映画関係のネタで言えば、僕は在学中から、仏教青年会は『スター・ウォーズ』の「ジェダイ騎士団」に似ていると感じ続けています。
(参考 http://www.starwars.jp/organization/republic1.html#jedi )

仏青を運営するに当たっては、僕が現役の頃から漫画『はだしのゲン』や某巨大掲示板などのサブカルチャーがグループ内に潜在し、学生の間での友情や結束力を強めるのに一役買っていたものですが、最近は「仏青=ジェダイ」という自説に陶酔してしまう自分を楽しんだり戒めたりしながらやってます。まぁ、あんまりサブカルチャーに耽溺しすぎるのも問題ですから、そんな話も冗談として読み飛ばしてくださって結構なのですが(笑)

しかし、石濱先生のHPで、頻繁に更新される時事コメントを読んだり、オカメインコ教徒としての一面に触れたりすることは、仏教青年会120年の重みを背負った苦難の道程を乗り切るための刺激剤や癒し効果として、じっさい私の中で機能し続けてきたのです。

先生、いつもありがとうございます。いつの日か新入生、現役生、OB会員、会長岩田先生、顧問石濱先生らが全員集合して、心の奥底から湧き出るあの名曲「都の西北」を歌うことのできる時が来るのを私は夢見ています。これからもよろしくお願い申し上げます。
● 新歓はこれからが正念場
石濱裕美子 | URL | 2006/04/03(月) 18:01 [EDIT]
現役会員の方々、今は大変でしょうけどきっと何か得られるものがありますよ。
スターウォーズにたとえるなら、暗黒面におちないようにしましょう。

合い言葉は、真・善・美。

仏教文化にふれることを通じて、全般的な教養人(文学・美術・伝統芸能に対する教養を身につけた人)になれることを目指しましょう。



ほとけどじょう | URL | 2006/04/03(月) 19:07 [EDIT]
今日は学部入学式から出てくる新入生にパンフレットを配布しました。先生のことばが入っているのは、すごく良いと思います。

およそ暗黒面はQ熱リケッチャ君に担当してもらうこととして、「老少善悪のひとをえらばず」(歎異抄)を合ことばに新歓活動に励みたいですね。
● 目が合ったら「どうも~、あやしいものです」  つ[パンフ]
破顔 | URL | 2006/04/03(月) 22:41 [EDIT]
1日は出られなくて申し訳ないです。申し上げるタイミングを逃していたのですが、半年前から「この3日間は留守番をしてくれ」と頼まれていたのでどうしようもなく。
その代わりと言うのはおこがましいですが、今日はみっちり、学部入学式〈教育、1文)の出待ちをして墨染姿でパンフを配りました。
あのカッコをしていると「何のサークルですか?」と声をかけてくれる学生も結構いて、YBAの認知度は少しは上がったかと。
明日はYBAの幟も投入してもう少し配ります。
掲示板の方にも一人、入会希望者が書き込んでくれているようです。
花祭り、にぎやかに祝いたいですね。

石濱裕美子 | URL | 2006/04/04(火) 10:58 [EDIT]
>ほとけどじょう氏
少人数のため、大変でしょうが、よろしく御願いします。
四月八日のこくちの方も御願いします。
基本は「無料」「先生の引率」、この二つが高校生気分のぬけきっていない学生には効くと思います。

>破顔微笑氏
お帰りをお待ちしておりました。鈴木くんの僧衣姿にクラッときて、新入生の女の子が四月八日にふらふら部室に集まってくることを期待しております。


破顔 | URL | 2006/04/04(火) 11:11 [EDIT]
そういってくださると両足に下駄擦れを作ったかいがあります。
くらっと来るのを期待できないのが情けないですが。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ