白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/29(火)   CATEGORY: 未分類
アポ・ガワンジクメ死去
12月23日に北京でアポ・ガワンジクメ氏(99)がなくなった。

 この人物は1936年に26才で旧ダライ・ラマ政府の下で働き初め、1950年にはラルにかわってアムド(東チベット)総督に任命され、同年アムドになだれこんできた中国軍に戦わずしてチャムドを明け渡し、1951年にダライ・ラマ14世の同意なく17条協定の調印を行った人物として知られている。

 その後も中国政府の支配下にあるチベットにおいて要職をつとめ、ドキュメンタリー映画『達頼喇嘛』(アカデミー賞監督スコセッシが1997年に製作したダライ・ラマ14世の自伝映画「クンドゥン」に対抗して中国政府が製作したダライ・ラマを封建領主とするプロパガンダ映画)にもバリバリ登場している。

 アポ氏の生涯の詳細はGoldsteinのA History of Modern Tibet 1913-1951、ツェリンワンゲルのA Witness to Tibetan Historyなどをみてね。

 こんなアポさんですから、 当然、中国メディアはアポ氏を祖国(この場合の祖国は彼らのいう多民族国家中国を指す)への貢献者として死亡記事を流しました。しかし、一方のチベット亡命政府もアポ氏は「パンチェンラマ同様、チベットの言語と文化をまもった愛国者(この場合愛すべき国はチベットを指す)」と称え、旧チベット政府の官僚の死を悼んでいます。

 パンチェンラマが1989年になくなった時もそうであったが、亡命政府は中国共産党の制圧下にあって行動にも言論にも制約を受けていたチベット人の要人を悪く言うことはない。とにかくいいところを見つけて随喜する。パンチェンラマは実際あの環境下でよくがんばっていたし。

 実は20代の頃、中国蔵学研究中心(北京にあるチベット学研究センター)の記念学会でアポ氏とお会いしたことがある。この学会については何年か前にもちょと触れた

 この学会のパーティ・ゲストとして呼ばれていたのがアポ氏。おじいさんがきて一人一人と握手をしていたので、とれあえず握手したら、後で聞いたらなんとあのアポさんとな。余談だけど、この学会の出席者はほとんとが中国の意をくんだ発言をする学者たちで、欧米からきたわずか十数人の学者はプロパガンダ学会にどんびきして固まるうちに、互いに仲良くなった。

 で去年。チベット学者が中国政府に対してチベット政策を改めよ、と呼びかけたあの文書に署名した学者たちは、この時の学会にでていたメンバーがかなりかぶっている。プロパガンダとは、信じ込んでそのまま影響をうける人もいるだろうが、それがウソであることを知っている人はかえって奮い立つことを忘れてはならない。真実はウソよりもつねに強いのだ。

 というわけで、アポ氏と握手をした貴重な体験を懐かしく思い出しつつ、物持ちのいい自分はその時の学会でもらったお土産をまだもっていたので、公開。伝統的なチベットの筆記用具はいいとして、ショルダーバッグに「中国ラサ」って書いてあるのがお茶目である。
miyage

 09年ももう終わり。よいお年を、そして来年もチベットをよろしくお願いいたします。
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

宇宙犬 | URL | 2009/12/31(木) 15:02 [EDIT]
>プロパガンダとは、信じ込んでそのまま影響をうける人もいるだろうが、それがウソであることを知っている人はかえって奮い立つことを忘れてはならない。真実はウソよりもつねに強いのだ。

まさに、仰る通りと思います。誰のどんなプロパガンダに関しても同じことがいえますね。

先代パンチェン・ラマに対する亡命政府の評価が「悪」ではないことは、5月の新宿文化センターでのご講義で、パンチェン・ラマのご生涯のお話とともにお教え頂き、お恥ずかしながら初めて知りました。

アポ・アワンジグメ氏についても、同様に評価されているのであろうと推察しておりましたが、やはり。

過去に読んだ中でアポ氏の出自などにも触れられていたのは阿部治平さんの『もうひとつのチベット現代史 - プンツォク=ワンギェルの夢と革命の生涯』でしたが、先生お薦めの本も是非読んでみたいです(ゴールドスタインの本、amazonでペーパーバックで5000円近くしますがe-351)。ご教示を有難うございます。

今年は、数々の実り多いご講義やトークを拝聴し、また直々のご指導まで賜り、誠に有難うございました。まだまだ未熟ですが、引き続き良い心に触れ良い心であるよう努めたいと存じますので、来年もどうか宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎え下さいませ。

りんか | URL | 2009/12/31(木) 17:45 [EDIT]
今年も、切れのいいブログと諸所での講演を拝聴しました。
ありがとうございました!(ごろう様&るりジュニアの写真もひそかな楽しみでした)

>プロパガンダとは、信じ込んでそのまま影響をうける人もいるだろうが、それがウソであることを知っている人はかえって奮い立つことを忘れてはならない。

本当にそうですね。
最近は、プロパガンダの文言とは「こう思って欲しい、と書き手は考えている」「読み手の急所はここだ、と書き手は考えてる」と解読するもの、と思っているところです。←すみません、無駄にややこしくて。

そうやっていろんなニュースを見てみると、わが身を映してくれる鏡という一面もありますね。
前のエントリではないですが、「倫理よりも金を選ぶ日本人」とは言われたくないなー、と思います。

嘘と本当を見分けるためには知識が必要。
というわけで、来年も先生のお話を楽しみにしてます。
お忙しいことと存じますが、どうぞお体を大切になさってください。来年もFree Tibet!Free China!

シラユキ | URL | 2009/12/31(木) 22:40 [EDIT]
>宇宙犬さま
こちらこそ、いろいろな席にお運び戴いて恐縮です。宇宙犬さんがミクシではってくれたニュースは一年のニュースを時系列で並べる時に便利でした。ありがとうございました。

>りんかさん
チベット関連のニュースはりんかさんもおっしゃるように、本当に自分の鏡になることが多いですよね。知識も大切です。よろしかったら来年もこのページをご愛顧のほどお願いいたします。

よいお年を!

Penba Yakdu | URL | 2010/01/03(日) 19:59 [EDIT]
ラサから東に約300km、コンボギャムダのちょっと先のアペ(阿沛)村がアポ・ガワンジクメ氏の生まれ故郷で、ここを何度か通ったんです。その時チベット人同士は必ず彼の悪口を言うんですね。本土チベット人はちゃんと見ているんですね。
しかし、亡命政府が「愛国者」と死を悼んだとは、なかなかできない立派ばことですね。

白雪姫 | URL | 2010/01/06(水) 01:01 [EDIT]
>Penbaさん
それは悪口言われるでしょう。私もチベット人社会のことをよく知らないうちは、パンチェンラマとかアポさんとかはきっとチベット人は悪口言い倒しているんだろうなと思っていましたが、実際は、「あの状況でよくがんばった」なんですよ。懐の広さが違います。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2010/01/12(火) 14:35 [EDIT]
どういう人だったかは、別にしても、波乱万丈な人生だったと僕も、げい下づたいににお聞きしてます。
17か条の調印時、殴られ蹴られて、ふらふらで、意識がなかったと聞いてます。
その後も、度々、亡命政府を批判する声明文を強制されて、拒否をすると、失神するまで殴られてました。
逮捕直後の先代パンチェンも、毎日拷問。
電気椅子で、死に掛けた事も少なくとも、3どか、5・6ど。
拷問の様子は、当時子どもだったので、上手く説明できないほど、悲惨なものでした。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。