白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2010/04/14(水)   CATEGORY: 未分類
出雲の峯寺で講演
昨日、午前八時半、アムド(東北チベット)のジェクンド(玉樹)でマグニチュード七を越える大地震があった。
前回2008年のアバ地域の大地震(通称四川大地震)の時に、チベットの伝統的な暦を見ていたら、そこに地震がおきやすい期間と書いてあって、チベット仏教の伝統に恐れ入ったが、今回は手元に今年の暦がないので確かめようがない。
ちなみに、昨日は新月だった。前回のアバ大地震の時にはオリンピックの三ヶ月前だったが、今回も上海万博一ヶ月前。

 チベットと中国のこのような関係を見ていると学者らしからぬ何かを言ってしまいそうになるので、もうやめときます。


 平岡さんが突然「峯寺でチッタマニ・ターラー尊の伝授やります」とメールをしてくる。なぜ彼の住まいのある大阪でも自分のいる東京でもなく出雲なのか、と聞いてみると、なんかオタク、もとい行者の直感らしい。

 同じガワン先生から灌頂を授かっているため、平岡さんは自分にとって兄弟子にあたる。そのため、平岡さんの提案に自分は従わねばならない。しかし、戦後民主教育によるリベラルな思考と長年にわたる教師生活で培われた傍若無人さは、突然休日の日程が決められたことに対して、釈然としないものを感じてもいる。

 しかし、そのような腐りきった思考のままでは、よい伝授にならないので、モチベーションをあげることとする(思考ダダモレだな 笑)。

 まず、すでに拝受している、チッタマニのテクストを通読。だいたいの構造はわかる。ただし、賛嘆文や供養文に省略があるのでこれらはやはり伝授を受けなければわからない。次に、平岡さんが峯寺を伝授場所に選んだその深意について憶測してみる。

 ガンワン先生は在世中、ここ峯寺において何度か灌頂を行っている。自分はそのうちの一回ダーキニーの灌頂に参列させて戴いたが、その時ガワン先生はこうおっしゃられていた。

 「この歴史ある出雲の地には昔から仏教が栄えていますが、今日ここで私がみなさんにお授けする灌頂は無上ヨーガタントラのものです。日本のこの出雲にはじめて無上ヨーガの系譜がつたわるのです」

 峯寺のご本尊の大日如来様の前でも法要をつとめられており、つまりは峯寺は出雲大峰修験の力にチベット仏教の力がくわわった、スピリチュアル的にいって絶妙なハーモニーをかなでている(ような気がする ちなみに霊感ゼロ 笑)。

 さらにチッタマニターラーは無上ヨーガの女性の仏である。同じく女性であり無上ヨーガの尊格であるダーキニーの灌頂が行われた地なら、チベット的にいっても非常に縁起がととのった聖地と言えよう。

 ただし、自分が受者というあたりで、すでにもうダメダメだが(笑)。

 それに、前回お参りさせて戴いた時には、峯寺のたつ山「弥山の頂上に昇りたい~」といったら、「そんな靴では無理です。まむしがでます」と言われたので、今度はしっかりした靴を履いていって、まむしはポチにボディガードになってもらうことにして、風土記にのる古い山弥山にのぼり、歴史ある出雲の地を国見する。
 
 とこのように、何か楽しくなってきたところで、ご報告。

 峯寺様から伝授の場を貸して戴く御礼の意味も兼ねて、僭越ながらチベット仏教の入門的な講演会を開かせて戴くこととなりました(無料)。講演の後にはチベット料理のテントゥクのご接待もあります。お茶室が三つもあり、松平不昧公の手になるお庭もある純和風の峯寺が、この時だけ一瞬、チベットとシンクロします。

 表現は違うけど、二つの仏教の精神は実はそんなに遠いものではありません。テントゥク準備の都合もありますので、事前に峯寺さまに人数をお知らせください。

時日:平成22年5月3日(祝)午前11時から1時間の予定
場所:出雲大峯 峯寺 島根県雲南市三刀屋町給下1381(空港から車で30分)
入場料:無料 テントゥクご接待もあり。
峯寺電話番号 0854-45-2245  FAX 0854-45-5105 
Eメールアドレス:

mineji

一口メモ:峯寺は雲南の幽邃な山奥に鎮座されておりますが、空港からは車で30分なので、へんに新幹線や在来線を乗り継いでいく場所よりは短時間でつけます。また、峯寺は修験道の山として知られておりますが、食いしん坊さんたちには精進料理が戴けるお寺としても有名です。今回お見えになられない方でも是非、お食事に、参拝にどうぞ!

峯寺の歴史やお祭りについてはこのページ"が結構充実しています。
[ TB*0 | CO*9 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 出雲
モモ@八尾 | URL | 2010/04/15(木) 11:50 [EDIT]
8百万の神様のいなくなる神無月が
一番仏教色の濃い時期になると思いますが
平岡先生の直感を信じてみましょうか。
石濱先生の登山靴姿もなんとなしに拝みたい気もしますが、
今回はこの間直感(笑)で買ってみた宝くじがあったっていたら
ぜひ参加したいです。
各地に飛ばれての講演大変だと思いますが、
なにとぞお体の調子を整えられて参加されますよう。
● 行に適した場所の条件
koichi | URL | 2010/04/15(木) 17:09 [EDIT]
このたびは、突然のお誘い、失礼しました。

 伝授や修行場所の条件について、ガンワン先生は、5つの挙げられました。
1、食物や必要なものが揃う所。
2、気候がよく寒くも暑くもない環境。
3、聖者がかつていらっしゃった場所。
 峯寺は、元々大峰山の山開きの鍵を預かっていた、密教の山岳修行のお寺ですし、ガンワン先生が灌頂をされ、遷化された後に、遺言により、ダーキニー像が送られた寺です。
 聖者がその場をお加持した力で、初心者が行をする場合、その加持を頂くことができるとガンワン先生はおっしゃっていましたが、それに相応しいのではと思います。
4、助けて下さる方が居て、指で指したり、「あれ」とかいっただけで分かってもらえる環境。
5、読む経典などの口訣がある者がいること。
 
 以上の条件が満たされるのは、五月の峯寺だと思って、今回お誘いしました。
 私はチッタマニターラの口伝をガンワン先生から頂きましたが、生起次第はDVDで24時間分あります。全部確認して、峯寺での限られた時間でエキスをお伝えする所存です。
 眼から鱗落ちますから、楽しみにしとってください。
● 残念
Penba Yakdu | URL | 2010/04/15(木) 21:53 [EDIT]
またもやカルマが導いてくれませんでした。残念の極値!
平岡先生と石濱先生のW伝授を逃すなんて、よほど前世が悪いのでしょう。いや今の徳の無さガンワン先生にばればれなのでしょう。
いつも空けているのに今年のGWに限ってチベット行きの約束してしまいました。遠くチベットのコンガ山で波動をキャッチします。

峯寺弥山山頂は出雲大社遙拝所になっています。あそこは霊感ゼロでも感じます。ご案内したかったなあ・・・。

シラユキ | URL | 2010/04/15(木) 23:28 [EDIT]
>モモさん
そちらこそ、お体をいたわられてください。今回は講演メインではなく、平岡さんから伝授を頂戴するためのものなので、じつは喜んで行かねばならないのです。怠けグセにむち打って・・・

>koichiセンセ
いや、こちらこそ失礼いたしました。この伝授を行う場の条件って、なんか密教経典にたしかに書いてそうな項目です。ラムリムにある「弟子としての資格」みたいなのを見ると、自分あてはまらない項目が多いんですよね。印が覚えられるか不安です。

>Penbaさん
伝授は私が平岡さんから個人的に頂戴するものなので、私の講演だけのために九州からわざわざ聞きにきていただいたりしたら、かえって心苦しいです。チベットのミニヤコンガを満喫してきてください。


みねまつ | URL | 2010/04/16(金) 09:01 [EDIT]
ガンワン先生が峯寺に残されたことを、あらためて感じ入りました。住んでるものがもっとしっかりしなくちゃ、と自省しております。何かとご不便感じられるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

早朝弥山登山、とても気持ちいいと思います。ポチのボデーガードほど頼りにならないものはないですが、伝授期間中に登れば、きっと清々しいものがあると思います。楽しみにしております。

manuel | URL | 2010/04/16(金) 20:29 [EDIT]
アムド地方は確か法王様の故郷でしたね。
それだけに今回の地震には胸を痛めておられるでしょうね。

今のところはチベットハウス等から募金のお知らせはありませんが、その時はぜひ協力したいですね。

まこと | URL | 2010/04/17(土) 10:05 [EDIT]
ジェクンドの地震、次第に情報が入って来ましたが、非常に厳しい状況ですね。法王様のご加護を...

講演会、ぜひ拝聴させて下さい。実は僕、日本のチベット在住の地元民だったりします。あ、センセー、サインも下さいっ!
あと、もしや、平岡宏一先生もご一緒に?こりゃえらいこっちゃ!
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2010/04/17(土) 15:51 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

シラユキ | URL | 2010/04/19(月) 08:52 [EDIT]
>みねまつさん
 お世話になります。Koichi先生から「すけじゅーる」が送られてきました・・。。山頂にのぼるのも儀式の一環に組み入れられています・・。

>manuelさん
 法王様の生地は確かに同じアムドの青海湖の近くです。アムド大地震についてはいろいろな形で募金活動が始まったみたいですね。現地に確実にとどく募金に協力したいですね。

>まことさん
連休中、いろいろご予定もおありでしょうに、すみません。汚い字でよろしければサインいたします。

>ASさん
よくチベット仏教の仏様をごらんになった方が、日本仏教とは違いますねえとおっしゃいますが、たしかにその教えの内容を見ていると大乗仏教の精神は共通していますよね。表現方法が違うだけ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ