白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2010/04/19(月)   CATEGORY: 未分類
逆境の乗り越え方
 金曜日夜から土曜日にかけてキョーレツな頭痛に悩まされ、寝込む。気候不順とか年齢とか、いろいろ思い当たる節はあるけど、あまりにもひどいので、くも膜下出血とか脳腫瘍かと思ったよ。何しろ父は白血病、母は直腸がんでなくなっているので、遺伝からいって何がおきてもおかしくはない。

 しかし一応日曜日には痛みはとれたので、例によって「ま、いっか」で詳しい検査はしないことにする。母方の祖父母はまあ長寿だったので、自分は隔世遺伝であると思うことにする(逃げ 笑)。

 不幸は特定の人をねらいうちにするように見えるときがある。たとえば自分についていえば、すでに父親が死亡していた状態で、母親がなくなった時には、世の中にヨボヨボの両親がそろっている同世代の人たちが沢山いることを考えると、どう考えても運命のいやがらせを感じた。

 チベットもそうである。
何も悪いことをしていないのに中国に占領され、社会主義をおしつけられ、飢えや拷問で多くの人が命を落とした上に、今回の地震である。前回のアバ大地震と異なり、今回はチベット人居住域のど真ん中。そうでなくとも少ないチベット人の人口がまた減った。
中国共産党の人災に天災も重なり、まさにフルボッコ状態。

 こんな時は嘆いても恨んでも仕方ない。ダライ・ラマ法王がチベット人にこう呼びかけているが、これは真理だと思う。

大きな苦しみがおきてしまった。しかし、悲嘆にくれていても仕方ない。なくなった方も、被害にあわれた方も、これは〔別の生き物の命をとるなどした〕業の結果である、この出来事で業は浄化されると思いなさい。
 また、この逆縁を善を行うチャンスに変えなさい。なくなった方のために祈りましょう。

 つまり、チベット仏教的にいえば、逆境・逆縁は成長のチャンス。
 ガンワン先生も晩年、ガンと闘病されていた折、余命を宣告された時も動揺せず、かなりおつらい状態になっても苦しいともつらいとも、一言もおっしゃらなかった。それどころか、「自分のこの痛みは誰かの痛みをひきうけてこうなっていると考えると、つらくない」とおっしゃられていた。

 病の苦しみも自己の業を精算したり、ほかのものの苦しみを背負ってなっていると考え、心の訓練の場に変えてしまう。実際苦しいからといってのたうちまわっても、まわりに八つ当たりしてもいいことはない。頭痛がしたら、これも誰かの痛みを引き受けてなったものと考えれば、修行となる。ちなみに、自分は頭痛の間、ダンナ様にやつあたりをしつづけた結果、うざがられて放置されました(笑)。

しかし、ド凡夫のワタクシでもなんとなくわかるのは逆境を成長のチャンスに変えること。自分は、母親が失ったとき、いかに未熟で親不孝であったかに気づき、自分というもののダメさ加減に気づく契機になった。そして、悲しくて仕方のない気持ちを分析してみて、それは自分を愛し気にかけてくれる人がいなくなった、という、自己を哀れむ気持ちであると知り、みっともないので悲しむのをやめた。

それに、あまりにも両親が短命であったため、人間はいつ死ぬかわからない、ということが体でわかり、重要なことは後回しにせず、今ここでやる、というクセがついた。

 一言で言うとタフになった。
 もし、両親が今も生きていたら、自分は何となく幸せだったかもしれないが、自分のアホさ加減には気づかないままだったろう。
 
 まあ、今もまだ学ばねばならないところ、改善せねばならないところがあるのはわかっているが、とりあえず問題に気づいているところが、問題を自覚していない頃より成長したと自分では思う。

 ダライ・ラマが祈願するのだから、なくなられたチベットの方はきっといい冥福を得ることができる。
 そう考えることにしよう。
[ TB*0 | CO*12 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2010/04/19(月) 14:03 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

T-T | URL | 2010/04/19(月) 15:55 [EDIT]
いつか、不幸が幸せに転じること、その力を貸してくれる、神か仏かを信じたいです。

シラユキ | URL | 2010/04/19(月) 16:23 [EDIT]
>TTさん
神様の教えも仏様の教えも、逆境を成長の契機に変えるのは、結局本人が心のトレーニングしてできるといってるんですよね。
生涯修業っちゅーわけです。
● メンテナンス
noriko | URL | 2010/04/20(火) 01:05 [EDIT]
先生の頭痛、気になります。同僚が先月クモ膜下出血で亡くなりました(脅しではありません)、何でも普段のメンテが大切、検査をお勧めします!
大地震に遭われたチベット人へのダライ・ラマ法王のお言葉から、仏教の奥深さというものに、改めて感動しました。
亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

がんちゃん | URL | 2010/04/20(火) 13:41 [EDIT]
すぐ健康診断受けてください!!この年で先生とお別れしたくないです…

私は不幸なことがあると、なんとなく試されてるんじゃないかって気になります。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2010/04/20(火) 16:51 [EDIT]
ギャワ・リンポチェ様の貴重な動画をありがとうございます。
げい下のお顔を、動画で拝見できるだけで、とても幸せです。
大地震の災害に遭われた方のご冥福を、こころから、チェンレシーにお祈りもうしあげます。
● チベットのきっと報道されない惨劇と先生の頭痛
モモ@八尾 | URL | 2010/04/20(火) 22:15 [EDIT]
どちらも不安で仕方がありません。
こういうときどこに祈願すればいいものか。
まだまだワタシは勉強不足です。
一部の中国の不届きな奴によって
カンパや補給が途絶えませように。
薄い懐ですが出来るだけ寄付金を
したいと思います。

けい | URL | 2010/04/20(火) 23:00 [EDIT]
私も母が逝ってしまった頃、子供も持てなかったり、「なんで私ばかり…」と僻んでばかりいました。チベットを知り、少しだけ考え方が変わり、心が軽くなりました。

今は毎日修行させていただいて、有難いと思って暮らしています。
こんな私をも多少はマシな心持にさせてくれた、チベットの文化が無くなりませんように。
悲しいニュースですが、世界中がまた中国共産党とチベット人の動向を見守ってます。
自分に出来るだけの支援もしつつ、ダライラマ法王のおっしゃるように、亡くなった方々のご冥福を祈りたいと思います。

ハマーン | URL | 2010/04/21(水) 00:40 [EDIT]
奇遇ですね~。私は日曜日に強烈な頭痛に寝込んでいました。
このところ特に人間関係はすこぶる幸せですが、肉体的に色々不具合が出て不幸せです(笑)
気候と血圧、呼吸器系の疾患は関係があると聞きますので、ぜひ先生もお体ご自愛くださいね。
● こんにちは
あおぞら | URL | 2010/04/21(水) 06:21 [EDIT]
チベット仏教好きのあおぞらです。いつもブログ拝見しております。

私も学生時代に母親を亡くし、自身の未熟さ親不孝さを心底感じました。親が亡くなることは哀しかったですが、ほんとうに多くを学び、成長できたと思います。

逆縁を善を行うチャンスと捉える発想は本当に大切ですね。

チベットの方のため、天災で命を落とされた方のために、心より祈りたいと思います。

カルマ・フォーチュン(♪♪) | URL | 2010/04/22(木) 13:26 [EDIT]
>モモ@。。さんへ
こうゆうときこそ、ダライラマ法王げい下のお写真ですよ。
ぼくなんか、旦那が反対されようと何言おうと、台所に、本から切り取ったお写真はって拝んでます。
回りまわって、ほんものの、チェンレシーやマンシュリーにいつか必ず届くと信じていれば、日本国内の何処のお寺でも、構いませんけどね。
デモ、厄払いは、身代わりじぞうさんが、一番のようですよ。

シラユキ | URL | 2010/04/24(土) 00:18 [EDIT]
>あくび母さん
こちらこそ、ありがとう。

>norikoさん
たぶん大丈夫ですよ! もうあれから頭痛しませんし!ご心配おかけしてすみません。


>がんちゃん
「試されている」というのは、何か一段たかい神様のような人に見守られているような感覚ですね。おそらくその試されているのは、自分の良心とか、善い人間であろうとする気持ちとかが、逆境にあって醜態をさらしそうな自分を糺そうとしているんですね。


>カルマさん
こうして祈ってくれる方がいる社会って、ある意味幸せですよね。日本も天皇陛下が祈ってくれていて、そういう人がいる社会ってなんか、そういう人がいなくなった社会よりもずっと恵まれている気がする。

>モモさん
ダライ・ラマ法王事務所は比較的まともな寄付先だと思います。あとは英語になっちゃうので、英語ができないとちょときついでよすね。

>けいさん
けいさんもお母さんがいらつしゃらないのですか。不幸自慢になりますが、自分は30の時にはもう一人でした。しゃれになりません。

>ハマーンさん
日記を拝見しているといろいろお体が不調なご様子、おつらいですね。早く快癒されることをお祈りしています。おかげ様で自分は今のところは頭痛はぶり返すことはありません。きっとあの日は季節外れのみぞれがふっていたので、脳がみぞれになっていたんですね。

>あおぞらさん
あおぞらさんもお若い頃に苦労されたのですね。私は母はなくなっても、母が教えてくれたこと、伝えてくれたことを通じて、まだまだ自分を間接的に守ってくれているような気がしてなりません。親って偉大ですよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ