白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2010/07/03(土)   CATEGORY: 未分類
砂マンダラ・トーク
 金曜日は大学で授業を三コマやったあと、ダッシュで有楽町にむかい、あいだみつを美術館で作られているマンダラの解説。今年はダライ・ラマ法王生誕75周年ということで、七月六日の誕生日にあわせた砂マンダラ作成ならびに記念連続講演なのである。

 最初は授業の直後で疲れているからムリとお断りしたのだが、ヴォランティアの講師もそうそういないだろうし、そもそもマンダラを解説する人がいなければせっかく砂マンダラをつくっても来た人もわけわんないだろうし、と引き受けることとする。しかし、会場についてみたらタシルンポのお坊さんが、砂マンダラを前にちゃんと胎蔵界マンダラの解説をしていた。私の存在意味なし(笑)。

 ていうか、関係者がみつからず、パソコンの設定をどこに頼めばいいかわからない。まぎれこんだコーナーでカメラマンの野田雅也さんがなぜかバター茶のバーテンをやっているのを発見。学園祭か。

 つか、会場狭い。お客さんに立ち見とか地べた座りとかさせて、もうちょっとどうにかならないものでしょうか。タシルンポのお坊さんが胎蔵界の説明をしていたので、私はチベット文化においてマンダラがどういう意味を持つのかという一般的なお話に重点をおくことにする。

 チベットではマンダラは修業のため、あるいは灌頂などの入門儀礼のため作られる。さらに言えば、僧院内で唱えられる声明、舞踊、音楽などもすべて仏教の修業の一環としてなされるもので、それ単体として鑑賞の対象にするものではない。

 マンダラの場合も、灌頂儀礼などの場合、導師が聴衆に対して仏教を説き、聴衆が一定の理解に達したと思った瞬間にマンダラの構造を明らかにする。だから、本来は今回のイベントのように修業や儀式と切り離してただマンダラをつくり、それを多くの人の眼にふれさせるということは伝統的には許されることではない。

 私は本当は阿修羅王を博物館でみるのもあまり好ましいことではないと思っている。仏像は本来の伝統の文脈の中で拝されるのが望ましく、美しい女性を鑑賞するように仏像についてあれこれ言及するのはもう末世もきわまった感がする。

 日本仏教はいまや形骸化してしまったので、このような私の感覚はなかなか理解されないかと思うが、たとえばキリスト教世界において、マリア像が単なる美術品として博物館に展示されて、衆人環視にさらされるような状況を考えたら、その違和感は分かるかと思う。マリア様をキリスト教の伝統世界で見上げる人々にとっては、ミケランジェロが作った芸術性の高いマリア像も、スペインの田舎の祠の中にあるなもない素朴なマリア像も本質的には変わらないものであろう。

 チベットにおけるマンダラも美しいけれど、見せ物ではない。だから本来このようなピンでつくることはしないものだが、まあこんな状況(国がなくなってしまって食べていけない状況)なのでこのようなイベントが行われているのである。

 でも、声明を組み合わせたり、お坊さんがマンダラの説明をしたりしているので、できる範囲内でがんばっているとは思う。
 

 マンダラの形は、世界の中心にある超高山(須弥山)、そのてっぺんにある転輪聖王の宮殿をかたどっている。つまり、マンダラは外的には「全世界」を表している。

 しかして、マンダラは、全世界を表すと同時に、われわれの意識が修業の結果、仏様の意識に変わった時の脳内構造をも表現している。

 チベットのマンダラはどのようなものであれ、必ず東西南北の四方を四色に塗り分け、中央に本尊を据えその四方に四人の仏を据えるが、これは、「根源的な意識」とそこから派生する四つの意識を示している。つまり、世界を表すと同時に、内的な意識の構造をも表現しているのである。

 チベットでは王宮も寺院もこのマンダラ型に建てられるので、そのお寺で一番高位の僧は本尊とみなされ、その寺院の一番上にお部屋がつくられる、などのマニアむけ話をする。
 
 授業の後で疲労困憊だったため、かなりいい加減な感じになったと思うが、疲れていたので許して下さい。

 平日の夜遅くであるにも関わらず、多くの方におこしいただき本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

 砂マンダラは日曜日はこわされます。午後二時から僧侶による舞踊、三時から砂マンダラ完成法要、ならびに、破壇(はやっ)、四時半から川にながしにいくとのことです。時間に余裕のあるかたは完成したマンダラを是非みにいってみてください。
[ TB*1 | CO*8 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2010/07/05(月) 15:01 [EDIT]
金曜日のお話、ありがとうございました。
先生のお話(本来そうカンタンに見られるものではないこと)うかがって、拝見できる幸せをかみしめました。
僧侶の先生が、曼荼羅について、タンカについて、美術品として見ず、仏として見てほしいこと、加持を受けた数珠やお守りを汚いところへ置かず、大切にしてほしいことを、機会がある毎にお話されていました。僧侶の方の苦悩を垣間見る思いがいたしました。
でも、川へ流す儀式の最後に、たくさんの方に砂曼荼羅を見ていただいて嬉しい、ともお話され、やきもきしてしまった私としては、ほっとしました☆

けい | URL | 2010/07/06(火) 01:10 [EDIT]
先日は先生の大変興味深いお話まで伺えて、とても楽しい講演でした(笑)ありがとうございました。

砂曼荼羅を見る機会には初めて恵まれたので、初日、先生の講演のあった中日、最終日と、勤務シフトの休日を万全の体制で整えて心待ちにしてました。

初日に訪れた際、部外者ながら心配で、あれこれ生意気な口出しをしてました。

そのせいか、最終日にはなぜかスタッフをさせていただくことに…!
口でばかり言ってないで、自分もやってみろ、というお導きでしょうか?

最終日は先生にご心配いただいたとおり、大変な状態だったのですが、一人も声を荒げて怒り出す方などもなく、

これもタシルンポ寺院のお坊様方の徳の高さ、法王事務所を初め、周囲で支えてくださるみなさんのお力添え、それから、来場されたお客様が慈悲深い方ばかりであったと、本当に恵まれた状況でした。

今日はダライ・ラマ法王猊下のお誕生日ですね。
猊下のご長寿とチベットに自由と平和が訪れることを、心よりお祈りしております。

シラユキ | URL | 2010/07/07(水) 18:30 [EDIT]
>どなたさん
 こちらこそ、ご来場ありがとうございました。チベットのマンダラや仏画や仏像は基本的に美術品ではないんですよね。作図法も決まっていますし。だから昔からアートか否かという論争があるんですよ。食べていかなきゃいけないから、売買も否定できないし、微妙なところです。

>けいさん
わたしもあの会場の狭さにはびっくりしました。横浜講演でチラシを配ったのが大きいのでしょうか。最終日の混乱の中で、中に入れない人から入場料とらないとか何らかの配慮をされたのか心配です。この前の横浜講演のコストパフォーマンスはわりとよかったですよね。

仏教勉強中@K | URL | 2010/07/07(水) 20:34 [EDIT]
こちらにコメントするのは初です、先日はありがとうございました。砂曼陀羅作成の神聖な光景には時間を忘れ感謝して魅入りました。3時からの説法や5時からのパンチェンラマ特別講演、6時からの声明などすべて前方は地べた座布団だったので3時から前方で聞いていた修行の足りない私はお尻が窮地に陥っており、先生の講演直前に椅子がみっちり配置されたので助かりました…。講演では曼陀羅についてわかりやすく説明していただき、目からウロコが落ちまくり大変有意義な勉強になりました。ありがとうございます。録音機材を忘れ必死でメモをとりまして今ノートにまとめといるのですが、東西南北の色分けが仏教における世界の表現で四大陸を表す。とのご説明の際、ここがインド、ここが中国…とおっしゃった後2つをメモ逃しまして、恥ずかしながら思い出せずにおります…。お教え願えますでしょうか?よろしくお願いいたします。鳥印を喜んで頂けて嬉しかったです。注文製作なのに文字数制限があり『ごろう様』も作れなかったのが残念です。

シラユキ | URL | 2010/07/07(水) 21:56 [EDIT]
>Kubさん
残りは西アジアと北アジア文化圏なので大したことはいってません。平凡社東洋文庫に玄奘が記した大唐西域記がありまずか、この冒頭に仏教の世界観と実際のアジアの文化圏を認識した最初の記述があります。参考にしてください。

仏K | URL | 2010/07/07(水) 23:59 [EDIT]
お忙しいのにありがとうございます。今回の展示と講演で、曼陀羅の奥深さに感銘を受けました。さっそく参考にさせていただきます。

Hisano | URL | 2010/07/09(金) 12:59 [EDIT]
金曜日のお話、どうもありがとうございました。
先生の講演も満員でしたが、最終日は、満員電車さながらの状態でした。
昨年は、今回来日された僧侶の方が、観音菩薩の許可灌頂を行なって下さったのですが、灌頂の儀式が終わった際「今回、灌頂を受けられた方の10名でも、これから仏教の勉強を続けて下さる事を願っています」とおっしゃられたのが、何とも日本におけるチベット仏教への理解の現状を表しているように思えました。
100名以上の方が受けられていましたので、1割という事ですが…
今回、砂曼荼羅を拝観された方達の理解もどうなのか気になるところではあります。

シラユキ | URL | 2010/07/11(日) 23:44 [EDIT]
>Hisanoさん
たしかにご縁のあるごく一部のかたでもいいからチベット仏教の空思想や菩提心について毎日考えてくれる人がでてくれると、このようなイベントも無意味にはならず、チベットのお坊さんたちも来たかいがあるというものです。

TRACK BACK
TB*URL
● チベット砂曼荼羅の世界
YTR3320 2010/07/04(日) 21:01
 先週金曜日(2010年7月2日)に東京国際フォーラムでチベット砂曼荼羅を観て、解説、チベットからインドに亡命してきた僧侶による中国政府に囚われてしまったパンチェン・ラマについての話(伝聞情報)やチベット本土で中国による弾圧が続いている状況についての話、早稲...  [続きを読む]
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ