白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/08/11(水)   CATEGORY: 未分類
人の囀りって・・・
 ツイッターの使い方を全然理解しないうちに、フォロワーが増えてきて、いやあ、こまった、こまった。わけわからん。ははは。

ぶっちゃけた話、実は自分、ケータイもったのだって今年の三月なのである。しかも、厳密に言えば「持たされた」もの。

 今まで、どうしてもケータイが必要な場面ではダンナ様のケータイを借りていたのだが、そのダンナのケータイをご丁寧に外国で落としてしまった。そしたら、ダンナ様がある日、「これから落とすのなら自分の落としてね」とショップで一番安いケータイを私にもってきた。
 
 その時、ちょうどキャンペーン中だったのか、ショップが、白い犬がくっついたトイレットペーパーかけをくれて、今も装着されている。

この犬、振動を感じると、北大路きんやの声で「その手でさわるな」とかしゃべったりして(じゃあトイレットペーパー入れになんかなるな 笑)、「ああ、これが噂にきくおとうさんか」と我が家がついに孫正義に陥落したことが実感された。

 しかし、このケータイ、メールを受ける設定も、ネットにもつなぐ設定も何もかもわからんので、単なる「でんわ」。しかも、外出の際にもってでるのを忘れるため、「ケータイ」ですらない。名付けて「家におきっぱ電」もっと言えば常時「充電死んでます電」、つまりケータイという定義にはあてはまらない。

 しかし、呼び出し音だけは我が家の愛鳥ごろう様の雄叫びにカスタマイズした。

 こんな人間がいきなりツイッターである。

 なので、わけわからん。あ、でも、私にこれまでツイートしてくださった方々、ちゃんと読んでます。ツイッターで自分のサイト検索して(きっと他のやり方があるんでしょうね 笑)。でもどうやったら表示するかとか仕方とかわかんないんですよね。ははは。

 でも、ブロックの仕方だけはまっ先に覚えた(笑)。

 うちのゼミでもツイッターをやっている子は、飲み会の最中とかでもケータイとりだして書き込みをしている。こういう実況がいいんだろうけど、ナマの人間が回りにいる時くらいは目の前の人間と交流しろよ、と思う。

 小さな子供や老親を抱えて孤立しがちな女性、何か問題を抱えて不安な人、共通の話題でもりあがりたい人同士には、ツイッターは空間をこえて「大丈夫」「「私もだよ」と共感の輪でつながることは精神衛生にいいであろう。

 これなら、140字でできる。
 
 しかし、ものを考える時、研究をする時は、ツイッターは不要。ランケーブルは抜かないと思考に集中できないし、何か考えがまとまりかかってきたら、今度は生身の人間との会話が思考をまとめるのに役に立つ。人に説明することによって、自分の考えもまとまってくるからだ。そして何かを明らかにしても、典拠や論拠をあげて体系的に説明するためには140字は短すぎる。

 その日よんで心動かされた名言でもあげようかとも思ったが、これどんどん沈んでいくからメモにもならないし、間に俗っぽい言葉がはいるとムードが壊れる。運営会社が倒産したらこのデータ自体もすっとぶだろうし。記録を残すという機能としてはあまり有用でない。

 まあ、直感的にいって、ホームページ>>>ブログ>>>>ツイッター>>>と、この流れ、やっぱ頭を使うよりは、情緒化、アホ化の極みに向かっているような気がする。

 我が家の窓辺には毎日、日の出と日没の時、様々な鳥がつどっていっせいにさえずる。これは朝と夕方、鳥たちは群であつまって互いに「一日がはじまるねー」「今日もおわったねーおつかれー」とかコミニュケーションをとりあっているのである。私は鳥が大好きなので、この囀りをきくと本当に和やかな気持ちになる。

 しかし、人の囀りであるツイッターは、たしかにみながさえずっているが、そこに参加している人には、個があるのみで、群としての一体感も、安定感もない。コミニュケーションをさらしているといっても基本は一対一である。お互いの顔も見えていない。

 はっきりいうと、人の囀りは鳥の囀りに比べるとヤンデル。
[ TB*0 | CO*10 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

おりぼん | URL | 2010/08/11(水) 09:49 [EDIT]
こんにちは、おりぼんです。
毎日暑いですが、ごろうちゃんも先生もお元気ですか?

イシハマ先生、携帯もったんですね!
でも、携帯しない携帯なんですね(笑
それでも、ただ友になりたいと思ったおりぼんでした(*^-^)

あくび母 | URL | 2010/08/11(水) 10:17 [EDIT]
わたくしも、持たされたくちなんですが、道でもどこでも所かまわず携帯夢中人みるとなんか新興宗教みたい。
ツイッター拝見しました、同様で不慣れな高齢者ゆえ、フォロワーとのかみ合わない会話のようで、むずかしいですね
そして、タダトモになれないのが残念。

まこと | URL | 2010/08/11(水) 12:07 [EDIT]
暑いですね。西日本は台風が近付いています。

>人の囀りは鳥の囀りに比べるとヤンデル。

まさにそう思いますね。チベット仏教が口伝を大切にしていることなどは、現代のネット社会の対極にある、地に足のついた豊かな文化継承の証しであると思います。
ネットは便利ですが、本当はその膨大な「情報」の中に大切な真理は何ひとつないですもんね。まず自分の経験じゃないし。大事なものは、自分の中や人とのコミュニケーションの中にしかない。
などと、わかったよーな事言いつつ、ツイッターにハマってる僕はなんなんだろー、と実際は反省頻りです。まさにアホ化の極み。漢字書けなくなったし...orz

あ、センセー、関連ツイートは右側の @ユーザー名 でチェックできます。しっかし、すごいフォロワーの伸びですね!

では、暑い日が続きます。ご自愛下さい。

波羅多 | URL | 2010/08/11(水) 15:03 [EDIT]
はじめまして。いつも楽しく拝見してます。
先生がツイッター始められたとの事で、法皇様が始められた時でさえ腰を上げなかったけど、とうとう私も始めようかと思ってやっぱり辞めました(笑)
(法皇様のツイットはFacrbookと同じようだし)

私も我が家で餌付けしているスズメのツイットに夢中です。
朝5時から賑やかなツイット、もといシャウト(笑)
少し前まで、カワイイ盛りの子スズメが親に連れられてやってきていました。

残暑厳しいですが、先生も、先生のお鳥様もご自愛下さい。

がんちゃん | URL | 2010/08/12(木) 09:29 [EDIT]
先生、お久しぶりです~岩本です~o(^-^)o
いつもblog楽しく拝見してます♪♪♪
ツイッターはじめたんですね!?探してみます!

宇宙犬 | URL | 2010/08/12(木) 21:23 [EDIT]
先生、ツイッター登録なさったのですね。
いらっしゃいませ…なんて、、

ツイッターでは、URL付きでブログ更新のお知らせをされたり、そんな風に使う方も多いようですね。
大抵のツールは使い方次第で良くなったり悪くなったりするように思います。
ツイッターはチベットや中国の知識人もガンガン使っていますし、彼らやチベット支援の先輩方からの情報がリアルタイムで読めるのは、私にとってはやはり有難いことです。

それにしても、人の囀りは鳥の囀りに比べるとヤンデル…確かにその通りですね。
ふと気になったのですが、鳥ってひとり(一羽?)言は言わないのでしょうか…?

気に入ったツイートは、そのツイートの右上辺りにカーソルを合わせると出現する☆マークをクリックしておくと、あとで「お気に入り」メニューから一覧できます。

白雪 | URL | 2010/08/15(日) 00:10 [EDIT]
>おりぼんさん
パソでもメールしましたが、メール受け取りました。

>あくび母さま
ツイッターにはまっている人は、「使い方次第」というのですが、自分は「使う人次第」だと思います。

>まことさん
上記述べたように、「使う人次第」なので、まことさんが利用する分には有用だと思いますよ、ツイッター。

>波羅多さま
わたくしの愛鳥にまでお言葉をかけてくださるなんて、なんて心の美しい方なのでしょう。ありがとうございます。私の場合は事情があってはじめましたが、ツイッター、とくに必要なければ無理してやるほどのことはないと思います。

>がんちゃん
がんちゃんのツイッター、ブックマークつけてちゃんとみてますよ。ミクシと若干連動してますね。

>宇宙犬さん
使いこなしていらっしゃるんですね、尊敬します。私は新しいものが苦手で、ブックマークでお気に入りは呼んでいます。たしかに、中国で民主化運動をしていらっしゃる方はツイッターを用いていると聞いています。中国国内のヒトは彼らのツイッタ見られるのかしら。

宇宙犬 | URL | 2010/08/15(日) 10:52 [EDIT]
いえ、私などまだまだ使いこなせていなくて…ただ、情報の取捨選択には少し慣れてきたように思います。

中国国内でツイッターをやって、民主運動家や人権弁護士のツイートをフォローしている方は相当数いるようです。一度ウーセルさんに返信したら、一瞬中国人のフォロワーさんが何人か来てくれました。その後全然中国語で書かないので(中国語が得意な訳ではないので)すぐ逃げられてしまいましたが 笑。

本土に直結している情報には中国語のツイートも多く、たくさんフォローしたいと思うのですが、なにぶん漢字の山を見ていると肩が凝ります…。

norzom | URL | 2010/08/21(土) 20:58 [EDIT]
はじめてコメントします。数年前にいちど京都でお見かけしたことがあり、もっと年配の学者然とした方を想像していたわたしはたまげたものです。と、これは余談。
わたしも必要があって(職場のパソコンが、わたしの使ってるメールのサーバーをブロックしてしまったので)、先ごろケータイを持ち、また、試しに先ごろツィッターをはじめてみました。
先日のラダックの災害時には、電話がつながらない上メールも送れないという事態に直面しましたが、なんとつぶやくことはできたので、何人もの友人と連絡をとることができました。
はなはだ特殊な使い方ではありますが、ま、こういう使いかたもあるということで、ご理解たまわりたく…(^_^;)

失礼いたしました。

シラユキ | URL | 2010/08/21(土) 21:11 [EDIT]
>norzomさん
「ツイッターが災害に強い」というのは、うちのゼミ生も申していました。ラダックの洪水被害、心配です。こっちは中国政府の懐にはいる心配もなく、検問や封鎖もないと思うので少しでも復興支援が進むといいと思います。冬に成る前に。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。