白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2011/01/12(水)   CATEGORY: 未分類
インフォーマントが師に
 ご報告が遅くなりましたが、ミスター『入中論』は五日にインドに向けてお帰りになられました。

 ミスターが帰国した晩、平岡さんにお疲れ様の電話をすると、平岡さん「ちょっとええ話しがあるんですよ」とのこと。

 ミスターはアメリカとかシンガポールとか臺灣では法を説かれたことがあるが、日本は今回の来日が初めて。ミスターがインドを離れる時にはダライラマ法王の許可がいる。そこでミスターが「外国いってええですか」とお伺いをたてると、

 ダライラマ法王「外国人の聴衆であっても、あなたの説法を聞けば、前世からの業と〔ミスターに会うという〕機根という福分(幸運)によって、眠っている仏性(意識の中にある人格者の成分)が目覚める者がいるはず。行ってこい」と許しがでた。

 で、ミスターが日本を離れる際に二人の女性がお見送りにこられた。一人は由緒あるお家のお嬢さんAさんで、もう一人は研究者Bさん。

 いずれもいろいろと悩みを抱えていたのだが、ミスターの法話と灌頂会にはすべて参加され、その結果自分の中で納得するところがあったのか、ずいぶんと症状が改善されたのだという。ミスターの灌頂会は大阪ばかりではなく、出雲から東京まで各地で行われたのにその全部に参加されたそう。

 平岡さんも、「会がはじまる時に毎回見知った顔をみつけると、『ここまでこられはったのか』となんとも感慨深ったですわ」といっていたが、なんとなく分かるその気持ち。

 授業でも、一番前で欠席しないでキラキラした目で話しを聞いてくれる学生がいると、講義に気合いが入るんだよね。法話会だっていくら優れた導師がいても、弟子がだめだともりあがらない。AさんBさんの熱心さのおかげでミスターの法話会ももりあがったとのこと。

 このお二人はまさにダライラマがおっしゃった「あなたが行くことによって、外国人であっても仏性が覚醒するものもおるだろう」というその通りになったわけである。

 で、その由緒あるお家のAさんはダライラマ法王の講演にも、ミスターの法話にもいたく感動されて、これからもチベット支援をしてくれそうな感じらしい。梵天勧請以来、チベット仏教は弟子が自発的に「法を説いてくれ」とアクションをかけないと法話ができないため、こうして篤志家がでてくるのは喜ばしい兆し。

 ミスターは一月二日には高野山、三日には四天王寺を表敬訪問された。平岡さんの力もあるのだろうが、いずれも下にもおかぬおもてなしだったそうな。
 
 平岡さんは「最近、灌頂だけ受けて、そのあと密教の修行をはじめない人は地獄におちる。昔は灌頂をしなかった、今は金儲けのためにやっているのだ」などという人がいるので、ミスターにその件を聞いてみたそうな。

 すると、ミスターは、シェーラプギャムツォ(shes rab rgya mtsho)が書いたグヒヤサマージャ・タントラの究竟次第の注釈書に答えがあるという。

パンチェン・バンデンイェーシェ(パンチェンラマ三世)とロンドルラマなどがこうおっしゃっている。
「灌頂を受けて、14の誓い(根本堕罪)を破って死ぬならば、一番ひどい地獄(無間地獄)に堕ちることは明らかだ。しかし始まりのない遠い昔(無始)よりなんども地獄におちていても、それは灌頂を得た縁でなったのではない。仏陀よりもまれ(希有)なる密教(金剛乗)と、たった一回出会えたこの時に、どうして灌頂を受けないということがあるだろうか。」

 簡単にいうと、

「どうせはるか昔から何度も地獄におちてるんだから、地獄に落ちるくらいでびびるな。灌頂を受けて地獄に落ちるなんてことはない。密教に出会えるチャンスがあるなら、灌頂を受けなさい」てなかんじ。

で、灌頂を受けないデメリットの方が大きいとした上で、「灌頂を受けない人が、密教を学ぶことは法を盗む泥棒とおなじである。灌頂受けずに密教を勉強するなら、勉強をすればするほど悪業をつむことになる。」

 とのことです。

 研究者である私に関して言えば、高僧はいわずもがな、俗人の伝記を読んでいても、無上ヨーガの法を受けたり実践したりする話が普通にでてくるので、それについて解釈するにせよ、翻訳するにせよ、できる限りチベット世界の価値観の中で理解した方が絶対その史料の作者の意図したことに近い解釈ができると思うので、チベット世界に近づくために灌頂を授かっている。

 あとは、やはりチベット仏教という優れた知的遺産をバックアップしなければという使命感かな。欧米のチベット学者たちも多かれ少なかれ、自分が最初インフォーマントと思っていたラマたちを最後は師と仰ぐようになっている。

 すごい昔、ディヴィッド・ジャクソン博士(ルービン美術館)が日本に滞在していた時、私以外にも何人かいた日本人の若い研究者を前にして「さあ、きみたちがチベット研究を志すことになった、その感動体験を聞きたい」といわれたことがある。
 私を含めて日本の研究者はチベットの高僧との交流から、チベット文化の価値に気づくという「パウロの改心」をへていなかったので、いまいちピンとこなかったが、いまなら分かる。

 チベットの知的体系って、うすっぺらな教育しか受けてない日本の大学院生が「研究対象」にして「理解」できるようなシロモノでないんだよね。

 われわれは頭下げて、弟子入りをこうて、何年かかっても、その足元にも及ばないものなのだ。したがって、オノレの卑小さを理解し、同時にこの滅び行く文化を何とかささえなければあかん、という気持ちになった瞬間が、真の意味でチベット研究者になることなのだ。

 というわけで、今、本土では自由に研究できないチベット史を日本で研究しつつ、英語論文を書いてます。これ終わるまで、まとまった思考ができないので、ブログの内容がオワライ中心になるかも。ユルして。

 とりあえず、一席。

 ミスターがアメリカに滞在されていた時、

 弟子「ミスター、大変です。マイケル・ジャクソンがなくなりました!!!」

ミスター「ナムカーゲルツェン(よくあるチベット名)なんて高僧がアメリカにいたか?_」
[ TB*0 | CO*10 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

けい@Free Tibet | URL | 2011/01/12(水) 19:51 [EDIT]
>灌頂だけ受けて、そのあと密教の修行をはじめない人は地獄におちる

ええっ?!地獄?!聞いてないよ~!と、ふとどき者の私はガクブルして読んでました(笑)
14の誓い(根本堕罪)をググってみたのですが、よく分かりません(>_<。)。

無量寿如来のお経を毎日唱えて、さらに密教を学んで精進すればいいのかな…って、せっかく先生がこのブログで教えてくださったことを、全く理解してなくて申し訳ありません。。。

シラユキ | URL | 2011/01/12(水) 21:27 [EDIT]
>けい@FreeTibetさん
十四根本堕罪(rtsa ltung bcu bzhi)はチベット語のオンライン辞書ででてきますが、項目はすべてチベット語です(笑)。解説しようかと思ったのですが、そのうち三項目の解釈がいまいち分からないので、それを確定してからあげますね。

けい@Free Tibet | URL | 2011/01/12(水) 23:21 [EDIT]
お忙しいのに、更にお手数おかけして申し訳ありません。
どうせ私は無間地獄行き確定なので、急いで知る必要もないと思いますし(笑)、お仕事がひと段落した時にでもゆっくり教えてください。

先生のお仕事が順調に行きますよう、微力ながら修行の合間に!お祈りしています☆

案内状が来なかった・・・ | URL | 2011/01/13(木) 18:50 [EDIT]
私、今回灌頂受けてないんです・・・
引越しして1年経ったので、転送されてこなくて・・・
勉強もしたいのに・・・(涙)
でも地獄に落ちるというのはかえって
「灌頂を受ける」ということがどれほど価値があるか
推し量ることがありますね。
地獄行きにならないよう頑張って訓練します!

ちなみに何かのCMでもルチノーオカメインコが
映ってました。・・・密かにオカメブーム?(笑)
● 先生、質問。
santiom | URL | 2011/01/13(木) 22:56 [EDIT]
初めて書き込みさせてもらいます。質問させて下さい。

ヴィパッサナー瞑想者で鍼灸を勉強している学生です。男です。

チベット仏教に関する質問なのですが、 「転生」と「無我、魂が存在しないこと」についてどのように理解したら良いのでしょうか?

つまり、転生するとは何が転生することなのですか?

またこのことをチベットのお坊さんはどのように捉えているのですか?

お暇なときにお願いします。

チベットのことは不勉強でダライラマ法王のこととマスメディア情報くらいしか知らないのですが、(法王来日法話は一昨年、去年と行きました)去年の4月に四谷であったイベントにフラリと参加して(学校が近かったので)先生の本を購入してサインしてもらいました。:)
ありがとうございました。

Hisano | URL | 2011/01/14(金) 17:21 [EDIT]
ミスター『入中論』の法話会と灌頂は、一緒に行ったお友達も皆、参加させて頂けて良かったと言っていました。
確かに、これまでも何度も地獄に落ちていた訳ですから、千載一遇のチャンスである灌頂の機会を逃す事の方が、計り知れない損失だと思います。
凡夫なりに、励みたいと思います。

PenbaYakdu | URL | 2011/01/15(土) 01:45 [EDIT]
けい@Free Tibet さま
Penbaです。先生が論文ICUに隔離中なので僭越ながら、十四根本堕罪の3番目に「金剛兄弟の悪口を言ってはいけない(という意味)」があると習いました。
だから、もしこれが間違っていたとしても、私の文句はいわないで。

シラユキ | URL | 2011/01/16(日) 15:16 [EDIT]
>けいさん、Penbaさん
Penbaさんお気遣いありがとうございます。平岡さんに聞いてみましたところ、この前の無量寿の灌頂はサマヤをとくに護る必要はないようです。参考までに無上ヨーガの灌頂を受けた方は14根本堕罪の解説をあげました。Penbaさんはチッタマニ受けたので、まもることが義務づられます(笑)。ちなみに、無上ヨーガの灌頂をうけていない人はクリックしちゃだめよん。
http://tibet.que.ne.jp/okamenomori/14rtsltung.html

>「案内状がこなかった」方
今回は残念でしたね。私が知っている限りの情報はここで告知させて戴きますので、参考にしてください。

>santiom さん
何が「輪廻の主体」かというのは、チベット論理学できちんとした定義があるので、私のような門外漢はきっと正しく理解もしていないし、伝えることもできないので、もうちょっとお待ちください。

>Hisanoさん
私もこの答えにはちょっとスッとしたというか、なんか目から鱗でした。たとえば目の前で苦しんでいる人をみて「この人の人生までしょいこむことはできないんだからみてみぬふりしよう」というよりも、「力及ばないかもしれないけど、とにかくまず声をかけてみよう」というのはやはり違うと思います。まあ私も地獄落ち決定ですが(笑)。

けい@Free Tibet | URL | 2011/01/17(月) 16:16 [EDIT]
>先生、PenbaYakduさん、

お忙しい中、ありがとうございました。
では私は まだ大丈夫!ってことではないですね(笑)
無間地獄より、少しでもマシな転生が出来るよう、精進したします。

早く無上ヨーガの灌頂を受けてクリックしたーい!!



>案内状が送られてこなかった方

もうコメント見てらっしゃらないかな?
私は法王事務所のサイトで見て申し込みましたよー。
周りの知人もみんなそうでした。
ログインするたびに猊下の素敵なお言葉が出ますし、ぜひマメに覗いてみてください☆ http://www.tibethouse.jp/

santiom | URL | 2011/01/18(火) 00:14 [EDIT]
なるほど、分かりました。
お時間を取るわけにはいかないので自分で調べてみます。
ありがとうございます。:)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ