白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2011/03/24(木)   CATEGORY: 未分類
パワー・トゥ・ザ・ピーポー
 不幸な時間は体感時間ながくて、幸福な時間は一瞬に感じるというけど、いやあ、地震起きてから一日一日が長いわ。早く状況落ち着いてくれ。

 パニック映画ってのは、映画だからいいのであって、現実に『ディープインパクト』に、『ザ・コア』な日々を過ごしていると、もう自然災害モノのパニック映画は一生見たくない。チンタラしたフランスの恋愛映画みたい。

 日常が一番。


 不幸が板についたカマボコになっていて、ちょっと余震が少なくなると、昔だったら「これで収束にむかうのかな」とか思った、今は「おっきいのが来る前だから静かなのでは」とか、明らかに疑い深くなっている。

 さてナチスに占領されたパリもかくや、というひっそりとした東京において、シンディローパーのコンサートが開かれた。

 多くのミュージシャンがコンサートをとりやめる中、地震当日に来日したシンディはあえて続行を決意。彼女はもともと親日家で、ジョン・レノン追悼コンサートに出たり、地雷撲滅運動に加わったりと一線で活躍しているので、自分のできる事、すなわち歌で日本人を元気づけようとしたのである。
 
 チケットは放射能にびびって関西に逃げたとある方のものを半額でゆずってもらった。
 で、オーチャドホールにいく。渋谷はカトマンドゥかサイゴンもかくやという暗さであった。いや、十分でしょこの明るさで。デジカメで2011年の渋谷を記録しようと思うが、最近のデジカメは賢すぎて暗い景色も明るくしてしまう。ちっ。

 席は三階の壁際にはりついた前から四番目という微妙というか、はっきりいって、これこの前と同じ揺れがきたら下に落ちるだろ、という怖い席。ホールの人からも「立つな」と言われる。頼まれても立たねーよ。手すりモモのあたりまでしかないもん。

 開場間際になってテリー伊藤やデーブスペクターさまご一行が入場し、一階のまん中席に並んで席をとる。それを見て「ホールの屋根が落ちたら、デーブはかわいそうなことになるけど、壁際の自分はダイジョブだな」とか、311以後そんなことばかり考えるようになっている自分に気づく。サバイバルな毎日だ。
 
 ツァー名はメンフィス・ブルースで、ブルースの名曲をカバーしたりもしてるんだけど、スタンダードナンバーもちゃんとあって、相変わらず素晴らしい元気のでる声。57なのにステップがピッチピチ。そして、トゥルー・カラーズ、ドント・クライ(泣かないで)、などの震災を意識した曲もしっとりと歌い上げた。

 そして、最後に、こぶしを握って高く上げて、
「Power to the people」(人々に力を!)と日本人にエールを送ってくれた。

 ジョン・レノンだよ(涙)!



 そして、「〔チベサポで有名な湯川〕礼子さんの提案で、出口のところで有名人が募金箱もっています。私も後でいきます。被災者のために募金お願いしまーす」と挨拶。そうか、デーブは募金の協力のための助っ人で来ていたのか。

 私はじつはデーブ・スペクターのことは薄目で見ていた。

 その昔、彼はフジテレビでハリウッド情報を伝えるコーナーをもっていた。で、リチャードギアが第一子をもうけて、チベサポらしく息子にチベット名のテンジン君とつけた時、彼はあろうことかこのテンジン君を中国名といい、しかも、「どんな漢字をあてるかアグネス・チャンに聞いたけど分からなかった」といったのである。

 リチャギがチベット・サポーターなのはハリウッドでは有名な話で、アカデミー賞でオスカーのプレゼンテーターやった時に、中国を批判するスピーチやる人だし、そもそもテンジン君のおかあさんと知り合ったのだって、チベットハウス主宰のチャリティでだよ。それも知らないで、ハリウッド情報を伝えるコーナーに座るってどうよ。

 しかし、たぶんデーブは変わったんだ。こうやってチベサポの湯川さんの呼びかけに応えて、震災支援をしているということは、きっと今はチベットのことを理解しているよね(そう思わないと)。

 非常にシンプルな舞台で、シンディの服装も黒が基調で、ライトもムダにつかっていなかったし、節電云々して中止するよりも、あのパワーは今の日本に必要だと思った。

 で、火曜日はゲリラ卒業コンパ。震災があったため、恒例の卒業コンパを中止し、それでも本式はあるだろうと思っていたら何と大学まで卒業式を中止してしまった。「せっかく作った思い出の動画の発表の場がなくなる」じゃなくて、「今年卒業の四年生がかわいそう」ということになった。

 すると、ハイパーに気の利く性格のいい三年生の女の子が、「先生、何とか集まれる人たちだけでも集まってやりましょう」という。そして彼女はやってしまった。期待以上の働きをもって。

 いつ大きな余震があるかもしれない、電車がとまるかもしれない、放射能くるかもしれない、戦時下の開催であるため、集まる決意をするだけでも緊張する。しかし、四年生は一人(被災地に連絡のとれない親戚の方がいた。その後無事判明)を除いてみな集まってくれた。

 そして私は放射能に効くというビールの中ジョッキを片手に、インディペンデンスディのアメリカ大統領さながらにスピーチをする。

「みんな不安だろう。しかし、大丈夫だ。先生はスリーマイルも中国の核実験も、チェルノブイリもみな浴びている。子供の頃は薬害と公害のオンパレードで六価クロムだヒ素ミルクも同時代だが、こうして元気だ。両親は死んでいるけどな」

学生「結局死んでいるんじゃん」

「わたしは生きている。逆境は人を強くする。カンパーイ!」と乾杯して、恒例の動画お披露目。

 私目が二年間カメラ小僧になって学生追い回してとった写真を、独断と偏見で言いたい放題なコメントつけて好きな曲にのせて送るプレゼントである。

 今年も笑ってもらえた。動画の選曲は時節にあわせて中島みゆきの「宙船」とミスチルの「HANABI」である。


 何とあのよく出来た三年生の幹事が一人一人の卒業証書を手作りしてくれていた。もちろん、チベット国旗つきオリジナル卒業証書。そこで、私はジョッキを片手にビールをあおりながら、一人一人に証書を授与。なんとTちゃんはゼミ・オリジナル・グッズまで作ってきてくれて、感動モノ。

 四年生にこれはサービスしすぎでわ・・・。

 三年生、できすぎ・・・

で、良い感じに泥酔したし、余震があるといやだから、一次会でかいさーん、というと、みなカラオケにいくという。そこで、

私「私もうかなり酔っているし、地震がきても正確な判断であなたたち誘導できないよ」というと

学生「僕たちもう二十二ですよ、素面が何人かいるから、あの子たちに判断させましょう」ということで、いい加減にカラオケ屋にいくことが決定。


 いきなり宙船をうたわされる。今の日本はこの歌にある宙船といっしょ。サビは四年生総立ちでもりあがる。

 完全に全員ヤケクソである。

 それから、私の記憶によるとチャゲアスの『Ya-Ya-Ya』を、全員で拳つきあげてがなって、
 『リンダ・リンダ』ではねて、運動でアルコールが消化されて酔いが覚めていく。

  彼らの選曲をみていると、We are the worldとか、岡本真夜とか、前向きな曲ばかり。

 そのうち、気分は、あの往年の名画カサブランカの有名な酒場のシーンもかくやといわんばかりの、
「このままですむと思うなよ、チクショーめ!!!」という雰囲気で盛り上がったのであった。

 そのあと学生は尾崎豊の「15の夜」とか絶唱しだし、「あなたたちもうハタチすぎてんだから、盗んだバイクで走り出すのはやめてよ」といっても「いや、まだいけますよ、尾崎」とか子供である。

 この子たちはダイジョブだ。

 そして、この子たちが大丈夫な内は日本も大丈夫だ。
 
 卒業おめでとう。
[ TB*0 | CO*11 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

マニマニ | URL | 2011/03/25(金) 06:21 [EDIT]
先生お久しぶりです。というほど長く感じられるのはやはり「戦時下」だからでしょうか?
先生の文章にいつも元気もらっています。私もシンディ・ローパー大好きです。(でもオーチャード・ホールと彼女はイメージがつながらない・・。)
先生とほぼ同い年ですから私もチクロ牛乳からチェルノブイリまで経験して、今この状態ですが、取りあえず生きてますから!!

素敵な生徒さん達ですね!
特に忘れられない卒業式になった事と思います。

ps、私ディーブ・スペクターのツイートをフォローし始めました。
笑わしてくれます。脱力感が良いです。

嶺のシラユキ | URL | 2011/03/25(金) 09:19 [EDIT]
>マニマニさん
よかったあ。心配していました。プー猫ちやんがいるから、避難もできないし、確かご実家が千葉の方と聞いてましたが、ご実家は大丈夫でしたか。

タヌキ | URL | 2011/03/25(金) 13:39 [EDIT]
「大久保男子大」のタヌキ(♀)です。
戦時下においても先生のブログは欠かさず拝見し、和ませていただいています。

自分も福島出身で、家族や友人の無事は確認できたものの、原発事故に風評被害と度重なる苦難に、落ち込む日々を送っています。

放射線関係の研究をしているので、みんなに不安を相談されましたが、シーベルトだのなんだのという科学的数値よりも一番納得してもらえたのは
「30km離れてれば私の実験室より1000倍は安全」
という説明でした。(それで「ああ、なんだ、よかった!」と言われるのも少しフクザツな心境ではありますが・・・)
いざというとき理系による理系ちっくな発言が役立たないことを痛感しました。必要なのはコミュニケーション能力ですね。

自分にできるのはこんなことと節電、祈ることくらいです。
頑張れ福島。頑張れ東北。

シラユキ | URL | 2011/03/25(金) 18:24 [EDIT]
>タヌキさま
今回つくづく思ったのが、理系の研究者はソッコーで人の役にたてて、理性的判断を導き出してくれ力があって素晴らしいです。故郷の福島の復興にはタヌキさんのような方の力が絶対に必要です。
 福島が早く正常化するように、そしてご親戚がこれ以上大変な目にあわないように祈っています。

マニマニ | URL | 2011/03/26(土) 02:15 [EDIT]
いつもご心配してくださり、ありがとうございます。
実家も家の壁が少しはがれたとかの程度で、家族・友人皆無事です。うちは成田空港の近くなんで被害はほとんどないです。
でも、旭とか良く知ってる地名が被災してます。悲しいですね。

私自身は、そうデブ猫抱えて逃げられないし、この健康状態ですから今更、放射能もそんなに怖くなく、腹くくってますが、やはりニュースを見て、そして毎日地震を感じてると、さすがに参ってきたようで、ご飯食べれません。
今ならウエスト、先生より細い自信あります!
(こんな自慢が何になる?)

タヌキ様、私、食事が普通にとれるようになったら福島産のお野菜など進んで食べますから!

 頑張れ福島
  頑張れ東北 
   頑張れ日本
    and free TIBET
● 護国寺
みゃー | URL | 2011/03/27(日) 04:03 [EDIT]
初めてコメントします。
度々ご講演を拝聴しています。
今日も護国寺さまでお見かけしました。

http://www.youtube.com/watch?v=v5Hxt2CsNp8
この、きよしろーの映像を学生さんに紹介してください。

先生のような方がいらしてくださり希望が持てます。
ありがとうございます。

シラユキ | URL | 2011/03/27(日) 13:32 [EDIT]
>マニマニさん
ご実家の被害がなかったとのこと、よかったです。でも、食事が入らないとのこと、心配です。スープとか、シジミの味噌汁とか、アイスとか何かきっと食欲のツボがあるはず。私は香ばしい香りのする焼きおにぎりとかが、食欲のツボです。ムリは禁物ですが、口にできるものならなんでも食べた方がいいと思いますよ。

>みゃーさん
日本ふんだりけったりですが、津波で漂流していた人が、夜になって、満天の星を見上げて、不思議に自分が死ぬことは考えなかったといいますが、こういう時こそ、人はふんばる力ででてくるのです。不安に負けていては何もはじまりません。放射能にびびって逃げ回っているよりは、人は死すべきものなのだから、生きているうちに何かなしとげようと考えるきっかけにするといいのです。こういうときこそパワーがでます。シンディもそういうつもりで人々に力を、といつたのだと思いますよ。

のんぞむ | URL | 2011/03/27(日) 21:53 [EDIT]
東京でも、こうやってほぼ日常が続いているのだと思うとホッとします。わたしも多分センセと同年代、大阪の万博がウロ覚えなイケイケ高度成長&若い頃はバブリーな世代です。
これで日本も気がついて進路を曲げてくれたらいいのですが。だいじょぶな若いモンをかれからもどんどん世に送ってくださいね!

tsukiyono | URL | 2011/03/28(月) 00:32 [EDIT]
17日の東京公演を行ってきました。
最前列。シンディのパワーと祈りとエールを一身に浴びました。
普通の生活を送れる人は普通に生活する、経済活動を
止めてはいけないと感じました。最後の「True Colors」は凄かったですね…。

今に尾崎の「卒業」とか歌いだして16号館の窓を壊しだしそうな勢いですね!

みゃー | URL | 2011/03/28(月) 00:54 [EDIT]
本当にそうですね。私はもう人生ウン十年以上生きてるんで、ほうれん草でも牛乳でも出荷してくれれば美味しく頂くんですが・・・。
ただ今後、「原発か、停電か」と言われたとき、特に若い方々には良く考えて頂きたいです。まあでも、難しいですよね。生まれたときから電話・TV・PCがあったんですから。   にんげんだもの 

| URL | 2011/03/29(火) 14:04 [EDIT]
>のんぞむさん
被害のなかった関西の方、文字通り暗くなりがちな、東京を応援してくださりませ。関西の笑いを東京へ!

>TSUKIYONOさん
ツイッターで読みました。しかし、いい席ですねえ。シンディを間近にさわれる席じゃないですか!

>みゃーさん
そうですね。今の日本って電気というシャブをうたれて、シャブがきれると生きていけない状態。シャブ立ちができるかどうかに未来の日本がかかっていますね

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ