白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/08/26(金)   CATEGORY: 未分類
蜘蛛の糸(40万匹の殺処分を救おう!)
実はもうすぐ五年に一度の動物愛護管理法の改正が行われます。
この法律の改正にあたって環境省は一般の人の意見を広く聞いています。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069

 現在、実は日本では年間40万匹の犬猫が殺処分されています。もちろん先進国ではサイアクであり、日本の民度の低さを世界にさらす結果となっています。

なぜこんなにも多くの殺処分がでるかというと、その背景の一つにはペットを世話する能力のない人が簡単にペットを手に入れ、捨てるということがあります。

 ご存じの通り、最近はペットをインターネットや深夜遅くまで営業しているペット屋さんで買うことができます。だから中にはよつぱらった勢いで、無責任にその場の衝動で犬や猫を買う人もいて、そういう人は、世話ができなくなると捨てる・虐待するといった結果になってしまいます。。

 人間の子供が養子にとられる際には、親として引き取る人にはさまざまな調査が行われますが、ペットの場合は飼い主としてペットを世話することのできる度量・経済力・時間的な余裕があるかなどの審査は一切行われません。

 そのため、無責任な人に世話されている多くのペットが捨てられ、あるいは不幸な死に方をしています。
 
 で、このような悲惨な現状を少しでも軽減すべく、今度の法改正に際して意見をいってみませんか。たとえば、インターネットや、深夜の店頭での生きた犬・猫の販売を規制すること、母犬、母猫から子犬子猫を引き離す時期を規制することなどについて、もし、賛成という方がいらっしゃるなら、冒頭の環境書のホームページに意見を述べて戴けると嬉しいです。

 実は今週の土曜日がコメント期限です。

 忙しくて文作している暇がないという方は、以下のフォームを用いれば、必要な事項をうめて、自分が賛同できるというコメントにチェックをいれるだけで、数分でコメント完了できます(内閣府承認団体である公益財団法人どうぶつ基金が作成)。

コメント送信用フォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/070fc0ed8311

一箇所でも指定の欄が埋まっていないと送信できませんので、送信状態にならない場合は、記入もれがないかの確認をしてください。みなさんのコメントが、多くの犬猫の命を救います。命を大切にする社会は人間にとっても優しい社会です。ちなみに、私が家には大体つねに猫が一匹おりますが、お店から買ったことはありません。歴代、由緒正しいノラちゃんあがりです。


みなさんのモチベーションを高めるために、芥川龍之介の名作、蜘蛛の糸をお聞き下さい。有名なお話ですが、カンダタは極悪人であったにも関わらず、たった一匹の蜘蛛を助けただけで、セカンドチャンスがもらえたのです。みなさまがこのアクションに参加して一匹でも犬猫の殺処分をへらすこととなれば、みなさんが地獄に堕ちた暁には、天国からナイロンザイルがおりてくるでしょう。



 来世に福を積むためにも、環境省にコメント送りましょう。
 明日が期限です。環境省へのパブリックコメントの受付は今週土曜日(27日)までです。


[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 命の入れ物が違うだけで
あくび母 | URL | 2011/08/26(金) 18:38 [EDIT]
さっそく、コメント送信します ナイロンザイルが欲しいので・・・

Hisano | URL | 2011/08/28(日) 00:04 [EDIT]
なかなかコメント送信用フォームHPに繋がらなくて焦りましたが…
これで地獄に落ちた時の一縷の望みが出来ました。



嶺のシラユキ | URL | 2011/08/29(月) 14:01 [EDIT]
>あくび母さん
わたしもナイロンザイルがおりてくることを期待しています。重要なのは、後ろからのぼってくる人がいても、ほっとくことですよね!

>Hisanoさん
私の紹介がギリギリだつたのでかけこみ送信がおおかったのだと思います。ありがとうございました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。