白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/05/20(土)   CATEGORY: 未分類
カミナリ様のような一日
この一週間はハードであった。なので、今日はカミナリ様のように一日ゴロゴロする。愛鳥を枕の上にのせて午睡をむさぼる時ほど幸せなひとときはない。

のち、ときどき一般むけ原稿書き。

論文を書くについては、

せっせと史料集め→研究→論文の構成ねりねり→執筆

とそこには、ものすごい労力と時間が注ぎ込まれる。こういう時には、史料・参考書・論文コピー・辞書が山をなし、足の踏み場もない惨状を呈する。

一方、今やっているような一般の向けの原稿は、こゆーい学問をうすーくのばして、雑誌の内容にあわせて、講義口調、紀行文調、評論調などアレンジするくらいなので、らくちん。

 史料も参考書もほとんどいらないので、どこにいようが、パナソニックのLet's noteをパカパカひらいてどこどこ打ち込む。電車にのってても、組合の団交の席でも(オイオイ)、どこでもパカパカ開いてどこどこ打ち込む。私の評判もどこどこ落ちていることであろう。

 深く考えるのはやめよう。

最近、天気がよくなくいので、駅まで自転車に乗るわたくしはたいへんに不便。もともと大ざっぱな性格であるので、最近は雨がふっても自転車で駅まで行くことにした。確かにぬれるが撥水性のコートとかきてるとあまり気にならない。

自転車に傘はつめないので、当然傘なしででかけると、大学についてバスから降りると、校舎に入るまでぬれる。最近はこれも、「まあいーや」とぬれていく。
霧雨が多いので、傘をささずにバーバリのコートでしのぐイギリス人のようである。

といえば聞こえはいいが、ただの不精者ともいう。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

破顔 | URL | 2006/05/21(日) 06:53 [EDIT]
一般向けの本というのはうすーくのばしたほうが染み込みが良いみたいですね。出たら読ませていただきます。

濡れて風邪など召されませぬようお気をつけください。
● ありがとう
イシハマ | URL | 2006/05/21(日) 09:46 [EDIT]
破顔くんくらい知識をおもちだともう全部知っていることかも。
でも、すこーしくらいは「あ、こんなことだつたんだ」みたいなこともあるかもしれません。
出たら、お知らせしますね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ