白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/30(火)   CATEGORY: 未分類
愛鳥かまちの受難
我が家には四羽のセキセイがいて、みな荒である。長生きするようにみな長寿日本一になったジジババの名前をつけている。

お父さん シゲチヨ
お母さん きんさん
娘 かまち
息子 ユウキチ
調べてもらえればわかるが、ここ数年間の長寿番付けの一位ばかりを集めたネーミングである。これより、わたくしがいかに小鳥を長生きさせたいかの気合いが感じられることと思う。

しかし、昨日、わたくしのささやかな努力をあざ笑うかのような事件がおきた。

☆注 これから先は食事中の方、心臓の弱い方は読まない方がいいです。

かまちが今日、総排泄管脱をおこした。ひらたくいえば無精卵をうみすぎた結果、お尻からピンク色の内蔵がでてしまったのである。

一目みただけでそのすごさに仰天。しかし、時計をみると、かかりつけの小鳥の病院のしまりにはもう間に合わない。
とりあえず、小鳥の先生に電話をかけると、

「とにかく近くの病院ではみでた総排泄管をつめてもらえ」とのこと。

動物病院といっても本当の意味で鳥を見られる病院は少ない。しかし、そうもいってられないので、診察券のある最寄りのアーク動物病院に向かう。

さんざんまたされて、診察室に通されると、わりと腕がいいと評判の院長先生の奥さんであった(犬猫についてだが。トホホ。)。

普段はちょっとやそっとでは動揺しないエラソーな私も、こと愛鳥・愛猫の病気・怪我となると、はためにもみっともなく思いっきりとりみだす(そしてひいては二次災害をひきおこす)。あわれっぽい涙目で先生に玄奘もとい現状を訴える。

先生は一目みるや、「これは腸をおしこんで、縫合しなければいけません。しかし、小鳥は麻酔をかけるとそのまま死んでしまうことがあります。麻酔をかけずにがんばってみますが、もし麻酔をかけなければならない場合は、リスクを覚悟してください」このあたりから、パニックですよ。

私の心の声「リスクって何? リスクって何よ。薬の反対はリスク。ちがうって。リスクって何よ~~。わかんないわよ~。」

混乱する私を尻目に、先生はカマチをだいて奥にはいっていってしまった。

残された私はカマチが今あじわっている苦痛を考えるだけで総毛立ち、延命除災ターラー真言を唱えつつ、診察室内を熊のように徘徊する。
しばらくして先生が戻ってくる。「麻酔はかけずにすみました。しかし、縫合がつよすぎてフンチがでない場合にはまたきてください。縫合箇所をずらします。三四日で抜糸ですが、その後ももし同じことがあるようでしたら、ちょっと難しいかもしれません」

私の心の声「難しいって何が? 何のことよ。はっきりいえよ、いや、いわんでいい。とにかく、一言大丈夫だと言って。大丈夫だと!!!!」

そして、家に帰ってきて数時間後、確認するととりあえずフ○チはでているようだ。あとは、抜糸である。また、ふたたび同じようなことがないように、これからは絶対卵をうませてはいけない。

しかし、男の子が同じカゴにいるでなし、巣箱もなし、おもちゃもなしで、これ以上どう刺激するなというのだ。

かまちのアホ~。
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

あくび母 | URL | 2006/05/30(火) 12:40 [EDIT]
アホ~のあとにニッコリマークが付いてるような、とりあえずはよかったですね。私にも延命除災ターラー真言教えてください。お願いします。
● お大事に!!
emichan | URL | 2006/05/30(火) 14:29 [EDIT]
ああー、もうドキドキしましたあ!

今の時間帯は最大に眠くなるので、先生のブログ読んで目を覚ましましょう・・・と開けてびっくり!
目が覚めましたので、午後の仕事にかかりたいと思います。

とりあえすは元気なってよかった、よかった!
● まだまだ安心はできません
イシハマ | URL | 2006/05/30(火) 14:56 [EDIT]
>あくび母さま
まだまだ、にっこりとはいきませぬ。
これからの管理がポイントなんですよ。なんとかもう無精卵生まないように手を尽くさなきゃ。

>emichanさん
ご心配かけてすみません。コンパニオンアニマルの病気は本当に神経使います。

モモ@柏原 | URL | 2006/05/31(水) 12:19 [EDIT]
うちのモモさんもメスで、今年は4つも卵を産んで
カルシウムの補給に一苦労しています。
黄色いものに対して満遍なく発情するので
産卵をとめるわけにもなかなか行きません。
メスはメンテナンスが大変ですね。
● モモさんも大変ですね
イシハマ | URL | 2006/05/31(水) 17:56 [EDIT]
可愛いからなるべくいい環境で快適にすごしてもらおうとすると、卵生みすぎてしまうんですよね。
卵を産ませないためには、ようは環境を悪化させなければならないことだから、ごはんをへらし、うすぐらくし、冷たくする・・・。
コンパニオンアニマルをいじめなければならないとはなんか本末転倒のような。かまちは荒ですが、人はおそれないし、目をあわせて訴えるので、ひどいことはできない。ましてやモモさんのような手乗りだとたとえ彼らのためだとわかっててもそうそうできませんよねえ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。