白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/03/08(金)   CATEGORY: 未分類
春のチベット案内
春のチベット関連のイベントならびに講座のお知らせ。告知ごとに解説があります。それも読んでね!

●今週の日曜日3月10日は54回目のチベット蜂起記念日。54年前のこの日、ダライラマ法王をまもるためにチベット人が蜂起し、法王インド亡命の契機となった。今年は焼身抗議者に哀悼の意を表して、スピーチはあるもののコールなしの静かなマーチになるそうな。世の中はデモでの表現が過激化がしていく中で、チベットは相変わらず大人しい。いつもチベット・イベントに会場を提供してくださっている護国寺様では同日震災慰霊法要が行われます。こちらにもチベット僧のゲンギャウ、チャンパ両先生が参加されますので、みなさんはしごでおでかけください。

●サヤマプロジェクト寄付講座「チベット密教の基礎構造〜チベット人は即身成仏をどう考えたか〜」 
講師: 平岡宏一(清風学園専務理事・清風中学校高等学校校長、Samayaプロジェクト21理事)
会場: 種智院大学
日時: 4月10日(水)から、毎週水曜日4:20〜5:50 全15回
申し込み・問い合わせ先は 07-5604-5600 種智院大学教務課 
主宰者のHPはこちら


●二つめのご案内は、平岡先生が種智院大学で行われる連続講座。平岡センセは高野山真言宗の伝統ある檀家の家系にお生まれになり、生まれながらにお大師様ラブであると同時に、真言宗と共通点のあるチベット密教をも専門に学び・実習されている。密教を多角的な側面から学ぶにはよい機会なのでお近くの方どうぞ。はい次は↓

雪の国(チベット)の仏教と歴史
講師: 石濱裕美子 早稲田大学 教育・総合科学学術院教授
日程:2013年4月13日〜 毎週土曜日 13:00〜14:30 全10回
主宰・会場:早稲田大学エクステンションセンター
講義内容:
第1回 世界の屋根チベット(地理と歴史)
第2回 チベット仏教を特徴づける菩薩思想と転生制度
第3回 民族をこえるダライラマの権威(17世紀〜21世紀)
第4回 モンゴルのダライラマ、ジェブツンダンパ(17世紀〜)
第5回 ダライラマと清朝皇帝の関係の実態(18世紀)
第6回 壊れゆく伝統的な民族関係(19世紀)
第7回 周辺民族の植民地化に舵を切った清朝(1906年〜)
第8回 独立モンゴルの君主ジェブツンダンパ8世(1911年)
第9回 1913年のダライラマ13世の自立の布告(1913年2月13日)
第10回 チベットの対外関係---蒙蔵条約(1913年1月11日)とシムラ会議(1913年〜)--
3月11日よりこちらからお申し込みになれます。


●三つめのご案内は、自分が四月から行うチベット自立布告・百周年を記念した連続十回講義です。中国の隣にいながらいまなお中華にのみこまれていないチベットとモンゴル、その歴史と文化について楽しく語ります。こちらの方は3/11日よりここから申し込みができるように。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ