白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/03/31(日)   CATEGORY: 未分類
カンボジア お笑い編
今回、アンコール遺跡をガイドしてくださった方は、「歴史に詳しい方」と旅行社にお願いしてきていただいた方であった。彼は最初のうちは歴史の話をしてくれたが、ほっておくと軽い話をはじめ、果てはシモネタを語り出す逸材であった。

 ガイドさん「みなさん、すっぽんぽんのおしりを見たくないですか」(そもそもこの日本語誰が教えたんだ)。

 とまどう学生たち。彼が指さす先には、お尻の形の木の根が遺跡にからみついていた。カンボジアにまできて木の根でうけるか。遺跡の説明しろ。そして、私がちょっと席をはずすとガイドさんと男子学生がこれ以上ないってくらい幸せそうに談笑していて、私が「何の話してたの?」と聞いても「先生にはできない話しです」。て、シモネタかい。

 記念撮影のスポットはガイドさんが決めてくれる。
 アンコールワットとかは、正面からみると三本しかみえない尖塔が、彼のつれていってくれたスポットだと五本全部うつり、しかも前の池に逆さアンコールワットが映る。そこで、ガイドさんにまかせていると、だんだんガイドさんのノリにのせられ、時にはジャンプも強制される。

 ちなみに、中・韓の観光客の記念撮影のポーズを見ていると、中国人観光客が独特。遺跡を背景に、男はふんぞりかえり、女は天高く手をさしのべて足を前にちょっとだしたかっこつけポーズをとり、カップルは二人でハートの形を手でつくるといった具合に、個人主義とナルシシズムがよくでている。

 他人が撮影している前を横切ることすら遠慮する日本人は、中韓の観光客が多数押し寄せる観光地では、完全にお手上げか、日本人を捨てて前へ割り込むしかない。私は後者を選択した。

 ガイドさん「ハイみなさん、ここに立って写真をとると、『トゥームレイダー』でアンジェリーナ・ジョリーが地下神殿から出てきた時のアングルでとれますよ。並んで並んで~」。これも歴史関係ないよね。まあいいけど。この他にも「ラピュタ」「ラピュタ」というガイドのあとをついていくと、たしかにラピュタのラスト・シーンの大樹の根のからまる古代遺跡が・・・。て、誰がガイドにラピュタ教えたんだよ。

 そして、ガイドさんの話はいよいよ核心へと迫っていく。
 
 ガイドさん「みなさん恐竜は何年前に滅びましたか?」

 一億年?とか学生たちは首をかしげている。

 ガイドさん「では、この遺跡(タ・プローム)は何年前にできましたか?」
 
 「あ、分かった。この遺跡のどこかに恐竜の絵かなんかあるんでしょ。それでその当時のカンボジアに恐竜がいたとかそういう話にもっていくんでしょ。それね、トカゲかなんかじゃないですか。ガルーダだってあれ毒蛇を食べる孔雀とかを神格化したものですよね。トカゲですよ、トカゲ」と言うと

 ガイドさん「先生は先に話しをしちゃうから」

 学生「面倒くさい人ですみません」(失礼な)

 そして帰国後のおまけエピソード

 日本に帰ってきた翌日、チベット語の勉強会の後、ビールを買って公園で軽くお花見した。すると六歳くらいの子供がやってきて、何か容れ物をくれという。聞けば公園の池にいるエビをとるためらしい。ペットボトルの切ったものを貸してやる。そしたらエビをとってきて我々にみせてくれる。

 「人なつっこい子だね~。知らないおじさんとかについていっちゃだめだよ」

院生M「知らないおばさんにもね。そのエビ、熱帯魚屋で百円くらいで売っているよ。100円いる?」

子供「いらない」

「そういえば、カンボジアではこのくらいの年の子が絵はがきもって、日本語で一ドルっていいながら売りにくるんだよね。百円ってちょうど一ドルだよね。同じ年頃でもカンボジアではお金が目的で、日本ではお金いらないんだから、平和だよね。百円はジンバブウエ・ドルだったら一億円くらいかな」

Oさん「もうあれ使われていませんよ。友だちが昔トルコに留学した時、最初の奨学金の振り込みが40兆リラだったそうですよ。」

そんな爛れた会話をしていたら、子供はつまらなそうな顔をして、エビをおいてどこかへいってしまった。

院生M「あんなひとなつっこい子、日本では珍しいですよね。妖精さんかもしれませんね」

 私達の心はヨゴレすぎていたので、妖精さんに去られてしまった。
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 対抗して親父ギャグを
鉄血宰相 | URL | 2013/03/31(日) 22:08 [EDIT]
>妖精さんに去られてしまった。

M氏の称号に、ようせいさんは反発してしまったのでわ。院性(いんせい)だけに。

シラユキ | URL | 2013/03/31(日) 23:37 [EDIT]
相変わらず、徹底してセンスのないオヤジギャグありがとうございました。オヤジギャグは女の子の前では封印した方がいいよ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ