白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/06/05(月)   CATEGORY: 未分類
就職と外国滞在は向学心のエネルゲン
ここんとこさぼっていた仏青の近況を一つ。

読者諸氏は信じられないだろうが、あのようなホスピタリティであるにもかかわらず、なぜか入会者がそこそこ入ってきてくれた。

当面はメーリングリストで情報を交換しつつ、「聖者の一言バトン」などをまわしたりしている。

また、このうち何人かは例会に顔を出してくれ、とりあえず、部室で仏教関係のDVDをみながら、さしせまった早稲田祭のエントリーをどうするか、120周年の記念事業をやるかやらないか、などの話あいをしているようだ。

なんかあまりにも普通のサークルになってきていて、この幸せがこわい。

新しく入ってきた方々を見ていてつくづく思うのが、社会人学生さんのありがたさである。とにかく彼らは熱心。

釈尊は、若いうちには享楽的な生活を送っていて、若さが終わりに近づいた29才の時、その空しさを覚り、出家を決断した。このエピソードが暗示しているように、仏教はそもそもある程度年齢がいってから方がそのよさが分かるのであろう。

それに、きまぐれでひっこみ思案のハタチ前後の学生さんに比して、社会人学生さんは、責任感があり積極的なので、非常につきあいやすい。

社会人学生は主体的に学科を選んで入学してきて、自分で稼いだお金で授業料をはらっているため、非常に向学心が強いのである。一日仕事をして疲れていても、授業にはきちんとでてくるのでこちらの頭が下がる。

一方、一般の学生の多くは「偏差値が高かったから」「就職に有利だったから」などの消極的な理由で学科を選び、授業料も親が払っているので、全体に向学心が低い。サークル活動や友達との遊び時間には精力を傾注するくせに、そのはんぶんの情熱も勉学へ回すことはない。ただダルイというだけで授業をさぼることもある。

今回仏青をつうじて、社会人学生の方とおあいして私が刺激になったくらいだから、一般の学生に対してもさぞかし垂範となっていることと思う。

そういえば、四年のゼミに帰国子女の男の子が一人もぐりこんできた。「内定もでたので、この一年は就職や資格と関係ない、自分の本当にやりたい勉強をやる」といって、私のナショナリズムの授業をとってくれたのだ。

彼によると、彼は文学部のサンスクリット語の授業にもでているが、サンスクリット語の上級クラスは、志望者がいなかったため、廃止されたそうだ。彼の通っている初級クラスですら、たった三人しか学生がいないという。

インドの古典語サンスクリット語といえば、インドのみならず、ヨーロッパの文芸、哲学、言語学の研究にも必須の教養である。この重要な古典語を学ぶ人が早稲田四万人の学生の中で、たった三人しかいないというのは、教育の荒廃の明らかな兆候だ。

そういえば、教育学部のラテン語クラスも何年か前に人数不足で廃止になっている。

かつて学生は、史料を原語で読解したり、哲学書を原書で読んだりといった困難にトライすることに学問する喜びを感じていた。
ところが、この古典語クラスの廃止が如実に示しているように、今の学生はとにかく「日本語でできること」「楽しくできること」「わかりやすいこと」にしか興味をもたない。

みながラクにながれていく中、文化の荒廃は静かにそして着実に進行していくのだ。

頭を使わない自覚が多少はあるのか、ときたは脳トレーニングとかでおかしなクイズをぴこぴこやってるが、あれはみっともないからよした方がいい。

仏青を見ていて感じるのは、大学教育を再生するには、社会人学生と本マモンの帰国子女(外国にいたけど日本人学校に通っていたてーのはナシ)の大量採用が鍵となることである。

彼らの向学心が荒廃した教育現場や沈滞するサークル活動に何かをもたらしてくれるような気がするのだ。しかし、他人任せはいかんな。教師の方でもがんばらんとな。
[ TB*0 | CO*11 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

破顔@サンスクリット落伍者 | URL | 2006/06/06(火) 01:24 [EDIT]
私はどうしょうもない二十歳前後学生なので大きなことは言えませんが、まず同世代に、「史料を原語で読解したり、哲学書を原書で読んだりといった困難にトライすることに学問する喜び」に共感してくれるひとが圧倒的に少ない。だから学生も学問に集中しにくいという悪循環が起こっています。なくなってきているのは授業だけではなく「中国古典研究会」というサークルも人がいなくて消滅しました。わが仏青もそうなりそうだったのです。
私は授業料を親に払わせていますが、漢文を使った授業などで1行しか進まない、それでいて内容にもほとんど入れずに初歩的な文法なんかで1時間半が費やされている授業なんか、自腹じゃ絶対取らないでしょうね。でも専修の必修なのです。ほかの受講者がどう思ってるか知りませんが、個人差が開きすぎというのはデキの悪い学生の私ですら感じます。
某マイルストーンのイシハマ先生の文学部の授業には「大学の授業らしい授業」と書かれていますが、学生もそのあたりはわかっているのだと思いますよ。

文学部は改革されるらしいですが、どうなることやら。
● じつは私もサンスクリット落伍者・・・でもやるだけマシ!・
イシハマ | URL | 2006/06/06(火) 06:53 [EDIT]
そうなんですか・・・。サークルの中で「~研究会」は歴史があるものが多いけど、どこも学生が集まらなくて大変みたい。何でも始めれば面白いと思うんだけど。
ちなみに、破顔くん、わたしも『サンスクリット文法』かったにもかかわらず、挫折しました。だから、「トライしただけまし」ということにしましょう(腰砕け)。

アメシィー | URL | 2006/06/07(水) 09:22 [EDIT]
 外国語を勉強している私が言うのも何なのですが、外国語で史料を理解できる楽しみはどの分野でも必要なんじゃないですかね。
 教育のラテン語が無くなっていたんですね!西洋史に必要な言語でもなくなったのでしょうか?
● 実は私も・・・
もんがらかわはぎ | URL | 2006/06/07(水) 10:26 [EDIT]
実は、●●年程前他校ですがサンスクリット語とパーリ語を大学で2年勉強しました。
・・・が、卒論でガルダを取り上げた時「もっと勉強しておけば良かった」と後悔しました。
原文をほんのちびっと読むだけなのに膨大な時間と労力がかかり、挫折。
英文に切り替えました。何か悔しくて寂しい気持ちになった記憶がよみがえりました。
学生さんたちには(ほんの3人でも)サンスクリット語を勉強して卒論に役立ててもらいたいです。
● うわぁ
ゆんころ@地歴 | URL | 2006/06/07(水) 19:06 [EDIT]
耳が痛いです。
楽してほやーんと学校に通っていたような気が・・・
そんなことも今は忘れたように異国で記号のような文字たちと闘っています(韓国語です)
今琵琶についての本を韓国語で読んでいますが、ちょっとそういう喜びが分かってきた今日この頃。
日本に帰ってもちゃんと勉強します。。。
● うわあ、みんな過去がありますね
イシハマ | URL | 2006/06/07(水) 22:21 [EDIT]
なんか、語学挫折の思い出オンパレードになってきた。
たぶん、どこのおうちにも使われない謎の言語辞書がホコリをかぶって・・・・。
ちなみに、我が家にはサンスクリット語以外に、イタリア語、ロシア語、アラビア語の文法書が結局は主をもたずに放擲されておりますです。
● ふつー
nemo | URL | 2006/06/07(水) 23:39 [EDIT]
自分は社会人でも帰国子女でもないです。
なので普通の楽へ楽へ行く学生ですな。
サークルも普通に向かわせようとしてるのかも知れないです。
うんそう言う意味では自分たちとは違う経験を持った人は貴重ですね。

ちなみに原語で読むことなんて全然ないです。
これからやんなきゃいけなくなるのかな。
● こんにちは
セン@小坊主 | URL | 2006/06/08(木) 10:00 [EDIT]
nemoさんは仏青会員の方で、ブログをお持ちのようですね?
早大仏青ブログ集に登録していいですか?
http://r.hatena.ne.jp/wasebutsu/
● オイオイ
イシハマ | URL | 2006/06/08(木) 11:13 [EDIT]
nemoさんは、仏青の幹事長ですよ・・・・
ま、ハンドだとわからないか。

セン@小坊主 | URL | 2006/06/08(木) 13:20 [EDIT]
あ、そうでしたか!やっとわかりました。
ではブログ集に登録させていただきます。
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2006/06/10(土) 16:28 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ