白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/06/01(土)   CATEGORY: 未分類
水無月チベット祭り
 ゴールデンウイークのリンポチェ祭り(チベットの高僧の来日ラッシュを業界ではこういう 笑)が終わると、すぐに関係者はサカダワ(釈尊の生まれ、覚りを開き、涅槃に入った聖なる月)の斎戒をはじめ、功徳をつみまくり、その達成感もさめやらぬうちに、六月にリンポチェ祭り第二波! なんかこんな島国にいて、かつてのチベット人やモンゴル人みたいなスケジュールで高僧を拝めるのって、しみじみ現代はすごい。

 まずはゲルク派はゴマン学堂の系列から、チベットの織○無道もとい、ゲン・ロサン先生が来日されます。ゲン・ロサン先生はゴマンきっての学僧で、その法話と体格の迫力はハンパない! プロフィールについてはこちらを参照ください。
●ゲン・ロサン先生の法話ならびに灌頂スケジュール 

春季特別集中法話会 (もう終わっているぅぅぅぅ!)
日 時 2013年6月1日(土)13:30-16:30
 2013年6月2日(日) 10:00-12:00/13:30-15:30
内 容 ジェ・ツォンカパ・ロサンタクパ『入中論註・密意解明』
会 場 龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院
会 費 一般:15,000円 会員:10,000円
資料代・昼食(2日のみ)代込

「チベット基礎講座 パート13」bTibet XIII

日 時 2013年6月8日(土) 13:00-17:00
内 容 基調講演
野村正次郎「チベット・日本の仏教世界における伝統と創造」
ゲン・ロサンによる法話
「インド・ナーランダー僧院の伝統仏教とは」
ロサン・プンツォ師による講演
「日本人に分かって欲しい仏教のポイント」
会 場 大本山護国寺
会 費 無 料

「チベット基礎講座 プラス」bTibet XIII+  仏教論理学特別講伝会

日 時 2013年6月9日(日) 10:00-17:00
内 容 ダルマキールティ『量評釈』量成就章
ゲルツァプジェ・ダルマリンチェン『量評釈解説・解脱道解明』
※翻訳資料は当日配布いたします
会 場 大本山護国寺
会 費 施主供養料5,000円(阿闍梨供養料・資料代込)

無上瑜伽タントラ実践法特別伝授会(参加資格が限定されています)

日 時 2013年6月11日(火)〜12日(水)
両日とも11:00-12:00/14:00-16:00
内 容 ガワン・パルデン『四部タントラ地道次第』講伝
※翻訳資料は当日配布いたします
参加資格 瑜伽タントラ/無上瑜伽タントラの灌頂法灯保有者
・無上瑜伽の灌頂を受けている者
・我が国で両界曼荼羅の結縁灌頂以上の灌頂を受けている者
・06年もしくは本年2011年高野山にて法王より金剛界灌頂を受けている者
・その他のチベットのラマから瑜伽タントラ以上の灌頂を受けた者
会 場 龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院
会 費 支具料15,000円(阿闍梨供養料・資料代)

白ターラー菩薩長寿灌頂

日 時 2013年6月15日(土)
前行法話会 11:00-12:00
長寿灌頂会 14:00-16:00
内 容 白ターラー菩薩の長寿灌頂ならびに前行法話会
会 場 龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院
会 費 支具料5,000円(資料代)
前行法話会のみの参加者は支具料はいりません。

大乗仏教思想特別伝授会

日 時 2013年6月16日(日) 14:00-16:00
内 容 ナーガールジュナ『根本中論頌』『勧戒王頌』
※翻訳資料は当日配布いたします
会 場 龍蔵院デプン・ゴマン学堂日本別院
会 費 無 料

 はいお次は、昨秋につづいて同じくゲルク派のアジャ・リンポチェ(or アキャ=リンポチェ)来日です。青海クンブム大僧院の座主の転生僧の系譜につらなる方で、初代はゲルク派の開祖ツォンカパのお父さん! 17世紀のダライラマ五世の時代に制度としての転生が始まります。当代のリンポチェは文革の辛酸をなめた後、中国仏教界のナンバー2まで登り詰めますが、中国当局の選んだパンチェンラマの教育係にされることに耐えられず1998年に亡命された歴史的な経験をされた方です。

アジャ・リンポチェ 来日講演 
○ アジャ・リンポチェ 大谷大学真宗総合研究所公開講演会
会場: 大谷大学 響流館3F メディアホール (JR京都駅から地下鉄烏丸線で13分、北大路下車1分)
日時: 6月18日(火)16:20-18:20
演題: 「歴代アジャ・リンポチェの事績について」
参加費: 無料

○ 国際哲学研究センター第三ユニット国際シンポジウム
会場: 東洋大学125周年記念ホール (白山キャンパス8号館7階)
日時: 6月22日(土)13:30-17:00
主宰 東洋大学国際哲学研究センター第三ユニット(協力東洋大学仏教青年会)

そして、最後はディグン=カギュ派からラムキェン・ギャルポ・リンポチェの登場です。1939年に前にギグド大地震の震源地の玉樹に生をうけ、ディグン・カギュ派管長の右腕として宗派の歴史文書編纂などを行っているそうです。私はこの方、存じ上げなかったのですが、歴史資料の編纂中と聞いて聞きに行きたいと思ったのですが、思い切りエクステンションの授業とかぶっている...!

ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ 来日講演 
○ 般若仏母灌頂と般若心経の解説(上)
会場: 大本山 護国寺 大師堂
日時: 6月15日(土)9:30開場 10:00-12:00
主宰 ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ招聘委員会

○ 般若仏母灌頂と般若心経の解説(下)
会場: 大本山 護国寺 大師堂
日時: 6月22日(土)9:30開場 10:00-12:00
主宰 ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ招聘委員会
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ