白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/08/19(月)   CATEGORY: 未分類
ヤクの自転車ヨーロッパツァー
 前エントリーで紹介しました、リンポ・ヤクさんは、17日に東京をたち、長野の善光寺に向かっています。このあと、名古屋にむかい、さらに、まだ場所とかは未定なのですが愛知か大阪で、報告会をやるそうです。

 で、東京にもどってこられる日に報告会が開催されることになりました。みなさま、ぜひ起こしください。誰も来てくれないと、私が五日間かけて彼のFB(チベット語)を解読してつくりあげたパワーポイントが無意味となってしまいます。

 
FBは大量の写真と過去記事については配慮がなくて、まず過去記事呼び出すのが大変。そして呼び出してもほんとうにちょっとの刺激(今来たばかりのメッセにカーソルおいただけとか、ふらふらしている広告にカーソルがふれただけ)で現在のタイムラインにもどってしまうので、どれだけ大変だったか。とにかく大変だったの! 

●世界一周サイクリスト・リンポ・ヤクの報告会 


8月31日 18:30より 場所: ウイメンズプラザ(最寄り駅; 表参道駅)
リンポ・ヤクのこれまでの人生とヨーロッパツァーの報告と日本ツァーを私の激しい労働の成果のPPtでご覧ください。


ここで参考までに彼のヨーロッパツァーと日本での活動を軽く報告。彼はチベット蜂起記念日にアメリカをたち、EU議会のあるブリュッセルから出発しました。ルートと到着日はこんな感じです。
以下写真はクリックすると大きくなります。最初の写真は地図です。

429764_491948864199631_1774527805_n.jpg

ヨーロッパツァー行程
3月10日 アメリカの自宅発
ブリュッセル(ベルギー)=A
3月20日 パリ(フランス)=B
4月17日 バルセロナ(スペイン)=D
5月9日 ジュネーブ(スイス)
5月17日 チューリッヒ(スイス)
5月27日 ミラノ(イタリア)=F
6月2日 ヴェネツィア(イタリア)
6月9日 グラーツ(オーストリア)
6月13日 ウイーン(オーストリア)=G
6月19日 プラハ(チェコ)=H
6月23日 ドレスデン(ドイツ)
6月25日 ベルリン(ドイツ)
6月30日 ハンブルグ(ドイツ)
7月5日 コペンハーゲン(デンマーク)=J
7月11日 イェーデポリ(スウェーデン)=K
7月18日 オスロ(ノルウェー)=L
7月24日 アムステルダム(オランダ)=M
8月3日 ロンドン(イギリス)=N
8月13日 東京

彼は主要都市にいくと、まずその地のチベット人コミニュティを訊ねて、バックアップをうけます。ラカル(水曜日)にあたれば、焼身抗議の同朋たちを悼むイベントにその地その地で参加します。そして、その地のチベット人のサポートで、土地の有力者(市長さん、議員さん、ジャーナリスト)とあって、メッセージを頂きます。このメッセージは旅の終わりにダライラマ法王に届けられるそうです。

 また土地を象徴する建造物の前で、チベット旗とEU旗をかかげ、記念撮影をします。。受けたインタビューが記事になった暁には、その地のチベット人がFBにアップし彼はそれをシェアします。

 彼自身は寡黙です。一人で走っている時はひたすら自撮りの写真が並びます。FBはほとんどが彼と有力者や記者とのツーショット写真とチベットコミニュニティとの記念写真です。

 彼は英語は話せますが、書くのは苦手みたいです。日本にいるチベット人の多くが日本語を話すことに苦労はなくとも、書くこと読むことが苦手であり、かつプレゼン能力が低いのと共通しています(日本人も大概プレゼン能力ないけど、何か訴えなければいけいなほど危急のことがある人も少ないので問題は潜在的)。これは、彼らがチベット問題を自分たちが住む地で地道に訴えようとしていく上で、大きな障害となっている。

とりあえず、彼のFBから彼が訪れた地名・出会った政治家(●)・ジャーナリスト(○)のリストを以下にあげた。記事も結構アップされているが、どの新聞か日付かも、分からない切り抜きも結構あったので割愛した。地名は日本で通りのいいものはカタカナ書きにし、なじみの少ないものは現地綴りとした。リンポは出会った方々にちゃんとMRとか閣下とか敬称をつけているが、以下は略している。見落としがあるかもしれないが、それはFBの過去記事の使い勝手の悪さが大きく影響していよう。


ベルギー

3/13 Assebroek West Vlaanderen着(ベルギー 海際のBrugge近郊)。
3/16 Schaarbeek, Brabant着。 (ベルギー ブリュッセル近郊)。
古い友人アイシャ (Aisha) が宣言文を書く。
3/17 EU議会の万国旗の前で宣言文朗読。
3/18 Schaarbeek, Brabant着。●Thomas Mann (EU議会の議員であり、EUチベットサポートグループの代表)。


フランス
Mairieux, Nord-Pas-de-Calaiで国境越え
3/19 Athies, Picardie着。
3/20 La Plaine-Saint-Denis(パリ北郊外)着。
3/21 パリ着。
4/4 Dourdan, Centre → Boissy-le-Sec着。 (バルセロナに向けて出発)
4/5 Saint-Cyr-en-Val → CentreVierzon-Bourgneuf, Centre着。
4/7 ssoudun (イスーダン) → Brives, Centre→ Gueret着。
4/9 Treignac, Limousin着。
4/10 Brive-la-Gaillarde 着。
4/11 Gourdon, Midi-pyrenees → Pradines, Midi-Pyrenees de Cahors着。
4/12 Montauban (モントーバン) 着。
●Villenouvelle, Midi-Pyrenees mairie de cahors市長 Jean-Marc Vayssouze-Faure
●副市長 Francoise Faubert of Cahors in France. 
4/13 ●モントーバンのChief Staff、 Arnaud Derom Elizabeth Yecca
4/15 ●Perpinya Mediterrania市長Mr. Jaume Roure
4/18 ●Senator Josep Maldonado


スペイン


4/17 バルセロナでチベット・コミニュティの暖かいもてなし。
● Carles Puigdemont i Casamajo
4/18 ● 上院議員Josep Maldonado I Gili
4/19 ●バルセロナ副市長のCouch Dolou ● Greece政府代表 ● Fernando Turro Homedes閣下と謁見。○MUNDO新聞'hospitoletの新聞記者Elisabeth PavonとアシスタントのMontse Quinonero
16Apindependent.jpg


フランス

4/28 またフランスへ。
5/2 ○Michel marguier。Midi libre,Montpellier(モンペリエ近郊)→ Valenceへ。
5/4 Valence着。
5/6 ●Valence副市長
5/7 Grenoble着。 ●フランス議会の議員Oliver Veran ○Grenoble のRadio局 GresivaudanのPenelope ●Senetor Josep Maldona


スイス

5/9 ジュネーブ着。国連で記念撮影。
5/13 ○International,LE TEMPS のCeline Zund,Journailste
5/14 ●Bernex市長Gilbertonlanthen。
●Onex 市長Carole Anne kast
5/16●Winterthur市長Michael Kunzle
5/17●チューリッヒ市長Corine Mauch ●St.Gallen市長? Manfred Linke ○St.Gallen の新聞 TAGBLATTMEDIEN の記者Sophie Probst
5/21 チベット人向け報告会
5/22 ●Carougeの市長Nicolas
5/24 Vevey着。
5/28 ○CORRIERE DELLA SERAit.のCialomo Valtolna
チベット僧院ゲペーリン (dge 'phel gling)訪問。
ミラノ市長とだ集合撮影


イタリア

5/27 ミラノ着。
5/29 Associations Italia TibetのKalsang-Dolker(Consigliere Fausto Sparacio,Vice Presidente)。
5/30 ミラノ市に歓待される。●ミラノのダライラマオフィス代表President Dapei ○ミラノの運輸大臣(Transport minister of Milan)○la Repubblica' Italian national newspaperのカメラマン
6/2 ヴェネツィア着。
6/4 Udine着。
○ Furio Honsell とカウンシラーMonica Paviotti


オーストリア

6/7 Austria Hottenberg。ハインリッヒ・ハラー美術館 とTibet Center-I.I.H.T.S訪問。
●Stefah Petzner (Cmembel of Austria Parlament)
6/8 Klagenfurt 着。
6/9 グラーツ(Graz)着。
6/10 ●Mr Max Mazelle (International Relations of Graz) 
○Grazの新聞Kleine zeitung,Grazの記者Nina Muller
○Stelrerkrone新聞の記者Jakob Traby
6/11 Wiener Neustadt着。
6/12 ●Gerhard Sticker (Wiener NeustadtのCEO市長?)
○Mathias Schranz新聞記者。ウィーン着。
6/13 ウィーンにて。 ●Maria Vassilakou (Depouty Mayor Executive City Councillor)
●Manfred Neun (ヨーロッパ・サイクリスト協会会長 / President of The European Cyclists'Federation =ECF)。 ●Michael Cramer (EU議会のメンバー)


チェコ共和国

6/17 Znojmo着。
6/18 Humpoletz着。
6/19 プラハ着。
6/20 旅の百日目 Lungta と Potalaという二つのNGOのZuzana, Rinpo, Petr, Michal and Edita.とともに。
6/21 ○Cesky rozhlas (CRO) (Czech radioチェコ国営ラジオ)
※プラハはチベット国旗掲揚キャンペーンを始めた最初の参加国のうちの一つ。1996年以来毎年三月十日のチベット蜂起記念日に市庁舎にチベット国旗を掲げ、チベット問題の忘却を防ごうとしている。


ドイツ

6/23 ドレスデン 着。
6/24 ドレスデン→ Golssen 着。  ●ドレスデンのKnshla scloges (International Relations of The Mayor Office) ○ドレスデンの新聞Sachsische Zeitung記者Uwe Peter ○ドレスデンの新聞Sachsische Zeitung
6/25 ドレスデン→ベルリン (Baruth/mark)着。 ● Michael Linke (ベルリンの法律家)
6/26 ●Mrs.Sabine Baetzing-Lichtenthaler (ドイツ社会民主党議員、Tibet GKの広報官)
6/27●Claudia Boegel (Free Democratic,Party MP) ●キリスト民主連盟Hennirng Otte,Christian,
6/28 WITTENBERGE着。
6/29 Lenzen → ハンブルク着。
7/1 ハンブルグで会議。
7/3 港町キール着。
7/4● Manuel Raschke (アムネスティ) ● Manuel Raschke (アムネスティ)  ○ UIELER NACHRICHTENの 記者。


デンマーク

7/5 コペンハーゲン着。
7/6 ○Llnde,DT Newspaper Reporter
7/8 ○Line Lagoni Leonhard記者
7/9 Halsingborg着。
7/10 ●Angelholms Kommun市長 Asa Herbst


スェーデン

7/11 Gothenburg (イェーデポリ)
●Anders Eriksson(Varberg裁判長)
7/13 Munkedal着。


ノルウェー

7/15 Halden(国境の町)着。 
●Halden市長Thor Edquist○Ha-Halden.no新聞の記者Marthe Berg
7/18 オスロ(ダライラマ法王が1989年にノーベル平和賞を受賞した地) → Tonsber着。
7/19 自転車壊れる。
○Tonsbergの新聞、TONSBERG BLADの記者Haley Avbert ●Tonsberg市長Anne Lise Skcstcd, ○Sandefjord(サンネアヨル)の新聞、SANDFFORD BLAD記者 Kristin Bjorntved ○Larvik(ラルビク)の新聞、Ostlands-Posten記者Bjorn Jakobsen Journalist
7/21 海路ノルウェーからデンマークへ


オランダ

7/22 オランダ着。
7/23 Ede→ユトレヒト着。
7/24 ユトレヒトにて。○ドイツのwestfalische Nachrichten新聞の記者Anne Alichmann ○Ede市長代理Cees Van dee Knaa○Utrecht市長代理 アムステルダム着。
7/28 ロッテルダム着。
7/29 ハーグ着。
7/30○ハーグのラジオ局Omroep West Radio and Television Broadcast
○ロッテルダムの新聞、AD Nieuwesmediaの記者Tim Niemant Sverdriet


イギリス

8/2 Romford着。
8/3 ロンドン着。
8/6 ロンドンで抗議行動。 ○BBC WORLD SERVICEの記者Temtsel Hao
8/8 ○イギリス外務省中国局のMinister Nick Mackie
8/10 ○ Jeremy Corbyn (slington NorthのEU議員)。コーヒー飲みつつ人権侵害について語り明かす。
8/12 ヒースロー空港から日本に向けて出発
8/13 来日
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ネズミ年のランジ | URL | 2013/08/24(土) 13:58 [EDIT]
参加しまーす。

シラユキ | URL | 2013/08/24(土) 15:10 [EDIT]
>ネズミ年のランジさん
ありがとうございます。私の五日間の労働の成果をごらんくださいませ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ