白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/10/31(木)   CATEGORY: 未分類
新刊『ラサ憧憬』
10月28日、ジープが観光客をはねながら、天安門につっこんで観光客2名と運転手と同乗者二人がなくなった事件があり、当局は犯人を速攻でウイグル人と断定した。報道も司法もみな国家の統制下にある中国において何が真実であるのかを見極めることはとても難しい。

 真実が奈辺にあるにしろ、確実な「効果」としては、国家レベルでは中国当局はこれを口実にさらにチベット人・ウイグル人居住域の監視と弾圧を強め、彼らの民族性を押さえつけ同化を促進させようとし、国民レベルでも、異文化共生などという概念を教わったことも考えたこともない中国の漢人層の多数が、すべてのウイグル人に野蛮人、などのレッテルをはりつけ、身の回りのウイグル人やチベット人に疑いの目を向け出す。

 中国当局のマイノリティに対する政策、すなわち同化政策がもっとも糾弾さるべきものであることは言うまでもない。当局は「テロ」というレッテルはれば国際社会をごまかせると思っているが、世の中そんなに甘くない。経済と軍事だけでは人の尊敬は得られないという現実にはよ気づいてくれ。

 今回の犯人に対しても一言。もしあの行為がウイグル弾圧の抗議のために行ったものであったとするなら、あのような抗議の仕方は、何も益がない。無差別殺人は、国際社会からも、またウイグル人の大多数からも共感も支持も得られない

誰一人幸せにならない。

 アパルトヘイトに抗議をしたネルソン・マンデラがあの長い牢獄生活に入る前したことは、夜間の公共施設とか、人の居ない権力機関に爆弾しかけることであった。それは彼らが批しているのは間違った行いをしている国家権力であり、個人ではないことを示すためである。チベット人が焼身抗議しているのも、他人を傷つけずに行う最大限の権力に対する抗議が、悲しいけどあの形にいきついた、という部分がある。

 しかし、焼身抗議でも当事者は死ぬ。この悲劇を目にした人はやはり、焼身者は他の道を選べなかったのかと思ってしまう。若者だったら、中国の支配下にあっては身につかないチベット文化を積極的に学んで周りに伝える仕事をすればいいし、僧侶だったら、修行してチベット仏教の普遍性を世界に伝えればいいし、お母さんだったら子供をチベット語とチベット文化に誇りを持つように育てることができる。

 これらのオプションは時間はかかるけど、中国の同化政策に対抗するもっとも根本的なカウンター・アクションたりうる。漢人の伝統文化も力を失っているから、チベット的な価値観が力をもてば、いつかは迷える〔今はチベット人を見下している〕漢人を教え諭す日もくるかもしれない。

 日本人だって、明治の昔はほとんどの人が上から目線でチベットを見ていたが、今はダライラマという人格者を生み出したチベット文化に一目おいている。ようは知りもしないよそさまを、レッテル貼って見下すような精神は幼いのである。ウイグルの人たちもそんな目線を無視して、伝統文化を支えるという確実な方法で抵抗してほしい。

以下本題。
lhsasadokei.jpg

 ダライラマ13世治下のラサに滞在した五人くらいしかいない日本人の一人、青木文教の生涯を扱った新刊『ラサ憧憬 青木文教とチベット』(芙蓉書房出版)がでた。著者は『近代日本におけるチベット像の形成と展開』『チベット学問僧として生きた日本人 多田等観の生涯』の高本康子氏である。

 著者は、青木文教の出身寺正福寺に所蔵されるもろもろの文書類に始まり、晩年青木の弟子になった中根千枝氏(東大初の女性教授。タテ社会ヨコ社会で名高い人類学者)などの聞き取り調査に至るまでを行い、青木文教の人物像を明らかにしようと本書の中で努めている。

 青木文教の人生を手短に述べるとこんなところである。

 仏教大学(現龍谷大学)在学中に、本願寺第22世法主・伯爵・大谷光瑞(1876-1948)に見初められてお側仕えになり、光瑞とダライラマ13世の個人的関係から、1912年から1915年まで二年間のラサ滞在を許される。

 しかし、庇護者である大谷光瑞が1914年に失脚し、チベットにかかわる余力をなくしさらに、帰国直後の1917年に、河口慧海との間でいわゆる「玉手箱事件」がおきる。

 青木は河口がチベットから持ち帰った大蔵経は、ダライラマ13世から大谷光瑞への寄贈品であると主張し、河口はダライラマから大谷光瑞に送られたのは木箱に入った手紙のみと主張して、泥仕合になったのである。

 河口慧海はあの旅行記の文章から明かなように、えぐい性格である。

 当時インドに駐留していた日本の外交官からも嫌われていて、1910年のカルカッタの日本公使平田さんは、河口慧海を「自分の栄誉のためのみに動く、信用すべからざる人」みたいに評しており、まったく信頼していなかった(白須浄真『大谷光瑞と国際政治社会』)。

 河口慧海は同じく真宗の僧、寺本婉雅にもケンカうっている。寺本がだしたチベット文法書を「チベット語もろくにしらないくせに、文法書出版とは片腹いたいわ。出版さしとめして、私の所でチベット語学びなおせ」とか言っている。

 河口慧海は自分の属する黄檗宗ともケンカし最後は在家になっているので、まあとにかく誰とでもケンカする人であった。そういう人格だから鎖国時代のチベットに命をかけて入国するなんて偉業を行えたのだろう。現代だったら彼の人格にはおそらく何らか特定の名前がつくことであろう。ははは。

 話を戻す。帰国後の青木文教は、不遇であった。寺本婉雅や多田等観のように大学や研究所に研究職を得ることもできず、生活は窮乏していたという。しかし、戦争末期に外務省つきになりモンゴルにおける「喇嘛教政策」(喇嘛教という言葉は当時の日本人の無知を示す言葉。今は使っちゃだめよ)に関わった。
 
 一方、同じ境遇であった多田等観は帰国後、思った通りとはいかないまでも、それなりに幸せであった。彼にはいろいろなところにファンがおり、研究職にもついていた。

 二人はいずれも大谷光瑞の門下であり、光瑞の命令でチベットに送られたのに、帰国後に二人の境遇に激しく差がついたことについて、高本氏は、「青木はラサに滞在の二年間チベットの上流階級と交流しており、貴族の生活に精通したたものの、チベット文化の心髄について深く勉強する暇がなかった。さらにチベットの日用品を少しばかり持ち出しただけで文献をもたらすことはなかった。一方の多田等観は八年チベットの僧院で暮らしチベット仏教を身につけ、さらに大量のチベット文献を将来したため、学界も無視できなかった。」という旨の意見を述べられている。そんな感じで、かつては仲の良かった多田等観、青木文教も晩年は微妙な感情を互いにもっていたようである。

 私が個人的に面白いなと思ったのは、中根千枝氏が寄贈した青木文教関連の文書類の中にある、青木宛のチベット語書簡やダライラマ13世猊下から日本の天皇陛下に対する書簡などが、津曲真一氏の手をかりて本書内でいくつか和訳されていることである。

 それらのチベット語の手紙には、チベット側の「チベットと日本は同じ仏教国である。仏教の発展と仏教に基づく政治の発展のために、力(アドバイス・武器提供)を貸してください」という共通するチベット側の認識がみてとれる。

 このようなチベット人の要望に対して、日本ががどのようなスタンスで望んでいたのかは、広島大学の白須浄真氏が、外務省の西蔵関連文書を用いて明らかにしている。

 氏の研究によると、大谷光瑞は辛亥革命後の中国の状況について詳細な情報をダライラマ13世に送っており、「モンゴルはロシアの後援を受けて独立を望んでいるが、イギリスの助力を得ることは注意が必要である」と発信していたという。日本側のスタンスは白須氏が明らかにしているので、本書のチベット語書簡はチベット側のスタンスを示すものとして非常に興味深い。

本書を手に取られた方はぜひ、青木文教の著書『西蔵』(昭和44年 芙蓉書房)もあわせてご覧になることをおすすめする。これは青木がチベットより帰国した直後の1922年にだした『西蔵遊記』と1940年の『西蔵文化の新研究』を合冊にしたもので、とくに前者は1912年末にダライラマ13世が長い亡命生活をおえてチベットに帰国し、翌13年初頭に独立宣言を行った、丁度百年前のチベットを目の当たりにした貴重な記録となっている。
 
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

zima | URL | 2013/11/04(月) 20:02 [EDIT]
ご無沙汰しています。
グレートゲームから今に至るまで、同じようなことが連綿と続いていますね。
日本弱体化によりパワーバランスが崩れ、アジアは混とんとしてきています。まるで戦前日本のよう。
モンゴル独立を図った徳王近辺の良書があったら教えてください。
来週久しぶりに大学に呼ばれて後輩の就活面倒見に行きます。
また学問に戻りたい今日この頃。
もはや文献研究に戻るのは難しいですね(笑)

シラユキ | URL | 2013/11/12(火) 00:45 [EDIT]
>Zimaくん
お久しぶりです。
現代モンゴル史には詳しくないので、自信がないです。『徳王自伝』はご存じですよね。これは共産中国の支配下で書かれた自伝なので、当然制限があるので手放しに良書とは言えないですよね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ