白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2013/12/25(水)   CATEGORY: 未分類
13年納会の風景
ゼミの冬至のお祭りと年内最後のチベット語購読会が終わり、今年もいよいよ終盤である。

 年内最後の授業には、ゼミOBのT原が「年末のご挨拶」なるものに現れた。Tは「つぶれそうで、つぶれない店」に特集された店の跡取りなのだが、なぜかエラソーなあごひげをはやしていた。彼は「南方熊楠をめざしている」といっていたので、在野の怪人になる第一歩なのかもしれない。Tは気を利かせて、クリパのビンゴゲームの景品をもってきてくれたので、急遽T原賞を設定する。

 クリパの幹事はコンパが終わったあとで、「食い足りない」と、二次会に食べ放題の店を探す男であり、ドラえもんなみの体型である(推定123キロ)。昨年のクリパのカフェ飯の貧弱さにいたくご不満があったようで、今年は幹事の大権により、ピザ食べ放題、飲み放題のシェーキーズが会場となった。

 お店の人「飲み物はピッチャーでお持ちします。ピッチャーが空になるまでは次のピッチャーはお持ちできません。ピザも一皿空にしないと次の皿はきません」という趣旨のルール説明がある。

 私「死ぬほどまずいサワーとかがきたら、ピッチャー飲み干せなくてそこでアウトじゃないの」と思ったが杞憂であった。彼らは何でも象のように飲んだ(笑)。

 I川「アイスコーヒーもピッチャーでくるんですか」

 N沢「みんなある程度たべ進んだら、複数のお皿の残りを一皿にまとめて、次の皿を注文しよう。これが食べ放題の義務だ」

 と異様にもりあがる。そして、ビンゴゲーム、クリプレ(500円しばり)の交換会と進む。

 去年私にはI川のプレゼントがあたり、それは有馬記念の大穴馬券であったため、クリスマスとともに紙切れとなった。しかし、今年はI村くんの500円クオカードがあたっため、ひさびさに内容があってカンゲキ。しかも、カードにはFree Tibet!と書いてある。これがこのプレゼントを私にひきよせたのであろう(他にはこの言葉はなかった)。

 今年の四年生は奇跡的に就職留年が一人であとは全員満期除隊というまじめ学生ばかり。そのせいか去年ほどは、むちゃくちゃなプレゼント(生野菜、水6L etc.)は少ない。

 私のプレゼント(ワンピースのキャラものつめあわせ)は演出により幹事へと送られた。ありがとう、K原くん! 君がサンタの格好してずっと立っていたのは、会をしきるためと、巨体で店の椅子を壊さないためだったのは分かっていたよ(笑)。

 ありがとう。

 その翌日はチベット語の購読会の年内最終日。七月くらいから読んでいたダライラマ13世の伝記(ラサに侵攻する英軍に追われて1904年から1905年にモンゴルへと逃亡した時期)をむりやり読み終わった。あまりにもハードであったため、朦朧としたKくんは私が会のあと『食事に行く?』と聞くと、

Kくん「すいません、六時からブリヤート(バイカル湖の畔にすむロシア領内のモンゴル人)でちょっと・・・」

私「ずいぶん遠くで用事があるんだね」

と池袋とブリヤートを間違えるくらいであった(「ぶ」しかあってない)。
 
 残るみなでカチン料理屋にいく。

 そこで、院生Mがシェアハウスの個室から、ゲストハウスへと身をおとしたため、彼のグッピーが行き場がないという話になった。
 ちなみに、院生Mはこの一年本当に不真面目だった。バイトが忙しいとか、何とかいって、この日に限らず、購読会を立て続けに休んでいた。

 バイトをしなければならない理由はもちろん研究生活を続けるためなんて殊勝な理由ではなく、気の触れたような計画性のない金遣いである。これまで何度も注意したのにまったく改まらないため、余程すごい前世の因縁か、脳内の配線の狂いがあるのだろう。

 そもそも彼が『魚を飼う』と周りに宣言した時、「旅行の時はどうするのか」「ホストにいれあげて幼児を餓死させたキャバ嬢みたいに、世話をしない結果魚が死ぬのではないか」とみなが懸念したが、最後まで世話できないという思った通りの展開に。

 引っ越しが決まった時、彼は「多摩川には飼えなくなった熱帯魚が捨てられて、折からの温暖化から冬を越せるようになり、タマゾンと呼ばれている」とかいっていたので、彼の脳裏には多摩川に放流するという選択肢は絶対去来していた。

 しかし、さすがに、それがまずいことに気づくくらいの倫理感はあったようで、もらってくれる人を探しはじめた。ちなみに、「水槽と周辺機器ともども先生が買い取ってくれないかな」とか言っていたらしい。ずうずうしい。

するとK嬢が「最近猫がいなくなって寂しいので、いいですよ」と快くグッピーをひきとってくれるという。そこで、院生Mに電話。

K嬢「Mくんのグッピー私がひきとってもいいよ。・・・・今どこにいるの? 東京駅? ・・・え? 38円しかない?・・・スイカにはお金がはいってない? え50円しかない? ・・・」と、院生M、平常運転である。

 そして、もう食事も終わりかけた頃、院生M現れる。
「へへへへへ、セブン銀行で手数料払ってお金おろしました(ちなみに土曜日)。ここだけでも来られて良かったです。何話していたんですか」

O川さん「あなたに関するグチを延々と聞かされていました」

院生M「あ、Kさんは?」

「六時からブリヤートで用事だって。それよりあなたこの寒いのに何で半袖シャツなわけ」

院生M「引っ越す時、荷物を減らさなきゃならなくなって、断捨離したんですよ。ときめかないものを捨てていったら、半袖ばかりになって、ズボンもこれ一着しかないんですよ。それに見てください。尻に穴が開いたんです。」

「見せんでいい。ユニクロに行け!」

院生M「えー、ユニクロですかー、おしゃれじゃないです。バイト先の人も『他にバイトしていないの? 困っているんじゃないの?』って心配してくれて、シフト一杯いれてくれて」

「あなた前に『なぜ、勉強会に来ないのか』と問い詰めたら、バイトを理由にして『新人だからシフト一杯いれられる。他の人はこんなにいれられていない』ってまるでお店の人が悪いかのようにいっていたけど、今聞けばすごいいい人じゃない。また印象操作したな。」

 以上のやりとりからも分かるように
「院生Mの発言は鵜呑みにするな、厳しい資料批判をしろ」
は鉄則である。最初から疑ってかかるのも、人としてどうかと思うので、とりあえず院生Mに言わせておいて、第三者の証言などから裏付けを行い、なめたマネをしている場合は、叱りつける。研究以前の基本的な部分でものすごい時間がかかる。日常生活で当たり前のことを行わせるために、普通に資料批判とか、裏付け捜査をせねばならないのは何の因果なのだろうか。

 私が院生だった時は、指導教授は研究に集中できなくなるという理由から、バイトを禁止していた。今は博士余りの時代で、ポスドクの未来が見えないから、バイトをする人がいるのは一般論としては理解できる。

 しかし院生Mの場合は、必要なものを捨て、必要でないものを買うことの繰り返しで金欠となり、バイトをしているのだ。そもそも前提が腐っている。

 そのバイトというのがこれまた風来坊の院生Mらしく、タイ・マッサージ。彼はこのマッサージの資格をとるために何度もタイのワットポーに足を運び、集中講義をうけている。その真剣さの一部でも研究にまわしてくれたら、今頃論文の二三本は余裕にかけているはずだ。

院生M「手に職があれば、最低でもマッサージで食べていけるじゃないですか。タイの道ばたでマッサージやっている人を見て、『ああ、マッサージが出来れば、食べていける』と気づいたんです」

 O川さん「日本の道ばたでマッサージやって、お客さんが来るかな」

 O川さん、ナイスつっこみ。

 これでは大河ドラマよりも長いグチが続いてしまうので、とりあえず、院生Mの言い訳を聞きましょう。

 院生M「ボクよりひどい人は一杯いますよ。この前バーで皿洗いのバイトをしていたら風俗のおねえちゃんがきて、こんな話をしていました。道を歩いていたら、ホームレスの人が自分のお父さんであることに気づいて、そしたらホームレスのお父さんも娘に気づいて猛ダッシュで逃げて、そのおねえちゃんは『その人は私のお父さんです~。、捕まえください』と通行人の力をかりてお父さんを捕獲して家に連れて帰ったそうです。しかし、またお父さんは路上に戻ったそうです。この人たちに比べたらボクなんて普通かな? なんて」
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

mimaco | URL | 2013/12/26(木) 12:30 [EDIT]
今年も一年、楽しく拝読させて頂きました。
しばし学生時代の気分に浸れるエントリーで…しかもシェーキーズ!!懐かしい~~。食べ放題でばりばり消化してくれる若者たちは頼もしいですね。
高校時分、クラスの女子全員で行って、お育ち&頭がよく顔の可愛いメガネっ娘で男子からモテモテだった同級生が、ピザ14枚を平らげていた。全てが雑種で生命力ありそうな私などは2枚が限度であった。「このことはみんなに内緒にして…」と事後工作までされた、あの頃のキラキラした想い出。

先生や周囲の努力に関わらず、Mさんはきっと来年も「刹那」という言葉がぴったりな人生を歩むのでしょうねー。
『ああ、マッサージが出来れば、食べていける』で思い浮かんだのは、たくさんの子供たちを引き連れて、日本全国を転居しながら接骨院を開業していた、あの人(ビッグ・XXX)。もしや、将来像はそんなことに?!

あくび母 | URL | 2013/12/26(木) 13:25 [EDIT]
そのか細いお体のどこに怒涛の日々を越えるエネルギーがあるのでしょうか?
 将来に不安もあるのでしょうが、それを上回る希望に満ち溢れている学生さんたちが微笑ましいですね 
 そして、読者の疲労じゃなくてヒーロー院生M氏の動向には今後も目が離せませんね 生きてるうちに一度眺めてみたいです。 いえ、遠くから眺めるだけでいいです 笑 良いお年をお迎えください

シラユキ | URL | 2013/12/31(火) 12:02 [EDIT]
>mimacoさん
高田の婆のシェーキーズは実は私の学生の頃からあるんですよ。だから私もmimacoさん同様、なんとなく学生時代を思い出しました。やはり彼らのようによく食べ、飲んでいましたね。

>あくび母さん
今年も一年ありがとうございました。院生Mのダメさは、彼が自らの欠点をちゃんと自覚し、本気で直す気になるかどうかにかかっているのですが、何か自分を客観的にみる能力が著しくないんですよね。来年はもう少しましになってくれることを祈ります。あくびちゃんとインコ軍団たちに幸いあれ

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ