白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2014/01/12(日)   CATEGORY: 未分類
女性誌とダライラマ法王
 ダライラマ法王は西暦の新年を南インドのセラ大僧院で迎えられた。
 中原氏のブログより法王の新年のお言葉を引用。

「新年が幸せな年となるか、苦しみの年になるかは自分たちにかかっている。新年の決意としてこう考えるといいだろう。2014年の元日に、今年一年、自分は最上の心と共に、愛情と慈悲のある人になろう、と。まず最初に自分自身の心を平安にすることに努め、その次に他の人々の心を平安にすることに努めるなら、今年はその人にとって良い年になるであろう」(引用元)

 占いやおみくじの吉凶をみて、幸せや不幸がくると一喜一憂する新年のダメな私どもに、「自分の心を強くすれば、運勢とか環境とかに関係なく心の平安が得られる」との教えを説かれているのである。あははは。
n.jpg

 この新年、私の気づいた限りでは、『婦人公論』と『an an』の新年特集にダライラマ法王の言葉が掲載された。『an an』 は私が若い頃はファッション雑誌であったが、最近はキャリア・ウーマンの生活情報誌みたいになっていて(読者層の成長に合わせているのか?)、ファッションはかなり後景に押しやられている。

 実は一昨年の暮れの『an an』に、やはり法王の言葉が紹介された。法王が『an an』 に登場するのはまあ画期的なことであるため、このブログで紹介しようかな~と一瞬思ったのものの、広末涼子に法王を紹介させていたり、その同じ特集の別のセクションで「美坊主図鑑」とかがあったため、「仏教をファッションにしたら、あかんやろ」と紹介を自粛。

 その時の記事に比べれば今回の『an an』の特集は進化している。
感心したのは女性誌のメインテーマの一つである「外見の美しさ」に対して、心の美しさを提言される法王の言葉を引用したこと。それに「美坊主図鑑」もない(笑)。

 「メイクやファッション、恋愛にしか関心がないという自己中心的な考えでは幸せになれませんよ。・・・東日本大震災の時に助け合う人々の姿を見て、日本人の素晴らしい行動は世界を変えてくれると確信しました。・・・21世紀を平和にするには、対話の世紀にしなくてはなりません。武力ではなく対話で問題を解決するのです。・・
 「整形で美貌を維持している女性もいますが、真の美とは美しい心に宿ります」

 実は、女性の厚化粧に対して法王は厳しい。
 一昨年の来日時、「科学者との対話」のコーディネーターの某S村M子氏に対して、
「あなた、そのメイクに時間どれほど時間かけているの? 外見を飾ることは意味ないですよ」と突っ込んでいた。
 その時、ノーメークの私は、「いや、自分偉すぎるだろ」と思ったが、顔がくどいこととメンドー臭いことからノーメークで通し、さらに心の美しさも実現できていない私が本当に偉いかどうかは定かではない。

 一方、より上の年齢層をターゲットにした『婦人公論』も新年にあたり、五木寛之(81)や、坂東玉三郎(63)と並んで、法王の言葉をとりあげた。

2597_issue_img.jpg

 ちなみに、五木寛之は「老人があふれる社会になり、若者には嫌老感がひろがっている。老人は弱者だといって若者に頼るのではなく、選挙権を辞退し、裕福な老人は年金を辞退し、老人同士共助せよ」と説いていた(笑)。ごもっともだ。単に年とっただけではない、本物の大人の姿を私たちに見せてくれい。
 坂東玉三郎は、一昨年、去年と多くの役者を失った歌舞伎界にあってウツっぽい言葉を連ねていた。
 で、ダライラマ法王はと言えば「他人は自分の一部とおもえば、この世が意味あるものに変わる」というタイトルで要約すると、

「不幸をグチっても仕方ない。現実を受け入れて、次のステップにうつれ。・・・自己中心的で狭量な考え方を捨て、人の幸せ望む心を養えば、心に自信と強さが生まれてくる。人生に目的感が生じ、この世が意味あるものに思え、自身の心の痛みを減らしていくのです。そのような「賢い利己主義」を実践しなさい」
 
 以上の内容はデジャブ感があるので、たぶん昨年の国技館講演を再構成したものだろう。

 法王は昔からずっとこのように平易な言葉で人々へと語りかけていたが、それは日本において広く知られることはなかった。知っているのは「もともとダライラマのことを知っている人」---ダライラマの講演会に直接足を運んだ人、その著書を買った人---に限られていた。多くの人は法王のことを知らないか、知っていても、「宗教」「封建領主」などのレッテルをはり、近づかない人が多かった。

 しかし近年、ムック本『ダライ・ラマと日本人』、池上彰氏のダライラマ本、今回のような女性誌の特集などを通じて、ダライラマの言葉は偏見ない形で人々に伝わる機会が増えている。その結果、ダライラマのイメージは「世界平和のリーダー」「言行一致の聖者」という世界標準の内容に着地しつつある。

 かつて『人民日報』が、ダライラマ法王を「ナチス」に喩えた際(どこから出てくるんだろう。このぶっとんだ発想 笑)、ユダヤ人団体が猛反発し、「我々はダライラマ法王を非常に評価しており、ナチスと法王を同列に論じる事は許さない。謝罪と撤回を求める」という事件があった。今や、日本人はこのエピソードを見て、「何やってんだよ、中国」と思うくらいはプロパガンダから自由になった。それは前述したようにダライラマの実像が広く知られるようになったためである。
 次は、一人でも多くの人が、法王の言葉をただ聞くだけでなく、その示すところを少しでも実践し、実現していくことであろう。そうすれば今ある問題の多くは自ずと解決していくはずである。
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ