白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2014/10/04(土)   CATEGORY: 未分類
出雲・雲南チベット・フェスティバル2014
 出雲の峯寺で、12月7日、第二回となるチベット・フェスティバルが行われます。
私も講師として参加予定であり、今回のガワン先生の生まれ変わりを訪問した際に見聞した不思議なお話しを中心に、チベットのお話をさせて戴きます。いっぱい写真とってきましたのでご覧ください。

 奇しくも、明日は出雲大社の権宮司の千家国麿さんと高円宮典子様の婚儀が出雲大社で執り行われる。出雲大社の宮司の家系は天皇家と同じくらい古く、この二家が結びつくことはなんだかとっても歴史家魂がざわざわする。
 今年はこの婚儀と遷宮効果により、出雲への観光客は例年になく多いとのこと。
 みなさんも、聖地出雲の観光もかねて、出雲チベット・フェスティバル14年にお越しくださいませ。
 
チベットのみならず世界中の山々を制覇してきた、出雲出身の登山家、渡部秀樹さんのお話しはおもしろいですよ~。私はアフガニスタンのゲリラとの遭遇の話とか印象に残っています。
 では、出雲でお会いしましょう。

*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜

 日時: 平成26年12月7日
場所::出雲大峯 峯寺(島根県雲南市三刀屋町給下1381)
TEL0854‐45‐2245
FAX0854-45-5105
E-mail k.matsuura@mineji.jp
参加費: 前売り1,500円 、 当日2,000円
お申込み:このイベント欄にお申込みください。或いはTEL・FAX・E-mailで峯寺、または実行委員メンバーまでお知らせください。後日チケットの受け渡し方法などを連絡させていただきます。

日程
10:00~11:00 護摩供養(諸願成就の祈願会)
11:00~ お斎(おとき)のお接待 テントゥクもあります。
13:00~13:30 ドキュメンタリー映画「ジグデル~恐怖を乗り越えて」上映
13:30~14:00 スライド・トーク「山から見てきたチベット」 講師 渡部秀樹氏
休憩(10分)
14:10~15:40 講演会
演題「チベットの僧院にトゥルク(高僧の生まれ変わり)を訪ねて」
講師 石濱裕美子先生

※午前中、峯寺で毎月第1日曜日に行われる護摩供養の行事があります。良い機会ですのでこちらにも是非ご参加下さい。なお、護摩供養は紅白の金封に「御供」とし、祈願料(1000~2000円程度)を納められるのが通例のようです。護摩供養参加者には峯寺より昼食としてお斎(簡単な食事)や、今回は特別にチベット軽食・テントゥク(チベット式すいとん)も用意していただく予定です。

◎映画「ジグデルー恐怖を乗り越えて」
2008年トンドゥプ・ワンチェンがチベット本土で極秘に取材したドキュメンタリー。100人以上がチベットの状況についてどのように考えているのか顔を隠さずインタビューに応えています。

◎渡部秀樹氏
チベット世界を歩いて30年以上の登山・探検家

◎石濱裕美子氏(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
 文学博士。早稲田大学大学院博士課程修了。同大学教育学部専任講師、准教授を経て現職。専門はチベット仏教世界(チベット・モンゴル・満州)の歴史と文化。
編著書に『世界を魅了するチベット「少年キムからリチャード・ギアまで」』(三和書籍)、『チベット仏教世界の歴史的研究』(東方書店、2001)、『チベットを知るための50章』(明石書店、2004)、訳書に『聖ツォンカパ伝』(大東出版社、2008)、『ダライ・ラマの仏教入門』(光文社)、『ダライ・ラマの密教入門』(光文社、2001)などの他、最近では早稲田大学学術叢書「清朝とチベット仏教」を刊行。
[ TB*1 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

松浦快遍 | URL | 2014/10/04(土) 16:08 [EDIT]
先生、早速の告知ありがとうございます。先生のご来雲を楽しみにしております。
このたびの出雲大社の千家國麿権宮司様と高円宮典子様とのご婚儀は、出雲人にとってまことにもっておめでたいことと皆喜んでおります。昨年の遷宮では宮司様が「蘇り」という言葉をたくさん使われました。ご祭神を祀る館の屋根を一新し、新たに蘇った社殿にお遷りになられたご祭神大国主命のご神力もまた蘇るであろうと、そこにはたくさんの信仰で守られてきたものがあり、それらの力とこのお蘇りの力によってより一層世界が平和で安定した世の中となるよう願っています、と、天皇陛下と同じような、穏やかな口調でお話になられたことを覚えています。
そうしたところへまた宮家からいらっしゃることは、出雲人としてこの上ない喜びでもあります。前回のご来雲の時はリンポチェと一緒に出雲大社へご案内するはずが、確かごろうさまの容態急変にて急きょ帰られたように記憶しております。その時の出雲大社は遷宮前で、すべては見られなかったと思いますが、今度はまさに蘇った出雲大社をご案内いたします。
● ごろう様近況
シラユキ | URL | 2014/10/04(土) 22:24 [EDIT]
前回はごろう様のご不例により、出雲大社様へのお参りができませんでした。実はおそろしいことに今朝方、あの時と同じように食欲不振となりました。あの時は全快するまで4日かかったのですが、今日は夕方にはかなり回復していたので、たぶん明日にはもっとよくなつていると思います。今回こそごろう様のご機嫌麗しい中、出雲大社にお参りできればと思います。

TRACK BACK
TB*URL
● -
2014/10/05(日) 08:55
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ